いや~、おひさしぶりです!(半年振り←)

久しぶりにブログを書きたくなりました~!!
今日のお題はズバリリンゴMUSICこと、Apple Musicについて。

海外では、「Spotify」やら何やらの音楽のストリーミングサービスが存在してましたが、
ここ最近は日本でも携帯のアプリ等で無料で楽しめるようになってきたね。

これから話す「Apple Music」だけじゃなく「LINE MUSIC」「AWA」なんかも
そうだと思うんだけど、これからはやっぱり何事も「所有しない」時代になってくるんだろうね。

俺も、基本的にこの流れには「賛成」というか、まあ流れに大きく乗っかってるよねという感じ。
昔は色々中古のCDとか漁ったりしてコレクターみたいなことしてたんだけど、とにかくかさばる!一人暮らししてた頃とかだととにかく邪魔になる。
そして、色々買った挙句、それを大切に聞き続けるかと言われると、ずっと聞き続けてるのはほんの数枚程度!!

新作なんかはとくにそうで、買って同期して満足で、CDの原本はほったらかし…という状態だったし、そもそも3年位前から同期するのすらダルくなってきたから、基本的にi tunes storeで買うようなことが習慣化してきてた。

家にイケてるオーディオとかがあるわけでもないから、基本的に音楽を聞く主軸が基本的にi phoneになってきてたんですよね。

ただ、それでも不自由だなと思ってたのは、「今これ聞きたい気分!!」が叶えられなかったこと。
例えばね、例えばだけど、今日は出かけるときに外がすごく暑そう!!
せめて音楽だけは涼しげな感じがいいな~ってことで、Ashantiの「Foolish」が聞きたいなーとか、そういう気分に合わせてこれ聞きたいみたいなのがあるとすると。

今までだったらライブラリから引っ張りだして、だるい同期作業をしなきゃいけなかったのが、
Apple Musicなら検索して、「オフラインで再生可能にする」を選択してダウンロードすれば一瞬でライブラリに入る。

外出中でも急に「あれ聞きたい」ってのが出てきても、すぐに引っ張り出せる。
個人的にApple Musicの一番の魅力ってここなんじゃないかな、って思う。
しかも、洋楽なら普通に新作でも普通にダウンロードできる状態になってる。

こんなに、容易に音楽が手に入るなら…音楽に対する重みや有り難味がなくなるんじゃないか…
ってのも、個人的に色々考えたんだけど、(俺の場合)ストリーミングになったからといってそこは変わらないんじゃないかという結論に至りました。

結局、そこの「音楽に対しての有り難味問題」ってこっち側の意識の問題な気もする。
お金を払う云々の話ではなく、情報が溢れて受けて側が色んな音楽を漁るように聴くようになれば、そりゃ一つ一つに対しての音楽に対しての重みもなくなるし、昔みたいに何度も同じの聞きまくって…みたいなのはなくなるだろうと。

結局、自分が「好き!」と思って聞き続ける曲なんて限りがあるんだから、色んな中の曲からいいなと思えるものを聞き続ければいいし、ストリーミングになったって、自分でそこはコントロールすればいいだけの話で。

ま、今回のアップルのストリーミングサービスはそこらも割り切ったうえで、自分のニーズとか、スタイル諸々が自分にすごく合ってたので、すごーく気に入って使ってる☆
他の人が作ったプレイリストとかを自分のプレイリストに取り込めたり、自分のプレイリストをTwitterで発信も出来るし、なんか色々楽しみ方もあるしね。

ミュージックヴィデオも、ダウンロードできちゃうから電車の待ち時間暇なときとかでも
わざわざYou Tube開かなくてもPV見て暇つぶしながら友達とLINEとか出来るしね。

便利な世の中になったもんですな~!!

では!!

ちなみに、LINE MUSIC,AWAも使ってみたんですが、オンラインに接続してる状態じゃないと…ってのがネックだったのと、曲数も少ない…等色々使いづらく、すぐにドロップアウトしちゃいました(泣)
AD
みなさんお待たせいたしました☆☆☆

緊急開催~冬のアルバムdis祭り~

急ピッチで全アルバム聞き終わりまして、ついにワーストアルバムが決定したので、この場にて発表したいとおもいまーす!

発表形式は「ベスト」→「ワースト」で発表します!ワーストは「金」「銀」「銅」で表彰台に乗せたいと思います!!!!

それでは早速「ベスト」作品の発表です☆☆☆

合格ベスト合格



5枚のアルバムの中でダントツでよかったのが彼女達。
商業アルバムの形としては、ひとつの完成系と言えるくらい文句のつけようのないアルバム。
イントロ→2曲目からの構成も結構よく出来てて、2曲目~終始アップテンポでかっ飛ばし☆
シングル時は「しょーもない」と思っていた「あなた私のSnowman」も「らんらんらんらはいすくーるらぶ☆」もノリノリで聞けちゃう不思議!!!

カヴァーも山口百恵、ドリカム、BBクイーンズと3曲も手出しちゃってるけど、これはこれでアリじゃん!!!!!Jと違って、Eのキャピキャピ感が出てて可愛い!!ノリノリになれる☆
アルバム曲では単なるポップに留まらず、早口歌唱など洋テイストの曲にも挑戦。
加工の賜物とも言えるかもしれないけども、これが結構歌いこなせてて驚き。
ボーカルもそれなりにしっかりしてるんだねー!!
ザイル系列はアルバムを手抜きするので、クソアルバムだと見くびっていましたが、ここでベストなアルバムを見つけるとは!!!堂々の1抜けアルバムです☆☆☆

グッド!tp://stat.ameba.jp/blog/ucs/img/char/char2/187.gif" alt="グッド!" />2抜けグッド!



1曲目「She Looks So Perfect」から爽やか!青春!ポップロックがぶれない彼ら。
終始似たような曲調に「おいおい」とは思いつつも、どんどん次の曲に展開するので、退屈することなく一気に聞き終わりました。高校生の頃とか聞いてるともっと好きになってたかもなーという感じ。まあ、60点、65点くらいかな!って感じですね☆

さあ、この2作は簡単に決まったのです。

問題はここからです。
現在残っているのは金賞最有力候補 J、B.B.A、そして大穴○5!!!!
実はこの3枚、大して評価に差はありません←

それでは、いよいよ銅賞の発表です!!!!!

爆弾銅賞爆弾



優勝最有力といわれてた、B.B.AことJ-Loが何とまさかの銅賞!!!!!!!
…とはいえここからの3作はどれもどっこいどっこいの糞アルバムですからね?←
香ばしさではNo1のアルバムでしたね☆

最初の2曲を聴いたときは、「あれっ?前評判ほど悪く無いじゃん!5SOSを銅賞に入れなきゃいかんか?」くらいに思っていましたが、やはり糞アルバムと評判が立つだけの事はあり、
3曲目から下手糞な癖に仰々しいバラード歌ってて、雲行きが怪しく、4曲目ではクソ曲と評判のあらやぱぴを投入。
そこからクソつまんねーゴミみたいな曲が続くんだけど、上位2作品と違ったのはまだメリハリはあったこと。「Booty」なんかはまだ好きな曲だし、アップもそこそこ挟みながらだったので、そこがせめてもの救いでした。

決して良作ではないですよ?かろうじて40点あげれるくらいの出来だからね?

さて、まさかの優勝候補がここで出てしまいました!!!!!!!!
金賞を勝ち得るのは圧倒的前評判のJか?それとも、ダークホースの自己愛プリンス○5か?

いよいよ、銀賞の発表です!!!!!!!!






叫び銀賞叫び




ここに来てJがキタ━━━(゚∀゚)━━━!!!キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!
これはまさかの展開です!!!!!

予想を上回るベストにしてワーストな糞アルバムドキドキ

オリジナル曲群にしても、誰に何を伝えたいのかよく分からん曲ばっかりで、デモテープを聞かされてるような、上手いには上手いが、何の引っ掛かりもない曲ばかりだなという印象。
とにかく、"歌わされてる感"が伝わってきて、本人にフィットしてないと思われる曲ばかり。
本人も何を歌いたいのか、何を伝えたいのか、自分がどういう立ち位置であり、どういうキャラクターでありたいのかということが全く分からない。カラオケで注目されてもイマイチ爆発的に売り上げが伸びないのも納得です。このベスト盤を聞いて確信しました。
そして、何でオリジナルのベストの曲目に「れりごー」をしれっと入れてるんだよ←
あれは、オリジナルじゃねーだろ←自分の歌唱力ひけらかしの為にこれ見よがしなフェイクとロングトーン入れたからって自分の曲になるわけじゃないからね?(´∀`)

カヴァーに至っては言わずもがな。こちらも選曲の理由が謎すぎる。
大抵の場合、カヴァーの選曲を見たとき、良し悪しは隅に置いておいて"これを歌いたい"みたいな意思を感じることが大半なのだけど、彼女の場合謎。
The Boomとか小田和正とか、Kiroroとか、アンジェラ・アキとか明らかに彼女のルーツを感じない選曲ばっかり。ホンッとどういう基準でチョイスしたの?誰に聞いてもらいたくてチョイスしたの?
そして、肝心の内容も眠くなるような内容ばかり。どうしてこうも平坦なつまらんものにリニューアルできるのか…。ゴスペラーズノカヴァーには我慢できず、本家に救済を求めました…。
まあ、ある意味涙が止まらなかったです。全部聞けた自分を褒めてあげたいくらいです!
もう、2度と聞きません(^ε^)♪

とはいえ、彼女は悪くないかもしれないよな…。オリジナルにせよ、カヴァーの選曲にせよ、
スタッフと選曲したんだよな?プロデューサが悪いよな、プロデューサが!!!
プロデューサーがもうちょっと彼女をいい方向に導いてあげれば…

そんな思いで、クレジットでプロデューサの名前を確認したら
Produced by May J の文字が!!!!!!!!!!!


はっ????????????????????





何 を ど う プ ロ デ ュ ー ス し た の????????????





絶対してないだろ。というか、そもそも作詞すらしてねーし、お前の意思を作品のどこにも感じねーよ。

まあ、ここまでけなしてしまいましたが、オリジナルで悪くないな、と思った曲はあったよ。



この曲はいいと思った。80年代の洋楽AOR風って感じで。
日本語の歌うたうにしても、純和風のものじゃなくて、洋風テイストを取り入れたものを歌えばもっと良さがでてくるんじゃないかな?
あと、"Here We Go ft Verbal"も好きだよ。やっぱ洋楽テイストが入ってるのがルーツにあってるんだと思うよ。
「R&Bを封印します!」とか意地張ってクソ曲量産してないで、2015年はもっと方向性見つめなおしてくださいね♪


ドクロ金賞ドクロ



誰が予想していたでしょうか?????????????
何とワースト認定は大穴○5でした!!!
な~~んて見事な糞アルバムなんでしょう~~?????
シングルカットされてる曲は大ヒットしているので、そんなに悪いアルバムではないと踏んでいたのですが…。
悪くないと思ったのは最初の3曲程度でそれ以降は苦行以外の何物でもない曲のオンパレード。

メロディーはよくよく聴いてみれば悪くないはずなのに、それを帳消しにしているトラックの数々。埋もれた感はハンパなく、「退屈」「退屈」「退屈」…。
まるで、砂漠の真ん中に放り出されたような、途方もない気持ちに襲われました。
終わりに向かうにつれて、オアシスを発見したような気になりました。J以上に、です。

Jみたいにお前はここが足りない!とか、そういうdisり方も出来ないし、ホントに消化不良でタチ悪いアルバムの一言。先行シングルも全然好きになれないし、もう2度と聞きません♪


ということで、優勝は○5でした~!!!

ホントに甲乙つけ難すぎて、特にB.B.A、J、○は本当に熾烈すぎました。
こんなのに、大事な日曜潰して、今度からクソアルバムは分散させて聞きます←

Twitterでは物凄い勢いでつぶやいていたので、みなさんついていけなかったでしょうが、
たくさんのふぁぼも頂き、そして最後までお付き合いいただきありがとうございました~!


では、また月末にお会いしましょう!ばいび☆
AD
いやー、みなさんお久しぶりです☆

1月に入り、去年リリースの洋楽アルバムが大量解禁されておりましてですね。

買いはしたかったけど、スルーをしてしまった、明らかに香ばしいからスルーした…など、
そういったアルバムを一気にレンタルして、こうのブログで素直に思ったことを書いて成仏させてあげよう!そして栄えあるワーストアルバムを決めてしまおう!なんていう超絶にくだらない企画を開催します!
非常に不快な企画なので、嫌な人は見ないでくださいね♪音譜

ということで、ノミネートは何と5作品でーす!


このアルバムは正直興味本位で借りてきただけで、大して興味もありません(笑)
この中では一番まともな(?)アルバム候補ではなかろうかと考えています。
後からが楽しみなので、明日もこのアルバムからすがすがしく幕を開けたいとおもいます(^∇^)



前作は好きだったものの、近作のシングル郡を聞く限りじゃ全く興味が持てない●5。
ジャケット写真ではセックス・シンボルのAダムさんが、金髪ショットで1ページ目からこんにちは☆やっぱモテ男はどんな髪型をしてもセクシーっ!!!と言いたいところですが、全く似合ってないし、Twitterでは一部では優勝なのでは?との声も!セクシーなファルセット・ヴォイスにも注目!!!!



ザイル一派の歌って踊れるファッションアイコン☆
彼氏にはキスで謝る「ごめんなさいのKissing You」、友達にはFacebookでとりあえず謝りラインで繋ぐというソーシャルメディアフル活用謝罪ソング「High SchoolドキドキLove」ももちろん収録!!!イマドキ女子のライフスタイルがこの1枚でまるわかり☆
ヒットアーティストにして、過去のヒット曲をRemixでリアレンジして何度でも使用!!!
カヴァーも2曲収録で、カヴァー芸も難なくこなしちゃう!
オリコン1位獲得作品ながら、こちらも香ばしさ漂う1枚☆☆☆☆



4枚目のノミネートは、前評判では優勝の声も名高い、J.LoのアルバムB.B.Aいや、A.K.A。
Over40!!子持ち!!バツイチ!!だけど、母ちゃん今日もケツにローション塗って、若手の美人ラッパーと腰振るから!!!子供のために母ちゃん働くよ!!……なんて健気なんでしょう。
「Booty」だけでなく、他にもあらやぱぴなど香ばしい名曲がたくさん!!
ジャケ写がニューハーフにしか見えないけど、40越えにしてまさかの乳寄せサービスショットもあるけども!でも、いいんです!話題になればいいんです!!



さあ、みなさんお待たせしました。優勝の最有力候補と言うべきラスボスの登場!!!
カラオケで27連勝したときのように、このdis祭りでも並み居る強敵をなぎ倒すことはできるのでしょうか??
2014年は26歳にして「れりごーおばさん」という称号を欲しいままにした彼女。
ベストアルバムで、1枚目はオリジナル、2枚目はカヴァーのベスト!!!!
大ヒットした2枚のカヴァーアルバムから、彼女自身が自信作をセレクト!!!1曲目には某カラオケ番組で「涙が止まらない!」「これぞまさに歌姫!」と(架空の)声が殺到したHYの366日をカヴァー!
そんな豪華な2枚組みが、何と何と何と2300円!!2300円!!!
お得なのに!!お得なのに!!オリコンでは最高4位!!!!!!
こんなアルバムいつ求めるの??今でしょ!!!!!!!!!!!!


とっても、香ばしい作品が揃って明日が楽しみですね!!!
明日夜22時に、当ブログにて結果も発表します☆☆☆

Twitterでリスニング中継もボチボチしていくので、みなさんどうぞお楽しみに~ヾ(@^▽^@)ノ
AD