1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2011-01-13 11:37:47

シール集め

テーマ:私を癒してくれるもの

 例年のごとく会社でスケジュール帳をもらってきたので、シールを貼った。他の社員でも多くが全く同じスケジュール帳を使うことになるので、間違えて持って行かれてしまうことがあるのだ。それを防ぐために、表裏の表紙にシールを貼る。

 私はシールコレクターだ。

 暇になると文房具屋のシールコーナーで可愛いシールを探す。


 シールは、かわいい系、開運系、趣味系にわかれるかもしれない。

 開運系は、招き猫、七福神、正月飾りなど。

 かわいい系は、犬、猫などの動物や、ハワイアンダンス、日本舞踊などの踊り子。

 趣味系は、楽器や、野球、サッカーなどのスポーツもの。

 その他、花や木などの植物。食器、シューズ。ディズニーキャラクター系など、様々だ。

 普段はこれを眺めているだけで楽しいが、手帳を買った時に、これを使う。自分にとって大事な日に、好きなシールを貼るのだ。

 年賀状も、大事な人へのものにはお気に入りのシールを貼る。

 浮かない顔をしている知人が居ると、「運気下がってるんじゃない?」と、招き猫シールを1シート買ってきて差し上げる。

 家族の誕生日と、この夏の旅行のところに、趣味系をべたべたと貼った。

 お気に入りのセッションの予定日にも、楽器シールを貼った。

 手帳を開くと、気が重くなるような予定が入っていたりするが、その前後に楽しいシールが貼ってあると、楽しい予定ばかりが意識の中に入ってくるので気持ちが楽になる。

 どなたか、シール収集仲間になりません?

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-07-11 10:12:54

かぶとむしが捕りたい

テーマ:私を癒してくれるもの

 小平から2年前に都心に引っ越してきたが、今頃の時期になると、前の家が恋しくなる。


 なぜかというと、家から歩いて5分のところを流れる玉川上水沿いの林の中で、カブトムシやクワガタムシがたくさんとれるからだ。


 夜の7時ぐらいに息子(当時小学生)と家を出て、30分ほど上水沿いを歩けば10匹はとれた。


 毎日10匹ぐらいとっていると3日で30匹。売れるほどとれてしまう。


 子どもの頃は、「かぶと虫に囲まれて暮らしたい」と思うほどかぶと虫にあこがれたものだが、玉川上水近くに住めばそれがかなうのだ。


 私の実家のいわきは、ずいぶん田舎なのだが、小平には負ける。うちの実家の親は、「小平はいいところだよ。散歩道があって、物価が安くて、それでいて交通の便はよくて」と言っても、「いわきの方がいいに決まってる」というが、「かぶと虫がたくさんとれる」と言うと、少し心が揺さぶられるようだ。


 かぶと虫というのは、だれでもあこがれるものだからだろうか。


 かぶと虫が欲しい人は、国分寺中央体育館まで車で行って、そこの駐車場に車をとめて(無料です)、そこから、小金井方面に玉川上水べりを歩いて欲しい。時間は6時半スタートで1時間ほど。30分歩いて引き返せばちょうどいい。


 10匹は採れますよ。これは大げさでも何でもありません。事実なのです。


 小平、国分寺の子どもは、カブトムシなんてもう見向きもしないんです。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-03-04 18:35:40

拭っても拭っても、涙があふれてくる

テーマ:私を癒してくれるもの

 昨日のことだ。桜並木になっている神田川沿いの散歩道を散歩し、途中の椿山荘の広い庭に入って、木々を眺めていた時だ。


 不意に涙が流れた。拭っても拭ってもあふれてくる。


 特に感慨があったわけではないが、木々の新芽に人生の喜びとはかなさを感じ、心のそこから涙があふれてきた。「俺も歳だし、そういうことにそこはかとなく心を揺り動かされる年頃になったんだろう」。


 とおもった。


 夜、仕事から帰ってきたら、何度もくしゃみが出た。のどの奥もちょっとかゆいような妙な感じだ。「先週、風邪を引いてじっくりとなおしたというのに、また風邪を引くなんて。俺も歳だなあ。養生しないと・・・・・」


 と思った。布団を敷いて、しばらく横になっていた。


 家内が、「あなた、よくそんなに寝れるねえ。夜もグーグー寝てるし」と言われたので、事情を話した。「昼にも、木々を眺めているだけで、涙が出てきてね。俺も歳だから、身体を大事にしないとという神様のサインだと思うんだよ」


 そう言ったら、家内がうれしそうな顔をしている。「それって、花粉症じゃない?」


 そう言われてみれば。涙が流れるのも、くしゃみが出るのも、ノドの奥がかゆいのも。


 花粉症?


 きょう、仕事の合間に、会社の診療所で診察してもらったら、「ああ、これは花粉症ですね」だと。


 薬をもらって服用したら、涙も止まったし、くしゃみもノドのかゆみもすぐに収まった。


 神様が私の耳元でささやいた「サイン」は、あれは何だったんだろう?

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-02-27 01:21:23

家内に指圧

テーマ:私を癒してくれるもの

 年度末が近づいてきて、小学校の教員をしている家内は、教え子の成績表つけに忙しいようだ。私が家に帰ってくると、ずっと机に向かって作業をしている。


 きょうも12時過ぎまでやっていた。長時間の作業で肩が凝っているのにそのまま寝たりすると、疲れがとれずに、翌日に持ちこんでしまうことがあるので、指圧をしてあげた。


 30分ほど指圧をしてあげたら、グーグー寝た。


 私と家内の関係は、非常にフラットというか、割り切った関係だ。趣味については、「俺は好きなことをする。お前も好きにしろ」。昔は、「私が趣味を我慢して子育てしてるのに、なんであなたは趣味をするのか」と言うようなことをよく言っていた。「それなら、お前も趣味を我慢するな。俺も我慢しない」ということで折り合いがついた。ベビーシッターだろうが託児所だろうが、使いたければ使えばいいという考えだ。


 家事労働も、「楽になるなら、何でも買え」という主義。だから、我が家には食器洗浄乾燥機も全自動洗濯乾燥機もある。


 家内は私のことを、「客観的な判断をする人間」と見ているようだ。例えば、どんなに親しい友人でも、その人のやったことが悪いことなら、「それは悪いことだ」と言う。逆に、敵対する立場の人間でもその人のやったことが良いなら、「それは良いことだ」と言う。


 家内に対しても、子供に対しても、それは変わらない。家族の誰かが知り合いの誰かについて、非難しているような場合でも、「さっきから聴いていると、それは、お前が悪いんじゃないの」と率直に言う。


 大学生の頃、家内と付き合い始めた時に、これが問題になったことがあった。家内(当時は彼女だった)が友達関係でブツブツ言っていたので、事情を聴いていたが、最後、結論のところで、「それはお前が悪いよ。それは、お前がここを直さないとだめ」と言った。そしたら、彼女は非常に憤慨し、「私の味方になってくれないの!」と食ってかかった。


 私にとって、大事な人間だからこそ、客観的にみて正しいと思える意見を伝えるのだ。そうしなければ社会で生きていけない。客観的にみて正しくない意見、迎合した意見を言って、その場を彼女がしのいでも、永い目でみれば、それはよくない。彼女がそういう行動をとる癖がついてしまえば、幸せにはなれない。いつかは破滅するのだ。


 彼女は、私のその特性をわかってくれた。だから私と結婚したのだと思う。


 最近では、家内は、中学生の子供に対しても、「パパは、親しい人だからって迎合しないし、親しくない人だからって敵対しないんだよ」と言っているようだ。「お前達も、そうした方がいいよ」と、そういう意味らしい。


 私はこの習慣のお陰で、短期的には損することはあっても、長期的にみると、非常にうまくいっているように思う。私の周囲の人はみんな「あいつはそういうヤツだ」とわかっているからだ。


 それで離れる人間は離れるし、親しくしてくれる人は近づいてきてくれる。それでいいと自分では思っている。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-02-23 00:05:18

蒸した白菜が意外においしい

テーマ:私を癒してくれるもの

 最近、家内がつくってくれる料理の中で、蒸した白菜がおいしくて驚いている。



 土鍋の下に蒸し用の底を置いて、その下に水が入るようにする。そこに、むいた白菜を載せ、その上にサツマイモを輪切りにしたものを載せ、その脇にフランクフルトを添える。


 そして蒸す。


 フランクフルトが割れて、肉汁が流れ、サツマイモの甘みがちょっとだけ流れ、それが白菜にかかる。


 これをポン酢で食べるのだが、これがほっぺがとろけそうなぐらいおいしい。


 我が家の夕飯メニューのラインナップの一角に、堂々と食い込んでいる感じだ。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-02-06 23:28:19

フラガール

テーマ:私を癒してくれるもの

 テレビで映画「フラガール」を上映していたので、見てしまった。何度見ても感動する、素晴らしい映画だ。


 私はこの映画のDVDを何本も買って、自分はもちろん、親や友人、知人に配って見てもらっている。なぜなら、この物語は、私の故郷、福島県いわき市の話だからだ。


 昭和40年代、炭坑の町・いわきは、石炭産業の斜陽化のあおりで、失業者があふれていた。リストラの嵐で町の人間関係がギスギスし、暗いムードだったころだ。


 それが、この物語に出てくるハワイアンセンターが出来たことで、みんなでこの娯楽施設を盛り上げようという気運があった。だから、夏休みになると地域の子供会でバスを連ねて、ハワイアンセンターに行ったものだった。


 だから、この映画の醸し出す雰囲気が懐かしく、見るたびに泣けてくる。


 当時、もう一つの地元の明るい話題は、我が母校の野球部の活躍。甲子園でPL学園に0-1の大健闘を繰り広げたり、優勝候補を破ったり、夏の大会で全国で準優勝に輝いたりと、いわき市民の輝ける星だった。


 私も、準優勝パレードを国道沿いで見た記憶がある。その後、高校生になってこの部に入部した時には、天にも昇るような心境だった。(練習は天国どころか、地獄のような苦しみだったが)


 フラガールという歴史に残るような名画で紹介されたことで、いわき市民は本当に素晴らしい贈り物を得た気分だと思う。


 私も、嫌なことがあったり、実家に帰りたくなった時には、このDVDを取り出しては見ている。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-01-14 01:00:17

指圧

テーマ:私を癒してくれるもの

 夫婦して、超のつくほどの話し好きの我が家は、二人で語り始めると長くなる。放っておくと、夜が明けるので、きりのいいところで打ち切らなければならない。

 話をしたい人は、聴いてくれる人の背中を指圧することになっている。聴いている人は、聴いている間は指圧してもらえるので聴いている。

 途中、指圧が気持ちよくなって眠りそうになると、ちょっと強く押して起こしたりする。

 交代で指圧しあっていると、お互いに眠くなるので、そこで話が終わるという、ハッピーエンドなのだ。

 指圧をしてもらっている人は、興味のない話題でも、上手に相づちを打ち、上手に質問する。興味ありげな質問をするのがポイント。

 私の家内など、心得たもので、自分のツボを押してもらいながら、私が話が弾むツボを心得ている。本当は私の自慢話など全く興味がないのはわかっているのだが、それでも、上手にツボを押してくる。さすがである。

 きょうもぐっすり眠れそうだ。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2009-12-04 14:52:33

抱腹絶倒のブログ

テーマ:私を癒してくれるもの

 知り合いのバレーボーラー 白井貴子さんのブログが絶好調だ。読むたびに大爆笑。とても、何か食べたりしながらみれない。吹き出してしまうからだ。これ↓


http://ameblo.jp/big-shirai/


 今日の日記は、選手時代の思い出。


 監督とケンカして練習を飛び出したものの、行くところがない。部屋に立てこもっているところに、仲間やコーチが連れ戻しにくる。「ご飯たべよう」と言われ、「ご飯たべたいけど、監督の顔は見たくない」という。



ブワッハッハ!!

白井さん、文章が本当にうまいです。作家になったら? 毎日、読むのが楽しみ。腹抱えて笑ってます。笑いすぎて腹筋が痛くなって、止まらないので、悲しいことを考えでもしないと笑い死にしそう。誰か、私に悲しい話をして!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-12-04 14:52:33

抱腹絶倒のブログ

テーマ:私を癒してくれるもの

 知り合いのバレーボーラー 白井貴子さんのブログが絶好調だ。読むたびに大爆笑。とても、何か食べたりしながらみれない。吹き出してしまうからだ。これ↓


http://ameblo.jp/big-shirai/


 今日の日記は、選手時代の思い出。


 監督とケンカして練習を飛び出したものの、行くところがない。部屋に立てこもっているところに、仲間やコーチが連れ戻しにくる。「ご飯たべよう」と言われ、「ご飯たべたいけど、監督の顔は見たくない」という。



ブワッハッハ!!

白井さん、文章が本当にうまいです。作家になったら? 毎日、読むのが楽しみ。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-11-06 19:28:35

明日、初日! 映画「僕らのワンダフルデイズ」

テーマ:私を癒してくれるもの

 見つけました。


 夕刊のテレビ欄の下。映画の広告の中に、我らがバンド仲間、福島県が産んだ名優・斉藤暁氏が出演する映画、ぼくらのワンダフルデイズがあるではありませんか。


 この映画は、余命半年の宣告を受けた中年の男が、家族のために何かを残そうとするお話。竹中直人さんの主演です。


 この男が選んだのが、高校時代に組んでいたバンドを再結成し、その演奏を残すことでした。


 これは見ないわけには行きません。


 斉藤さんが出るのだったら、やはりトランペットを吹くのでしょうか。たのしみーーーー。


 明日7日が初日です。みんなでこの映画を応援しよう!


 斉藤先輩、お疲れ様でした。名演、しかと鑑賞させていただきますよ。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。