ガレージ 一狐亭

PC、時々車、処によってはバイク


テーマ:
どうもこんばんは、一狐です
やりたい事はあるんですが、最近構ってあげれなかったKSR
そろそろ何かしたいです

手始めに見た目で一番気になってた、リアのスカスカ具合をなんとかしたいなーって事でリアインナーフェンダーを付けてみます

KSR110の頃はエーテックの物を付けてました

フルカバーってどうなのよとか、STRIKERのエキパイと色々干渉したりと色々ありました

失敗しない無難な選択なら同じくエーテックのフェンダー でしょう
しかしなんかこう異常に妖しい雰囲気を醸し出してるフェンダーがこちら

オークション等で4000円前後で売ってます
フロントフェンダーの形状を模ってリアに強引に付けてみました感満点
ちょいちょい売っているんですが、ほとんどの所でと言われている奴w

見た目はいかフライ
姿フライゴールド


雑なら雑なりの使い方もあるだろうって事で買ってみました

商品説明に偽りなく、雑ですw
下地があんまり宜しくない状態でサフェーサーを塗らずに塗装したらこんなんなりますよ

雑なのは想定内だったのでとりあえず取り付け

純正のチェーンガードを外し、ブレーキ側は5cmほどのウレタンフォーム両面テープとタイラップで固定

何というか、そそり立ってます

遠くから見ると、塗装の雑さと相まって何かえも言われぬ違和感が

OVERのマフラーとの干渉が心配でしたが、通常使用に問題無いレベルで干渉します

フェンダーの中心と車体の中心を同じにして取り付けると干渉して一瞬でタイラップが千切れましたw
マフラーになるべく当たらないように少しずらせば、リアサスのフルボトム時以外大丈夫
触れている感覚はありましたが、タイラップ千切れず塗装にも接触痕が無かったので自己責任で使えるか判断して下さい
サイドやアンダー出しのマフラーなら干渉の心配は無さそう

必ず一番細くて弱いタイラップを使って付けて、千切れないか確認してから使った方が良いです
いきなり丈夫なタイラップ使って干渉したら最悪事故なんて事も有り得ますから


なんか評価に非常に困るフェンダーです
そそり立つ形がもうちょっとマシなら再塗装して使いますが、形状的に格好いいかは謎
使い捨て感覚で買ってみた物の、ガラスマットが惜しみなく使われておりすっごい頑丈で壊れてくれそうにもありませんw

取り付けられた写真があれば買ってなかったなぁ
とっても惜しい商品なので加工できる人がお遊びで買うには良いかもです
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
どうもこんばんは、一狐です
以前からちょいちょい変更していたスマホマウント
前回ようやくズルトラをマウントできたんですが、使っていくうちに不満がでてきたので改良してみます

不満点は

マウントバーが長く、プリロードアジャスターとのクリアランスがかなり狭いのででクランプを外す時口を大きく開けないと外せないのと
プリロードアジャスターが調整時に干渉する事
これはプリロードを調整するまで気が付かなかったんですが、弱めていったときに当たります
ただ今サスセッティング中のためすっごい邪魔

マウントバーの左右を20mmほど切断するか
デイトナ マルチバーホルダー ショートロータイプ [ステムホルダークランプ]
デイトナ(DAYTONA) マルチバーホルダー ショートロータイプ [ステムホルダークランプ] /ブラック 92750
ショートタイプの物を使えば回避できそうです


他はスマホナビを画面を縦で使っていると、交差点や誘導情報が画面下に出て来るので視線の移動が多くちょっと使いづらい
それと、もうちょっと画面がメーター側へ行って欲しい
と、最初はマウントできただけで満足でしたが使っているとちょっとした不満が出てくる訳で


なんか色々と変更してその度に不要な物が出るのは勿体ないので、マウントシステムとしては一番信頼性と汎用性のあるRAMマウントで今回は一気に解決させてしまいます

まずはズルトラ専用ホルダーのリヒターマウントをRAMマウントへ変換します
必要な物は
その他グッズ ヒロチー ヘルベルト・リヒター(HR1642)

RAM MOUNTS(ラムマウント) 2x1.7ベース AMPSホールパターン RAM-B-347U
RAM MOUNTS(ラムマウント) 2x1.7ベース AMPSホールパターン RAM-B-347U
この2つを使います

2つを重ねるとピッチが謀ったかのようにほぼ一緒


リヒター側に付属しているネジを使用すればネジ長までバッチリ
簡単にリヒター→RAMマウント変換アダプタの完成です

リヒターマウントはAndroid機種で色んな専用ホルダーが出ていたり、ポータブルナビで多く使用されていたりと結構頻繁に使われているので、この組み合わせは活用できます

アームは9.5cmタイプをチョイス
RAM MOUNTS(ラムマウント) 標準アーム(約9.5cm) RAM-B-201U
RAM MOUNTS(ラムマウント) 標準アーム(約9.5cm) RAM-B-201U


9.5cmならズルトラを使用しても縦横どちらでも干渉しません


さて、ズルトラホルダーがRAMマウントに対応したので次はステムマウントを変更
今回使うのは評判が微妙な
RAM MOUNTS(ラムマウント) フォークステムベース RAM-B-342U
RAM MOUNTS(ラムマウント) フォークステムベース RAM-B-342U
ステムベースではなく
RAM MOUNTS(ラムマウント) M8ボルトベース(ネジ長3種類付属) RAM-B-367U
RAM MOUNTS(ラムマウント) M8ボルトベース(ネジ長3種類付属) RAM-B-367U
M8ボルトベースと
デイトナ(DAYTONA) マルチバーホルダーステムマウントキット(φ17~20) 78578
デイトナ(DAYTONA) マルチバーホルダーステムマウントキット(φ17~20) 78578
デイトナのステムマウントキットを再利用します

それとM8×85のキャップボルトが必要です

付属のボルトでは短すぎるので届きません

近くのホームセンターにM8×85が無かったのでM8×90を使用します

80ではちょっと短く、90だとちょっと飛び出る
少し飛び出る分には問題無いので、85か無ければ90を買いましょう


これをステムホールへ入れて締め込めばラムマウント純正品とは比べものにならないほどガッチリと取り付けできます

後はドッキングして完成

縦、横、位置も自由に調整できます
代償として純正メーターが全く見えなくなりますw
横ならデジタルスピードが見えるので気になりません


ここまで寄せるとアームが邪魔でカギが抜けませんw
メーター側へ限りなく寄せる事で、視点移動が少なく安全にナビが見えるようなるので丁度良い位置を選べるのもRAMマウントの魅力でしょうか

色々と買い換えているうちにえらい高く付いてしまいましたが、現状で一番理想に近いマウントが出来ました
全て1社で全部揃えるのではなく、専用ホルダーに定評のあるリヒター、信頼性の高いRAMマウント、出来の良いデイトナのステムホルダーと評判の良い物を組み合わせることでより完成度の高い物ができます

汎用品を組み合わせる事で専用品を超える物が出来るのは自作の醍醐味ですね

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
どうもこんばんは、一狐です
VTRを買ったときにもチラッと書きましたが、色々と調べたり考えたりしている中で分かった違いなんかを書いてみようかと
ずいぶん今更ですがw

前期と後期
・メーター
前期はオド、トリップのみデジタル表示でタコ、スピード、水温はアナログ式
後期は燃料計、時計が追加され水温がデジタル表示に変更
水温計の変更により水温センサーの変更
燃料警告灯から燃料計へ変更になったためセンサーがサーミスタ液位センサからフロートセンサへ変更
サイドスタンド警告灯の廃止
スピードリミッター解除方法が違う
メーターは圧倒的に後期型の方が優れています

・燃料タンク
前期16ℓから後期18ℓへ増量
オートコックがタンク固定からフレーム固定へ変更になりキャブのホース長、取り回しが違う
タンクロゴがFireStormからウイングマークへ変わる
近場だけなら16ℓでも問題ありませんが、やっぱり多い方が良い

・ハンドル回り
垂れ角が変更になり前期はスーパースポーツぐらいから、後期はツアラーへと変わる
左ハンドルスイッチの変更によりハザードスイッチの追加(国内のみ)、(ハーネスの回路が違うためポン付け不可)
これは人によりけりですが、後期の角度は中途半端で腰に来ます
スポーツ走行だと前期の方が良いですし、ツーリングならハンドルアップスペーサーで上げるかハリケーンのハンドルの方が良い様な気がします

・エンジン回り
カムチェーンテンショナーが故障しにくい対策品へ変更(壊れにくいだけで壊れない訳じゃ無い)
排ガス規制のためエアインジェクション導入
これによりリードバルブやコントロールバルブが追加される
後期になり国内はカタログ値こそ変わらないものの、中間域で出力ダウン(輸出は4馬力低下)
エアクリファンネル、エアクリ内風道板、エレメント(後にバラデロと共通化?)が違う
キャブセッティングの変更
ジェットニードルで前期F:A1UD R:A1UC、後期F:A1UF R:A1UE
エアカットバルブ及びエアジェット変更
パイロットスクリューが+からDタイプへ変更
騒音規制のためマフラーが静かになるも国内は糞詰まり
エンジンは圧倒的に前期型。後期はマフラーのせいでノーマルだとレスポンスが悪いのとエアインジェクション特有のトルク変動があります
スポーツ走行ならテンショナーさえ変えれば前期がお勧め

・外装
ウインカーデザインの変更
カウルのVTRロゴがFireStormへ
リアカウルのV2ロゴ廃止
Fブレーキディスクのカラーとデザインが変更させるも制動力は据え置き
シフトペダルのアームがアルミの物から鉄の棒へコストダウン

↑は前期
これはかなり改悪で見た目と調整のしづらさがあるものの、シフトペダル、チェンジアーム、チェンジロッドの3点セットで移植可能
カウルステーがアルミから鉄へコストダウンされるも、アルミステーのクラック対策、立ちゴケ時にステーが歪む事でカウルへのダメージ低減効果があるため見た目以外は後期の方が優秀だったり

・電装他
登録されたキー以外始動できないようにするための盗難防止装置HISSの導入
バッテリーが小型化(互換性有り)
レギュレーターが故障しにくい物へ変更(前期は中華以下のゴミ)
ヘッドライトのPNが違うも何が違うか見た目でも不明
イグナイター及びコンバーターユニットの場所変更によりシート内のスペース向上

前期はテールライト側に設置されていた2つがサイドへ移動


空いたスペースへ純正工具を入れてもまだ余裕があるので地味に結構入ります
大判の漫画も入るので何気にCタマ位物が入る

・足回り
後期国内のみリザーバタンク別体式のリアサス搭載で圧縮側の減衰力調整が可能
フォークダンパーのセッティングが変更
フォークインナー、アウターが変わりプリロードの範囲がかなり違う。後期の標準位置が前期の最弱とほぼ同じ位
前期はかなり固く段差でポンポン跳ねる代わりに、後期は前期と比べるとブレーキング時に踏ん張りが効かず腰砕けになる印象
リアハブのカラーが変更されるも詳細不明
フロントアクスルシャフト、カラーがアルミ化される

前期は鉄(44301-KV3-700)でCBR400RR、CB400SF、VFR400Rと共通部品
後期はアルミ(44301-MM5-000)
前期後期で三つ叉、ディスタンスカラー、ベアリングが同じなので全長は変わらないのではないかと
前期型へ移植時、ブレーキディスクとキャリパーのセンターも来たのでカラーも同一の長さと思われます
また、海外のパーツサイトで44301-MM5-000 (44301-KV3-700)となってたので流用可能かも
交換するだけでバネ下加重の低減ができますが、剛性的には知りませんがw


国内仕様と輸出仕様
バルブタイミング、リフト量、点火時期、キャブの違いで最高出力が違う
キャブセッティング、エアクリ内ファンネル、風道板が前期国内と違うも、後期国内はファンネル、風道板、JNが輸出と共通
エアエレメントが違うも型番が変更されてバラデロと共通化されたのかも
エンジンインシュレーターの規制板の有無
エアダクトは輸出の方が大型

チェーンが国内525、輸出530
チェーンが違うためスプロケットが違う(コンバート可能)
スプロケの厚みが違うためハブスタッドボルトが違う(国内12×25、輸出12×28)

サンスターの型番は国内と輸出コンバートの品番が同じなので、530→525への変更は可能(逆は不可)

輸出仕様のメーターは280Km/hフルスケール

国内はホワイトのみ、輸出は前期後期共にホワイトとブラックがあるらしいがどの要因で違うのか不明


まとめ
パーツリストを見比べると他にも一杯ありますが大きな所はこんな所でしょうか
輸出か国内かは走る道によってお勧めが違います
3000~6000回転でトルクが厚い国内仕様は中低速コーナーやジムカーナなんかにお勧め
特にタイトなコーナーの極低速で一気にバンクさせた後に、寝かせたままスロットルを開けて起き上がるV2特有の素早い動作は圧倒的に国内の方が楽しいです

輸出は上の伸びが別物で高速コーナーからの直線はVツインパルス特有の加速で隣に4発SSが居なければはめちゃ早く感じます

前期か後期は予算次第ですが、パワーを求めるなら前期輸出でしょう
後期国内はキャブ内やエアクリのパーツが共通なので割と簡単にセミフルパワ化できるのでいいとこ取り
安さ抜群の前期国内
全部入りだが、玉数も少なく値段も高い後期輸出

キャブ車最後の傑作とどっかの親父が言ったらしいVTRももう少しで旧車に入りそうですが、エンジンがバラデロで生き残っているため、部品供給はまだ結構行けそうです
足回りは他車種から流用や社外、ステップ類社外がまだある、外装はコピー品が安く売っていたりと意外とまだまだ行けそうです
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
どうもこんばんは、一狐です
書くことは結構溜まってきたんですが、最近あまり更新できていません
ボチボチ書いていきます

今日は福井のタカスサーキットで開催された、大規模試乗会スズキファンRIDEフェスタに行ってきました

北陸だとなかなか試乗する機会も無い上に、サーキットを走る機会もあまり無いのでこういうイベントは大歓迎です
試乗車の一覧にGSX-R1000は無かったのに行ってみたらR750と一緒になぜかあるし

と言うわけでGSX-R1000、隼、Vストローム1000に試乗



ブサも人気でしたが一番人気はGSX-S1000F
新型ですしね

R1000やS1000Fは軽くて恐ろしいほどのレスポンスでしたが、トルクねーなーと一緒に行った友人と話してました
これはバイクが悪いわけでなく、1000CCのV2なんてのに乗ってるせいですがw

R1000は曲がるきっかけというか、ノーズを入れるきっかけが全然分からず、VTRの感覚でスロットルを開けるとアンダー気味になったりとちんぷんかんぷん
長くVTRに乗りすぎたせいでしょうか・・・

ブサはまぁ長距離楽そうだなと

んでVTR乗りとしては一番気になっていたV-STROM1000
国産リッターV2という絶滅危惧種の中で新型を出す心意気は流石スズキ
スペック的にはVTRよりちょっと重くてでかい位なのでもしかしたら次期候補かと思って気になってました
レギュレーターもこいつから流用してますし縁があります


人気無かったので直ぐ乗れました

ちょっとでかい程度かなーなんて乗ってみると

!?


あかんやつや
VTRなら両足ベタ付きなのに、Vスト1000超バレリーナ
おまけにVTRより遥かに重心が高いためブサより重く感じます

トラコン採用で快適なライディング~なんて説明されていますが、交差点が地獄
身長180cm以下お断りなバイク
V-STROM1000はSVの乗り換え候補なんかじゃなく、バラデロ1000に乗っている人が次の候補に挙げるバイク
次期候補から完全に消えました

行きに唯一バイクでロータリーエンジンを積んだRE-5とすれ違えただけで今日はラッキーな1日でした
結局帰り路VTRが一番良いなと再認識
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。