ガレージ 一狐亭

PC、時々車、処によってはバイク


テーマ:
どうもこんばんは、一狐です
ちょっと弄って飽きるかと思ってたVivoTabですが、以外と面白いですね
ただ、設定やらを弄り出すと結構不便な点も多いのであると便利なグッズなんぞ

まずはスタイラスペン
純正のペンは細く使い辛いのでVivoTabで使えるデジタイザペンを購入
Wacom Bamboo Stylus feel CS300UK
Wacom Bamboo Stylus feel CS300UK


純正と比較すると持ちやすく安っぽくないのでとてもGOOD
しかし、精度はほとんど向上しないので過度な期待は禁物
どっちも結構ずれるので結局の所ワコムのドライバ待ち

次にケース
これは保護というより、ワコムのペンを無くさないように一緒にしておきたかった
wisers ASUS Vivo Tab Note 8 M80TA 専用 ケース カバー 生涯保証付
wisers ASUS Vivo Tab Note 8 M80TA 専用 ケース カバー 生涯保証付

レビューで臭いともっぱらの評判のケース
確かに臭かったw

新築の家のようなホルムアルデヒドっぽい臭いがしますが、3日ほど陰干しして気にならなくなった

値段の割に作りが良く専用ケースでピッタリなので、最初の数日間の臭いさえ無ければかなり優秀


USBメモリ等が使えるOTGケーブルが付属


Bambooペンを横に付ける事ができるので結構気に入ってます

このケースは磁石で閉じる状態を保持してますが、VivoTabの電磁誘導ペンは磁石の磁力でペン位置が狂うとのらしく、気になって磁石を抜いてみました

カッターでちょっと切れ込みを入れれば簡単に外せます
結果、相変わらずポインタは画面端で結構ずれてますww
ちょっと不便になっただけだった・・・

次にUSBハブ
microB端子1個しか無いVivoTabには必須

VivoTabの最大出力は0.6AなのでポータブルのUSB-HDDなんかは電力不足で起動しませんでした
iBUFFALO スマートフォン/タブレット用 USB2.0ハブ(ACアダプター付) USB A変換アダプター付 BSH4AMB01BK
iBUFFALO スマートフォン/タブレット用 USB2.0ハブ(ACアダプター付) USB A変換アダプター付 BSH4AMB01BK

ACアダプタ付きかつ、変換無しで直接microBに接続できるこういったハブが便利


グッズが揃ったので色々試してみる前に起動しなくなった時のためのバックアップを取っておきます

やり方はWindows8.1の標準機能を使います
今までの修復ディスクの代わりにUSBメモリから起動させる回復ドライブを作成
ファイル履歴→回復→高度な回復ツール→回復ドライブの作成

次にシステムイメージの制作
ファイル履歴→システム イメージ バックアップで作れますが、32GB以上のmicroSDか外付けHDDが必要

回復ドライブから起動させるにはBIOSに入る必要がありますが、もしOSが立ち上がらなくなったら文鎮化してしまうので事前にFastBoot切っておく必要があり

前回参照
なお、FastBootを切るとコールドブートからBIOSに入れるようになる代わりに、起動時間が約1秒長くなります


回復ドライブのUSBメモリとキーボードを繋げてDEL連打でBIOSに入り


BOOT DRIVEのUSBメモリから起動させると


イメージでシステムを回復まで辿り着けるので、全て吹き飛ばしたり、パーティション情報を間違えて書き換えても元に戻せます

所で、VivoTabにWindows7が入るのかなーと試してみましたが、DVDドライブから起動しませんでした
USBメモリに7を入れてUEFIでインストールならできるのかもしれませんが、意味がないのでやってませんw

それとOTGケーブルで給電は無理でした

両方オス同士のUSBケーブルを作ってOTGケーブルで接続してみましたが、電流が全く流れません
ホストモードの時は充電を拒否られるぽいです

それではまた
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
どうもこんばんは、一狐です
ようやく暖かくなってきたのでバイク本格始動です
VTRでぶらっとひとっ走りした後に、とりあえず適当に作ってみたGROMのFIMAPを試してみました

ENIGMAのMAPは入力する値が0~2500μSとピンとこない数値のため、取っ掛かりが掴みづらいですが、とりあえず何回か試せば分かります

説明書に
参考値として排気量が150~160cc位のバイクなら最大増量は1000μs~1500μs位で基本は空燃比計の数値を見て判断します。
と書かれているので、マフラー交換のみの場合だとどんなに多くても800μSを超える事は無いでしょう

エアクリ、マフラー、カム、人によってセッティングは様々だと思うので有る程度の参考程度に考えてといてください
現在はノーマルよりちょっとだけ抜けが良い、性能より見た目最重視のマフラーなのでノーマルからそう多くの調整は必要無いかなと

まずはキャブセッティングの基本濃い方向からのアプローチ
加速ポンプは最初は使わない方が良いです
判断を悩ませるので、有る程度掴むまではOFFにしときましょう

MAP1

とりあえず最大300μSにて上げてみます
スローそのまま、ニードルとMJの領域
MAP1だと150~180の領域は元気があってよろしいけれど、300まで行くと回転の上がりが重くモッサリでした
失火こそしなかった物の、300上げは濃すぎと判断

MAP2

1から薄くしてます
高負荷高回転域は1よりすんなり回ってくれるが、全体的に元気が無くなってなんかバランスが悪いような・・・
3000回転付近はノーマルでそのこ繋がりに谷っぽいのができました
低~中回転もちょっと盛った方が良さそう


ついでに加速ポンプも試してみます

とりあえずこんな感じの+MAP2で試してみましたが、500μS以上は濃すぎでしたw
最大で800μSまで上げて試してみましたが、500以上は悪くなる一方
7000回転以上でガッツリ効かせるとガボつくので回転数補正は↑の様な感じが調子良いです

最期に方向性を変えてノーマルだと薄いと思った箇所にちょっとだけ盛ってみます

低負荷3000回転付近がまだちょっと薄かった以外は、元気盛り盛りって感じじゃ無いけれど、軽やかに回る感じ
これに↑の加速ポンプだと、急加速の時は元気一杯、普段は燃費モードって感じで好感触

ノーマルエンジン+ノーマルエアクリだと良いとこ300μS、加速ポンプだと500μSが上限って言ったところでしょうか
とりあえず今後はキャブっぽいパワー重視のマップと、通勤用の燃費重視+加速ポンプの2通りからのアプローチで詰めていきたいと思います

Windows8.1タブレットもスマホも通信中にGROMのメインキーかキルスイッチを切るとENIGMAとの再接続までやたら時間がかかるので、通信はソフト側から先に切る方が良いです
マップ入れ替え時も、エンジンをかけたままか、1速に入れたままサイドスタンドを出してエンジンを止めて入れ換えないと、ペアリングができずえらい手間取りました

本当は他にも書くネタ沢山あるんですが、最近仕事忙しくて時間と気力がねぇです(´Д`)
AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
どうもこんばんは、一狐です
いいかげんメーターネタばかりもアレですが、そろそろ冬眠から覚ますので本格始動できそう
今回はウインカーインジケーターの事なんぞ

輸出仕様のメーターはウインカーの色が緑色


ISOで決まってるらしいのですが、Nインジケーターが無いを基準に決まったとしか思えません
そこまで不便ではないですが、簡単に入れ替える事ができるのでイエロー化してみます


用意する物は国内用の後期メーター

VTRのインジケーターはHISS以外T5のウェッジ球が使われており、色づけのためにカラーパネルがはめ込まれています

国内と海外ではこのパネルの色が違うので填め変えるだけで色が変わります


ね、簡単でしょう?
問題は元々輸出仕様の人がこれだけのために、玉数が少ない国内用を手に入れるのは現実味がないのですw

そこで簡単な方法としてT5ウェッジ球をLEDに変えて、その発光色を変えるのが分かりやすいでしょう
光の3原色と色の3原色は違うので実際に試してみるのが分かりやすいかと

フルカラーLEDが無かったのでスマホの画面で代用
ちょっと暗いですが・・・


赤、緑、青では近似色以外は実用レベルじゃないですね
青と緑の組み合わせは割といけます


ピンクとイエローは割と相性が良いです

ウインカーとニュートラルの色を明るさをあまり変えずに色合いを変えたい場合は、NにブルーLEDを入れ、ウインカーにイエローorホワイトを入れると分かりやすいと思います
T5 3chip 5050 SMD ウェッジ球LED  カラー6色 30個セット カーパーツ/Q’s Bee
6色セットになった物が販売されているのでこれで遊んでみるのがよろしいかと


また、輸出用は液晶部分が白色

これはウェッジ球の上に薄い青色のキャップが付いていて白に見えるのでバックライトの変更も可能

試しにグリーンを入れてみました

視認性だけで言えばオレンジが一番見やすいですが、せっかくなので変えてみたくなりますよね

それでは今回はこの辺で
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
どうもこんばんは、一狐です
そろそろバイク本格始動じゃーと思ったらものっそい雪降ってます(´・ω・`)
バイクの季節はまだのようです

前回ENIGMA本体の取り付けをしましたが、マップ制作に15.6インチのノートを持ち運ぶにはちょっとめんどくさい&スマホアプリだと機能が限定的すぎる・・・
そこで前々から欲しかったASUS VivoTabを買っちゃいました!

詳しくはViboTabの記事

BluetoothアダプタのBT-Micro4が繋がらなかったので、不安でしたがまぁなんとかなるだろうと高を括って
まるで教訓が生かされていませんが、そこはまぁ・・・

結果はちゃんと接続できました


特に特殊な操作をすることなく、ごくごく普通の接続の仕方でできました

タスクバーのBluetoothアイコンからデバイスの追加を選んで

 
ペアリングコード1234でペアリングさせればこれで終了


BT-Micro4では入らなかったCOMポートがちゃんとインストールされています

そしてVivoTab Note8最大の特徴、デジタイザペンがとても役に立ちます

マップで一度に選択する際に指では難しく、タッチペンも100鈞のでは指と大きさが変わらず意味がないので厳しいです
タッチ操作に特化したアンドロ、IOSと比べてマウス基準のソフトを動かす時はペンが有るのと無いのとでは操作性が全く違うので、現時点で買うならVivoTabかSurface Pro2の2択でしょう

これでシートバッグの上側ポケットに入れておけばいつでもどこでもセッティング可能
また、8インチは小さすぎず大きすぎない絶妙なサイズだと思います
ハンドルの間にピッタリと入るので、車載した時のマッチ感パネェです。リアルタイムサーチ機能も遺憾なく発揮されます

なお、写真はイメージです。ハンドルブレースにガムテ張りしてますw

いやー楽しみだなぁ
外が白くなければ(´Д`)

【Amazon.co.jp限定】 ASUS NB / black ( WIN8.1 32B.J.../Asustek
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
どうもこんばんは、一狐です
前々から欲しいと思っていたWinタブ、ついに買っちゃいました


ASUS Vivo Tab
32GBの安い方

ASUS VivoTab 8 ( Win8.1 with Bing 32bit / 8inch.../Asustek


大きさ的には

コミックの大判と似たようなサイズなので手軽に持ち歩くには最大サイズでしょうか
他の機種と悩んでましたが、実際使ってみると重量390gは常に持っているにはこの辺が限界重量だと思います
450gは正直無理っぽそう

ボディは8タブの中で最低
剛性が無く、強くタッチするとギシギシときしみ音がする
スタートボタンが物理キーで側面に付いているのでどの方向でも持てるのはGOOD
タッチセンサーみたいに誤作動が無いのと、ACERみたいにダサくない

Windows8.1ですがプレビュー版のWin8をノートPCに入れた時はなにこのゴミOSと思いましたが、タブレットで使うにはWin7タブより遥かに良いです
過去のソフトと整合性を保つためか、Androidみたいにメニューキー、ホームキー、戻るキーが無いのでジェスチャーで補おうとした結果マウスとの相性が激悪になったんだと

性能はまぁお察し
Core2Duoに毛が抜けた程度の性能ですが、フラッシュメモリストレージのおかげで意外と使えます
重たい処理は無理ですが、消費電力2WのCPUでこの性能は驚異的

センサー的にはフル装備ですが、GPSがこれまでのシリアル通信ではなく対応アプリが壊滅的でほとんど意味なし状態

スペック的には8タブの中では横並びですが、なんと言ってもこいつの魅力はワコムのデジタイザペンが付いている事でしょう
液タブの半分以下の値段なので結構ずれがありますがw
タッチペン買えば良いジャンと思ってる人も多いかと思いますが、デジタイザの良いところはペンを感知するとタッチ機能が無効となる所
何が良いのかというと画面に手を付けても操作ができるパームリジェクション機能が標準搭載されている上に、電池不要充電不要
この差はペン入力を考えている人にとってはかなり重要だと思います
ただ標準装備のペンはかなーりおまけ的な物なのでちゃんとした物を買った方が良いです
Wacom Bamboo Stylus feel CS300UK/ワコム


と言うわけで、発売日に買ってみましたw
ただ、相変わらず初期設定だと色々問題があるのでカスタマイズ

まず重要なモッサリ解消

内部ストレージがかなり遅い
他の機種に比べて数値がかなり低い原因は


初期状態だと暗号化がONになっているせい
チャーム→設定→右下のPC設定の変更→PCとデバイス→PC情報のデバイスの暗号化をオフにすると設定が解除されます


そうするとかなり早くなります

次は画面の明るさが落ち着き無く変わりかなーり鬱陶しいのを止める

電源オプションの自動高度調整をオフにすると止まります

次はデジタイザペンのキャリブレーション

画面端で結構ずれるます


コンパネ→タブレットPC→調整でできますがそれでも結構ずれます

Vivotab対応のEnhanced Tablet Driver 7.2.0-4 が公開されたのでこれをインストールするとポインタの精度はかなり向上します
ドライバを落としてインストールするだけ
調整開始ボタンを押して調整します


またこれによりワコムドライバが使えるのでGIMPでも筆圧対応になります

編集→設定→入力デバイス→追加された入力デバイスの設定→入力デバイスの設定
WACOM Tablet ISDのモードを「スクリーン」にすれば有効になります
消しゴム機能付きのペンならEraserの方もスクリーンにすれば消しゴムが使えるようになります

とにもかくにもWACOMドライバの導入は必須

後は
Classic Shellの導入
control userpasswords2 を実行して自動ログイン設定
コンテンツにもインデックスを付ける のチェックを外す
とりあえずこんなモンでしょうか

UEFI(BIOS)には音量下を押しながら電源を押すと入れるとの情報がありましたが、32GB版ではこの方法では無理でした

OS起動後に、チャーム→設定→PC設定の変更→保守と管理→回復→PCの起動をカスタマイズする→今すぐ再起動する→トラブルシューティング→詳細オプション→UEFI ファームウェア設定
とクソ深い階層の奥底から入れます


Fast BootをDisabledにしておき、USBキーボードを繋げておけば電源ONのDELキー連打でBIOS画面に入る事ができます
EnableだとUSBがリセットされる前にOSが立ち上がってしまうためBIOSに入る事ができないのでもしOSを吹き飛ばすような事になったらどうするんだろ・・・



これでUSBオシロスコープが本当のポータブルオシロへと早変わり!



グッズと回復に続きます


Windows10へバージョンアップしてみました

いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。