ガレージ 一狐亭

PC、時々車、処によってはバイク


テーマ:
どうもこんばんは、一狐です
からそろそろヘルメットがボロくなってきたなーなんて思ってたら、9年も使っていることに気が付いたので買い換え

本当はインナーバイザー付きのGT-Airが欲しかったんですが、SHOEIはメガネとの相性が悪くがもうずーっとアライ一筋
GT-Airの人気でアライがどう対抗してくるか期待して待っていましたが出てきたのがこれ
アライ(ARAI) ヘルメットASTRO PRO SHADE グラスホワイト
アライ(ARAI) ヘルメットASTRO PRO SHADE グラスホワイト L 59-60cm -

うん。

インナーバイザーは安全性の面で出さないんじゃなくて出せないと言う事でしたが、
そこは他社が出してんだから諦めんなよ!
ガッカリです

と言う訳で、前々から風を感じる事ができ静音性の優れたSHOEIを被りたかったので、アライに見切りを付けお別れです
色々被ってみると、GT-AirやX-TWELVEはメガネが浮いてしまってダメダメしたがなぜかZ-7だけはアライ以上にしっくり来ました
だったらもう迷う事は無く購入です
ショウエイ(SHOEI) ヘルメットZ-7
ショウエイ(SHOEI) ヘルメットZ-7 マットブラック M(57cm)
色はなんとなくマットブラックにしてみました


今まで使ってきたプロファイルとZ-7
大きさはプロファイルの方が若干コンパクト
重量はプロファイル:1,540g、Z-7:1,377gと200gほど軽く、手に取った瞬間200g差とは思えないほど軽く感じます

走ってみた感じはとにかく軽くて静か
バイザーのホルダーが出っ張っていないので風切り音が少ないだけでなく、エンジンのメカノイズ凄く少ないです
真夏に走ってみた所、Z-7の方が風が流れている感じがして涼しいです
これはヘルメット内に刻まれた溝の違いかと


プロファイルが穴だけ開いているのに対して


Z-7は風の通り道があります


Z-7は溝に沿って内装にも風の通り道を付け、プロファイルが内装の隙間を大きく開けて風を流している違いだと思われます
プロファイルも暑くならないので内部の温度は似たような感じですが、体感はZ-7の方が優秀
蒸れにくいアライ、風を感じるSHOEI

圧倒的に違うのは脱いだ時の髪型
アライの方が隙間がでかい分モロに内装の形になり、取りやめになった新国立競技場 みたいなデザインの髪型になります

10年近い差がある製品を比較するのはちょっと卑怯かもしれません
むしろ後頭部だけはZ-7の方が暑いのでもうちょっとSHOEI考えて作れよとも思う

特に悪いのは後頭部に貼られた注意シール

せっかく通気性の良い内装を使っておきながら、首の太い血管が通る部分に通気性の無い素材を貼り付けるのは正気を疑います
後頭部だけ汗でシットリするんですよ・・・


縫い糸を切らないように慎重かつ大胆に引きちぎりましょう
多少は残るのでピンセットで剥がします
これで多少は良くなります


プロファイルの方が後部に排気口がありよく考えて作られています

内装の構造はZ-7の方が若干取り外しにくい分、肌に触れる部分は全て外せるSHOEIの方が優れてます

丸ごと外せて洗えるZ-7に比べて


首が当たるネックパッドが外せないので汗で色が変わってます
そして臭くなります
アライも外せるタイプがあるので絶対脱着できる物を選ぶべき
 

そんな訳で、買い換えて良かったと感じてます
アライも悪くないんですが、安全性ばっかりアピールしているのと、最上位以外の違いが分かりにくかったりと営業が下手に思えます
この時代、安全なのは最低条件あって当たり前の物なので、もっと快適性にも力を入れてほしい所です
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
どうもこんばんは、一狐です
オープン式レギュレータですが、去年の冬から初めてなんだかんだで半年以上経ってしまいました
今回取り付けと、その後の燃費やなんかを


後期型のVTRはイグナイターとコンバーターユニットがあるためシートカウル内に収めることができません
かと言ってただでさえフレームにみっちり入ったVエンジンかつハーフカウルのため設置場所にえらい悩まされました
新しいレギュは防水コネクタを使用しており、多少水がかかってもいいだろうって事でリアフェンダーの中に設置してみます


搭載イメージ
しかしレギュが大きいため小物入れ的な窪みが邪魔してそのままでは設置できません
スペーサーを付けて回避する方法も考えましたが、下に付けるとモロ見えになるのと、フルボトム時にタイヤと接触しないか心配だったので却下

結局フェンダーを加工する事に
小物入れを手前に20mmほど追い込む事で、干渉を回避します
使用する物は100鈞カッターとガストーチ
イワタニ(Iwatani) カセットガス トーチバーナー CB-TC-BZ

カッターをトーチで暖め干渉部分を溶かしながら切ります
そのままだと水が入るので、追い込む不要部分を切り取ったら端っこだけ再利用
再びカッターをトーチで暖めて、本体と切り取った部分を両方カッターで溶かしながら溶着

写真を撮れなかったので言葉だけですがやってみるとかなり簡単でした
溶かしながら切って、溶かしながら接合するだけ
ホットナイフがあれば楽なんでしょうけど、カッターとトーチだけで十分ABS樹脂のフェンダー加工ができます

大ざっぱやったので光にかざすと所々隙間が見えます
そう言う部分は黒いのグルーガンで埋めます
グルーガンもスティックもセリアで購入


アルミプレートを適当な大きさに切ってレギュとボルト止め
フェンダーへの取り付けはボルト止めにしようかと思いましたが、ボルト2本の取り付けより両面テープ+タイラップの方がしっかり取り付けできるので変更


アルミ板の見える部分がカットして追い込んだ部分です
20mmほど手前に短縮していますが問題無し
防水のためここもグルーガンで
ABS樹脂にはそこら辺のコーキング剤より相性が良かったはず

と言う訳で設置完了です
約3ヶ月ほど走ってますが特に問題は出てません
真夏の37℃を超える日にも走ってますが、触れないくらい暑くなることはなかったので年中ここで問題なさそう


以前仮設置で書いた時のように、やっぱりピックアップ向上と中~高回転のパワーが上がっていると思います
僅かな差ではありますが燃費にも影響はありました
走った道なんかで変わらないように別々にすると

街乗り14.0→14.5
ツーリング15.0→15.5
峠道13.0→13.8

あくまで平均なのと峠道以外は走った道も状況も違うのでなんとも言えませんが、約0.5kほど向上してます
峠道だけは同じルートを通ってるので再現性が高いです
燃費が悪い事には変わりませんがねw

MOS-FETタイプと違って少なからず燃費にも影響があるようなので、燃費重視の人やちょっとでもパワーを上げたい人にはオープンタイプがお勧めです
低回転の安定性や、充電が不足しがちな人はMOSFETタイプの方が良さそうな気がするのでこのオープンタイプはいつまで経ってもマイナーなポジションに居るのではないかと思いますw

そんな訳でようやく今回でレギュレータ関係は終了です
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
どうもこんばんは、一狐です
盆休み前にHDDが壊れるという不運に見舞われました
壊れたのは故障に定評のある海門、二度と買いません
エロゲのインストールデータ以外はフルバックアップしてあるので被害はほぼ無し
バックアップは重要です

さて今回はXperia Z Ultra RAMマウント で書いた事の続き
ステムマウントにM8ボルトベースを使用したんですが、これそのままKSRのハンドルバークランプに使えるんじゃないかと思って付けてみました

RAM MOUNTS(ラムマウント) M8ボルトベース(ネジ長3種類付属) RAM-B-367U
RAM MOUNTS(ラムマウント) M8ボルトベース(ネジ長3種類付属) RAM-B-367U

デイトナのステムベースに使用するにはボルトが短すぎて使えませんでしたが、KSRのクランプネジを外してみると


付属しているボルトがそのまま使えます
マウントベース以外のアームやホルダーは前回の物をそのまま使用


とりあえずここに付けてみましたが、場所やアームの長さ等によってフロントサスが沈み込んだ時にブレーキホースが干渉するかもしれませんので、付けてみたらサスを縮めて確認が必要です



こんな感じ


横でもいけます

社外ハンドルに交換していて一般的な22.2mmを利用でき、ファブレットではなく普通のスマートフォンならMINOURAのホルダー、ノーマルハンドルならクラッチ側ギリギリの場所にデイトナのバイク用スマートフォンホルダーが使用できると思います
詳しくはVTR1000F スマホホルダーとステムマウント


てな訳でKSRでも簡単にスマホのマウントができました
何に活用するかはその人次第
ナビに使うもヨシ、ノーマルのメーターにはトリップが無いのでGPSスピード&トリップメーターとして使用したり スマホを「スピードメーター」化 燃費計算にも役立つ
Speedometer Stopwatch を使って0-80とか0-100を測っても良いかも

ではまた
AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:
どうもこんばんは、一狐です
Windows10がリリースされたのでお遊び用のタブに入れてみました
リリース直後のOSが不安定なのは当たり前ですが、ある程度理解しておかないと後々面倒な事になりそうなので

Win10の予約をしたのに全然来ないって人は昼間にPCを付けていないためだと思われます
ネットワークトラフィックを集中させないように混雑する夕方~テレホタイムにしかPCを動かしていない人はある程度経ってからの配信になるんではないかと
Windows10 Insider Previewで色々してた人はすぐ来るとの話も
直ぐに欲しいって人は手動でここから DLするのが早いかと

やるべき事は
1.OS含む全体のバックアップと回復ドライブの製作
2.UEFIのFast BootをDisabledに
3.電源プランの設定で、コンピューターをスリープ状態にする:なし
4.バッテリーを90%以上に充電する
5.Win10をDL
6.Windows8.1を起動中にアップグレードをする

これを守らないと最悪文鎮化します

1.のバックアップは必ずしましょう
32Bitの場合、容量が少ないため元の8.1へ戻すためのイメージが作られない場合があります
そして、クリーンインストール等でパーティション情報が変わった場合RecoverySDが役に立ちません

リカバリー用のmicroSDがあるからへーきへーきなんて余裕かましていたら、クリーンインストール後に回復ドライブからも復元からも8.1へ戻すことが出来ず積みました

2.FastBootを切っておかないとUSBメモリから起動できません

3.バージョンアップには1時間ほど掛かるので気が付いたらスリープに入っていて、電源を入れ直したら強制終了したから修復するぞ!みたいな事になっていましたw

4.USBメモリを使用してインストールすると電源が無くなるので、インストール中に電池切れなんて事になる可能性があります
100%から初めて、終了時55%になってました

5.VivoTabは32Bit Homeエディションを落としてインストールしますが、ストレージが32Gモデルの人はかなり容量がカツカツなのでメディアの作成をお勧め

6.いきなりUSBメモリから起動してクリーンインストールをするとライセンスが引き継がれないので必ず一度は8.1→10へ上げる作業が必要です


無事Win10へアップグレードされたら色々弄ってみますが、毎回起動する度にタブレットモードになるのが嫌なので変更

サインイン後の動作をデスクトップに移動で毎回チェックを外す必要が無くなります

しかーし、現状だとなんか不安定です
急に再起動する事がちょいちょいあり、ブルースクリーンにもなったり・・・

デジタイザペンを使用すると高確率で再起動、そのうち1/3位の確率でブルースクリーンでwin32kbase.sysのエラーが出ます


ブルスクなんて7じゃ見かけなかったので、久しぶりにW2KやXPの頃を思い出して楽しくなってきたので、次はクリーンインストール
不安定になった時の基本、OSの初期化

USBメモリ、マウス、キーボードを接続し、UEFI画面に入りUSBメモリをブートさせてインストールします
その時に、なんやこの邪魔なパーティションって全部消すと、リカバリーSDから元に戻すことが出来なくなります
その代わり、ドライバ位しか入っていない素の状態で20GBほど空いています

プロダクトキーが2~3回聞かれますが、スキップ後でで問題ありません
1年間の無料期間の間に一回でも8.1→10へ上げた経歴があればそのPCはその後問題無くクリーンインストール可能です
インストール直後はタッチもペンも効かないのでドライバを入れます
ASUSのサイト からChipset SOC Driver Packageを入れるとほぼ全てのドライバが入ります
入らなかったデバイスはの所から落とせば入ります
現時点でWindows10用の所にはなく、8.1から落としました

Wacom Digitizer Driverはなぜかワコムから直接落とした7.3.1-7が入りません
ASUSのサイトから落とした物だと入れる事ができます

もしくはドライバのEXEを7ZIP等の解凍ソフトを使って展開させ


展開したフォルダ→32のフォルダ内にあるISD_INFInstall.infを長タップしてインストールを選ぶとドライバが入りました

今の所どちらを使ってもブルスク&再起動は変わりませんでしたけどねー

それと8.1→10だと問題ありませんでしたが、クリーンインストールだとパームリジェクションが上手く効かず、ペン操作中でもタッチ優先になってました
画面中心にペンを置いて、右側はタッチ優先なのに、左側がペン優先とおかしな事に
原因はタブレットPCの設定できき手が左ききになっていたせいでした

右ききにしてOKを押せば以前と変わらず、ペン優先になります


が、相変わらずペンを使うとブルースクリーンや再起動が多発するため現状ではペンは使用できないのと同じ
8.1へも戻せない状態のためとりあえずしばらくはこのまま放置ですね


なんだか久しぶりに昔の不安定だった頃のPCを思い出した感じで楽しかったです
メインPCだったぶち切れてたでしょうけどw
少なくとも1ヶ月以上は様子を見て、不具合が出尽くされたら10へ移るのが良いと思います
まだ慌てるような時間じゃない
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。