ガレージ 一狐亭

PC、時々車、処によってはバイク


テーマ:
どうもこんばんは、一狐です
GWより長かった連休終了のお知らせ
今年も白山をぐるっとツーリングしてきましたが、今までで一番疲れなかったのはあまり先頭を走らなかったのと、新たに導入したHIDのおかげかな

さて、前回の続きでステムベアリングの交換
今回で仕上げます

まずは車体をバラします

カウルやフォークを外してジャッキアップするまでが結構手間
タンクは外さなくてもOK

ステムを外してアウターレースを外します

VTRは叩きしろが確保されているので適当な棒で叩くだけ


注意点は棒を反対側のフレームに当てたまま叩くと凹んでしまいます
やっちゃったのでヤスリでちゃちゃっと修正


外したら前回のスペーサーで叩いて入れる
アッパー側も同様に

次にインナーレース
アッパー側はステムを抜けば外せますが、アンダー側はSSTを買うのも勿体ないのでタガネで抜く方法を使います
事前にインナレースをバーナーで焙って暖め熱膨張させておけばスコーンと行きます

ダストシールごと叩いて抜きます
最初はタガネを立てて叩き、徐々に寝かせて叩いていけばシャフトを傷つけません

新品の組み付けは前回の治具で入れます

250mmのVP管にM12×330だとそのままではナットが掛からないので、掛かる位置までパイプを叩いてレースを入れます
最初からボルトで締め込むと強引に入って傷付く事があるので、最初の軽くは叩いた方が良いです


後はグリグリナットを回せば挿入完了

ベアリング交換はここまでです
ちゃんと準備をしておけば簡単に交換できます
後は調整して外した物を戻せば終了~

4年前に調整した時センターにクリックがあり、早めに交換しないトナーと思ってその時はなんとか誤魔化して組み付けました
4年もほったらかしてどうなっているかと触ってみると、超スムーズ・・・
そのため交換して乗ってみても大した違いは分かりませんでしたw
グリス切れでゴリゴリの状態からの交換だとハンドリングの素直さとキレは劇的に改善されます

2万キロ毎位でステムベアリングのグリスアップと調整をすれば5万キロは余裕で保つんじゃ無いでしょうか
VTRのベアリングは純正で保持器付きのタイプなので、わざわざ旧世代のテーパーローラーベアリングに交換する必要は無いかと

次回HIDリベンジ




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。