2016年3月30日にAmebaに引越しました。
以前のブログをご覧になりたい方は、
『IKUIKUの愉しみ』をクリックして下さい。
  • 21 Jul
    • 祇園祭前祭の宵々山<蟷螂山>ー西洞院通四条上ルー

      7月15日の祇園祭前祭の 宵々山の記事だけで6回UPして、 まだ残っていた「蟷螂山」 祇園祭で唯一のカラクリ仕掛けの山で、 御所車と屋根の上の蟷螂が動く。     再三の戦火に会い、 昭和56年に117年ぶりに再興された。     この山で一番人気なのは 「カマキリのおみくじ」で 長い行列ができていた。   おみくじ」の場所は、 写真の右方向の粽などを販売する先にあり カマキリの台の下のハンドルを回すと カマキリが180度回転して神前に進み おみくじの木の玉を受け取って戻ってくる。   この様子を我が子とともに ビデオ撮影されている方が居られて、 写真撮影はできなかった〜   行列を写すと人物の顔が入り 難しい〜

      9
      テーマ:
  • 20 Jul
    • <味噌カラメルシューケット>〜本田味噌「ル・マルタン・ドゥ・ミソ」〜

      創業は約200年前、 禁裏御所(京都御所)からの御用命受け お料理用の味噌を吟醸し献上した という「本田味噌」   私のお正月のお雑煮には 毎年、本田味噌の西京白味噌は欠かせない。   白味噌は「花びら餅」や「柏餅」など 昔から和菓子にも使われている。   『Le martin de miso』 〜ル・マルタン・ドゥ・ミソ〜 和菓子に使われて来た白味噌を 洋菓子にアレンジして ダックワーズやフィナンシェが 発売されて来た。   次の写真は 2017年3月に発売された新商品ですが 何に見えますか?   みたらし団子? 揚げ小芋の味噌あんかけ?     <味噌香 京 味噌カラメルシューケット> 上の写真は? 「味噌香 京 味噌カラメルシューケット」です。     シュークリームの皮を キャラメルでコーティングし その上に味噌を使ったサクサクしたお菓子。     本店のほか、JR京都伊勢丹B1で 販売中。    

      9
      テーマ:
    • スバコ・京都伊勢丹【はしたて】〜祇園祭の花・ヒオウギと7月の昼限定メニュー〜

      スバコ・京都伊勢丹【はしたて】の 店内には祇園祭の花 「ヒオウギ」が飾られています。 古代、檜扇で悪霊を退散させたという言い伝えから、 祇園祭の厄除けの花として ヒオウギを飾る風習があります。   7月のお昼限定メニューの丼には 毎年、鰻丼が付来ます。     丑の日ではないけれど、 早めにスタミナをつけたくて 土用入の日にいただきました。  

      7
      テーマ:
    • 【ピエール・エルメ・パリ】〜ケーク・アンフィニマン・シトロン〜

      先週、ホテル・リッツ・カールトン京都へ 食事に行ったときに 「ピエール・エルメ・パリ」の直営店で 買って来たのは、   無限の〜という意味の エルメのアンフィニマン・シリーズより   レモンコンフィ入り、ベルガモット風味の 小型のバウンドケーキ。   シトロンでは レモンの様々な味を引き出して ケーキやタルト、マカロンなどが 作られている     レモンコンフィが入った美味しいケーキ  

      7
      テーマ:
  • 19 Jul
    • 土用入の【土用餅】〜とらや&仙太郎〜

      今年は7月19日が土用入で きょうは【土用餅】を食べる日。 <土用餅> 「あんころ餅」とも呼ばれ、 お餅を餡で包んだ和菓子。 1年で一番暑い時期に、 貴重な小豆や砂糖を使ったお餅で 体力をつけ厄除にしたもの。 『とらや』の土用餅 「小倉餡」と「黒糖餡(こし餡)」の2種     小倉餡   黒糖餡   『仙太郎』の土用餅 〜あんころ〜 「粒あん」と「こしあん」の2種         『仙太郎』の「粟あんころばし」 「仙太郎」では、粟餅を「こしあん」で覆った 「粟あんころばし」も販売。     こしあんの下には粟餅が5個隠れている・・・      

      9
      テーマ:
  • 18 Jul
    • 大人気!祇園祭限定・ビッグサイズの【しみだれ豚まん】

      錦小路通室町西の 北京料理 【膳處漢ぽっちり】(ゼゼカンポッチリ)が 祇園祭の7月13日〜16日限定で 店の前に屋台を出して販売・・・   祇園祭限定で販売される ビッグサイズの <しみだれ豚まん>       毎年「霰天神山」へお参りするときに すぐ側のこの店の行列は知っていたが 一度も買いたいと思ったことはなかった。   今年の宵々山の15日は 三連休中の初日だったせいか 例年より行列が長く こんなに人気のある豚まんの味を知らないと 話にならないと思い 何重にも折り返すチェーンの中に並んだ。     蒸籠で屋台に運ばれる豚まんは、 写真では普通に見えるが、 蒸籠が大きくビールケース2箱分。     蒸しあがった豚まんに さらにタレをかけて・・・     1個ずつ袋に入れて渡される。 その場で食べない場合は さらにビニール袋に入れてもらえる・・・     このお皿は直径21cm 豚まんは約13cmぐらいある。     中身はぎっしり肉のミンチが詰まっていて、 1個で普通の4個分くらいありそう〜     晩御飯代わりに買ったけれど、 1度に1個は多すぎて食べられない・・・   少し時間をおいてやっと完食〜  やっぱり若者向き・・・

      8
      テーマ:
    • 2017【素材博覧会】KOBE〜ラトビアの手仕事のおはなしと伝統的なオーナメント作り〜

      2017【素材博覧会】 KOBE  〜ハンドメイドを楽しむ〜    会場:KIITO デザイン・クリエイティブセンター神戸  期間:2017・7・14 (金)〜 16(日)   7月16日のワークショップ 「ラトビアの手仕事のおはなしと        伝統的なオーナメント作り」   講師:ラトビア雑貨SUBARU・溝口明子さん 日時:7月16日(日) 12:50~13:20    前半はミニトーク&ミニライブ(無料)    後半はオーナメント「プズリス」作り    参加費用・3,000円     <ラトビアの手仕事のお話> 民族衣装に見られる織物・陶器・編み物 (ミトン) ・バスケット・木工を写真と実物でご紹介された。     ★織物〜民族衣装〜         ★編み物〜ミトン〜 世界最古のミトンはラトビアで発掘され ミトン発祥の地と言われている。   女性はお嫁に行くときに 模様の違うミトンを200組?編んで持参し 御礼などのプレゼントに使われるとか・・・     ★バスケット〜ヤナギ〜 1枚目の写真のようなカゴ。 ハンドルの付け根の四角形の編み方がr特色 リトアニアにも似たようなカゴがある。     ★木工〜家具・楽器〜 右下の写真は伝統楽器「クアクレ」 アールヌーボーの中期のデザインは 右上の写真のような ラトビアの模様が元になっているとか・・・   <伝統楽器・クアクレ> ミニライブで演奏された 溝口明子さんの伝統楽器「クアクレ」は、 伝統の木工技術により 伝統模様を取り入れ こだわりのデザインで作られた1点もの。 波のような曲線を取り入れた楽器の形に注目。   独特の演奏は、見るのも聴くのも初めて。 春の曲に夏至の頃の曲、そして 少し元気な秋の収穫祭の曲をお聴かせいただき 弦の美しい調べに心癒されました・・・     <ワークショップ> 〜麦わらのオーナメント「プズリス」〜   「プズリス」の基本の1個は フィンランドの「ヒンメリ」と似ている。   ワークショップでは完成品のサンプルはなく、 同じ長さにカットされた麦わら12本に 糸を通して8面体を作る。     同じサイズで6個と 大きいサイズ1個を作り、 自由に組み合わせて繋ぐ。     最後に毛糸を結びつけて完成!     フィンランドのヒンメリと違うのは ・立方体を直接繋ぐこと。   アレンジとして、 つなぎ目に色毛糸を結ぶ作り方を教えていただいた。   結んだ毛糸の先は切りっぱなしにして 麦の穂先を表す。     <著書のご紹介> ★溝口明子著 「持ち帰りたいラトビア」  〜SUBARUとめぐる雑貨と暮らしの旅〜  誠文堂新光社から好評発売中     <店舗のご紹介> 【ラトビア雑貨 SUBARU】  不定期営業  

      2
      テーマ:
  • 17 Jul
    • <うしサブレ&こうしサブレ>〜北海道の牧場【ファームデザインズ】〜

      【ファームデザインズ】 北海道で牧場を営み、 最高金賞のミルクを生産したり かわいく美味しいスイーツを作ったり おしゃれなカフェを経営する 浜中町「ファームデザインズ」 牛ちゃんスイーツから〜   <うしサブレ&こうしサブレ> 親子のうしサブレを セットでいただきました。   親子で並べてみるとカワイイ〜     親うしは1枚ずつ黒い斑点模様の デザインが違うので面白い〜     こうしはココア入りでみな同じ茶色     親子うしサブレ・セット          

      10
      テーマ:
    • 2017祇園祭・宵々山<霰天神山>〜火伏せのお札〜

      毎年、室町通四条上ルの 「菊水鉾」の次にお参りするのは 錦小路通室町西の「霰天神山」   <霰天神山> ろうじの奥に会所と蔵が残っているので 昔のままの雰囲気がある。   「霰天神山」は火除天神山とも呼ばれ、 宵山には、火伏せ、雷除けのお守と 「火乃要慎」のお札が授与される。       永正年間(1504~1520) 京都に大火があったときに、 霰が降りだして猛火はたちまちに消え、 そのとき一寸二分(約3.6センチ)の 天神像が降ってきたとのこと。 これを祀ったのがこの山の起こりであると 言われている。     「雷(らい)よけ火よけのお守は、 これより出ます〜  常は出ません〜今明晩限り〜」   と歌いながらお守を授与する 子どもたちの「わらべ歌」も聞ける〜     学問の神様がお祀りされているので、 若い人たちのお参りも多く 錦小路通りに臨時に設けられた朱印所には 朱印集めの参拝客の長い行列ができていた。  

      6
      テーマ:
    • 2017祇園祭<長刀鉾>〜「ちまき」の行列と破風裏の木彫像〜

      7月17日(月・祝)は 祇園祭前祭の山鉾巡行日。   この1週間の殆どを出歩いていたので きょうは、KBS京都のTV中継で巡行を楽しんだ。   天候は曇りなので 気温上昇が抑えられて丁度良さそう〜 今年の山鉾巡行は珍しく三連休にあたり 遠来のお客様も多そうだが ビニール掛けなしでの山鉾巡行を 見ていただけてよかった・・・   毎年、祇園祭には 長刀鉾の「ちまき」をうけて門口に飾っている。     今年は14日(金)午前10時過ぎに 地下鉄四条駅から四条通の南側の みずほ銀行前の歩道に出ると 長刀鉾と前後に二箇所の 白いテントが見える。     白いテントは 「ちまき」や手ぬぐいなどの販売所で それぞれから東は東洞院まで、 西は烏丸通まで 行列ができていてビックリ! 20分以上並んだが、こんな年は初めて・・・     長刀鉾の飾り 鉾の車輪の横あたりに 詳しく説明した解説板が張られている。     鉾を見上げると、 破風裏の彩畫と彫刻が見える。   前方の破風裏には鶴の畫 2体の木彫胡粉彩色像は厭舞     後ろの破風裏には孔雀の畫 小鍛冶宗近が神剣を造る姿の 木彫胡粉彩色像がある。  

      7
      テーマ:
  • 16 Jul
    • 2017【亀屋良長】本店前〜祇園祭限定・かき氷2種〜

      連日出歩いているので、 今年の山鉾巡りは半分くらいの短いコースに変更。   占出山→菊水鉾→霰天神山→蟷螂山→亀屋良長へ   亀屋良長で祇園祭菓子を購入して 生菓子とお抹茶を注文しようと思ったら 生菓子は売り切れで・・・ 前回と同じ「わらび大納言」で休憩。   <祇園祭限定かき氷> 店を出るときは夕方5時を過ぎていたが 本店前の四条通りで販売される 「祇園祭のかき氷」は準備が遅れていて・・・     客が本店前から角を曲がって醒ヶ井通りに 約20人の行列ができていた。     今年は人気の「宇治金時」に加えて、 新商品「烏羽玉氷」が登場。 波照間島産の黒糖で作った黒糖蜜に、 かき氷用に特別に炊いた烏羽玉餡と白玉をのせて、 お好みで練乳をかける。     詳しくは、お店のブログで・・・ http://blog.kameya-yoshinaga.com/2017/07/10/祇園祭%E3%80%80かき氷/   ぐずぐずしていると交通規制で バスが四条通を通らなくなる。   行列に並んでられないので、 真向かいのバス停から帰宅。

      11
      テーマ:
    • 2017【亀屋良長】祇園祭のお菓子〜宵山だんご・ほこ調布〜

      四条通堀川東の醒ヶ井角 京菓子司【亀屋良長】   祇園祭のお菓子 7月14~16日は、18時頃~月鉾の下にて販売。 7月15,16日は、18時頃~四条傘鉾の下でも販売。   <宵山だんご> 柔らかい求肥で白味噌あんを包んだ 祇園祭限定のお菓子。     駒形の箱に詰められた 淡いピンクのおだんごは ほんのり灯が見える夕方の風景を思わせる       <ほこ調布> 右は、つぶあん 左は、りゅうひ   「りゅうひ」は一般的には  求肥=ぎゅうひ と読んでいる     調布で鉾の「網隠し」をかたどり 祇園祭の御紋の焼印入        

      8
      テーマ:
    • 2017祇園祭<菊水鉾のお茶席>ー室町通四条上ルー

      祇園祭前祭「菊水鉾」 ー室町通四条上ルー 町会所では毎年、13日〜16日にお茶席が 設けられる。   ご奉仕は表千家、裏千家、遠州流で日替わり   お茶席のお菓子は亀屋廣永の「したたり」。 お皿は持ち帰れるが、 昨年は以前と同じような色だったので参加を止めた。   14日の夕方の朝日放送で生中継があり 今年はブルーという珍しい色だったので 午後に宅急便を出しにコンビニへ行った続きに 地下鉄で四条へ・・・ 行列して階段の下で待った年もあったが 午後3時半頃という暑い時間帯のせいか 2階へ上がってすぐに席に案内された。 当日券:2,000円       ここに金剛能楽堂があった頃は 能舞台に御神体の菊慈童が祀られて 雰囲気が良かったが マンションの2階へ階段の上り下りが負担・・・     「菊水の井跡」 マンションの敷地内に 茶道の始祖・千利休が指示した 茶人の先覚者・武野紹鴎邸趾の石碑と ビル建設時に発見された「菊の井」の文字入り 井桁を組んで、解説プレートがある。   「菊水の井」と呼ばれる所以は 能楽「菊慈童」から着想。 「菊の葉から滴る露を飲み長寿を得た」という 故事によるもの。 「菊水鉾」は、この名水にちなんで名付けられた。  

      6
      テーマ:
    • 2017祇園祭前祭・山一番「占出山」〜吉兆あゆ〜

      占出山で販売されるお菓子 「吉兆あゆ」は 大極殿本舗の京桂川「若あゆ」   <吉兆あゆ> 「吉兆あゆ」のパッケージでの販売は 祇園祭の14日〜16日のみ     数ある京都の鮎菓子の中で、 一番美味しい〜     「吉兆あゆ」の由来は 日本書紀によると 神功皇后が肥前の国松浦の玉島川の岩の上から、 縫針を曲げて釣とし裳を抜いて釣り糸とし 米粒を餌として川に入れ、 戦勝ならすぐに魚をと祈願されたところ、 早速鱗の魚が漁れ、 皇后はこの吉兆を たいそうお喜びになったことから・・・       「吉兆あゆ」の販売     今年の山一番【占出山】   懸装品の展示     「水引」は三十六歌仙の刺繍 「胴掛」は「日本三景」の綴織     国宝「御太刀」   三条小鍛冶家近作     江戸時代中期という献上雛人形があったが・・・     占出山は 神功皇后を祀る安産の山。   占出山が一番くじを引いた年は 安産の年と言われている   授与される腹帯と安産のお守は ご利益を望めそう  

      4
      テーマ:
  • 15 Jul
    • 八坂神社・南楼門前【二軒茶屋 中村楼】の「稚児餅」

      【二軒茶屋 中村楼】  〜「稚児餅」〜 祇園祭鉾巡行の先頭をゆく長刀鉾には 人形ではなく男の児が稚児を務めます。   7月13日は『稚児の社参』の日 稚児のお位もらいの式が 八坂神社本殿で挙行され 毎年、二軒茶屋中村楼から 稚児餅を朱塗りの膳に盛ってお供えされます。   言い伝えによれば この餅を食べれば夏痩せしなくなり 疫病を除けることができると言われています。   「稚児餅」は、稚児社参の翌日から  祇園祭が終わる31日まで 【二軒茶屋】店内で  お抹茶とセットでいただくことができます。  1人前:1,300円(税・サ込)     米の餅を細長い形にして 先端を二本に割った竹串で刺し 荒味噌を表面に塗って両面を焼いたもの     お持ち帰り用は 五串ずつ重ねて焼いた稚児餅を1束として 竹皮で包み笹の葉を添えてある。     焼きたての温かい稚児餅を包んでいただけますが、 冷めたら1串で約20秒温めると美味しい〜  五串1束:1,900円(税込)         販売は7月14日(稚児社参の翌日)〜 7月31日まで。 お持ち帰り用は予約がオススメ。  

      8
      テーマ:
    • 【鮨処・竜敏】北海道産うに食べ比べ軍艦セット〜京都伊勢丹・夏のおいしい北海道展〜

      京都伊勢丹10階 「夏のおいしい北海道展」  7・12 wed. ~ 7・17 mon. 夏の北海道展で見逃せないのは 「北海道産ウニ食べ比べ」   ★鮨処・竜敏 <北海道産うに6カン食べ比べ軍艦セット> 各日50セット限り・3,024円   バフンウニとムラサキウニの2種類のウニを 生・昆布漬・炙りで味わえる。     写真左より 「炙り」「昆布漬」「生」の3種の軍艦巻き   上の列(色の薄い方):エゾムラサキウニ 下の列(色の濃い方):バフンウニ     他に <北海道産うに食べ比べ丼> 各日100点限 1人前:3,348円も人気!  

      5
      テーマ:
  • 13 Jul
    • 祇園祭のお菓子〜三条若狭屋「祇園ちご餅」〜

      祇園祭前祭の五つの鉾町では、 昨12日に鉾の曳初めを終え 祇園祭のハイライト、鉾巡行に向けて 京の街はますます賑わっている。   祇園祭に因んだお菓子も デパートに特設コーナーが設けられる。   <祇園ちご餅> 白味噌を甘く炊いたものを求肥で包み 氷餅をまぶし竹串にさし、 三本を1包みした祇園祭由来の銘菓。     「祇園ちご餅」は、 三条若狭屋で一年中販売されているが 祇園祭の期間は特別パッケージで販売されている。   祇園祭用のパッケージ 3包入     祇園祭用パッケージ・3包入 上の写真の反対側     祇園祭用・鉾型パッケージ 「祇園ちご餅」2包入       「祇園ちご餅」の由来   3本1包の「祇園ちご餅」 串付き求肥餅     白味噌あん入「祇園ちご餅」      

      12
      テーマ:
  • 12 Jul
    • 京都【吉祥菓寮】〜夏季限定「きな粉 塩キャラメルロール」〜

      【吉祥菓寮】のロールケーキは 抹茶を使った「茶の雫ロール」と 竹炭入り生地の 「焦がしきな粉のはんなりロール」があるが 他に、夏季限定品が販売されている。   夏季限定 <きな粉 塩キャラメルロール>   米粉を使った生地で きな粉クリームとキャラメルゼリーを 巻いたロールケーキ              

      5
      テーマ:
    • 2017<京都和久傳>文月 〜お昼限定・支子コース〜 

        祇園祭は鱧まつりとも呼ばれ、 鱧はこの時期1番のご馳走。   値段も高くなる中で、 お昼だけ、数量限定で提供される 鱧を味わえるお得なコース。     <京都和久傳>文月  〜数量限定・お昼の支子(くちなし)コース〜  ・青竹酒 ・先付   オクラと湯葉のすり流し   蛸とセロリの甘酢ジュレ ・温物   鱧の天ぷら、冬瓜、糸ウリ ・御飯   鱧寿司 味噌汁 ・御菓子   小豆と抹茶の軽羹                                 ¥2700 (税・サ込)   他に お昼だけのコースには 刈安 ¥4,000 もある。   店内の待合には、 赤い実をつけた山芍薬が飾られていた。     ・先付   オクラと湯葉のすり流し   蛸とセロリの甘酢ジュレ         ・温物   鱧の天ぷら、冬瓜、糸ウリ     ご飯物は黒寿し、鱧寿し、鮎のかまめし、の3種から選択。   御飯と味噌汁 ・鱧寿し 3カン     ・御菓子   小豆と抹茶の軽羹     「おもたせ」で鱧寿司を買えるが、4カン¥2,200 (税別)     火曜日は 伊勢丹の10階催事場は展示替えで 一番、お客さんが少ない日。   7月11日(火)にお中元の注文を済ませて 10時40分頃に様子を見に11階に上がると 店の前の椅子には すでに10人くらいのお客さんが・・・   椅子席からはみ出ると 支子コースは無理かも知れない・・・ 確実にと思えば 伊勢丹開店すぐから待つこと。   ただし、祇園祭の鉾が建っても 7月の支子コースの御飯物に 鱧寿しが、必ずあるかどうか? 保証はできない・・・  

      5
      テーマ:
  • 11 Jul
    • ドイツ【シュバイツァー社の錫飾り】〜大丸京都店・4階〜

      7月7日、久しぶりに京都大丸に立ち寄り、 4階和食器売場を歩いていると、 向こうの柱に、ちょっと場違いのような ヨーロッパの飾りが見えた。   近づいて見ると、 期間限定のイベントコーナーで 「ドイツのすず飾りとリトアニアのミニチュアハウスランプ」 &「イタリア製テーブルクロスとファブリックバッグ」 を販売。   7月5日(水)〜7月11日(火)まで開催中。   ドイツの錫製のクリスマス飾りは持っているが、 じっくり眺めているとイースターのものを数点見つけた。 季節外れだけど イースターエッグにペイントしている イースターバニーの男の子と女の子が 可愛くて 目が止まったまま・・・     両面に細かくペイントされている タテ:11cm  ヨコ:10.5cm 卵はタテ7mm 吊るしてあるリボンも錫細工     ただ、可愛くないのがお値段・・・ 手の込んだものは値段が高くて 買いやすいものは物足りない。   さんざん悩んだけれど、 この機会を逃せば同じものに出会えないだろう。 それに、現地へ買いに行くことを考えれば 早くて安く手に入る・・・ というのが、いつもの私の言い訳。   台の裏にシュバイツァー社のシールが貼られている。     イースターエッグのペインティングに夢中〜 イースターバニーの女の子     女の子のイースターバニーのサイズは タテ:9cm  ヨコ:10cm   女の子のエプロンの裾には ドイツのラッキーアイテムの キノコが描かれている。大きさは5mm     ドイツ・シュバイツァー社の伝統の錫細工は きっと孫の代でも楽しんでくれると思う。

      9
      テーマ:
AD

カレンダー

旧ランキング

このブログはジャンルランキングに参加していません。

ランキングトップへ

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。