アルツハイマー病の原因 βアミロイドを減らす!ツボクサ(ゴツコラ)
DIY自分で試すしない!!
 
アルツハイマー病の行動障害を改善するそうです!?
 
信じられない方は下記の論文をご覧ください。
米国国立医学図書館 国立衛生研究所 の論文からご紹介します。
URLはコチラです。
http://translate.googleusercontent.com/translate_c?depth=2&hl=ja&ie=UTF8&rurl=translate.google.com&u=http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3296229/&usg=ALkJrhgERvl7i6RofjfXVGH2SEsZh41viw
 
■ ツボクサエキスがアルツハイマー病のマウスモデルにおける行動障害を改善します。
アクションの可能なメカニズムの解明
 
・ゴツコラというツボクサ (CA)は、
メモリおよび神経機能を増強するために使用アーユルヴェーダのハーブである。

・アルツハイマー病の原因はβアミロイドと言われています。
・マウスで、βアミロイド関連行動異常を弱めた。
・ツボクサ (L.)(CA)は、アーユルヴェーダ医学で、ブラーフミーとして知られています。
・ツボクサ (L.)(CA)は、「ラサヤナ」または若返りのハーブ[とみなされ、
知性とメモリを増やすと評されている。
・「ゴツコラ」ツボクサ (CA)は栄養補助食品として販売され、アメリカの人気の高まりや他の西欧諸国で享受している。
・「ゴツコラ」ツボクサ (CA)を、産後15日から新生仔マウスに投与した場合、
抽出物は、運動機能[には影響して、効率性と空間記憶の学習に有意な増強を引き起こし、
 「ゴツコラ」ツボクサ (CA) CAの直接的な神経栄養効果も報告されている。
・(CA) とは、センテアアジアチカ、ゴツコラ(ツボクサ)の別名です。
・センテアアジアチカ、ゴツコラ(ツボクサ)の苗は、
生き生き素材研究所にあります。

 
 
生き生き素材研究所で検索してください。
 
AD