ガレージ 一狐亭

PC、時々車、処によってはバイク


テーマ:

前回の続き

電源スイッチ壊れたけど、PC連動だからいいやと思っていたが付きっぱなしも微妙なので外部スイッチを作ります

ガレージ一狐亭営業中

こんな感じ


ガレージ一狐亭営業中
中身はスイッチとコンデンサ、スイッチング電源を使うのでノイズ低減のためBNX016-01を入れてみたり

BNX016-01は1個でノーマルモードとコモンモード両方のノイズを低減でき、小さくて使いやすいので良いですね

効能としては交通安全のお守りと同等かそれ以上



これでほぼ不満は解決したけれど、1955へは光入力で使っているので電源入れる度にMODE押すのが面倒

電源を入れると必ずUSBから始まりMODEを押すと、USB→同軸→光→USB→USBとなります


本当はUSB-DACとして使うつもりだったけれど、Win7で既存のサウンド+USB-DACって非常に面倒な事になったので光入力で使ってます

なんとかできないかと回路図 と見ていると、セレクター部はマルチプレクサの4052 、4052への選択は10進カウンタ⁄デコーダICの4017 で作っているみたい

4052の真理値表見ると、A、BがL L、H Hの時USBモードなのでコントロール信号の配線を逆に繋げるだけじゃ光から始まらないっぽい(´・ω・`)


方法としては、ちょうど隣にHC04があるので片方の値を反転させるか、4052への入力そのものを変えるかですね

今回は単純に入力を変えます

ガレージ一狐亭営業中

4052の11、12pinがUSB、14pin同軸、15pinが光なので
ガレージ一狐亭営業中
USBと光のパターンをカットしてつなぎ替えれば光→同軸USB→光→光という順に変わり、電源入れれば光から始まります

光入力メインの人は素直にSD-793買った方が早いかもw



さて、これで1955の問題は全て解決したのだけれど、一番の問題が残ったまま

それがAVアンプへ入れていた光をこっちに持ってきてるので、現状だとアンプが役立たず

なんとかするために、最後に光デジタルの分配器を作ります


材料はこれ
ガレージ一狐亭営業中
サウンドブラスターの光/同軸デジタル入出力モジュール

確かSound Blaster Live!に付いてきた奴。ジャンク品で数百円でたまに見かけます


こいつの凄いところはただ単に同軸と光のコネクターが付いている訳じゃなく
ガレージ一狐亭営業中
入出力共にS/PDIF信号へ内部でちゃんと変換してます

ほぼ同じ物が共立エレショップの光同軸インターフェースキットDHI-DX がありますね


ガレージ一狐亭営業中
入力から出力へそのままジャンプさせて、USBから5Vを入力してやるだけで完成(`・ω・´)

たったこれだけで、光デジタル、もしくは同軸デジタルの信号を光デジタルと同軸デジタルへの分配器に変身

分配だけじゃなく、光→同軸、同軸→光への変換器も兼ねる優れもの


これでPCからの光デジタルをAVアンプの方へは同軸へ入れて、DACの方は光で入れてます

理由は光端子の方がかっこいいから( ´∀`)

普段から身近にある見慣れたRCAよりもBNCや光ケーブルの方が魅力的に感じるから。ただそれだけw



これにてDAC関連は終わります

これで次のマシンからはオンボで光か同軸出力さえあれば問題無いので十数年縛り続けられたサウンドカードの呪縛から解放されました

音質についてはこれ以上はここら辺が自分の耳の限界みたいなのでこれ以上の上位は狙わない事にします

そもそも最初からピュアオーディオを目指してる訳じゃなく、目指すところはプアオーディオ


DREAM C CLUB(ドリームクラブ)ZERO PORTABLE/D3PUBLISHER
AD
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

どうもこんばんは一狐です

すっごい久しぶりにインフルエンザに感染しました(´Д`)

思いがけず6連休。でも有給が2日足りなくて給料に深刻なダメージで痛い・・・


ただ、としてインフルエンザ5回かノロウイルス1回かと言われたら間違いなくインフル×5を選ぶでしょうね

インフル恐るるに足りず、というよりもノロの破壊力がパネェのでマスクと手洗いは徹底した方がいいでしょう

AD
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

どうもこんばんは、一狐です

前回の続き

中華DACのSD1955、なかなかどうして遊ばしてくれる奴ですね

今回、ドクター鈴木さんのS.M.S.L SD-1955の改造 をかなり参考にさせていただいてます。多謝



まずは定番のオペアンプ交換から


ガレージ一狐亭営業中
全て秋月から購入

LME49720NA 270円 姉妹品のLME49860NAもあるけど44Vも入れないから素直に安い方で

MUSES8820D 400円 一時期コンポを中心にに絨毯爆撃された4580からどう変わったのか気になったので

OPA2604AP 300円 FET駆動が気になったので

OP275 純正搭載 標準でOP275搭載ってなかなか無いと思う


んでI/V変換2つとLPF1つで色々組み合わせで試してみた結果個人的な好みとしては

1位 I/V:OPA2604  LPF:MUSE8820

2位 I/V:LME49720 LPF:MUSE8820

3位 I/V:OP275  LPF:OPA2604

でした

49720、OP275の2つは似てて解像度が高いけれどLPFに持ってくると味気ない感じでした

その代わりI/Vに使うと変に色を付けずに忠実に仕事してくれる良い奴


2604と8820の2つは似てて音を太らせ脚色するような感じですね。2604の方がピュアではないけど豊かで、8820の方が解像度が高く動けるデブ。ホンジャマカの石塚とパパイヤ鈴木のようか感じ


NE5532はどこに使ってもそれなりに良い仕事します。まさにベテランな岡田眞澄

ヘッドフォンアンプに薄味なAD8610使ってるので賑やかな方が相性良かったです


追記
色々試してみた結果、OPA2604の評価が変わりました。
本体のエージングにかなり時間がかかるみたいで、音が揺らいでたのは2604が悪いわけでは無かったです。

次に青くてクソ眩しいLEDをなんとかしてみる

抵抗変えて光を抑えようかと思ったけれど、もっと簡単で確認しやすい方法で

ガレージ一狐亭営業中
方法はとっても簡単、紙を挟む

POWERは普通の紙を2枚重ね、ERRORは薄い紙、MODEは普通の紙を挟んでます


ガレージ一狐亭営業中
これで明るさはほぼ均等で眩しくなく、紙で拡散して面発光してるので横からでも認識しやすいです

簡単にできる割に効果高いので、かなりお勧め



次は24V電源対して耐圧25Vという超ギリギリで動いてる平滑コンデンを耐圧35Vに変更
ガレージ一狐亭営業中
ここで保証が効かなくなるので後戻りできません

25V1800μFを35V2200μFに変更してるけれど、あまり大きなコンデンサを入れるべきじゃないです

突入電流で電源スイッチが壊れます


久しぶりにハンダごて握ってテンション上がってきたので、押し入れを漁っていたら15V-15Vのトランスを発見

スイッチング電源からトランス式に変えてみて音が変わるか試してみました(`・ω・´)

ガレージ一狐亭営業中

遠い昔、間違って買ったトロイダルトランスを発見したので手持ちの部品でできる限りオーディオ向きな電源を作ってみました

トロイダルトランスにショットキーバリアダイオードで整流してLM387Tじゃなくて24V固定のNJM7824

コンデンサにMUSE KZと手持ちの部品としては贅沢に使って簡易制作にしては豪華に作ってみた


で、スイッチON!




電源ランプつかねぇ・・・(´Д`)




え?壊した!?とテスター当ててみると出力2V・・・

所がプラグ抜いて計るとちゃんと24V出てる


スイッチONしたままプラグ挿すと激しいスパークと共に電圧低下

スイッチを入れたままコンセントを挿すと無事に起動

コンデンサへの突入電流でレギュレータの過電流保護回路が働いとるやんけ(; ・`д・´)


平滑コンデンサ400μF多くしたけど、これだけのせいじゃ無さそう・・・

初期型より低ESRのコンデンサ多く使ってるみたいだし、かなり突入電流増えてそうです

通りで電源入れたとき景気良い音してると思ったよ


で一応条件付きでトランス電源が使えたのでしばらく慣らして、スイッチング電源と聞き比べてみた結果




違いなんて無かった



少なくとも俺には違いなんて分かりませんでした

電源変えるよりオペアンプ交換の方がよっぽど効果的です

以前アンプをスイッチングからトランスに交換したときは割と分かったんだけどDACだと分かりにくいのかなぁ

もしくは老化で聞こえる領域が減ったか・・・



その後でかくて使い勝手の悪いトランスをとっとと諦めて普通に使ってたら段々とPOWERボタンの感触が怪しくなってきました

なんか引っ掛かるような感じで

そうこうしてるうちにまたしても電源ランプが付かなくなった(´・ω・`)またかよ

電圧計ったらスイッチ止まり短絡させると普通に起動


スイッチ逝ったあああああああああああああああ

ガレージ一狐亭営業中
焼け焦げ溶けた接点

平滑コンデンサ交換がトドメを刺したか、元々不良品だったか、そもそも信号用スイッチを電源に使う中華設計が悪いのか

仕方ないので修理っていうか、スイッチ部分を短絡させて常にON状態で使う事に。幸いPCと電源連動タップ使ってたのでコンセント抜き差ししなくて良いのがせめてもの救い


SD1955使ってる人はなるべく外部で電源をON-OFFできるようにした方が良いですよ

この電源スイッチかなり容量が足りて無さそう


DAC-1000にすら負けないと評判のSD1955

標準でもかなりなポテンシャルだけれど、耐久性と使い勝手は自作以上日本製未満ですねぇ

改造前提の人は初期不良だけの並行輸入で良いと思うけど、オペアンプ交換のみを考えている人はちゃんと保証があるところから買った方が良いと思います


次回もDACネタで

怪しい中華DAC、マジでいい暇つぶしになってます


ところで、アマゾンにSD-1955が売っている店があるけれど、外観は新型のSD-1955EXなのに、中の基板の写真は旧型・・・

旧型は生産終了してるので間違いなく新型のEXなんだろうけど、こういう店って売る気あるのかと・・・

新型はかなり気になるけれど、これ以上買っても・・・と思い自粛してますw

ちゃんと電源と出力にリレー使ってるので、旧型みたいにスイッチの容量不足や電源ON-OFFのポップノイズが対策されてたり、光、USB、同軸の前回の入力を記憶してたりと羨ましい限り

唯一気になるのが電源:DC9Vって所。内部で-9Vを作っているらしいけれど、どうせなら一般的な12V電源使って±12V仕様にしろよ!と思ってします

24bit 96Khz USB-DAC S.M.S.L SD-1955
24bit 96Khz USB-DAC S.M.S.L SD-1955
AD
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。