ガレージ 一狐亭

PC、時々車、処によってはバイク


テーマ:
どうもこんばんは、一狐です
そろそろバイクの時機到来という事で、去年GROMの不満だった部分を解消するべくサブコン買っちゃいました
マフラー変えたら4000回転前後のトルクがガッツリ減ったのと、スロットル一定で失速するような感じだったのでこりゃ燃調取らないとなーと

どれにしようか悩みましたが、Bluetoothによる無線接続とスマホからも変更可能、おまけに連動させればマップトレース機能も付いてるまさに最新鋭の固まりのような謳い文句が響き購入
DILTS JAPAN ディルツ ジャパン /ENIGMA Bluetooth/アンドロイド版 インジェクションコントローラー  GROM
DILTS JAPAN ディルツ ジャパン /ENIGMA Bluetooth/アンドロイド版 インジェクションコントローラー GROM GROM



サブコンとしては色んな機能が付いてる割に格安ですが、本体の他はURLが書かれたペラい紙が1枚付いてくるだけの簡素さ
キタコみたいに個人ユーザーが気軽に取り付ける事はあまり想定してないっぽいです
説明書とPC用ソフトはここからDL


んじゃ取り付け
シートと左サイドカウルを外して、左シートカウル中に隠れているECUのカプラーを抜きます
うまく指を入れてノッチを外せばシートカウルはそのままで作業できました

加工する配線は全部で8カ所
電源、スロポジ、アース、点火、クランク、インジェクション、FIランプ
インジェクションの信号を横取りするのでこの配線のみカット

基本的にエニグマから出ている配線と同じ色を繋げますが点火信号のみ違います
エニグマからは黒/黄が出てますが、GROM側は桃/青でした
注意書きにGROMは黒/黄、MSXは桃/青と書かれてますが、SM見るとGROMもMSXも点火は桃/青なんですが・・・

接続箇所はイラストで分かりやすく画かれているので難しくはないです
スプライス端子かハンダ付けで確実に
サブコンの取り付けにエレクトロタップなんて問題外の外



こんな感じで本体を取り付け
本体はフレームにアクリルフォーム両面テープで付けて、更に動かない様にメインハーネスにタイラップ止め
GROMはスペースが豊富で楽ですね

加工はこれだけで終了
1時間弱の簡単作業~
TYGAのアンダーカウルの方が遥かに苦労しましたw


次はPCのセットアップ
スロットル全開で電源を入れれば通信モードになるのでPCのBluetooth接続画面にて

GROMを選んで



ペアリングコードの入力で1234を入力
説明書をちゃんと読んでなかったのでここでちょっと填りました


BluetoothをRS-232Cとして利用するCOMポートが入っているか確認します

Bluetoothアダプタによっては相性なのか、プロトコルがサポートされていないのか分かりませんが接続できない物があります

家に2種類のアダプタがありますがアマゾン、価格コム両方で売り上げ1位の
PLANEX BT-Micro4は接続できません(Win7 64Bit環境)
ペアリングはできるものの、COMポートがインストールされないので無理ですた
Windows標準ドライバ、メーカードライバ両方駄目、OS入れ直しても駄目
しゃーないので、PS3のコントローラーを繋げている方と交換したらアッサリ接続

家で接続を確認できたアダプタはPlanex BT-Micro3E2X

【Amazon.co.jp限定】PLANEX Bluetooth USBアダプタ Ver3.0.../プラネックス

BT-Micro3E2Xと簡易パッケージのBT-Micro3E2XZあるけど中身は同じだそうな

DILTS JAPANが動作確認しているアダプタ一覧はこれ
中でも良さそうなのは
プリンストンテクノロジー Bluetooth USBアダプター (通信距離 25m:Ver4..../プリンストンテクノロジー



割と評判の良い、こいつでしょうか
Bluetooth4.0はまだ出たてなのでかなり不安定な物が多いです
ベストセラーでどの店にも置いてある商品が繋がらないって・・・(´Д`)

接続が終わったら

ENIGMAのソフトを起動してさっきのポート番号を選んで接続


接続できたらこれにて取り付けは完了~
当初BT-Micro3E2Xで動作確認して、ノートとデストップで付け外しが面倒だったので後日BT-Micro4を近所の店で買ってきたんですが、やられましたw


そして、もう一つの機能スマホとのリンク
アプリは300円で販売とケチくさいというか、GooglePlayギフトカードを買ってくるのが面倒ですがせっかくなので入れてみました


自分のSH-06D(Android4.0)では解像度が1280×720のためこれ以上小さくできません(´・ω・`)
友達のスマホ借りてFullHDのSOL22で繋げてみるとで常用域は全て表示できるのでスマホをマップトレーサとして使うならFullHD機は必須ですね

スマホも非対応な端末があるみたいなのですが、↑のPDFを見ると見事に不治痛のアホーズ勢揃いw
クソ端末はどこまで行ってもクソ端末なんですね

そしてもう一つガッカリな点はマップをPCから直接スマホ側へは送れないと言う事
PC⇔ENIGMA⇔スマホ
は可能ですが、PCとスマホのマップはファイル形式が違うのでPCで作ったマップをスマホで編集する場合は、一度ENIGMAへ書き込んでスマホで読み込むといった作業が必要

スマホはあくまでもサブ
なので本格的にマップを作るならノートPCかタブレットPCが必須


今回はこれにて終了
暖かくなったら本格的にマップ作りに励みたいと思います
VTRの方も色々と準備中

今回の教訓
説明書はちゃんと読め
動作確認済みの物を選べ

でしょうか


認識しないやつは皆クソアダプタだ!
認識だけするやつはよく訓練されたクソアダプタだ!
ホント BT4.0は地獄だぜ!フゥハハハーハァー

AD
いいね!した人  |  コメント(14)  |  リブログ(0)

テーマ:
どうもこんばんは、一狐です
2年前に買ったラパンの車検に行ってきました
買った店がちょっと遠いのと見積もり取ったら10万オーバー言われて、今回も安い車検屋のコバックへ

で、代車がこれ

うちのラパンより新しいんだがこのワゴンR・・・
しかもいっちょまえにアイドリングストップ車
エネチャージ搭載らしい


インパネは近未来感を出そうとして滑ってる感じがしないでもないです
インドあたりで流行りそうなw


せっかくなので楽しんでみます♪



酔った(´Д`)

寝不足やら体調があんま宜しくなかった事もありますが、自分が運転する車で酔ったって初めての経験
こいつ、とにかく勝手に自分の意志とは違う動きをします

・アイドルストップ→アクセルONまでわずかにずれがありこれが一番気持ち悪い
・やわ~っとブレーキを踏んで止まる直前にエンスト→再始動でいきなり前に進む
・アイドルストップOFFにしてもアクセルを踏んだときにラグがあるときと無い時がある
・エネチャージとか言う回生ブレーキが切りかわる時と運転中にオルタで発電するか
 しないかの切り替わりで変速ショックの様な物がある

等々、CVT車なのにATの変速ショックみたいなのがあり、それがいつ来るか分からないという常にドタバタと忙しい奴という印象

乗るのはもう嫌なのでボンネットの中を覗いてみます

超ふつー


オルタもふつーっぽいのが付いてるだけ


あっでもバッテリーはちゃんとアイドリングストップ車用w

鬱陶しくてしかたないワゴンR
十数キロしか乗ってないので燃費なんか知ったこっちゃ無いですが
こいつめっさ早い
おまけに体感速度が遅いので気が付いたら白馬の王子様にストーキングされそう

世の中にかなりの台数が走ってますが、みんなこれ不満無いのかなぁ?
それともすぐに慣れるのかなぁ?

とかなんとかやってるうちにラパンの車検終了
今回は7.5万円・・・(つД`)

車買った店で見積もり取ったらホイールシリンダからフルード滲みとかで、左右ASSY交換と言われたのでコバックで当日変えて貰ったんですが
固着はしてたけど、別に滲んでなかったよとか言う衝撃の言葉が
どのみちいつかは交換になったんでしょうが、どっちを信用すれば良いのか・・・

ブレーキシューがギリギリらしいのとエンジンオイルもう2年以上変えてないので両方早めに交換せねば
車めんどくせぇ
つーか、ラパンネタじゃなくて、ほとんどワゴンRネタじゃねぇか

ちなみに
GS YUASA [ ジーエスユアサ ] 国産車バッテリー [ Unistar ] UN 40.../GSユアサ(ジーエスユアサ)
うちのラパンや旧ワゴンRの標準バッテリー

GS YUASA [ ジーエスユアサ ] 国産車バッテリー [ ECO.R LONG LIFE.../GSユアサ(ジーエスユアサ)
こっちがワゴンRのアイドリングストップ車用バッテリー
価格差3倍ww
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
どうもこんばんは、一狐です
前回はカワサキ系スイッチボックスの流用例でしたが、今回はホンダ系の物で実際に交換

GROMのスイッチボックスを交換するにあたって一番の障害は市販されていない
特殊カプラでしょう

ハリケーン:延長ハーネス 300mmロング/ハリケーン
ハリケーンから出ている延長ハーネスが使えるらしいです
自分が試したわけではないので断言できませんが、この延長ハーネスを使って接続しているオーナーが居ます

また、CBR1000RRの04、05、06のどれかがGROMと同じカプラを採用してるっぽい
ので、端子を抜いて差し替えれば流用可能かも
しかしCBR1000RRのスイッチボックスはVTRの後期国内と同じタイプ

25年以上前88NSRの頃から続いてるこの古くさくて使いにくいタイプをわざわざ
金払って買おうとはとてもじゃないけど思いませんw
昔乗ってた92式900SLも同じ形だったと思います

そんな訳で交換するタイプはこれ

CB400SF系によく採用されたタイプ
玉数が多く中古価格が安い反面、流用しようとすると内部構造の違いで意外と選択肢が
少ないので買うときは要注意

GROMに流用する場合
NC31等チョーク機構が付いている物は駄目
CB400SF-VTEC前期等のチョーク無しは使えるがリングを通すために左グリップを外す必要有り
NC39後期はリング無しで一体化されたので問題なし
NC39最終型等のウインカーポジションが別ユニットになった物はポジションが
使えるか不明
と、CB400SF系でも何種類かあります


では実際に交換
前回みたいにハーネスをぶった切ってつなぎ直しても良いんですが、面倒なので今回は
カプラーからスイッチボックスまでのハーネスを流用し、スイッチボックスのみを交換します


最初にGROMの奴を全バラにして、配線とスイッチを完全に分離させます
絶縁用なのかハンダの上になにやら田宮のエナメル塗料みたいなのが塗られてますが
ドライバーで擦るとパリパリと割れます

同様に交換用の奴も全バラ

このスイッチ類はGROMのスイッチと全く同じ様な接点なので配線側の加工は一切する
必要はないです


こんな感じでハンダ付け
水色(空色)が右ウインカー、灰色がウインカー電源、橙色が左
黒がウインカーポジション電源、橙/白がWP左、水色(空)/白がWP右


青がHi、黄色がライト電源、白がLo
黒がホーン電源、若葉色がホーン
パッシングスイッチが余りますが、今回は付けません


ちゃんとこの配線の通り機能するかテスターでチェックしてくださいな
エナメル塗料っぽいのは塗らなくていいでしょう、カワサキの無かったし

この作業では端子が大きいので30Wのハンダごてでは熱量が足りずちょっと厳しいと思います
40Wの方が向いてますが最近購入したこいつはかなり良いです
対象物に合わせて50Wまで自動で出力を可変してくれるので温度が上がりすぎて配線の皮膜が溶けたり低すぎてハンダ不良といった事がないのでハンダ付けが苦手な人には強力にサポートしてくれます
こんなの要らんだろうと思ってましたが、初めて電動自転車に乗った時レベルの何これ!?感を体験しましたw
白光 ダイヤル式温度制御はんだこて FX600/白光





では配線し終わったら元に戻して取り付け

位置決め用の5mm穴開けてサクッと取り付け
どうせグリップ外すなら何か別のに付け替えようっと

今回使用したスイッチボックスはフォルツァXのMF08用です
MF06も同じなので使えますが、Zは変速スイッチが更に付いてます

フォルツァXは左ブレーキ用ともう1組別になんか付いてて流用するにはちょっと不向きですが今回みたいにハーネス丸ごと交換なら全く問題なし
そのせいかかなり値段が安いですが、ビクスクはバイクシートをかけて保管する車両が少ないのか程度が悪いのがかなり多いです
中古で買うときは日焼けしまくった物は避けるべきでしょう
チョークレバーの名残を埋めるリングが付いてない物は論外ですがw


ウインカースイッチだけで言えば今まで乗ってきた中でこれが一番使いやすいですね
斜めにオフセットされたスイッチが絶妙です
これにハザードがあれば完璧だったんですがねぇ
つーか、余計な事すんじゃねぇホンダさんよぉ~

次回GROM用サブコンENIGMAの取り付け
まだ雪解けしてないのでセッティングが出るのはGW以降になりそうな予感
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
どうもこんばんは、一狐です
前回の続き、GROMのハンドルスイッチをカワサキ系スイッチボックスへ変更プランです
ホンダ系の左スイッチが安く手に入ったので実際にはこのプランは使いませんでしたが、こちらの方が個人的にはお勧めなので載せます

まず用意する物

ZRX1200DAEG等で使われているハンドルスイッチ
ハウジングアツシ(コントロ-ル),LH 46091-0118 6,815円


内部の部品と配線図
とてもシンプルなのと、ハザードスイッチがホンダより優秀なのでダイオードの追加無しでハザードが利用できるのがこのスイッチを気に入っている所

これをGROMのスイッチと入れ替えます


ZRX用スイッチとGROMを繋げるにはこの接続で機能します

純正の左スイッチの配線を途中でぶった切るか、GROM用のハーネス延長キットハリケーン 車種専用延長ハーネス HD1109 をぶった切り、カプラーを使ってZRX用と接続します

GROMと言うかホンダ系はウインカー動作時、反対側のポジションランプが点灯しますが、カワサキは消灯します
この違いのためZRX用はポジション線が1本しか出ていないので配線を追加して、オレンジ/白と水色/白のポジション線の両方へ接続
ホーンとポジションもホンダは共通、カワサキは別なので接続が必要
クラッチのカプラーがホンダとは違うため、ここも変更

図だと6極カプラを2つ使ってますが、繋げ間違いを防ぐために9極+3極でも良いかと
エーモン 1200 カプラー6極(ロック付・110型)/エーモン工業(amonkogyo)
エーモンあたりが無難でしょう


ZRX用にはハザードスイッチがあるので、これに変えればハザードが追加できます
ただ、純正のウインカーリレーがハザードに対応しているか不明です
駄目だった場合リレーを交換する必要があります
デイトナ(DAYTONA) LED対応ウインカーリレー 69571/デイトナ(Daytona)
LED対応ウインカーリレー2ピン
こういう奴


今回は配線を途中でぶった切る接続ですが、以前撮った写真を見てふと思った事が

ZRX用に使われているオス端子、ひょっとしたら引っこ抜いてそのままGROMに刺さるんじゃ?
それだと追加カプラー使わずにそのまま差し替えて、ポジションとホーンの接続さえしてしまえばかなり楽なんじゃね?と
実際に刺さるか確認したかったんですが、ZRXのカプラーがどこ探しても見つからないw
GROMの純正カプラーが売っていれば楽だったんですが、こいつ特殊カプラで一般には販売されてません
くっ、ホンダめ


ハロゲンのH4バルブでパッシングを押すとライトが暗くなる場合は、H4LEDかHIDを入れる、直流化してライトをバッテリー駆動にすると解決できます
なお、直流化するとメーターのハイビームインジケーターが点灯しなくなります
これはライティング電源が直流でも交流でもなく、負サイクル側のみの脈流なためです。メーターへ-側の
電圧をかければ点くはず
いいね!した人  |  コメント(16)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。