ガレージ 一狐亭

PC、時々車、処によってはバイク


テーマ:
どうもこんばんは、一狐です
PROのクラッチレバーが微妙に長いのと、ブレーキレバーがかなり長いのが気になって交換してみました
メーターより前に交換してたんですが、メーターとマフラー交換が嬉しかったのでついw


案の定出たばっかのPROは対応表に載っていないので、まずはノーマルのレバーが何なのか調べてみます

パーツリストがネットで見られる素晴らしさ。アホンダと鈴菌も見習って欲しい所です

んで見てみるとレバーがPROの品番しか出てきませんでしたが、クラッチホルダーがZ250なのでレバーも使えるでしょう
Z250とNinja250Rが共通なのは確認済み
ブレーキレバーは旧KSR110と共通なので問題無しです

どのレバー使おうかなと色々検索しましたが、結局コスパと使い勝手と見た目に優れるZETAになっちゃいますねぇ
GROMの時もレバーだけはかなり気に入ってましたから

対応表から見るとKLXやD虎と言ったカワサキの定番ですね
クラッチレバー:KLX125,、NINJA250/R、KLX250 08-
4フィンガー:ZE42-4127 3フィンガー:ZE42-3127

ブレーキレバー:KLX125、,NINJA250/R、KLX250 08-
4フィンガー:ZE41-4145 3フィンガー:ZE41-3145

4フィンガーか3フィンガーですが
ZETAは4フィンガーでも純正より短いんで4フィンガーかなーと思ってましたが、カワサキ屋にて情報が載っていました
KSRに4フィンガーのブレーキレバーを使うと純正より長くなるらしいです

そんなわけで3フィンガーを発注
ジータ:ZETA ピボットレバー/クラッチレバー KAWASAKI KLX250 : D-TR.../作者不明


ZETA:ピボットレバー(ブレーキレバー/3フィンガー用)/ZETA



取り付けるとこんな感じ

そこそこ短いです
最初はちょっと違和感ありますが直ぐ慣れました


純正ハンドルのガンメタと合っているのでとっても宜しいです
削り出しのビレットレバーは、握った瞬間の詰まってる感が好きで一度使い出したら純正には戻れませんw


楽しく乗っててバイクを初回点検に出したんですが、整備士の人から
N以外でクラッチ握ってもセル回らないんですけどレバーが悪さしてるんじゃない?
と衝撃の言葉が
またまたご冗談をwと思いましたが、マジでセル回らん・・・
まだエンストして無かったので気が付きませんでした

もしかして、KSR110と同じでN以外だとセル回らんとか・・・とも一瞬頭を過ぎりましたが、回路追うとNでなくてもサイドスタンドが格納されててクラッチを握ればセルが回ります

クラッチスイッチ(スターターロックアウトスイッチ)を見てみると

どっちもクラッチ握った状態ですが、スイッチのボルトを緩めるとここまで飛び出します
左だとセル回らず、右だと回ります


反対にしても変わらず
むしろレバーからはみ出ているのでこの方向は違いそうです
ちゃんと対応表に載っているD虎でも同じ様な事が起こるそうで、PROに付けたからダメだったんだという事ではないみたい


仕方ないのでニッパーでスイッチを少し切りました
これでちゃんとエンストしてもNに入れずにセルが回ります

ちょっと問題がありましたが価格以上の満足度
ちょっとだけクラッチが重くなりましたが、これぐらいの反発力があった方が半クラしやすいので問題無し
ちゃんと調整できるのでシフトの入りも更にGOOD


その後、もうちょっとだけ短くても良いかな-と思いクラッチ側を8mm、ブレーキ側を15mmほど内側に移動
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
どうもこんばんは、一狐です
かれこれ10年近く使っているバイクカバーをようやく買い換えました

昔900SLを買ったときにおまけでバイクカバーを貰ったんですが、これがかなり良い物だったみたいで長~く使ってました
スーパー7とドカティを貸ガレージで所有してたリッチなオーナーだったなぁ

長らく使ってましたが、穴が開き、ベルトが根元からちぎれついに昇天
とりあえずド○キで売ってた安物を買ったんですが、ボディが擦りキズだらけになるわ、速攻で裂けるわで安物買いの銭失いの典型的なパターン

おすすめなんかをかなり調べて買ってみました
ブラック厚手 オックス生地使用 バイクカバー 防水 4Lサイズ 二重縫製/アイカー自動車部品

結局また安物w
なんせ、高い物でもハズレ商品が多いらしく、一応屋根があるので防水性をそこまで考慮しなくていい条件で探すと泥沼に陥ったので


見た目からしてドンキの安物がペラッペラなのがお分かり頂けるでしょうか


商品名の通りかなり厚手。デイトナのブラックカバースタンダードより厚手らしい
物によっては縫い目からほつれがあるとの事でしたがうちのは大丈夫でした

バイクカバーを買うときの定番?メーカー指定のサイズより1サイズ大きめをチョイス
元々VTR1000Fは3L指定だったので1サイズ大きめの4Lを買ってみたんですが

でかすぎたw
もろ地面と接触してます
フルカバーできるので問題無いっちゃ問題無いですが


スッポリ包んでるだろ、ディスクロック付けてるんだぜこれで


ただ、ミラーはフルオープン状態だとパッツンパッツン・・・
バランスわりぃ

半年以上使ってますが今のところボディに擦りキズは見受けられません
難点はロック用のハトメは金属製な事と前後同じ色なので分かりにくい
今年の初め頃にこれを買ったんですが、今ある商品画像だとロック部分が布で縫われてますね
仕様変更されたんでしょうか


とりあえずフロント側にマーカーペンで派手にしておいたのでヨシです

防水はある程度ありましが、野晒しで土砂降りとかは無理そう
湿気対策用の穴が開いていないので、そのうちプラのハトメで穴を開けようかな
ファミリーツール(FAMILY TOOL) プラスチック製 両面ハトメパンチセット 4mm ク.../ミツトモ製作所

4000円前後という格安~安いレベルのカバーはほぼハズレ商品ばっかりですが、探せばまともな物が眠っているみたいです
使用環境によってかなり差が出るとは思いますが、申し訳程度でも屋根があるなら使えるカバーでした
ピッタリジャストサイズが欲しい人は3Lを買った方が良いです
アイカー自動車部品(icar) オックス300D:2重コーティング、超撥水(ブラック) サイズ.../アイカー
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
どうもこんばんは、一狐です
3回連続でPROネタですが、まぁ買ったばっかりなので

KSR110もKSRPROも純正は同じマフラーなのでどっちも超静か
カブよりも静かで兆糞詰まり
色々ラインナップを見てると、2本出しやHOTLAPの戸愚呂エキパイ、Spec-Aのセンターなんかも一瞬頭を過ぎりましたが、エッジの効いたシャープなデザインのNewKSRに丸いサイレンサーは無いなという事でスパッと決定PROが納車されたその日にマフラーを予約してたんですが、発売が伸びてようやく届きました

OVERのTTフォーミュラ アップタイプ

オーヴァーレーシング(OVERRACING) TT-Formula フルチタン アップタイプ .../オーヴァーレーシング(OVERRACING)

こいつです

取り付けは至って簡単

純正マフラーはシートカウルのネジ4本と左右のプッシュリベット2個を外してカウルを外し、サイレンサーのボルト2本とヘッドのナット2本を外すだけ
あっという間


ガスケットの取り外しも切り欠きがあるのですんなりはずせます
マフラー下ろしてガスケット外そうとしたら無い!と思ったらマフラー側に付いてきましたw

キタコ(KITACO) K PIT エキゾーストガスケット (1個入) K-12 [品番] 7.../キタコ(KITACO)

ガスケットはKSR110、AsianKSR110、2013KSR110、KSR PRO全て共通で↑のガスケットでOK

後は説明書通りというか、付くようにしか付かないので分割してエキパイとサイレンサーを合体させれば仮付け完了
スプリングを付けるスプリングフックは付属していないのでタイラップで代用
輪っかにしてサイレンサースプリングを引っかければ簡単に付きます

以前付けていたSTRIKERのもそうでしたが、OVERのエキパイもかなりギリギリのクリアランスで取り付けるため、フレームとリアブレーキスイッチに接触しそうです

ブレーキスイッチのゴムが溶けると困るので、接触しそうな所にアルミガラスクロステープを貼ってます
エーモン 2420 アルミガラスクロステープ/エーモン工業(amonkogyo)

触ってみましたがちゃんと熱が逃がされているので溶ける気配は全然無し


純正カウルの中にも最初から張り付けてあるので、うまく引っぺがして流用しても良いかも



1ヶ月以上待った甲斐がありました
NewKSRで設計されているのでバッチリ合います
かなりエキパイが見える位置に来てるので、チタンの見栄えが大変宜しい

音ですがサイレンサー長が割と長めなので高音がほっとんどありません
そして出口で絞っている訳ではないので低音がかなり出てます

STRIKERのセンター出しは当時はかなり格好良く見えましたが、ストリートタイプは音がイマイチでした
反転バッフル式で反響音がかなり響いて、音は大きいのに間の抜けた感じが微妙
OVERのTT-Fはほぼ低音でかなり好み
VTRほどではありませんが、かなりワクワクさせてくれる音です


中を覗くとこんな構造でした
ストレートタイプでの中にかなり長いパンチングメッシュのバッフルが入ってます
スポット溶接で付いているので取り外しは不可ですが割と音量があるのでいいかなーと

個人的にはもうちょっとだけ大きい方が好きですが通勤に使う事を考えたら絶妙なバランスではないかと
多段膨張室タイプではないため、経年劣化である程度音量が大きくなっていきそうなのでスタート地点がここなら良いかな

今のところキャブセッティング無しのポン付けですが、5000回転以上で結構パワーの盛り上がりを感じさせてくれます
レスポンスもかなり早いのでこれで幹線道路でも安心して走れます


これだけ出口の大きさが違えば抜けが良くなって当たり前っちゃ当たり前ですがw

4速でもグイグイ加速してくれるので旧KSR+STRIKERより確実に早いですよ
旧110とNewKSRじゃCDIが違うので、全てマフラーのおかげでは無いですけど

やっぱりパーツを変えたら変えた分だけハッキリと分かるKSRはカスタム好きにはたまりませぬな
今回のマフラーは高い値段出しただけの価値は十二分にあります
AD
いいね!した人  |  コメント(15)  |  リブログ(0)

テーマ:
どうもこんばんは、一狐です
前回の続きでACE-6552の取り付け

ステーができたの次は配線加工をします
配線図やカプラーから出ている配線を見るとかなり多くめんどくさそうに思いますが、実際に使う配線は結構少ないです
メーターからPROのハーネスへ接続する配線は全部で7本

ウインカーLR、ニュートラル、アース、バックアップ電源、イグニション電源、タコ
他にもスピードセンサーや燃料タンクに油温計の配線が出てますがそこは変更無しです

ちょっと面倒なのが


ニュートラルの配線には必ず付属のダイオードを入れとと書いてある部分でしょうか
それ位基板に搭載しとけと思いますがw

向きがあるので黒のマーキングがある方を車体側にしてハンダ付け、スプライス端子、圧着端子の一部を使って赤線で切る等で付けます



ダイオードを取り付け、使わない端子は抜いて空いた穴をホットボンドで埋め埋め
防水カプラは水で侵食される事が少ないので耐久性が高いですが、一部に穴が空いていたりすると入った水が抜けず一気に腐食するため必ず防水対策はする事


タコメーター信号線は防水カプラから出ている黄色線を利用し、付属している1MΩの抵抗を間に挟んでIGコイルへ接続

説明書を見るとIGコイルへの接続は丸ギボシの灰色、プラグコードに巻き付けるのは黄色となってますが、試した中で上の接続が一番回転が安定して表示してました

車体側への取り付けは110型コネクタの9極オス側のみ使用
デイトナ(DAYTONA) 110型コネクターセット 9極 33533/デイトナ(DAYTONA)


こんな感じ
丸いアースも切ってハーネスから貰います

電源は車体側の配線を途中で切ってギボシで付けるもヨシ、110型2極を使って間に挟むもヨシ
エーモン 2973 カプラー2極(ロック式・110型)/エーモン工業(amonkogyo)


メーターからの茶色と車体の茶色を合わせちゃダメ。逆


7本にちょろっと加工してハーネスは完成
燃料計は付属のダミー抵抗をつけたまま
これを狭いライトケースに収める方が大変w

ちなみにハイビームインジケータの配線はしてません
というか、してはいけません
GROMとNewKSRのヘッドライトはレギュ&レクチで半波整流された負電圧側のみの半波です
そのまま繋げるとメーターを壊します
フォトカプラを挟めば点灯する事は確認しているので機会があればやります


ステーとメーターを付けて車体へ合体
そしてクソでかいカプラと長い邪魔なハーネスはまとめてテープでグルグル巻きに


メーターからのぶっとい配線はハンドルを切った時クラッチケーブルと干渉しないように固定しときます
オイルテンプセンサーはオイルを抜かないとダメなのでまた今度、外気温センサーはどっか適当に
これでライトを付ければ完成です

そのま走り出す前に次はメーターの設定
MODEとRESETボタン同時長押しで入れます
一枚一枚撮るのは面倒なので動画で


まだ慣らし中のため動画だとシフトワーニングが6000rpmになってます
実際は8000~9000あたりが良いかと

付属スピードセンサーはc715、KSRは燃料計が無いのでOFF、スピードの小数点以下は邪魔なのでOFFに
設定が終わったら実際に走ってみます

スマホのGPSメーターと比較すると、誤差無しの完全実速度
純正がかなりハッピーメーターだった事が分かりますw
速度の出し過ぎに注意


こんな感じになりました
やっぱ針式のタコは良いモンですw
妥協すると後々荒が嫌になってくるので気合い入れたかいあってかなり満足

6000rpmにシフトワーニングを設定すると5500rpmから警告が始まって6000rpmでワーニングランプが点滅
ちゃーんとギヤインジケーターも機能してます
Nランプが見にくいのがちょっと難点でしょうか
ACE-6000シリーズのNランプが無いモデルだとインジケーターに表示されますが日本で売られている6X52では表示してくれません。Nランプが見にくいだけに残念

ギヤインジケーターですが、この設定が面倒です
学習モード開始→1速→スタンバイ→2速→スタンバイ→
の流れで進みますが各ギヤを学習する際、回転を5秒間安定させて走行する必要があり、その許容幅がとにかく狭い

5秒間安定しなければ何分走ろうが許してくれません
おまけにクラッチを切って止まると回転が安定してしまうので間違った学習をして1からやり直し
クラッチを切る場合は常に煽りながらでないとダメ

設定するコツはついついメーターを見がちになるので、安全に走れる道を見つける事
起伏や車通りが少なく、民家も少ない道が良いです
設定できずに20Km/hぐらいで何往復もうろうろしてる様はまさに不審者
アイドルスクリューをめちゃ締め込んでアクセル開けずに走行すれば結構安定します
広域農道や河川敷なんかがお勧め


こういった道で安全に気を付けて設定しましょう
早マフラー変えたい(´・ω・`)

ACEWELL(エースウェル) 多機能 デジタルメーター ACE-6552/ACEWELL(エースウェル)

いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。