ガレージ 一狐亭

PC、時々車、処によってはバイク


テーマ:
どうもこんばんは、一狐です
久しぶりに風邪で熱出してグッタリ
部屋から出る気がなかったのでGROMの方が進んでませんw

今回は入手したフルスケールメーターを今までの物と走行距離を同じにするための装置を作ってみます
パルスを作るだけの装置なのでスピードメーターだけでなくタコメーターも動作できます

USBオシロPicoScope2204のシグナルジェネレータ機能を使っても良かったんですが、数日動かしっぱなしにするので作ってみようかなと


ごくごく一般的な555の発振回路と駆動用回路の組み合わせ
大半のメーターはこの回路で動くはずです
部品は全て秋月でもマルツでも揃います
全部で1000円しません

純正のスピードセンサーを外して信号を割り込ませれば車載状態で動かせますが、バッテリー上がりを防ぐためにメーター以外のヒューズを抜いておき、常に充電しておく必要があります
バル(BAL) バイク用充電器 No.1734/バル(BAL)
BALで車モードにしておけば2A確保できるのでメーター+αならバッテリーが上がる事はないです
ヘッドライトやポジション灯は赤字になるのでヒューズで切れなかったら抜きます


ブレッドボードで組んだ方が楽
目的の周波数にピッタリ来るコンデンサが無いので並列に繋いだり直列に繋いだりして調整してます
ブレッドボードは1つ持っておくと便利
普通のブレッドボード/スイッチサイエンス
メーターの周波数に関してはまたAPEXのメーターの時にでも詳しく書く予定
VTR1000Fは既に分かっているので

動かしたいスピード×9.713=目的の周波数
300Km/hで動作させたいなら2.914KHzを入力してやればいい訳ですね

周波数が分かれば555への値を求めます

計算はフリーのAndroidアプリ、ElectroDroid が一番便利


ちゃんと狙い通り動作してます
スピードメーターはVTRなら一般道なら0~1KHzをふらふら漂ってるのであんまりこだわる事は無いですけどねw


メーターへの配線はカプラー持ってないので配線を直接ぶっ挿し
安全ピンをライターで焙ってグリグリちょっと広げてやれば簡単に刺さります


実測250Km/hの時メーターは260Kを指してます
60Kで+2K、100Kで+5K、250Kで+10Kの+表示なのでハッピー度は結構少なめ

~数日後~

ちゃんと距離を合わせる事ができました
これで完成~

ちなみにホワイトメーターは液晶のバックライトがオレンジ色ですが、ブラック仕様の方は無着色なんですね
オレンジ色の方が見やすいっちゃ見やすいですが、輸出仕様の方はバックライトの球を入れ替えれば簡単に色変更ができるのはちょっと嬉しいですね

風邪で土日潰れた(´・ω・`)
AD
いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)

テーマ:
どうもこんばんは、一狐です
雪降ったりして冬まっただ中でバイクに乗れませんが、去年書ききれなかった事がまだまだ残ってるので今年は冬でもネタには困りません

さて、色々メーター関連を書いてきましたが主な理由はこれを手に入れたから

輸出仕様のフルスケールメーター
eBayとかのオークションで売ってます
280Km/hまで刻印されてますが、VTRの性能上一体どこまで出るのかは不明ですw


動作確認中・・・


スピードメーターはこの回路で動作しました
プルアップ抵抗は必要無し


タコメーターはこの回路
電圧は12V駆動
国内仕様と輸出仕様のピンアサインは同じなのでそのままポン付けでき加工等一切必要ありません
載せ替えるだけでそのまま動作します


国内仕様のタコのみホワイトメーターから同一色のブラック/グレーのメーターになりました
見た目はかなり違いますが、VTR乗り以外には分からないでしょう

視認性に関してはタコ、スピード共に悪くなっているように思いますw
VTRの後期スピードメーターは常用域で針が真下を向く人間工学とは真逆なデザインですが、輸出仕様は真下は変わらず常用域がかなり小さくなったので見づらさはレベルアップしてますw
元々見づらくデジタルメーターの導入を検討していたので特に問題じゃないですけどね

どっちかと言えばウインカーインジケーターの色がNランプと同じ緑色って事の方が・・・
インジケーターの色はISOで決まってるらしいですが、絶対にバイクの事を考慮しなかったアホ役員が決めたとしか思えません

しかしそれより、メーター交換をすると一番問題なのが走行距離が違うためにメーター交換車と記載されてしまい、一般的には距離不明車扱いされてしまう事でしょうか
それに走行距離は買ってからの軌跡でもあるのでそう簡単に消してしまいたくもないです

でも大丈夫
メーター単体で動作できたと言う事は、擬似的に走行距離を勧める事ができます(交換先のメーターが元の物より距離が少ない事が前提ですが)
300km/hで走り続ければ1万キロなんてたったの34時間で追いついちゃいますからね

と言うわけで今後の予定としては
・メーター合わせ用の装置の制作と距離合わせ
・ウインカーインジケーターをイエロー化
です
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
ちょっと遅れましたが、明けましておめでとうございます。
ガレージ一狐亭を今年もよろしくお願いします。
今年の傾向としては誰が得するのか怪しいマニアックな路線で行く事になるかと
整備日記と思いついた事を書いているだけですがw

新年初めのネタはGROMのハンドルスイッチ交換なんぞしてみようかなと
最近のホンダ車は↓のようなホーンとウインカーが従来の物と逆転したスイッチボックスが搭載されてます

ホンダ曰く「親指の動きやフィット感まで考慮した配置や形状とすることで、扱いやすさを配慮。」との事です
確かにウインカーに限って言えば指の移動が少ない分操作しやすいです
が、複数台バイクを所有している人には全く配慮されてない
GROMだけ乗っているときは良いですが、VTRと交互に乗った時に違和感出まくり
プッシュリターン式じゃないKSRの時は面倒で済んだんですが、GROMのウインカーはVTRに乗っているときにまで違和感が出始めもうストレスでマッハ

と言うわけで交換します
その前にGROMのスイッチボックスを観察

ホーンとウインカーが逆転しているので今まで見慣れたそれと作りが結構違います


触れただけでホーンが押されないよう適度なテンションが必要な構造になってますね

ちょっと悩んだのがディマースイッチとホーンボタンの取り外し
 
先にディマースイッチを裏側から分解しておかないと外せません
無理矢理外したら2つに分離して焦りましたw


構成部品
ホーンボタンがちょっと変わっている他は一緒

配線図的に見ればごくごく一般的なんですがねぇ

GROM用スイッチボックスの内部配線図

VTR1000Fに比べればかなりシンプルなので交換の難易度としては一番簡単な部類です

構造が分かったので、次にどのスイッチを付けようか考えてみます

カワサキ系だと

ZRX1200DAEG等のスイッチ
これはハザードも付いているいわゆる全部入り
今VTR1000Fに付けてます。詳しくは過去ログを振り返ってください
GROMだとこのスイッチを付けてウインカーリレーを交換するだけで簡単にハザードを付ける事ができるので個人的にはお勧め

ホンダ系では

CB400SF等のスイッチ
ごくごく普通のホンダです。球数がかなりあるので中古で安価に簡単に手に入れる事ができるのがメリットでしょうか

ホンダ系のスイッチが安価で手に入ったので今回はZRX用のスイッチは見送りました
ですが過去にKSRに用に書いた接続図がありちょちょっと書き直すだけでGROM用の接続図に直せるので、せっかくなので両方のパターンを書いてみます
と言うわけで、次回はZRX用スイッチとの結線とハザードの追加方法等を
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。