ガレージ 一狐亭

PC、時々車、処によってはバイク


テーマ:
どうもこんにちは、一狐です
なんと言うか

GROM飽きちゃった

てな訳で下取りにて売っぱらっちゃいました


面倒だったので赤男爵
GROMに付けてたパーツは全部そのままで引き取って貰いました
マフラー、サブコン、BPV、スイッチボックス、シートも全部そのまんま


走行約1500K

結局8ヶ月という歴代1番の早さでココロが離れてしまいまったのは勿体なかったかなぁと思いつつも、最小限の出費で次に乗り換えできたのでヨシとしましょう
ここからの発展は次のオーナーにお任せします

もう次のバイクは契約済みなので一狐亭次回作もよろしくお願いします
AD
いいね!(3)  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
どうもこんばんは、一狐です
まずは以前失敗したGROMのレバー交換

ZETAっぽいレバーを購入して大失敗した訳ですが、今回はパチモンではなく本物のZETAを購入
適合表にはGROMと載っていませんがちゃんと使えました

ブレーキ側:ZE41-4145
クラッチ側:ZE42-4115
共に4フィンガー
ブレーキ側は3フィンガーも出てますが、クラッチ側は4フィンガーしか出てません


ブレーキ側


クラッチ側
当然ですがスイッチボックスに干渉しません

前のはかなりそっくりなパチ物でしたが、本物を使ってみると差は歴然です
Rがなめらかに削られているので素手で触っても変な違和感がありません、レバー位置がちゃんと調整できます
当たり前の事が当たり前のようにできない、それが大陸クオリティなんでしょうか

ショートタイプの方が良いかなーと思ってましたが、4フィンガーで全く問題無いです
純正のレバーより短いのでちょっとショートでバランスヨシ
3フィンガーだと短すぎるかも


次にハンドルブレース
これはかなり前に買って書くのを忘れてました

購入したのはこれ
ポッシュ(POSH) クイックリリースハンドルブレース シャフト TYPE2 187mm チタ.../POSH(ポッシュ)
ポッシュ(POSH) クイックリリースハンドルブレース クランプ 22.4mm チタンカラー .../POSH(ポッシュ)
この2つ
チタンカラー


ZETAのチタンカラーとちょっとだけ違いますが、ほぼ一緒

類似色で一直線にハンドル回りが構成されるので統一感は結構良いです
付いているスマホホルダーはVTRと共有しているミノウラのiH-100-S


最後にマップ
これが最終バージョンです


前回より更に薄めてます




加速ポンプは変更無しです

全体的にまだ50のゾーンが多く調整の余地がありそうですが、正直よく分からないのと、問題が出ていない、この設定で通勤のみでリッター55Km/ℓを切った事が無いのでこれで最終バージョンとします


そう言えば、PC用Enigmaのソフトが1.0.2.0にバージョンアップしてました
いつの間にw
AD
いいね!(4)  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
どうもこんばんは、一狐です
以前GROMにKTMのBPVバルブを導入してまぁまぁ効果があったんですが、最近慣れたのか詰まったのか効果があるのか妖しくなってきました
そこで一度外して乗ってみると、ちょっと回転が重く振動が増えたのでやっぱり効果はあるっぽいです

KTMのBPVはバネがちょっと強く、125CCでは効果が薄いのかもしれません
純正で付いているKTMの車種は1気筒で400CCを超える排気量。圧力変化が大きいので強いバネでも問題無いのかもしれませんが125CCではちょっと強すぎるんじゃないかと思い、バネを弱くして効果が出やすくしてみます


まずは外してバラします
BPVからホースは外す必要はなく、ここまで1分強。実に楽



赤線の部分のバネをカットします
約45°3~5mmでしょうか


カットしただけではバネの上にチェックボールを置くと傾いてしまうのでペンチで修正します


真上から見てバネの中心にボールがあり、真横から見て傾いていない状態にします

この状態で一度BPVを仕組みます

手でグッと締め込む程度でホースから息を吹き込んで抵抗無く通り、吸うと止まる事を確認して
吸うと吐くを繰り返すとほんのわずかだけ、ボールがカタカタとガタがある状態が理想です
この状態でレンチで締め込むとほぼガタも抵抗も無い状態になりますが、わずかにだけガタがあっても問題無いです
隙間が多すぎて吸い込んでから止まるまでラグが大きい場合はバネの全長を引き延ばして調整します
後はレンチで締めて元に戻せば完成です
ボールは添えるだけ

で、肝心の効果はと言うと
スロットル全開で加速していくと6000回転付近まではあまり変化がありませんが、それ以上の回転からの振動が激減してます
7000回転を超えた当たりからのエンジンが苦しそうな感じが無くどこまでも回転が上がっていきそうな感覚になるので、レブリミットに何回も当てましたw

そしてエンブレがほぼログアウトします
ただでさえブレーキがクソ弱いGROMがより一層止まりません


ただし、これはあくまで個人の感想です
友人にこの状態で乗って貰った後、クランクケースからホースを外してBPV無しの状態で比較して貰いましたが、エンブレがちょっと違う程度でそこまで大きな変化があるとは思えないとの感想をいただきましたので、過度な期待はしないで下さいねw

費用0円でできるお手軽チューニング
効果もお手軽?
AD
いいね!(2)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
どうもこんばんは、一狐です
GROMのブレーキ、サスやタイヤ等不満な部分はかなりあるんですが、メインのVTRの方に時間と資金をつぎ込んでいるのでGROMはお金の掛からない方向性になっちゃってますw
そんな訳で今回もマップの更新状況を

Excelで表示した方が見やすい気がするので今回からそっちにしたいと思います


まずは今までの燃料マップ
とにかく濃い目に振ってから徐々に薄めていってます



新たなマップがこれ


そして新旧の比較
赤色が旧マップから減らした部分、逆が増やした部分です

最高速は純正よりじわーっと上がるんですが、高負荷での回転の上昇が重く感じたので最高速ではなく2、3速の伸び重視に変更します
最高速ではなく、一定速度まで速く到達できる様に

しかし、この燃料マップだとアクセルをグッと開けても伸びはするけど回ってるだけの肩すかしになっちゃったので加速ポンプの設定も合わせて変更


変更前の加速ポンプ
そういえばグラフだけだと数値見えなかったなと気が付いたので数値も下に記載
ファイルからExcelにコピペするだけなので簡単~



変更後
薄めた分加速ポンプで補っている様な感じです
噴射時間はほとんど変更せず補正値を増やしてます
燃料マップで濃くするといつでも濃いですが、加速ポンプでうまくやると伸びと力強さが両立できそうです

なんとなーく燃料マップは煮詰まって来たのでこれからは加速ポンプとの両立を目指す感じに
FCRの時は加速ポンプなんか、V字のガイドを広げたり狭めたりする大ざっぱであくまで補助でしたが、スロットル操作が大きい原付だと加速ポンプの設定はかなり重要ですね

最近の騒音規制対応マフラーなら大体似通った感じになると思うのでこのマップは使えると思いますが、レース用のストレートマフラーだと燃料マップ全体の倍率を増やす。エアクリを交換しているなら加速ポンプの噴射時間も増やす必要があるかと思います
いいね!(4)  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
どうもこんばんは、一狐です
今回はENIGMAのマップ

今までおおざっぱに触ってきましたが、細かく触りだしてから本体へ書き込んでから照合で確認するとエラーが出るようになりました
以前のマップを書き込むとエラーが出なかったので直前に何を触ったか考えると、倍率で数値を変更したなーと

倍率が悪さをしてるんじゃないかと思い、倍率を複数回かけてマップファイルの中身を比較してみると

マップ上は2となっているのにファイルの中身は2.1384となってました
で、照合はエラーを吐きます
・・・
倍率使えねぇ(´Д`)

照合でエラーを吐く人は一度メモ帳で開いて小数点以下の数値が入ってないか見てみるとよろしいかと

↑のマップファイルを見るとCSV形式の簡単なデータ群

直接メモ帳で編集するも良し、Excelに入れて比較するもヨシで汎用性が高くて良いです


Excelに直接ぶち込んで、データの区切り位置をカンマにしてやれば前後のファイルとの比較が簡単にできたりします
加速ポンプのマップも同じCSV形式なので扱いは一緒です

こんな簡単な形式なら何でスマホ版と共通化できないんだと思い、スマホのデータを見てみると

,だけじゃなく""まで付いた形になっちょる・・・
なぜ共通化しなかったし
ちなみにマップファイルの保管場所は
/data/data/com.dilts_japan.enigma/
にあり、SDカード内にはありません
本体に直接保存されています

スマホ版とPC版が共有できる日は遠そうですね

マップの方はその2のからまた変更してます
高負荷高回転で重苦しいので薄めの方向へ
まだ調整中なである程度良さそうになったら載せます
いいね!(4)  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:
どうもこんばんは、一狐です
マフラーとそれに一緒にサブコンを付けて結構良くなってますが、まだまだ気に入らないところは沢山あります
そこで今回はGROMで不満があった所2つの部分を改善

まずはフロントのデザイン
GROMの特徴であるヘッドライトと上に付いているメーター
これ個人的にはちょっと気に入っていませんw
それをパーツ1つで大きく変えられるMRAのスクリーンを取り付けます

MRA(エムアールエー) スクリーン レーシング スモーク GROM [125](13) MR070S
MRA(エムアールエー) スクリーン レーシング スモーク GROM [125](13) MR070S
こいつです
一番普通なスモークを購入
取り付けは詳しく書いている人が居るので省略しますが、10分もあれば余裕で付けられるくらい簡単です
ウインカーステー上側、左右のネジ2本外してブラケット挟んでスクリーン付けて終了ですので

瞬殺で取り付けて交換前と交換後を

ノーマル。落武者っぽい感じがするんです


取り付け後
基本は変わってませんが、ヘッドライトの出っ張りと安っぽいメーターが見えないだけでかなり良くなっているように思います
この値段でここまで印象が変わるので個人的には大満足

スクリーン本来の目的である防風効果は一切ありませんw
MRAのコピー品が8000円前後で出てますが、傷付きやすさやスモーク具合等B級品要素が結構あるのでご注意を


次に固いシート
純正ほど痛くないけれど、社外品に変えても固いのはそのままだった・・・
そんなとき春前くらいにコミネのザブトンがかなり効果有りとの情報があり早速購入
コミネ(Komine) AK-107 3D AIR MESH SEAT COVER SLIM 09-107
コミネ(Komine) AK-107 3D AIR MESH SEAT COVER SLIM 09-107
これです。スリムタイプ
上の写真だともう付いた状態


ザブトンは見た目的にちょっと・・・と思ってましたが、以外と目立たなかったのでヨシです
座り心地は
「たまらぬ、この感触を知ってしまってはもう純正は座れぬではないか」
と言いたくなる位の効果
社外シートで尻との接地面が増えているので更に効果があります

そして、この値段
5000円で売られていても十分満足できるレベルです
そしてこの季節かなり涼しくとてもGOOD

材質的に耐久年数は持って3~4年と思いますが、汚れが溜まりやすそうな形状なので潰れて効果が無くなるより先に気分的に変えそうです。値段が値段なので

今回交換品の効果は抜群です
やっぱ中華製の妖しい物なんか買っちゃ駄目ですね

追記
使い始めて約2ヶ月
最初こそ良かったものの、早くもメッシュが潰れ初め尻が痛み出しました
ノーマルシート、カスタムシートそのままよりかはマシで効果がある事はあるんですが、ちょっと耐久性が思ったより低い模様
この値段だから元は取れますが、やはりフカフカのシートと柔らかいサスに変えるのが良さそうです
もしくは、バイクを変えるか

HUNTER×HUNTER 28 (ジャンプコミックス)/集英社
いいね!(6)  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
どうもこんばんは、一狐です
暖かくなってきて常に眠いです

さて今回はまんまとハズレ商品を引いてしまいました
故障とかではなく、大陸製品によくある使えない系の類
確かMINIM○TOで売っていたブレーキとクラッチのレバーセット

まずはブレーキ

限りなくZETAのPIVOT LEVER CPっぽいレバー
ショートレバーでまぁ普通に使えるっちゃ使えますが、レバーの位置調整がこれで一番近い位置なので調整範囲なんて無いに等しい

まぁブレーキはまだよかったんですが、問題はクラッチ側

レバーホルダーも付いているので一見まともそうに見えますが、これが曲者でした
まずホルダーが分割できないのでこれを取り付けるには、グリップとスイッチボックスを外す必要があります
そして、GROM用と書いてあるくせにクラッチスイッチのカプラーが違うので合うように作り替える必要も
この時点でだいぶ雲行きが妖しくなってきましたが、とにかく仮付けしてみると


まず付けるのに一苦労
おまけにクラッチワイヤーの取り出し角度がおかしいのでワイヤーがパンパンに引っ張られてます

極めつけが

握るとボックスに干渉
そして3フィンガーどころか2フィンガーレベルの超ショートレバー
おまけにショートレバー+ワイヤーが変な角度で曲がってるのでクラッチが重い

どうもこのホルダー、モンキー用とかの物を元にしてるのかGROM用に設計された訳じゃ無さそう
付く事は付くだろと言う感じで売っている辺り流石大陸製
クラッチはほぼ使えないですが、ブレーキはまだ使えるので、劣化コピー品を本物より高い値段で買いたい方にはお勧めw

まさに安物買いの銭失い

粗悪品に注意です
いいね!(4)  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
どうもこんばんは、一狐です
今回はエニグマのマップが割と育ってきたのでそろそろ一区切り付けてみようかなと
KSRの時もキャブ外しやすくて割と気軽にセッティング変えられましたが、FIは次元が違いますね
変更だけなら2分も掛からないので試し放題


まずは前回の濃すぎのマップ
そして

高負荷は割と元気が良いマップ
この2つは加速ポンプを切って試してましたが、動作させると低回転高負荷で濃すぎの症状が


純正と同じALL0マップに、加速ポンプだけONでも割とモリモリ


薄いと思った所に盛ったマップ
これだけだとノーマル+αですが、加速ポンプを組み合わせると相性は一番良かったです


停車状態からフルスロットルかまして全速全開のスロットルの動きが上の線みたいな動きです
上のマップ+加速ポンプで急発進させると100μSに+して加速ポンプが動作します
その状態だとかなり濃く、回転の上がりが遅い

そんな訳で加速ポンプを使うなら薄いと思った所に盛って、そこから色々変化付けるのが良さそう
そこら辺を考慮して今のところ一番調子が良いのは↓のマップ







上から急発進、幹線道路で車の流れをリードできる位の加速、まったり加速
前回のロガーっぽい物の動画を見ててなんとなくこの動きが多いです(停車状態からの加速)
3000回転辺りでスロットル開度60%以上なんて急加速以外ほぼ無いので、加速ポンプを使うならここに盛らない方が分かりやすいです

↑のマップで真ん中の線がそこそこの加速で1速です
3000回転10%~5000回転25%までの領域が一番体感で分かりやすい部分です
ここは妥協せずキッチリ合わせましょう

2速、3速と上がっていくと動きは同じで全体的にスロットル開度が上がっていきます
4000回転25%以上の領域が一番加速感が出る部分ですが、一番分かりにくい部分でもありますw
走行パターンが多様すぎて条件が違う事が多く、キッチリ合わせるのはかなり難しいので、ハッキリ言ってちょい薄めで後は加速ポンプで誤魔化すのも良いでしょうw
盛りすぎると燃費がガッツリ悪くなります

下の線以下はパーシャル~減速部分
抜けの良いマフラーか、薄いと感じなければそのまんま


まだ調整中ですが、ある程度の方向性が見えました
ここからはエアクリを変えたなんて事が無ければそう多く上下しないと思います

ノーマルだと、KSR+VM26の方が元気の良いエンジンでしたが、上のマップでKSRは軽く凌駕してると思います
パワー、安定性共に段違い
つまんねー地味な性格からかなり変わりますが、若干の燃費悪化以外犠牲にする物がないのは通勤号としてはとてもGOOD
趣味バイクはやっぱりキャブ車が好みですけどねw
いいね!(6)  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
どうもこんばんは、一狐です
目の疲れから来る肩こりに悩まされております

今回はO2センサーネタ
GROMにはO2センサーが備え付けられており、ENIGMAのセッティングで目安になるんじゃないかと思ってその信号を記録してみたいと思います

ジルコニアタイプのO2センサーの詳しい解説は別の人にお任せしますが、空燃比によって電圧が変化する物なので単純に電圧を測れば分かるんじゃないかと

空燃比14.5の時約0.5Vを境にそれ以上なら濃い、0.5V以下なら薄いと言う代物
温度で電圧がかなり上下するのと、電圧の変化がリニアでは無いので14.5より濃いか薄いかしか見えない簡易的なセンサーです



O2センサーの信号はPGM-FIのカプラに居ます
1番ピンの黒/青、緑/黒の次の3番ピン黒/橙がそうです


その配線を延長してオシロのプローブに繋ぎます
アースはバッテリーのマイナス端子


ファーストアイドル時なので濃い目に振れてます
途中でアクセルをあおった時に電圧が変化してますが、1秒間で結構変化しているので普通に売っているデジタルテスターでは追い切れないです

運転中に見ているわけにもいかないので、どうしようかなーと今回考えてみた物がこちら

使う物はENIGMA、USBオシロ、タブレット
タブレットにENIGMAとUSBオシロのウインドウを同時に出してそれをデスクトップキャプチャのアマレコTVで動画として保存すれば簡易ロガーになるんではないかと考えた次第です


走行時の様子。電圧のグラフは2秒間
ノーマルECUでフルエキに変えて一番薄いと感じる低負荷4500回転
もっとハッキリとしたグラフになるかと思いきや、かなり変化してます


次にガッツリ濃くしたマップ。グラフ全体で5秒に変えたので上との比較で2秒だけ表示
この時ギクシャクして体感でハッキリ濃いと分かるんですが、グラフ見るとほとんど同じに見える・・・

あるぇー?(・3・)

もうちょっとなんか反応があっても良さそうに思ったけれどなんかよく分かんないです


スロットル全開にすると振り切るので見た目で分かりますが、回転が重く濃すぎなのかちょうど良い12.5付近なのかの判断はできません、
一応、GROMはスロットル開度50%を超えると濃い方向へ振り切れる代わりに4000~6000の40%以下は0.5Vを切る事が多かったので薄めになっているようです

グラフ表示だとよく分かんないので、アナログ表示の方が分かりやすいんじゃないかと
正直なところ、純正のO2センサーでセッティングを出そうってのは無謀の様な気がします
ドツボに填って分からなくなったとき、ちょっとだけ目安になるかもですね

体感を目安にセッティングを勧めるか、別の物を試してみるかはまた考えてみます
正直なところ今回は成功でも無ければ大失敗とも言えない何とも中途半端な結果


マップの方はちょっとずつ進んでおります
近々改めてまた

ノーマルマップと濃い目のマップ両方のグラフが似ているのはどうも2000回転以上でもO2センサーによるフィードバック制御が行われているためっぽいです
ただ、それでも体感で変化はあるので補正できないって訳ではないです
加速ポンプもありますしねw
いいね!(4)  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
どうもこんばんは、一狐です
ようやく暖かくなってきたのでバイク本格始動です
VTRでぶらっとひとっ走りした後に、とりあえず適当に作ってみたGROMのFIMAPを試してみました

ENIGMAのMAPは入力する値が0~2500μSとピンとこない数値のため、取っ掛かりが掴みづらいですが、とりあえず何回か試せば分かります

説明書に
参考値として排気量が150~160cc位のバイクなら最大増量は1000μs~1500μs位で基本は空燃比計の数値を見て判断します。
と書かれているので、マフラー交換のみの場合だとどんなに多くても800μSを超える事は無いでしょう

エアクリ、マフラー、カム、人によってセッティングは様々だと思うので有る程度の参考程度に考えてといてください
現在はノーマルよりちょっとだけ抜けが良い、性能より見た目最重視のマフラーなのでノーマルからそう多くの調整は必要無いかなと

まずはキャブセッティングの基本濃い方向からのアプローチ
加速ポンプは最初は使わない方が良いです
判断を悩ませるので、有る程度掴むまではOFFにしときましょう

MAP1

とりあえず最大300μSにて上げてみます
スローそのまま、ニードルとMJの領域
MAP1だと150~180の領域は元気があってよろしいけれど、300まで行くと回転の上がりが重くモッサリでした
失火こそしなかった物の、300上げは濃すぎと判断

MAP2

1から薄くしてます
高負荷高回転域は1よりすんなり回ってくれるが、全体的に元気が無くなってなんかバランスが悪いような・・・
3000回転付近はノーマルでそのこ繋がりに谷っぽいのができました
低~中回転もちょっと盛った方が良さそう


ついでに加速ポンプも試してみます

とりあえずこんな感じの+MAP2で試してみましたが、500μS以上は濃すぎでしたw
最大で800μSまで上げて試してみましたが、500以上は悪くなる一方
7000回転以上でガッツリ効かせるとガボつくので回転数補正は↑の様な感じが調子良いです

最期に方向性を変えてノーマルだと薄いと思った箇所にちょっとだけ盛ってみます

低負荷3000回転付近がまだちょっと薄かった以外は、元気盛り盛りって感じじゃ無いけれど、軽やかに回る感じ
これに↑の加速ポンプだと、急加速の時は元気一杯、普段は燃費モードって感じで好感触

ノーマルエンジン+ノーマルエアクリだと良いとこ300μS、加速ポンプだと500μSが上限って言ったところでしょうか
とりあえず今後はキャブっぽいパワー重視のマップと、通勤用の燃費重視+加速ポンプの2通りからのアプローチで詰めていきたいと思います

Windows8.1タブレットもスマホも通信中にGROMのメインキーかキルスイッチを切るとENIGMAとの再接続までやたら時間がかかるので、通信はソフト側から先に切る方が良いです
マップ入れ替え時も、エンジンをかけたままか、1速に入れたままサイドスタンドを出してエンジンを止めて入れ換えないと、ペアリングができずえらい手間取りました

本当は他にも書くネタ沢山あるんですが、最近仕事忙しくて時間と気力がねぇです(´Д`)
いいね!(2)  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。