2011-06-16 01:31:31

人のためになるという信念

テーマ:いわき

 ものごとというのは、見る角度によって、いろいろな見え方というのがあります。


 よかれと思ってやったことが、別の角度から見ている人からは、悪意のある行動として見えたり。別の意図をもつものと邪推されたり。


 今回の震災や原発事故をめぐる行動でも、善意で動いたものが、悪意を持って取られ、悲しい思いをした方も多いのではないでしょうか。


 ただ、善意をもって動いたものが、悪意と取られたからといって、その行動をやめてしまっていいものでしょうか?


 人が何かを主張すれば、それに反する主張は当然でてきます。どんなに考えに考え抜いて「これが正しいと思うのだ」と探し出した答えでも、それを批判するための部分を探すというのは、以外にたやすいものです。


 しかし、自分の主張に、反論があるからといって、主張をやめてしまっていいものでしょうか? それが正しいと信じるなら、主張を続けるべきだと思います。


 多くの人に支持されるような主張。その主張の持つ力が強ければ強いほど、それに反する人も多いものではないでしょうか。


 私は、何かを主張するときに一番大切にしているのは、信念です。「その行動が人のためになるかどうか」


 「誰か人を救う」という信念があれば、反論があろうと、反対者の非難の矢面に立とうと、本望だと。私は思っています。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ikubonbonさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。