ガレージ 一狐亭

PC、時々車、処によってはバイク


テーマ:
どうもこんばんは、一狐です
今まで使っていたONKYOのサウンドカードSE-150PCIがOSをWindows7に変えたところ、RCAの2ch出力がレベル高すぎて音割れするようになってもうた

どうすんべと考えて色々購入の候補を考えてみると
SE-200PCIが値段が一番良いけど、最近のチップセットはPCIをサポートしておらず今時のママンに付いてるのは変換チップを使ったエミュレートでもう時代遅れ
えーマジPCI!? PCIが許されるのはPen4までだよねー って事で却下
次はASUSのXonarシリーズ。しかし入出力がなんか痒いところに手が届かない微妙なラインナップばっかしで却下
ここはいっそ内蔵はやめて外付けだって事で本命SE-U55SX2

しかしルーターかよって外観は如何なもんかと
オーディオ器機において、音質の善し悪しを決める上でかなり重要な部分を占める外観がいただけないのはちょっと・・・
もうちょい安けりゃ買ってたかも

1万以下で良い音をなんて無謀な事を実現できる物は無いかと検索してたらついに見つけました
中華DAC S.M.S.L SD1955

調べてみると中華設計の割りに真面目に作ってある製品らしく値段もそこそこ
 
入力もUSB、光、同軸と必要十分

ただ、こいつの欠点が付属しているACアダプタが海外仕様できちんと24V出力されず電圧が安定しないってのがネットで書かれていたけど
 
届いたのはちゃんと100V対応のスイッチングタイプのACアダプタ
トランスを交換する気満々で買ったのでちょっと拍子抜けだけどまぁいいか

 
あれ、青色の基板に変わってる?
ヘッドホンを鳴らしきるのまとめサイトで見たのと若干部品も違うよう

コンデンサが初期の頃と違うけれど、ただ単にコストダウンでケチった物を付けたんじゃなくてグレードアップしてる部分もあるのでそこは好感が持てるところ
 
右奥の0.1μのコンデンサが積セラに変わってるけど、セレクターのロジックIC用だから別に良いか
位相補償か発振防止のコンデンサが今まで見た事のないのに変わってる。フィルム? 
旧型でケミコンが付いていた所にマザボでよく見かける低ESRの固体が付いていたり、ノーマルグレードのケミコンがオーディオグレードに変わっていたり、この時代には珍しい
コンデンサの交換する必要もないかな

特に何もせずにそのまま使えるっぽいので、エージングしつつ使ってみる事に
半日ほど動かしてみた感想としては、SE-150PCIよりかはいい音なんじゃないかと思う。個人の感想(ry

24Vを分圧して両電源だからと言って、出力のカップリングまで無いシンプルイズベスト
日本製みたいに安全装置バリバリ付けて結果音が悪くなってる事も無い、なんか自作キット感覚で面白いDAC
オーディオアンプICのLM185Tをレールスプリッタとして使ってたり、メイン回路はシンプルで定番みたいなので初心者としては色々勉強になる
今後はオペアンプの交換とか電源強化をやってみようかと
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
新年あけましておめでとうございます
正月は雪降らずに仕事始めの前日に積もるとかやめていただきたい
今回は去年やったのに書いてなかった事でも書こうかと


見た目は一緒でも中身が違う
手前側のが今まで付けていたNC39のキャリパ
そして今付いているのがひょんな事から手に入れたCBR929RRのキャリパ
一番欲しかった34+30mmピストンのキャリパ、そしてこでれCB1300SFの30+30mm以外は全て乗った事になるのでインプレでも
※個人の感想であり、商品の効能を確約するものではありません

CB400SF(NC39)の32mm+30mm×19mmセミラジアル
FS純正と比べてタッチはカッチリに。特に初期と奥がFS純正のように曖昧な反応だったのがリニアになるけど、最大制動力自体はあんまり変わってない印象
フルブレーキ時に安心感が出るので制動力の向上より反応の向上を望む人向けかも
ただし横置き5/8マスターではFSとほっとんど変わらないのでマスターはセミラジかラジアルを

CBR929RRの34mm+30mm×19mmセミラジアル
FS純正と比べてタッチは少しだけカッチリに。上のNC39より初期は弱いけど中間~フルブレーキで威力を発揮
制動力とタッチをバランス良く向上できるのでお勧め

CBR600F4iの34mm+32mm×5/8インチ
FS純正よりカッチリしてるものの、握った感じがFSと同じで若干曖昧な感じは横置きマスターシリンダーの限界なのかも。初期タッチがFSより悪いのはピストンが大きいせい?
19mmのセミかラジアルに変えれば曖昧な感じは良くなると思う

CBR600RRの32mm+30mm×セミラジアル17mm
FS純正よりタッチは柔らかいが制動力はかなり高い
ただちょっとフニフニし過ぎて慣れないと使いづらい。力じゃなくストロークでコントロールする感じ
ZX-6Rのラジアルマスタにラジアルマウントキャリパの組み合わせより良かったのは6Rのトキコがダメな子なのかも

なおCB400SF→CBR929RRのキャリパになった事でピストン径以外にも、鉄だったピストンがアルミに変わりました
その結果、ブレーキフルードの劣化が早くなりました!。熱伝導の良いアルミになったことで劣化を早めたようです
巷で言われている軽量化による恩恵やブレーキタッチの向上については一切分かりません( ´∀`)
錆びないのと汚れを落としやすくなったと言う事は感じたので、ブレーキフィールが良くなると言うよりかは、鉄ピストンより悪くなりにくいと言う事なのでしょう
2年に1回キャリパーの揉み出しと洗浄をしてる人にはほとんど違いが分からないレベルですけど
なので、ピストンをサビや汚れでダメにした人はアルミに交換する価値はあるけど、ダメになる前に綺麗にしてる人にとっては交換する価値はかなり薄いかと

キャリパは4種類、マスターも17mmと19mmにそれぞれラジアルとセミラジアルがあるので組み合わせはかなり多いですねぇ
マスタとキャリパの交換だけでもかなりの種類があるので悩みどころだろうけど、入手性と設置の容易さにホースの長さの事を考えると
NC39のキャリパにセミラジアル19mmが一番無難だと思う
ラジアルマスターはホースの変更が必要になるのでタッチの向上だけならば上記の組み合わせが良いのでは
制動力の向上を求めるなら34mm+30mmの組み合わせだけど、929RRの玉が少ないのでブレンボのキャリパーの方が手に入りやすいと思う
brembo(ブレンボ) 4ピストンキャリパー 左 ゴールド 4POT・キャスティング(.../brembo(ブレンボ)

brembo(ブレンボ) 4ピストンキャリパー 右 ゴールド 4POT・キャスティング(鋳.../brembo(ブレンボ)

ACTIVE 【アクティブ】 キャリパーサポート【シルバー】(BREMBO 40mm&STDロ.../ACTIVE 【アクティブ】

強力な制動力を求めるなら34mm+34mmにラジアルマスターの組み合わせが最強でしょう
フルブレンボ.。なんと響きの良い事か。我こそが最強なりと主張する盆栽には必須アイテムでしょう
brembo(ブレンボ) 4ピストンキャリパー 右 ゴールド 4POT・キャスティング(鋳造.../brembo(ブレンボ)

brembo(ブレンボ) 4ピストンキャリパー 左 ゴールド 4POT・キャスティング(鋳造.../brembo(ブレンボ)

 


ACTIVE 【アクティブ】 キャリパーサポート【シルバー】(BREMBO 65mm 4PAD.../ACTIVE 【アクティブ】


brembo(ブレンボ) フロントマスターシリンダー ラジアルタイプ 固定式 10.4760.60/brembo(ブレンボ)

それにしても、まさか密林で一式揃う日が来るとは・・・
AD
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。