完熟柿のムース

テーマ:
kaki

秋が旬の果物って多い。
その代表格が柿。

年中色々な果物が手に入る様になったが、
柿と梨だけはなかなか難しい。

柿は出だした頃の固いのも好きだけれど、
晩秋の柔らかくて甘い柿は格別。

それを更に完熟になるまで飾っておく。
持ち上げるとその力で皮が破けてしまいそうなくらいまで
じっくりと熟すのを待つ。

kaki

どうでしょう?
この熟し具合!
母はこの状態の事を“ずくし”と言います。
極限まで熟した感じが出ている表現だと思うのですが、
母以外の口から聞いた事がないのはなぜ?
オリジナル?
遠州地方の方言?

この様に、ヘタの所をすぱっと落とし、
スプーンですくって食べるのもとても美味しいのですが、
今回はムースを作ってみる事に・・・。

とても簡単で贅沢なムース。
作り始めてから約15分で食べられます。
是非作ってみて下さい。


《完熟柿のムース》
-Mousse aux les deux Kakis de la maturité pleins-

kaki

完熟柿・・・2つ
生クリーム・・・200cc
グラニュー糖・・・15~30g
黒糖・・・適宜


1. 完熟柿のヘタを切り落とし、
  スプーンで果肉を綺麗にすくう。
  種は周りに付いたゼラチンぽいところを残し
  取っておく。

2. 1の果肉を
  ミキサーかフードプロセッサーで
  滑らかにする。

3. 生クリームを9分立てして、
  グラニュー糖を入れる。
  (私は15gしか入れませんが
  好みで増やして下さい。)

4. 3の中に2を入れ、
  ざっくりと混ぜ合わせる。

5. 皿に4をスプーンですくって盛り、
  柿の種を飾り、黒糖をふりかける。

とっても簡単なのですが、
生クリームだけで作るのでとっても贅沢です。
熟した柿の種の周りに付いているツルンとしたところが大好きなので、飾りとして添えてみました。
上記の分量で10人分くらい作れます。
果肉は1/4量程粗めな所を残して混ぜ込む方が、柿の色が鮮やかに残って良いかもしれません。
どうぞお試し下さい。
AD