アルツハイマー、老化防止、認知症 予防は、今からスタートすることが大切です。

物忘れが初期症状かもしれない?

老化防止、美肌効果にも期待できそうです!



認知症は右肩上がりに増えています!

原因はいろいろありますが、認知症にならないのが一番です!


認知症の予防にゴツコラが効果があると評価されています!

最近のニュースで報道していましたが、
認知症により徘徊老人が約1万人も行方不明になっているそうです!!


これは大きな社会問題です。

認知症 対策
認知症 予防

などで検索しても、優れた情報は見つかりません。


当サイトでは、その対策を研究し紹介します。


ヤッテミナケレバワカリマセン。


日本ではあまり知られていない情報を紹介します!
日本の情報が最先端だと思ったら大間違いです。

ゴツコーラ、ツボクサ、ゴトコラ、雪積草で検索して下さい。

びっくりするほどの情報が、多くのサイトに記載されています。









2006年に、インドの脳科学者が、生後5週間目のモルモットに実験をした。

毎日つぼ草を食べさせたモルモットと、食べさせなかったのと比べた。

4週間、毎日6ccのゴツコーラ抽出液を飲ませた結果。

ゴツコーラの抽出液を飲ませたモルモットは、
脳の神経細胞の突起が7倍も多くなった!!

(右側の図は、白い線(神経細胞の突起)が多い。ゴトコラはゴツコーラ、ツボクサの別名。)


tubokusashinkei


下記はアメリカの論文からの抜粋です。

shinkei1

ラットの成長スパート期間中に、 ツボクサ (リン)の新鮮な葉汁による扁桃神経樹状樹枝状分岐の充実

Representative photomicrographs (A1,B1,C1,D1) and camera lucida tracings(A2,B2,C2,D2) of amygdaloid neurons from control (A1, A2) and treated with 2 ml/kg CeA (B1, B2); コントロールから扁桃ニューロン(A1、A2)の代表的な顕微鏡写真(A1、B1、C1、D1)とカメラルシダトレーシング(A2、B2、C2、D2)および2ミリリットル/ kgのCEA(B1、B2)で処理し; 4 ml/kg CeA (C1, C2) and 6 ml/kg CeA (D1, D2) for 6 weeks. 6週間、4ミリリットル/ kgのCEA(C1、C2)および6ミリリットル/ kgのCEA(D1、D2)。 Note the significant increase ... 大幅な増加に注意してください ...

【上記は機械の直訳ですが、(A1→A2、B1→B2、C1→C2、D1→D2)すべてのニューロンが伸びているのがわかります。】



認知症 予防 としてゴツコーラ!!

世界保健機関(WHO)がゴツコーラを保存すべき重要な薬用植物として推奨しています!
(ゴツコーラは、ツボクサ、ゴトコラ、雪積草などいろいろな別名がついています。)



ゴツコーラを食べると、脳の神経細胞の突起が 7倍も多くなる!

ゴツコーラは、子供から大人まで、すべての世代 に欠かせないハーブです。

老化防止、アンチエイジング、認知症予防に、受験生に、「食べるIQ」 驚異のハーブ、ゴツコーラ!

「食べるIQ」


いい表現ですね!

ゴツコーラの葉の形は、脳の形に似ており、脳の左右のバランスをとると言われています。


テーブルにゴツコーラの植木鉢を置き、つまんでサラダとして。

ゴツコーラは、まるごと生葉で食べることができます。

何事も自分で試してみないとわからないです。

ずっと、私は続けてみます!!!


どうなるでしょうか?

将来が、楽しみです。



老化防止、認知症 予防は、今からスタートすることが大切です。

物忘れが初期症状かもしれない?


若年性認知症の予防は早くから対策を立てなければ間に合いません。


ゴツコーラは脳の神経細胞が7倍も増加するそうです。

自分自身が率先して始めるしかないですね。

こんなに楽しみなチャレンジはありがたいです。

日本中で、まだ誰もやっていないでしょう?

老化防止、美肌効果も期待できます!

あなたもチャレンジしてみませんか?

ゴツコーラを、上記の写真のように、ご自分で育てて増やしてください。

そうすれば、いつまでも使えます。


検索の結果、他のサイトに掲載されている評価は下記です。



【適応症】
老化防止、アンチエイジング、 認知症、アルツハイマー、アスペルガー、
うつ病、、神経痛、リューマチ、ダイエット効果、皮膚病、顔の色つや、
身体を温める、血行を改善、ケロイド、らい病、てんかん、毛髪の成長、
血液浄化、記憶を促進、白内障、知恵遅れ、気管支炎、便秘、胃弱、疲労、
発熱、精神神経疾患、
など多数の効果が期待されています。


【使い方】

・生葉をサラダで食べる。

・料理に加える

・ハーブティー

・ハーブ美肌水

・髪・頭皮用トニック

・全身用シャンプー

・リフレッシュウォーター

・ハーブ酒

などに活用しています。

ゴツコーラをお分けします。

認知症 予防法としてゴツコーラ。

ゴツコーラを自然有機農法(無農薬・無化学肥料)で育てています。

生で使うには無農薬でなければ意味がありません。

個人で作業をやっているので、手間・暇がかかり、大量生産はできません。

しかし、

世界保健機関(WHO)が推奨するほどの、

優れモノだから、できるだけ多くの人にお届けしたいと考えています。

繰り返しますが、
ゴツコーラを、上記の写真のように、ご自分で育てて増やしてください。

認知症 予防として活用することを提案いたします。

会員限定モニター品ということでお分けします。

ぜひ、ゴツコーラを活用した喜びの声、ご感想、などを送信ください。

よろしくお願いします。


すべてのデータはホームページをご覧ください。←クリック



インドでは、ゴツコーラ(ツボクサ)を「食べるIQ」と呼ぶ。

kaiba


海馬は、脳の奥にあり、記憶をつかさどる場所。

海馬は記憶の製造工場と言われている。
(自分にもあるはずなのに、ぜんぜんわかりませんね!)

海馬の神経細胞が多いほど記憶力が高まるそうです。

他の脳細胞は150年の寿命があるのに、海馬の脳細胞は数カ月で入れ替わる。

ツボクサは、海馬を強化する薬草。



受験生にはかかせないハーブと言われています。

アルツハイマー、アスペルガー、うつ病、アンチエイジングなどに、世界の脳科学者が注目しています。

最近は、

また、最近ではダイエット効果の点からも利用されています。

ゴツコーラ(ツボクサ)はインド原産で、

アーユルベーダ医学で過去3000年にわたり使用されてきた。

このハーブは、瞑想を助けるものとして使用されている。

また、漢方医学では抑うつの治療や長寿の薬、「若さのもと」と称されている。



ゴツコーラは食用ハーブです。

ゴツコーラは抗酸化活性が非常に高く、天然抗酸化剤の原料に適している。

ゴツコーラは特に皮膚病の治療に有用で、女性の顔の色つやを若々しく保つ。

出産を終えたばかりの女性や、身体を温めたいとき、血行を改善する場合に推奨されている。

ケロイド、らい病、てんかんの治療にも利用されている。
インドでは神経の働きを強める活性化ハーブ、記憶を改善するための脳の強力な強壮剤として使われている。

すべてのデータはホームページをご覧ください。←クリック
AD