わたしの育毛マニュアル

毛生え薬情報とか


テーマ:

iPS細胞を薄毛治療に応用できる可能性があるとのこと。

時代に共に新しい育毛法ができるといいですね(*^▽^*)



iPS、薄毛治療の可能性=毛髪組織を部分再生―慶応大

時事通信 1月23日(水)20時26分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130123-00000156-jij-sctch


 人工多能性幹細胞(iPS細胞)を用い、毛髪を作り出す組織「毛包」を部分的に再生させることに成功したと、大山学慶応大専任講師らの研究チームが23日までに、米科学誌電子版に発表した。チームは「脱毛症の治療や、育毛剤開発につながる可能性がある」としている。
 研究チームはまずヒトのiPS細胞を、皮膚になる手前の細胞に変化させた。さらに、皮膚細胞に毛包を作るよう働き掛ける「毛乳頭」の代わりに、同様の力を持つ若いマウスの皮膚細胞を皮膚になる前の細胞に混合。マウスに移植したところ、マウスとヒトの細胞が混ざった毛包の組織と毛髪ができた。 
 ヒトの毛乳頭には大量採取が難しいなどの問題があるため、今回は採取が容易な若いマウスの細胞を用いた。ヒトiPS細胞から毛乳頭を作ることができれば、今回の方法を応用して完全なヒトの毛包を再生させることが可能になると期待できるという。



育毛マニュアル

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

更新情報ですo(^-^)o


育毛グッズのコーナーに「頭皮洗浄ブラシ モミダッシュ 」の紹介記事を追加しました。


頭皮を傷つけないで、汚れをもみだすブラシです。


わたしの育毛マニュアル-モミダッシュ

頭皮洗浄ブラシ・シャンパンゴールド TWINBIRD モミダッシュ FLEX

育毛対策マニュアル

レディース育毛ショップ
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

育毛サプリメント販売の育毛の達人 さんが無料サンプル配布キャンペーンをしてます。


こちらの商品↓


シルク微粉末版のプラセンタ入りDHTブロッカー「リバイブヘアー」
わたしの育毛マニュアル-リバイブヘアー

先着100名様までのお買い得キャンペーンだとのことです。

私も申し込みました(笑)


>>無料サンプルのキャンペーンページへ


リバイブヘアー


医薬品でなく天然成分のサプリメントで薄毛と闘い、抜け毛をストップ。DHTブロッカー、シルク微粉末、プラセンタ、さらに育毛に欠かせない高級天然成分を惜しげもなく詰め込んだ育毛専用サプリメントです。

【成分】

プエラリアミリフィカ
エルカンプーレエキス
ノコギリヤシエキス
フィーバーフューエキス
加水分解シルク
マリンプラセンタ
賦形剤


【内容量】

1号ハードカプセル(1粒377mg)
※豚ゼラチン製カプセル

【服用方法】

朝と夕方に、それぞれ1カプセルを目安に水で服用します。なるべく空腹時に服用して下さい。 本製品は食品のため特に服用制限量はありませんが、過剰摂取はお奨めしません。

服用する際は食事前の30分~1時間前に行って下さい。食後に服用しますと吸収率が悪くなります。

食前に服用することで腸管から吸収されます。食後に服用しますと尿などと一緒に排出されやすくなります。理想的な服用時間は起床後に1粒、就寝前に1粒となります。




育毛マニュアル作りました↓
わたしの育毛マニュアル-育毛マニュアル



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

あけましておめでとうございます(*^o^*)


さて新春最初のホームページ更新情報です。


育毛マニュアルに育毛グッズに関するコーナーを作りました。



わたしの育毛マニュアル



わたしの育毛マニュアル-わたしの育毛マニュアル



育毛グッズに関するページはこちら!



今年もよろしくお願いしますv(^-^)v





わたしの育毛マニュアル-おもしろショップリンク集

わたしの育毛マニュアル-訳ありグルメ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

コラーゲン不足が抜け毛の原因になることが判明したと


前回のブログに書きましたが、発毛のメカニズムも


日々の研究で解明が進んでるようです。


例えば、今年に入ってから聞いた育毛ニュースを


列挙しますと・・・





薄毛の仕組み分かった!


体質的な薄毛は、毛髪の元になる細胞が足りないのではなく、その細胞が次の段階に変化できないことが原因であることを、米ペンシルベニア大学などの研究チームが突きとめた。この細胞変化を促す薬が開発できれば、薄毛の新たな治療法になる可能性がある。米医学誌に発表した。毛が生える際には、頭皮にある「幹細胞」が別の「前駆細胞」に変わり、それが「毛母細胞」「角化細胞」などに変化して毛髪を生む。研究チームは、体質的に薄毛の男性型脱毛症患者54人(40~65歳)の頭皮を採取し、細胞の種類と数を調べた。薄毛部分と毛が生えた部分を比べたところ、幹細胞の数はほとんど同じだった。ところが、前駆細胞の数は、薄毛部分で10分の1に減っていた。

(2011年1月12日 読売新聞)




毛髪コラーゲンで黒い毛ふさふさ


毛髪の大本になる細胞が作り出すコラーゲンに、脱毛や白髪を防ぐ役割があることを、東京医科歯科大の西村栄美教授らが突きとめた。脱毛などの治療法開発が期待されるといい、4日付の科学誌「セル・ステム・セル」に発表する。研究チームは、毛髪を作る角化細胞など各種細胞を製造・供給する「毛包(もうほう)幹細胞」という細胞に着目。この細胞は同時に、「17型コラーゲン」というたんぱく質も作っており、研究チームがマウスを遺伝子操作してコラーゲンを作れないようにしたところ、生まれてから約半年後に通常は黒い毛が白く変わり、10か月後までにはほとんどが抜けてしまった。このコラーゲンは人間の脱毛や白髪の治療などにも応用可能とみられるが、人工的に化学合成できない。このため、同種のコラーゲンを作る人間の遺伝子を、自身ではコラーゲンを作れなくしたマウスに導入したところ、黒い毛がふさふさと生えてきた。西村教授は「コラーゲンを作る仕組みがわかれば予防や治療につながる」と話している。

(2011年2月4日 読売新聞)




前立腺がん、薄毛と関連?…男性ホルモン影響か


前立腺がんを発症した男性が、20歳の頃に薄毛だった割合は、前立腺がんを発症しなかった男性の約2倍あることが、フランスの研究チームの調査でわかった。チームは、男性ホルモンが作用した可能性を指摘している。欧州臨床腫瘍学会誌に発表した。フランスの病院で前立腺がんの発症経験がある男性388人と、発症したことがない281人に対し、体質的な薄毛とされる男性型脱毛症の有無を尋ねた。その結果、20歳時点ですでに薄毛だった人の割合は、前立腺がんの経験がない人が5%だったのに、経験者は2倍近い9・5%に達した。30、40歳時の薄毛で大きな違いはみられなかった。


(2011年2月21日 読売新聞)




発毛にスイッチ入れる物質を発見…米チーム


体に毛を生えさせるスイッチを入れる物質を、米エール大学の研究チームがマウスを使った実験で発見した。人間の毛髪にも同じ仕組みがあると考えられ、脱毛症治療などへの応用が期待される。
動物の毛は、毛の元になる「幹細胞」が分裂や変化を繰り返すことで生える。だが、幹細胞が何をきっかけに変化を始めるのかは、わかっていなかった。
研究チームは、毛根の周りにある「脂肪前駆細胞」に注目。その数を調べたところ、毛が成長する直前に増えていた。脂肪前駆細胞ができないようにマウスの遺伝子を操作すると、毛は成長しなかった。
さらに脂肪前駆細胞の働きを調べた結果、この細胞が「PDGF」というたんぱく質を作り、PDGFが毛の幹細胞に作用して毛が生え始めることがわかった。

(2011年9月26日 読売新聞)





日進月歩する医療技術、薄毛の人の将来は明るいかも!?



育毛マニュアル作ってみました

http://www.web-ishioka.com/ikumou/

わたしの育毛マニュアル-わたしの育毛マニュアル

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。