Love,Peace and Soul

I'm gonna GROOVE ya♬ 
NPO法人ダイバーシティコミュ代表森林育代の趣味性強しなイキザマブログです


テーマ:
AD
いいね!(0)  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「ブログ」 の記事

テーマ:
photo:01



日本が戦争をやめてから69年目の夏の空。

頭の上に爆弾を落とされる事もなく、暗闇や「敵」に怯えることなく、眠り、食べ、息子や仲間たちが笑っていて、やりたい仕事ができる幸せ。

私は、このまま日本が永遠に「戦争をしない国」を貫いて欲しいと思っているし、日本だけでなく、世界中から戦争がなくなって欲しいと心から願っています。

ここ最近、きな臭くなってきた日本。

息子も、他の子ども達も絶対に戦場へ送りたくないし、「国のため」に戦地に赴き命を奪われるなんて、到底受入れられない。
戦争をしている国に生まれたばかりに、家を焼かれ、家族が引き離され、爆撃や銃撃や貧しさや飢えや病気に見舞われる、なんて馬鹿なことは、この世界から一日も早くなくなって欲しい。

そんなふうに強く、でも漠然と考えていたのです。

ところが、先夜NHKが放映していたドキュメンタリー番組を視て打ちのめされました。

その番組は、第二次大戦末期、ペリリュー島で日本軍の玉砕した戦いを収めた、元米軍海兵隊の91歳のカメラマンが残していたフィルムを元にしたドキュメンタリーで、悲惨と言うには言葉が易しすぎるほどの戦場の地獄ぶりでした。
人を人と思わず殺す兵士、気が狂った兵士、その騒ぐ兵士を殺す味方の兵士、多くの重なる屍、自分が撃ち殺した日本の兵隊の胸元から覗く家族の写真を見つけて苦しむ兵士、、、
そしてほとんどが戦死するなか、生き残った日米の元兵士の高齢の彼らのいまだに続く苦悩、、、


息子を戦争に行かせたくないのは、彼が命を落とすというおそろしさより、彼の人生が幸せで素晴らしいものであるよう大事に育てて来た息子が、そんな国と国との戦いの駒の一つ、名もなき兵士の一人としてかり出され、兵隊を殺したり、子どもたちや民間人を殺したり、敵国民の頭の上に無差別に爆弾を落としたり、、
そんなことを金輪際させたくないからだ、と思いました。

絶対に彼にも、他のどの子にも、そんな恐ろしい苦しい思いはさせたくない。


歴史は繰り返す、ではなく、歴史に学んで平和な世界をつくるのが大人の役目だと、あらためて青空に誓う8月15日の私です。

Peace.



AD
いいね!(13)  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
広島、長崎で人々の日常の生活の上にいきなり原子爆弾が落とされて69回目の夏。


「原爆の悲惨さを伝えるために...」
広島の平和祈念式典を伝えるニュースの言葉に、「ん??」と、引っかかりました。

これまで、原爆の被害の悲惨さを伝え祈りを捧げることは、犠牲者を悼み、平和の大切さに思いを馳せ、唯一の被爆国であり戦争をしない国である日本が、世界に核兵器廃絶を訴える機会だと思っていました。


でも、
その恐ろしい原爆を同じ人類の頭の上に実際に落とすことができる人間、

過去にこんな悲惨な歴史を経ているのに未だ核兵器を捨てられない人間、

原爆を落とされた国が、原発事故まで起こし、収束していないにも関わらずまだ稼働させようとし、しかも他国にまで売り込むことができる人間、

本当は、そんな人間の恐ろしさ、弱さ、愚かさ、業を、そして国家主義の危険さを伝える日じゃないかと思いました。


これまで「日本は平和である」と、平和な日常を空気と同じ位に意識せずに、当たり前として享受して育ってきた私。


でもここのところ、それは国のリーダー次第で「平和が当たり前」ではなくなる可能性がある、という理不尽さと、69年続いて来た「戦争をしない国」への信頼と安心と誇りをむしり取られそうな流れに、怖れを感じています。


松井広島市長の平和宣言は、集団的自衛権や原発、福島には直接触れなかったけど、核兵器や戦争が「絶対悪」であるということ、唯一の被爆国の日本の立ち位置のお話は、私には響きました。


そして、子ども達の「平和への誓い」の締めくくりの言葉
「たくさんの違う考えが、平和への大きな力となることを信じて」
に、揺さぶられました。


自分と違う考えや価値観を持つ他者を、力で制圧するのではなく、受け入れて融合することで、新しい世界、そして平和が作れると思います。



平和は、いつもそこにあるものではなく、自分たちが作るもの、守って来たものだということに、やっと気づいた夏です。


All we are saying is
Give Peace a chance



photo:01



こちらは、市が開催中の、ふれあいセンターロビーでの原爆写真展です。。
AD
いいね!(3)  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
満月スーパームーンの12日、立川こども未来センターの屋上にて、ダイバーシティコミュ×Light Up Nippon@立川 実行委員会による、チャリティ野外上映会 with ビアガーデン(岩手ベアレン「復興支援ハナビール」一関の「福香ビール」そして立川地ビールのハニーエール)を開催しました!


ハナビールと福香ビル 飲んでチャリティ
photo:03




総勢60名ほどいらしていただき大盛況!
大きな特注のスクリーンを眺めつつ、涼しい夜風に美しい大きな月、岩手のビールを片手に素敵な夜を共有できました。


スクリーン向こうに昇るスーパームーン
photo:02




映画は、一人の漢の震災直後からの思いが、仲間、被災地の人たち、スポンサー、そして日本中を巻き込み、幾つもの困難を乗り越え、震災5ヶ月後の8月11日に福島から岩手まで被災地沿岸10箇所で一斉に花火を上げるまでのドキュメンタリー。音楽は坂本龍一、教授です。
私は、8月11日の10日前に被災地を訪れているので、なんだかその時の気持ちのよみがえりやら、一人の想いが人を動かすことのアツさやらで、後半は大滂沱。。
終演後、あらためて、自分の立ち位置について考えさせてもらえました。

photo:04



震災から4年目となった今、人々の記憶から薄れているような彼の地。私たちは「どうしてるかしら」と、思い出した時だけの感情かもしれないけど、被災された方々とっては一日も忘れることのない、日常の暮らし、積み重ねの日々なのです。

支援のニーズや対応するカタチはこれからも変わると思うし、私たちはできることを探し、やり続けるだけ。


今夜の上映会での収益とご寄付で5万円で、今年のLight Up Nippon花火大会に大きな打ち上げ花火尺玉1本を贈ることができました。

Light up Nippon HP


実行委員会、男澤さんより尺玉募金箱に今日の収益を寄付。
photo:05




たくさんのこどもたち、そして大人たちの笑顔となりますように。。


さて、今夜、私の仲間たちの心にもスーパー大きい花火が咲いていました。
それぞれの場所で、多くの想いが打ち上がる事が復幸につながるんだろうな。
来年の立川の夏にも、ご期待を花火


DCスーパー理事
photo:01





金子マリ&バックスバニー  スーパーナチュラルマン



「Light Up Nippon~空に花、大地に花~」 (SONG for LIGHT UP NIPPON )
いいね!(4)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
虹7/5土曜日、立川相互病院産婦人科チーム、ティーンズ・セクシャル・ヘルス・プロジェクトHP)の幼児向け性教育講座にご招待いただきました。

チームのみなさんとは、去年息子の通う中学のPTAの保護者向け講座「思春期の子どもの心と体、親子のコミュニケーション」を企画し、講演をお願いしたときからのご縁で、今回は4~6歳の子どもたちとその保護者向けの「誕生のひみつ」というプログラムでした。

会場には50名近くの親子連れで満員で、キャンセル待ちが出るほどの人気だったそうです。
ほとんどが母子で、お父さんの姿はちらほら。。


内容は、「誕生の仕組みと体を知り、命を大事にできるようになる」お話を子どもたちにわかりやすく伝える講座で、子どもたちの反応の純粋さや素直さ、そして私自身も命の生まれる物語に感動した時間だったのですが、助産師さんや看護師さん、医師による講座だったので、とても冷静で科学的で、そして温かく愛にあふれる素晴らしいものでありました。


photo:01



講座は2部構成で、第1部は子どもたちと保護者の方向けに3つのテーマのお話です。

①「からだの話」では、男の子と女の子のからだの違い(外性器)、おとなのからだ(内性器)について、いざというときに恥ずかしがらずに口にできるよう、局部の名前をポルノ的な言葉でなく、医学的な名前でみんなで口に出し覚えました。

photo:09



②「誕生のひみつ」では、精子と卵子、受精卵、精子と卵子はどうやって出会えるの?ということを、紙芝居やお腹の中の赤ちゃんの成長、不思議な妊婦さんが見せてくれる赤ちゃん、羊水・臍の緒の話、本物の妊婦さんの赤ちゃんの心音 (出産・産声・帝王切開)・・を学びました。

不思議な妊婦さん。。。
photo:05



photo:04



子どもたちの食いつきっぷりがすごいです!
photo:06




③最後に「きずな」として、絵本「いのちのまつり」をもとに、自分たちの命は、お父さんお母さん、おじいちゃんおばあちゃん、そのまたおじいちゃんおばあちゃん、、、、たくさんのいのちとつながって、今があることを学びました。

photo:07



助産師かおりさんの見事な講座でしたグッド!

第2部は親対象。産婦人科医丸橋先生より「小さなこどもの保護者への性教育」を行いました。親自身の性に対するイメージや、今の時期から性教育が必要なわけ、などのレクチャーでした。

いつも落ち着いていてやさしい丸橋先生。
photo:08




ぶーぶーとかく「性教育」に対しては、まだまだ表舞台のものではなく、眉をひそめたり「寝た子を起こすな」という保守的な考えが大半かと思いますが、私たちがこの世の中に存在することの素晴らしさと奇跡、自分や自分以外の人たちの多様な存在を大切にし受け容れる心、そして将来自分とパートナーのからだと心を大切にする意志を育てるためにも、とても大切で必要な教育だと思います。


性の問題は、公では語られないのに、ネットの普及でAVや出会い系、風俗など性産業は複雑に発展し、子どもたちも刺激的な情報を得やすくなっています。

そして、誤った情報や、正しい知識を持たないために、性被害に遭ったり、病気に罹ったり、望まない妊娠や堕胎をしたり、嬰児遺棄、虐待、シングルマザー、貧困連鎖という問題を抱えたりしている子どもたちもいます。

そしてこうした問題や傷を引き受けるのはほとんどが女子たちです。

10代、特に中学生高校生、そしてまだ性を興味本位の「エロ」「ポルノ」と捉えていない幼児のときから、その年代に合わせた知識を得て、性や命に対してきちんと向き合うことが、こうした問題解決のために不可欠ではないでしょうか。


そして、子どもたちだけでなく、私たち親世代も、性を通して、人権、健康、自己決定権、自己肯定感、ライフサイクル、また、性的マイノリティやデートDVについて考える機会を持ったり、親自身が性をネガティブに捉えず、子どもから性やカラダについての相談を受けることができる知識やアンテナを持つことも大切な事だと思います。


現代の子どもたちは、インターネットやSNSの普及もあり、自分が傷つくリスクを負ってまで人と深いコミュニケーションをとりたくないなど、リアルなコミュニケーション力が低くなっているそうで、ここ数年10代のこどもの性体験率もガクンと落ちているそうです。
そしてそれは大人にも言える事で、日本の夫婦のセックスレス率が増えていることにも通じているとのこと。


。。。とはいえ、私自身、まともな性教育なんて受けて来なかった世代なので、照れくさいのは否めないのですけど。。


でも、「自分を大切にし相手も大切にできる、相手と対等の関係を築ける人」を増やすために私ができることはやっていかねば。

子どもたち(大人にも)への性教育こそ、ダイバーシティ社会・男女共同参画社会の一丁目一番地なんじゃないかなって、思いを新たにしました。

。。んもー、広めたいっ!広めなきゃ!! 

Queen - Bohemian Rhapsody


いいね!(2)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
虹都議会での女性蔑視発言について、その後の顛末があまりに情けない状況で、もうどうしたものか、、と思っていましたが、男性、女性スタッフと日々いろんな角度からこの問題を話し合いつつ、日経・読売・東京新聞各紙記事を切り抜いたものを、ふれあいセンターロビーにて展示しました。

photo:01



この件を扱う各社の記事の量の差、温度差に、現在の日本を動かしている主流層である、政治・経済・マスコミ界にいかに女性が少ないかをあらためて感じ、また、この問題が、日本の女性たちが受けている固定的性別役割分担意識による性差別にとどまらず、結婚や不妊に悩む男女、そして世界の中での日本のあり方にとってどれほど大きい問題なのかが、この主流層中心社会において、まだまだ理解されていないように感じます。

photo:02



photo:03



photo:04




今回の不規則発言の報道の「セクハラ」「ヤジ」という言葉が世論をリードして、問題を軽くしている気もします。
個人的には一番考えて欲しい読者層である日経紙にこそ、大きく取り上げて欲しかったです。


今の日本において、結婚や出産を取り巻く問題は「女性の問題」「家庭・生活欄の問題」ではありません。
男性も男性ゆえに、小さい頃から「男らしくあらねば」「強くなければ」そして社会に出たら選択肢も少なく「仕事を続けなければ」がほとんどなど、ねばねば問題を抱えています。


名乗り出た都議は「早く結婚していただきたいという気持ちで」「軽い気持ちで」言ってしまった、と発言していましたが、世の中の多数の人たちが、少子化、不妊、結婚は「軽い問題」「女性の問題」、しかも「自己責任」だと思っているからこそ出た発言ではないでしょうか。


少子化問題に対し質問している都民の代表である議員に対して、共に解決すべく仕事をするはずの議員自身が、少子化を解消したいなら早く結婚すればいい、などと、問題を都民に丸投げ、しかも仕事場である公けの議場で叫んでしまうという事自体も信じられないことです。


そして、この問題を、「軽い問題」として幕引きを図ろうとする都議会、政党や、暴言を浴びせられた女性議員の個人的問題にすり替え、問題の本質をうやむやにしてしまうマスコミやネットの風潮に対し、男女関わりなく、私たちひとりひとりが良識ある市民としてチェックし、何かしら行動していく必要があるのではないでしょうか。  


さもないと、この国はいつまでも一人一人の人生を軽んじ、一事が万事「まあまあ、目くじら立てないで、、」のまま、声なき声は白紙委任とされ、この先ずっと同じ道、もしくは、とんでもない道を主流層に舵取りされて行ってしまいそうな気がします。
いいね!(5)  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
今朝の東京新聞の記事。

「へいわってすてきだね」
沖縄の小2の男の子が1年生の時に書いた詩で、去年の沖縄慰霊の日に読まれ、つい先日、長谷川義史さんの絵で絵本になったそうです。

photo:01



なんでもない日常の暮らしに「へいわ」を感じ切り取った6歳の有生くん。

眩しい陽の光と草の香り、風の歌、透明な海の冷たさ、そして島に暮らす人びとや動物達の笑顔が押し寄せてきて、私は胸がいっぱいになりました。

今、大人の世界では、人びとの平和な心にバクダンを落とすような言葉や政策がどんどん溢れています。


「やさしいこころがにじになる。
へいわっていいね。へいわってうれしいね。
みんなのこころから、
へいわがうまれるんだね。」




Love and Peace.
いいね!(2)  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
虹ラジオでトークしてきました♪

photo:01




my sweet home北多摩エリア、西東京市の素敵なコミュニティFM、FM西東京(84.2MHz)の「ファザーリング・ラジオ」です。 →FBページ

photo:02



スタジオは田無ファミリーランド内にあり、私がまだ東久留米の実家に居た頃、ゴルフの打ちっ放しや、バッティングセンターに遊びに行ってた思い出の場所。

photo:03



収録の日も、バッティングセンターで打ち込んでから録音に臨みました野球

photo:04



オンエアは24日(土)だったので、お聴き逃しの方、もう一度、いや何度でも聴きたいという方、以下Podcastで、PCからでもスマホでもお聴きいただけます!うわー♡
Podcast

私は「ソーシャル・カフェ」というコーナーで、ダイバーシティコミュのこと、緑が丘ふれあいセンターのこと、10分ほどですがいろいろおしゃべりしてます^^


この番組は、父親支援NPO「ファザーリング・ジャパン」のファウンダーであり、私が参加しているブラコンバンドのツインギターのパートナー、安藤哲也さんがパーソナリティで、パパ's絵本プロジェクトの金柿さんの「絵本ナビ」がPresents、ファザーリング×レイドバックなトークと、ロックでファンキーな選曲の30分のプログラムです。
毎週土曜日の朝9:00~9:30オンエアなので、みなさまぜひぜひ聴いてみてくださいね♪



全国どこでもインターネットラジオでPC、スマホからお聴きいただけます!

FM西東京のHP →http://842fm.west-tokyo.co.jp/ 
スマホアプリ TuneIn、 iコミュラジ 

緑が丘ふれあいセンター HP

FBページ 
            

番組中、安藤さんがかけて下さった曲はこちら!かっちょい~~

Chaka Khan- Shining Star (Interpretations)



Paul McCartney & Wings - Band on the Run



ホームタウンでの安藤さんとのおしゃべりだったので、リラックスして楽しい収録でした。

収録後のFM西東京代表有賀さんと3人で、このメンバーならではの「老後、じゃなくって、生涯現役でいきたいよね」というロックなトークも楽しかったです^^

Queen-Radio Ga Ga
いいね!(5)  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
虹今日は報道写真家笹本恒子さんの100歳展に、横浜までお出かけです。

photo:01




笹本恒子さんは、日本初の女性報道写真家で今年100歳の現役働く女性!
仕事人や表現者としての生き方も、年齢で自分にリミットかけないところも、自立しているところも、すごく共感できて、是非お目にかかりたいと思ってました。

写真展には絶対行くつもりだったけど、実は、ふれあいセンターの男女共同参画フォーラムで、ご講演の講師をお願いしようと思っていたので、今日はアポなし突撃です!


というのも、講師依頼したくとも笹本さんのご連絡先がわからなかったので、
「写真展にご本人がいらっしゃったら直談判するのになぁ」
と言ってるそばから、副センター長清野が会場に電話してくれ、6日にご本人がいらっしゃるという情報GET、即勤務シフト調整してセッティングしてくれました!
サイコーのパートナーだわ♡



さて、写真展は、昭和から現代まで様々な分野で活躍された人たちのポートレート中心で、特に明治生まれの女性たちの章は、男尊女卑の時代に社会的な活動をしてきた先輩女性たちの姿がいっぱい。心をギュっと掴まれました。

photo:13



photo:14





会場ではニュース番組の収録があったのですが、職員さんにお声掛けして、おかえり間際に控え室でお話させていただきました!


講演は、日程調整して後日のお返事、になりましたが、もう笹本さんのあまりのキュートさと品の良さと笑顔に感激!
森林育代の名前に「あら、本名なの?楽しいわね!」

あーーーー、講演絶対実現させたい!!

photo:09



ミッションコンプリートの後は、ヨコハマの港でロマンチックに肉まんおひとりデート♡

今日はライダース着るくらいほんと寒かったけど、笹本さんと先達の女性たちにパワーいただき、心はビキニでスキップな私でした(^o^)


photo:10



photo:04



photo:07



photo:05



photo:06





肉まんと氷川丸と一緒に、清野さんがやり方教えてくれた自撮りをしてみたけど、、なんかちょっと違う気がする。。

photo:08

いいね!(3)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
虹4月から仕事も変わり、息子も中3受験生、ここらでちょっと個人の人生設計について考えてみようかと、仲間のライフプランナー氏とお話をしてみました。

で、「年金はどの位か」「老後は何歳からと想定しているか」「老後の備えに向けてどのような準備をしていきたいか」と問われ、

「ね、年金!?、、」

「老後!、、 、
うーーーん、老後、、!? 」

「、、備え?、、
うーーーーん、、、」

と、苦しくなってしまった私。


「老後の備え」と「森林育代」がマッチせず、思考が停まってしまった私に、
「わかりました(笑)
"老後の備え"という表現はやめましょう!
"森林育代が、将来何事にも縛られず自由に生きるため"にはどうしたらいいのか、考えてみましょう」

はい、しっくり来ました(^o^)


それにしても、将来の縛られぬ自由への資金準備、というのは今からでは遅すぎた感…。

冷静に考えれば、卒業後にちゃんと就職して、真面目に勤め、バブルを享受し、スタジオ代や楽器代やライブ代に散財せず、夜遊びもせず、思いつきで行動せず、将来のためにコツコツ貯金をしておくべきだったのだ。
そして、刺激もないかわりに安定してて、きちんと毎月お給料の全部を家に入れ、そこそこ昇進し、お金のかからない趣味を持つ、見た目はどうあれ優しい男と結婚し、自分もそのまま仕事を続け昇進しつつ、子どもを3人生み育てれば良かったのだ。
そうしたら「老後の備え」はバッチリ、定年退職後は年金と蓄えで生活し、夫婦でたまに海外旅行に行ったりしつつ、孫に囲まれのんびりした人生を終うことができたのではないか。

とかにすれば良かったのね、私!

と、遠い目をする私に

「まあ、そんな人生送ってたら今の森林育代はないってことですから!」

だね…(^o^;)


やっとやりたい事が仕事になり、クラプトン先生や、エアロスミスやVHやストーンズ、ポールの来日ライブを観て、70歳越えてるのに2時間以上のホールライブでステージ走り回り、ワールドツアーを現役でこなしてる姿を目の当たりにして、やっぱり私も死ぬまで好きな仕事して走り(歩き)続け、最後の一歩まで足を前に踏み出してたい、って思ったのです。
だから、老後や蟄居や仕事してない自分を想定できない…

photo:02




財産築いて息子に遺そうとも思わないので、成人までの親の責任を果たした後は、自分の人生の面倒みられるよう、縛られずに生きられるよう、ちょっと人生のリスクヘッジもしていこう、と今さらながら思った私です。


そして今日は、今年100歳でいまだ現役! 日本初の女性報道写真家、笹本恒子さんの「100歳展」を観に、横浜まで行ってきます!!

photo:01



The Rolling Stones - (I Can't Get No) Satisfaction
いいね!(3)  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。