20年ぶりの再会

テーマ:
去年より剣(ツルギ)護身術の福岡合宿が決まっていたので、合宿一日前に熊本入りし、20年前の仲間に会いに行くと計画していた九州の3日間の旅!

その仲間とは当時空手の稽古で共に汗を流し、稽古後も酒を呑みながら語り合った仲です。

そんな彼とも、それぞれの道へと進んで行き、その後しばらく連絡をとることもありませんでした。

しかしここ最近Facebookで彼と連絡が繋がり必ず彼に会いに行くと飛行機のチケットをも購入した矢先に、地震が起きてしまいました。

正直、熊本行きは断念した方がいいのかなとも考えましたが、ピンチはチャンスだと、今しか会えないと思い、そして熊本の街をこの目でしっかり見てこようと思いました!



空港到着後、彼女さんと一緒に迎えに来てくれて握手を交わしました。
一気に20年前にタイムスリップ!
当時のことが走馬灯のように甦り、道中はその話で花を咲かせました。

そんな中、彼が気を使ってくれて全く被害がなかった『霊巌洞』へ立ち寄ってくれました。





この場所は宮本武蔵がこの洞窟に籠もって「五輪書」を書いたことでも有名。

私が空手の道に入る切っ掛けともなった本『宮本武蔵』が好きなのを覚えてくれていた見たいです。

本当に感謝です!



その後、食事をしてお店の準備がある為、彼らたちと別れて熊本の街を一人で歩いていきました。

まだまだ震災で建物が崩壊している場所や、ブルーシートで覆われている建物が多く見られ地震の凄さが物語っていました。

夜、彼のお店に行きました。



当時の地震の話が聞けました。

1回目の予震と2回目の本震が来たときの話、被害にあった当時の建物の様子の写真をも見せてもらいました。

辺りは停電し真っ暗で避難するにも屋根瓦が落ちて散乱し、それにつまずいて怪我をしたり、周りの人はパニックに陥ったりで大変だったと。

次の揺れで家が崩壊するのではと、いつもビクビクしながら気が休まる時がなかったと言うことでした。

今、思い返せば大変だったんだと、

その時は大変もくそもなく、その場しのぎで必死でしたと語ってくれました。

私はその話を聞いて、いかに自分たちが今、生かされている事に感謝し、一日一日を無駄にせず、自分に与えられている環境の中でやるべき事をする大切さを、今一度考えさせられました。

本当に熊本に来て良かったと、そして何よりも元気でやっている仲間に会えたことに胸いっぱいです!(*´∀`)


また会える日を楽しみにしています!

そして熊本に来る切っ掛けとなった福岡合宿、剣護身術の皆さんにも感謝です。

全てに感謝ですね!

追伸
お客さんが帰ったあとは20年振りの再会とも言うこともあり、どうやら同じことを考えていたらしく、プチ稽古でコミュニケーションをとりあえました(笑)




はぁ~すっきりした~!
ありがとうございました。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

実戦護身術 ツルギ 大阪支部 稽古会 日程

月3回/日曜日
場所:松原市民道夢館/松原市民体育館
時間:10時~12時



▼6月12日(日)松原市民道夢館(第一武道場)
▼6月19日(日)松原市民道夢館(第一武道場)
▼6月26日(日)松原市民体育室(第一小体育室)

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

女性の為の護身術(入門編)
講師:IKUYO
護身エクササイズ・インストラクター


場所: 大阪市港 区民センター
大阪市港区弁天2-1-5 (土曜日検討中)

月4回/金曜日

時間:10時30分~12時00分

連絡先 支部長 (西井)
090-8209-0913
E-mail-アドレス
sabaki-hitosuji.coco@ezweb.ne.jp

学校プロジェクト
http://www.tsurugi-sd.com/project/index.html
Facebook実戦護身術『剣』大阪支部ページ
https://m.facebook.com/profile.php?id=748894048498884

AD