パリでメディカルアロマテラピー Île des fleurs Paris イル・デ・フルール・パリ

パリ在住のTomomiが、フランスの本格メディカルアロマテラピーやオーガニック情報、日常生活をお届けします。

こんにちは。アロマトローグのTomomiです。

「最新版」なんて仰々しいタイトルをつけましたが
最近、ブログを新たに読んでくださる方も増え、質問やご意見なども増えたので
今思っていることを書こうと思っただけです。

フランスのアロマテラピー事情、興味を持たれる人が増えて来た気がします。
そして、他にもいらっしゃると思うのですが
フランス在住かつフランスでアロマテラピーを学んだ者として
あくまで私目線ですが、リアルなフランスのアロマ事情語りたいと思います!

日本ではフランスのアロマテラピーをメディカルアロマテラピーと呼んでいたりします。
他にもメディカルハーブやメディカルなんちゃらと
メディカルという言葉がつくだけで「効きそう!」というイメージですよね。
もしくは医療向け?みたいなイメージもあるかもしれません。

もともとハーブや精油は、大昔から当時の医師たちが、今でいう薬のように扱って
ひとびとの不調や病気を治して来たもの
です。
そんな植物の有効成分から、薬というものも生まれ
今では合成でありとあらゆるものに有効な薬が多数生まれています。
という意味では、メディカルハーブもメディカルアロマもイメージのまま効きます
だって、人類の知恵の固まりなのですから!

でも、もうひとつの「医療」というイメージだと、話が違ってきます。
というか、このブログを始めてから、いろいろな方に聞かれてきました。
「フランスではお医者さんが普通に精油を処方するんですよね」
「フランスではアロマに保険が効くって本当ですか?」
「フランスではお医者さんしか精油を取り扱えないんですよね」
「フランスで医師になるには、アロマテラピーも必須科目ですよね」

うーん、これ、言葉の解釈にもよりますが、私としては全部NONです。

「フランスではお医者さんが普通に精油を処方するんですよね」
そういうお医者さんも少数ですがいます。
西洋医学のお医者さんでありながら、自然療法に興味をもち
きちんと学んだ人ならば、患者さんが希望すれば精油を処方してくれるかもしれません。
でも、日本もそういうお医者さん数人はいらっしゃいますよね?
なので、フランスだけ特別ということもないし
あちこちのお医者さんが普通に、というのも違います。

全体の5%の医師がそうだとしたって「フランスでは」とは言えないと思います。

「フランスではアロマに保険が効くって本当ですか?」
これは、私の学校の校長先生にも昔聞いたことがありますが
今も昔も保険の対象になったことはないとおっしゃっていました。
ただ、フランスでは全員強制の国民健康保険の他に、任意の健康保険もあります。
掛け率などにもよるのでしょうが、私が入っている任意保険には
鍼治療、ホメオパシー、オステオパシーなどの補完医療も小額ですが還付されます。
一般的な任意保険ではアロマテラピーやフィトテラピーは還付されないようですが
対象になる保険もあるのかもしれません。

「フランスではお医者さんしか精油を取り扱えないんですよね」
これは「取り扱い」ということばの解釈にもよりますが
薬局で普通に精油は販売していて、処方箋なしに買うことができます。
セルフケアで使う分には自己責任なので、勝手にどうぞ、ということです。
ただし、飲用で事故が起きるような成分が多い精油は、一般人は買えません。
販売者から、どういう用途で使うのか、医者なのか、確認されると思います。
なので、「お医者さんだけ」というのは違うかな

「フランスで医師になるには、アロマテラピーも必須科目ですよね」
これは冗談半分だったかもしれませんが
それくらいアロマはフランスで浸透していると思っての発言だと思います。
が、もちろんアロマテラピーは必須科目ではありません
医者であろうがなかろうが、アロマテラピーを勉強する道はいろいろとあり
医者であれば、自分の患者さんに(希望すれば)精油を勧めることも可能。
果たして、どれだけのお医者さんが、アロマテラピーを新たに学び
自分の診断に使っていこうと思うのか、ですよね。やっぱり少数派なのです。

日本のみなさんが思っているほど、フランスの医療にアロマは幅を利かせていません
でも、その昔、お医者さんが精油を積極的に患者さんに使っていたデータがあるので
使い方が、薬の代わりになるような対処療法的だと言えます。
また、お医者さんで自然療法に積極的な人も少数ですがいらっしゃるので
あるレポートに、尾ひれがついて
「フランスはメディカルアロマの最先端!」みたいな幻想が生まれているのかも。

結局のところ、アロマテラピーは代替医療、自然療法、民間医療としての位置づけです。
そしてお医者さんなら患者さんに使えますが、少数ですので
普通はセルフケアとして、自分や自分の家族のために数本の精油を自宅に置いている
そんなフランス人が増えている、というのが私が見た現状です。

私も、フランスのすべての状況を見ている訳ではないので
どうしても、私の周りを見渡しての話しかできません。
そこは踏まえて読んでいただけると嬉しいです。

ビオ無料誌
こちら、ビオショップで配布されていた無料冊子
精油特集ですー(読む時間がなくて本棚で眠っています。。。)
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

Île des fleurs Paris Tomomiさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。