先日、6月11日、
*布引ハーブ園*であった
<ラベンダー摘み取り祭>
に行ってきました。

何年も前から行われている恒例行事で、結構な人気です。

私はやっと今回で2回目の参加。
数年前に行った時のラベンダーが
すっかり日に焼けて色褪せてしまっているので、更新する為に参加しました。

摘み取り祭は年にたった2回。
この時期園内各所に色々な種類のラベンダーが咲き競っているのですが、摘み取りが行われるのはラベンダー園で大量に栽培されているものに限られます。
品種は2種類あって、開花時期が大きくずれる為、その開花時期に合わせて毎年6月中旬と7月初旬、それぞれ摘み取りに適した時期中の日曜日が早めに予想されて発表されるのです。

6月中旬に摘み取り祭が行われる際のラベンダーは、
イングリッシュラベンダー
English Lavenderの
’ヒドコートHidcote’
という品種です。
学名はLavandula angustifolia。
シソ科の常緑低木です。

何か、いつの間にか
布引ハーブ園は
『(財)神戸市公園緑化協会』から
『清里ハイランドパーク(株)』へ
管理が委託されていて、サイトも大きく模様替えされています。
その為かどうか定かではありませんが、ラベンダー園のラベンダーも新しく植え替えられたとか・・・。
株が未熟な上、初夏の日照不足と重なり、この日はほとんどがまだ蕾の状態でした。ロープウェーから見下ろした時、どこがラベンダー園かどうか一瞬解らなかった程です。以前来た時と全く様子が違います。
一株あたりの花穂の本数も少なく、1人30本と制限されてしまいました。

以前行った時は、1人100本程許されていたので、かなりのショックです。前回は友達と友達の子供と行って、友達は子供の分と合わせて200本も持ち帰っていたので非常に羨ましく、今回は欲張って主人を導入したのですが、それにもかかわらず前回以下の収穫・・・。この日もどんよりと曇っていました。この日の雲だけに責任がある訳ではないのに、空一面に波打つ灰色の雲を恨めしく見上げてしまった私です。


しかし、ドライフラワーにするのにはこのくらいの状態の方が実は適しているのです。蕾であることはむしろ喜ばしい事で、問題は本数!この3倍以上の予定だったのに・・・
また来年行こうかな。
散々ぼやいてしまいましたが、今は5本ずつ束ねて風通しの良い所に吊るしています。
出来上がって、どの様に飾ろうか思案中。楽しみです。
来年は7月初旬の会に行けたらいいなと思いました。


さて、ここからが本題。
この収穫祭の後に、神戸に住む友達の家の近くまで行ってその友達とお茶をしました。
渡すものがあったのでラベンダー収穫祭へ行くついでに寄ったのです。
ついでだよ~と言ってたんですが、お土産を用意してくれていました。
ほんとに気遣いがいつも細やかで、見習わなければと思います。
「そんな気を遣ってくれなくても良かったのに~。ごめんね~。ありがと~~~!
 ほんとについでだったのだよ~~~!」
と恐縮しながらもしっかり戴いて帰って来ちゃいました。
それがこれです。

《神戸クラシックロールケーキ》
--ル・プティ・パティシエール--
帰って、
箱を開けてみてびっくり!
大きい箱で保冷剤がくっついていたので、シュークリームかな?
と思って開けたら、こんなに大きなロールケーキが
どど~~~ん!!!
と入っていました。

長さ15cm、
幅12cm、
高さ5.5cm!!!!!


【本日中にお召し上がり下さい】
と書いてあります。

ああ、生クリームがたっぷり入っているのが見えます。
本日中に食べないと、明日はきっと生クリームが変色してしまう。
食べなきゃ。

うちは主人と私の2人っきりの家族です。
お互いの親戚も友達もスープが完全に冷える距離にしかいません。
日曜日の夜に突然行くのも呼ぶのも無理だし、
決心しました。

2人で食べよう!



なんちゃって、
本当は内心めっちゃめちゃ嬉しかったのです。
私の心は小躍りしていました。
友達に感謝!
ダイエット中の身である為、普段は絶対に許されない事が大手を振って出来る!
食べきらなきゃね~と言う口は口角が上がりまくり!
頬骨付近がぷくっと盛り上がり、目はもう新月を横にした様に細く湾曲しています。
まさに、にやけ顔!
嬉しさがばれてる。


どうです?
美味しそうでしょ?

美味しかった!

スポンジのほわほわ感といったらもう!
まさしく職人技!
大きくすくった一切れを口に頬張った途端、口を閉じただけの圧力のみでとろけて行くようなほわほわ感です。
生クリームとスポンジが溶け合い、幸せの味が口の中に溢れます。

おいしかった。
甘さがちょうどいい!
素材がいいのか、全くしつこく無く、どんどんどんどん口に入れるペースを全く落とす事なく丸ごと1本あっさりと食べきってしまいました!!!!!

生クリームだけのロールケーキってたぶん私は買わないと思います。
フルーツが入っているのとか、抹茶味のとか、カスタードとダブルのとか、
何かしらプラスαされているものをチョイスすると思うんです。

生クリームベースのクリームがスポンジで巻いてあるだけの
本当に素朴でクラシックなロールケーキ。
惚れてしまいました。
また食べたい!

気になります。
ル・プティ・パティシエールを検索してみたら、神戸の元町にあるみたいです。え?元町まで買いに行ってくれたの?Aちゃん!
ありがとう!!!!!

クラシックロールケーキをこんなに美味しく作れる店なら、他のケーキもきっと美味しいはず!
Aちゃん、今度はこのお店でお茶したい!連れて行ってね!!!
ロールケーキはお持ち帰りにしよっと!

*le PETIT PATISSIER*
神戸新聞社運営の「神戸洋菓子職人」というサイト内の情報
http://kobe-sweets.jp/shop/chuo/patissier/

P.S. ロールケーキがだんだんアップになっていくだけの
  芸の無い画像である理由
   丸ごと1本を両側からスプーンですくって食べたからです!
   いや~、幸せでした!
   こんな美味しい食べ方ってないと思います!
   お試しあれ!
AD

コメント(4)