• 01 Jun
    • 施工不良による劣化

      こんにちは、IK福本です。   もちろんのことですが、住宅の維持メンテナンスをすることは大切なことです。 計画的にメンテナンスをすることにより、住宅の耐用年数や資産価値も維持できます。   メンテナンス工事を行うにあたり、最も大切と思われるのが『業者選び』です。 計画を立て修繕積立をし、いざ工事という時に数社から見積を取って比較検討することは大切なことだと思います。しかし、ここで重要な事は、『見積金額』ではありません。その業者の仕事内容、仕事に対する考え方や姿勢、現場での体制等確認しなければならないことがたくさんあります。 業者選びのヒントになればと思いますが、私ならまず ①見積に来た人の建築に関する知識(単なる営業か、現場系の人か) ②その人の人柄(調子のいい人はダメ) を見ます。 一般の方からすると知識があるのかないか?見分け方は難しいと思いますが、いくつかの業者を呼ばれるなら工事の内容説明で大体のニュアンスは分かるのではと思います。   管理者(現場監督)に知識がなければ、もちろん下請けもそれなりの人しかいないと断言できます。何故ならそのような会社は『儲け主義』が多いと思われるから。儲ける為に調子のいい営業マンを雇い安い下請け業者を探す → 知識のない監督は業者任せ → 結果監督はなめられて適当な仕事をされる、という流れです。   知識がない業者ほど恐ろしいものはありません。せっかくの維持メンテナンス工事が結果的に、寿命を短くする工事になり兼ねないのです。   写真は屋根メンテナンス時にペンキをこてこてに塗ったことにより雨漏りした屋根。また軒裏の塗料も下地処理や適した材料を使用しなかったことによりペロペロに剥がれている一例です。     インスペクション関西 http://www.ikllp.net/  

      テーマ:
  • 25 May
    • 新耐震基準のお家の新検証法が発表されました。

      先日熊本地震の被害状況を受けて日本建築防災協会より 昭和56年度以降の新耐震基準で建築されている住宅   新耐震木造住宅検証法が発表されました!   これは今迄昭和56年度以降の住宅は新耐震基準で建築されているので   倒壊しないということで耐震化を要求されてきませんでしたが、新耐震でも   倒壊したり、耐震基準を満たしてない住宅が相当数存在する事が解り   対策が始まったと言う事です。   消費者様でも出来る所有者自己チェック表も出てましたが、これは   結構難しそうです、不安な方は一度専門家にご相談下さい!   インスぺクション関西には木造耐震診断士も所属しています。   公認ホームインスぺクター 木造耐震診断士 松田  

      1
      テーマ:
  • 30 Jul
  • 15 Feb

プロフィール

インスペクション関西LLP

自己紹介:
大阪・京都・兵庫・奈良・滋賀・和歌山の関西圏で建物・住宅の劣化診断はインスペクション関西LL...

続きを見る >

読者になる

AD

カレンダー

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

旧ランキング

このブログはジャンルランキングに参加していません。

ランキングトップへ

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    PR

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。