2011-02-14 11:29:58

睡眠時無呼吸症候群が改善されて

テーマ:睡眠時無呼吸症候群関係

 一昨年の夏に睡眠時無呼吸症候群と診断されて以来、CPAPという機械をつけて寝るようになったが、体調がいい。


 あの機械をつければ、つけている間は熟睡。毎日7時間以上は熟睡できている。


 あれをつけないで昼寝をしたりすると、頭が痛くなったりするので、やはりあれを着けないで寝ると無呼吸状態が起こっているんだろうと思う。


 起きた後に、運動する気持ちになるし、運動しても息切れしないし、難しい本を読んでいても眠くならなくなった。


 一年半前は、ドラムを叩いていても、仕事をしていても眠気が襲ってきたぐらいだったから、かなりの重症だったのではないかと思う。


 「どうも、最近、睡眠が十分じゃないなあ」とか、「起きた時に頭が痛い」とかの症状が、10年ぐらいは続いていたので、もしかすると、35歳ぐらいから無呼吸状態で寝ていたのかもしれない。


 高血圧だったのが下がってきたし、糖尿気味だったのが、よくなってきた。


 疲れやすくてイライラしたりしていたが、そういうこともなくなった。


 一年半、治療器を使ってみて、最初の数か月で「眠れるなあ」と思うようになり、最初の半年で「疲れがとれるので、仕事がはかどるなあ」と思うようになり、最初の一年で、「これなら、運動しても疲れないなあ」と思うようになり、今に至っている。


 今は、ジム通いが4か月になり、「体力がかなりもどってきたなあ」という感じだ。


 身体の中に不調な部分があったら、やはり早く直すべきだ。そこがおかしくなったことで、別の部分にしわ寄せがいってそこが悪くなり、そこから別の部分も悪くなり・・・・ということもある。


 私の場合、睡眠時無呼吸症候群が、不眠を呼び、それが高血圧や糖尿を誘発していたように思う。


 これを機に、他の部分も直すべきところがあったら直しておこうと思う。


 我が家は、子ども達がかわいいので、子ども達が大学に行って、就職して、結婚して、孫が生まれて・・・・というところまでは長生きしたいものだと思う。


 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-03-23 23:44:44

睡眠時無呼吸症候群の状況

テーマ:睡眠時無呼吸症候群関係

 睡眠時無呼吸症候群と診断されて、CPAPという医療器械で治療をしているが、最近、本当によく眠れる。


 ずっと体調が悪かったが、いろいろと不調だった部分がどんどん改善しており、驚いている。


 血圧や肩こり、内臓の疲れなどだ。


 睡眠時無呼吸症候群とわかったときに、医者から「よかったですね。これで長生きできますよ」と言われたが、本当に、これなら長生きできそうだと思う。


 バンドも仕事も家庭も順調だし、よい流れになってきた感じだ。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-11-27 16:06:56

CPAPのお陰でよく眠れる

テーマ:睡眠時無呼吸症候群関係

 睡眠時無呼吸症候群と診断されて、CPAPという治療機会を使っている。これを使うと本当によく眠れる。


 だいたい毎日、7,8時間寝るのだが、ぐっすりだ。


 副作用もないし。


 これがなかったころは、昼間からよく眠くなっていたものだった。何で眠いのかわからなかった。朝起きてすぐに眠くなることもあった。


 それが、今では、朝起きると、もう眠ろうとしても眠れない。


 中学生や高校生の頃は、夜、目をつぶって、次の瞬間には朝になっていたものだった。目をつぶって、「そういえば、明日の教科書をかばんに入れないと」と思って目を開いたら、朝だったなんてこともあった。


 今は、そんな感じだ。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-07-30 00:00:21

CPAPの調子

テーマ:睡眠時無呼吸症候群関係

 睡眠時無呼吸症候群の治療で使っている機械、CPAPの調子は相変わらずいい。


 大体、6時間寝れば、頭も身体もすっきりする感じだ。


 夜、遅くまで起きていても、朝は7時にはぱっちり目が覚める。一日が長く使えるので都合がいい。


 体力的にも非常にいい感じ。毎年、真夏には夏ばてしそうになるが、今年は炎天下、自転車であちこち走ってきてもまったく元気だ。


 この機械を受け取った時、主治医の先生が「これで長生き出来ますよ」と言っていたが、それもあながち誇張ではない。これを受け取って以来、人生がまったく変わってしまった感じなのだ。


 驚くのは酒を飲んで寝るときだ。これまでだと、鼻の気道が狭くなり、無呼吸が起きやすくなっていたために翌日は最悪の体調になった。今は、すっきり寝れるし、熟睡するお陰で二日酔いも感じなくなった。寝ている間に酒をドンドン分解してもらっている感じなのだ。


 この機械には感謝してもしたりないぐらいだ。


 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-07-19 08:14:22

CPAPの効果は相変わらず

テーマ:睡眠時無呼吸症候群関係

 睡眠時無呼吸症候群と診断された関係で、5月の頭からCPAPと呼ばれる治療器を使っているが、快調だ。


 もはや、熟睡できるのが当たり前、という状況になっている。


 毎日熟睡できるということは、毎日、エネルギッシュでいられるということ。昼寝の必要も、電車の中でのうたたねの必要もない。眠くならないのだから。


 その分、本を読んだり、運動をしたりという時間が増えた気がする。


 本を読んでも眠くならないし、運動をしても、以前のようにエネルギー切れを感じることもない。この暑い夏に仕事先に自転車でいけるぐらいの体力がついた(というか、体力が戻った感じだ)


 先日の欧州への出張にも持っていったし、国内で外泊する際も持っていく。これがあれば、どこでも熟睡できる。


 何か副作用があるかと思ったが、今のところ、何もない。


 最近、太もものあたりの筋肉が発達してきたのは、自転車によく乗っているせいかもしれない。太ももの筋肉は身体の中でも特に大きいので、ここが発達すると、テストステロンが多く分泌され、身体全体が筋肉質になっていくはずだ。


 CPAP→快眠→運動→電動自転車→筋肉質 という感じで少しずつ自分の身体が変わってきた気がする。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-06-04 09:49:08

CPAPの状況

テーマ:睡眠時無呼吸症候群関係

 睡眠時無呼吸症候群の治療につかっているシーパップという機械の調子がいい。


 使い始めから約1箇月がたつが、毎日快眠できている。


 夜12時に布団に入ると、だいたい朝の6時半ごろには目が覚める。頭の中がすっきりしていて、眠気が全く残らないのだからすごい。


 朝ご飯をたべても、昼ご飯を食べても、これまで満腹のたびに襲ってきた眠気が襲ってこない。


 新聞記者は、人から話を聞くのが仕事なので、その人が話せる状態、話しやすい状態になるのを「待つ」という時間が多い。ずーーーっと待っていて、「今なら」というタイミングで聞くのが難しい。逆にいえば、この待つという時間が重要になる。


 私は、待っている時間は読書に充てている。読書といっても、仕事に関する知識として読む本もあるし、自分の好きなものを読む場合もある。


 シーパップを使う前は、この待ち時間に居眠りをしてしまうことも多かったが、今は、起きて本を読んでいるので前より仕事にもよい影響が出ている。居眠りしてしまうと、待っている人にとっての最良のタイミングを見逃すことが多くなるからだ。待っていても、取材対象の様子は観察していないといけない。寝て待っているのと起きて待っているのでは、やはり結果が違うことが多いように思う。


 睡眠が正常になったことで、健康面はもとより、仕事面、趣味面といろいろなところで好影響が出ている。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2009-05-25 18:31:41

睡眠時無呼吸症候群の状況

テーマ:睡眠時無呼吸症候群関係

 我が家の治療器・CPAP君はとてもよく働いてくれている。


 昨夜もぐっすりだ。


 一昨夜は午前3時15分に夜勤から帰ってきた。それからすぐに寝て、翌朝8時には起きてバンドの練習に行った。寝ずにバンドの練習ができた。


 これまでだったら、午前3時まで仕事をしたら、翌日は使い物にならなかった。それがバンドの練習をして、午後にはちょっと仕事をして、夕方には家族とご飯を食べて、その後、読書をして・・・。と結構満喫している。


 毎日のように散歩を続けているお陰で、ちょっと体が締まってきた感じ。また、内臓の調子がいい。


 高かった血圧も低くなってきたし、この調子だと薬をやめてもいいかもしれない。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-05-22 19:41:20

CPAPの効果

テーマ:睡眠時無呼吸症候群関係

 睡眠時無呼吸昇降宮と診断されて、対応用の機械を使い始めてから2週間ほど。


 毎日、確実に睡眠がとれていることに驚いている。


 最初、朝起きると頭がすっきりしていることに驚いた。次に、昼間に眠くならないことに驚いた。


 さらに使っているうちに、今まで疲れやすかった部分が疲れにくくなってきたことに気づいた。階段や坂道を早足で上っても、息が激しくなることはあっても、体が厳しいということがなくなった。


 すぐに回復する感じだ。


 さらに、回復が早くなってきたので、朝、子ども達を見送ってから1時間ほど近所を散歩するようになった。それによって、体力がグングン戻ってきた感じだ。


 今まで、どれほど疲れを体にためていたのか。


 さらに、糖尿病の予備軍だったが、それも改善されてきた感じがある。血圧についても、かなり低くなっている。


 驚くのは、飲んで帰ってきた夜だ。今までだと午前2時、3時に寝れば、翌日はほとんど使い物にならない感じだったが、6時間後にはすっきりと目が覚める。二日酔いもない感じ。酸素を十分に吸って寝ているので、脳内の物質も分解されている感じだ。


 一日の活動時間が長いので、空いた時間に本が読めるのがうれしい。


すごいものを手に入れてしまった。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-05-17 16:55:03

眠れる2

テーマ:睡眠時無呼吸症候群関係

 よく眠れるというのは、生活パターンを一変させる。


 毎晩熟睡できるようになって一週間がたつが、体調がものすごく良いのだ。


 ホセ師匠には、「なんか、若返って、エネルギッシュな感じだなあ」と言われるし、家内にも、「エネルギーがものすごい」と言われる。


 もともと、高校時代に野球をしていたせいもあって、エネルギーはかなりある方だった。


 大学時代には、ホテルで泊まり込みのバイトをして、翌日学校に行き、その後にバンドの練習を掛け持ちし、さらに家に帰ってきて様々な本を読んで勉強していた。


 それでも、「高校時代よりは楽だなあ」と感じていた記憶がある。


 今週、熟睡した夜が1日、2日、3日と積み重なっていくにしたがって、どうも内臓の調子が良くなり、体全体の疲れが取れてきた感じがした。


 これまで、階段を上るだけでゼイゼイと苦しい息を吐いていたが、徐々に苦しくなくなり、とうとう駆け上がれるぐらいになった。さらに、今日あたりは、全力で駆け上がって息が少し上がっても、苦しいというよりは気持ちいいぐらいの感じになっている。これって、高校時代の感覚なのである。



 高校時代には、家から駅まで、自転車で20分ほどを全力で走って電車に乗ると、気分がよかった。電車に乗ってそのまま鞄から本を出して読んでいた気がする。今なら、体を折り曲げてゼイゼイしているところである。


 そんなわけで、睡眠時無呼吸症候群の治療機械・CPAPは、私に高校時代の感覚を取り戻してくれた感じだ。


 これから毎日熟睡できるということを考えると、そのうち、マラソンとかに出られそうだ。


 私は、中学時代に野球部と駅伝部をけんぶしていて、かなり長距離が得意だった。大人になって太ってしまい、長距離など夢のまた夢となったが、もう一度、箱根駅伝の走者のような体型を目指すのもいいかもしれない。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-05-12 18:17:32

最近、毎日熟睡できている

テーマ:睡眠時無呼吸症候群関係

 最近、毎日、夜に熟睡できるようになった。これは私の生活にとってとても重大なことである。


 実は、一か月ほど前、「どうも、朝起きて、寝足りないと感じることが多いなあ。頭が痛いこともあるし」と思い、病院に行った。


 調べてもらったら、睡眠時無呼吸症候群という病気だということがわかった。


 病院から測定器具を借りて、1晩、自宅で睡眠時の状況を測定したら、呼吸が止まっていることが確認された。


 さらに、詳細の情報をとるために、今度は一晩、検査入院した。そしたら、270回、1時間に44回の割で呼吸が止まっていることがわかった。


 驚いたことに、入院した夜、6時間ほど寝た私だが、測定によると熟睡していたのは2分程度。それ以外のほとんどの時間はウトウトしていたということになる。


 さて、その結果が出たところで、医者からCPAPという機械を渡された。保険がきくので一か月5000円弱でのレンタルだ。


 借りてきて、昼間だったが、ちょっと使ってみた。


 驚いた。ほんの一時間ほどだが、熟睡してしまった。そしたら、頭の中の疲れがあっというまになくなってしまった。


 さらに、夜、それを使ってみたら、驚いた。


 夜12時から使って、朝の6時にはぱっちりと目が覚めた。その後、寝ようと思っても、もう寝られなくなった。頭の中がすっきりしていて、もう寝ていられない感じである。


 さらに、朝6時から起きて活動しても夜まで全く眠くならなかった。いつも、昼ご飯を食べた後には眠くなったり、午後3時ごろになると眠気が襲って、30分ほど記者クラブのソファで昼寝をしていたのだが、食後も眠くならないし、午後にも眠くならない。さらに、家に帰ってきて夕食後にソファに転がっていると、大概は眠くなったものだったが、これも全く眠くない。


 驚きだ。


 これを使うと、6時間も寝れば、すっかり疲れが取れるのだ。


 6時間、本当に熟睡している感じだ。


 逆に言えば、今まで、どれだけ寝られていなかったがわかる。


 そういえば、機械を渡されたとき、お医者さんから、「危なかったですね。早死にするところでした。これで、長生きできますよ」と言われたが、その言葉は嘘ではないと実感した。


 頭はすっきり、内臓の調子もよく、階段を駆け上がっても息が全くあがらない。人生が変わる感じだ。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。