40歳からのオーガニック化粧品。弱アルカリ性洗顔のブラックソープ・ロージィ・イルチ化粧品

ハンガリー生まれのオーガニックコスメ・ILCSIの公式ブログです。


テーマ:

イルチ化粧品はハンガリーで最も有名だった美容家故イローナ・モルナー女史により

 

1958年に日本から直線距離にして8923キロ離れた国ハンガリーで生まれました。

 

 

イルチ化粧品は独自のフィロソフィーの元

 

ビューティーサロン専売品として販売されていますが、

 

本日はサロンのお客様のホームケアにおすすめの美容液のお話です。

 

 

イルチ化粧品ではお手入れの最後の仕上げ「クリーム」の使い方に

 

非常にデリケートに対応しております。

 

 

スキンケアの最後に「蓋しておけ!」という単純な意味でクリームを使用するのでなく、

 

毎日のスキンケアに「クリーム」を使用しない方が

 

かえってお肌の調子がいいというタイプの方がいます。

 

そういう方には「仕上げ用」美容液達がおすすめ。

 

 

 

グレープとグレープ幹細胞の美容液

グレープCステムセラム

 

亜麻仁オイルとバラの美容液

フィトナジ―美容液

 

 

ローズヒップとペパーミントの水分たっぷり美容水液

ロージィ

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

東欧ハンガリーのサロン専売オーガニック化粧品「イルチ」では、

 

施術の最後の仕上げ保湿クリームとして3種類あり、

 

1)ホイップクリーム

2)クリーム

3)リッチクリーム

 

1)のホイップクリームは水分がたっぷり閉じ込めてあり、

 

フワフワなのに、お肌にのせるとベタつかず

 

伸びがとても良い水分補給のためのクリーム。

 

マッサージクリームとしても使用される優れものです。

 

 

 

2)のクリームはホイップクリームよりやや油分が高く、

 

マグネットマッサージやエイジング対策用のクリームです。

 

 

 

3)のリッチクリームは配合成分や油分が高く、

 

「リッチ」な使用感のあるクリーム。乾燥が進んだ方用のクリームです。

 

 

どのクリームを使用するかは、、、

 

熟練のエステティシャン達ががあなたのお肌を分析してセレクト致します!

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

本日はオーガニックコスメのイルチ化粧品で使用される植物第二弾。

 

「サワーチェリー」です。

 

日本で一般的に「チェリー」は「スウィートチェリー」のことを指し、

 

これは生食される「甘い」サクランボですが、

 

「サワーチェリー」はその名の通り

 

酸っぱくて、そのままでは食用には向きません。

 

 

欧米では「ジャム」やシロップ漬けにした缶詰にして

 

使用されています。

 

 

面白いのはハンガリーで食べられる

 

甘酸っぱくて冷たいフルーツスープ「サワーチェリースープ(Meggyleves)」。

 

これは夏場に食されていて、しかもデザートではなく

 

前菜とメインのお料理の間に出されます。

 

 

 

サワーチェリーには抗酸化作用の高いフラボノイド、ビタミンE,B,Cや

 

フルーツ酸を豊富に含んでいますので、

 

イルチ化粧品では加齢によるお肌のダメージを優しく保護する目的で

 

化粧水、ジェルマスクやホイップクリームに配合されています。

 

サワーチェリー&ブラックカラントローション 125ml

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)