1 | 2 次ページ >> ▼ /
2005年11月29日(火)

またも民主党。

テーマ:ナンセンス!

民主党は弁護士法違反の疑いで逮捕された西村真悟衆議院議員の会派離脱届を衆院事務局に提出しました。


杉村太蔵議員など1年生議員の質が自民党でも問われていますが、民主党はもっとひどい。9月、前衆院議員の小林憲司容疑者が覚せい剤取締法違反で現行犯逮捕されました。


他人に代わって権利を行使し報酬を得るのは弁護士でないとできない行為です。こんな弁護士のイロハを無視して弁護士でない者に弁護し業務をさせるとは、確信犯に他なりません。


自民党をぶっつぶしたい!と思っても、第二党の民主党がここまで落ちると、日本の政界にはもう希望がありません。

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2005年11月27日(日)

世界体操とバレーボール「グラチャン」に思う

テーマ:スポーツ

世界体操での冨田、水鳥両選手の金銀メダル獲得、お見事でした。二人の表情がとってもよかった。高得点でも慢心せず、失敗しても冷静に受け止めていました。冨田選手の気高い表情は、なぜか「北斗の拳」のケンシロウを思い出させました。


体操ニッポンの名を失って久しく、中国、ロシアが絶対的な強さをみせつけていた時代が長く続きました。なぜ体操ニッポンが復活したのか? 他の競技においても参考になると思います。V字回復への秘密が隠されているのではないでしょうか?


一方、バレーボールのグラチャン。弱いのは仕方ありませんが、「サポーター」なるジャリタレが実況に加わったり、選手にインタビューしたり、あれは一体何? あれがイヤで見なくなってしまいました。観客を増やそうとの企画なのでしょうが、これでは本当の競技ファンを増やすことはできないどころか、日本の弱体化に繋がると思います。


体操ニッポン、独自の長期的ビジョンに立って今日を築いたに違いありません。表彰台に日本人が上がって、日の丸が掲揚され、君が代が流れると、やはりジーンときます。トリノで、北京で、たくさんの日の丸が上がりますように!

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2005年11月23日(水)

ブッシュ大統領、七面鳥に恩赦・・・というナンセンス

テーマ:ナンセンス!

 アメリカのブッシュ大統領は22日、感謝祭(24日)に食べられる運命の七面鳥の中から、特別に選ばれた2羽に「恩赦」を与え、カリフォルニア州のディズニーランドに贈ると発表しました。


 七面鳥の恩赦は、ホワイトハウスが感謝祭前に行っている恒例行事だそうです。これまでは「命拾い」した鳥はワシントン近郊の農園で余生を過ごすことになっていましたが今年は、動物愛護団体の働き掛けを受けた大統領が「マシュマロ」「ヤム」と名付けられた2羽の新天地をディズニーランドに決定。2羽はパレードの先導役を務めるそうです。 


 他の生命を犠牲にして生きる人間の罪深さを正しく認識することが大事なのに、2羽の七面鳥の命を救って大騒ぎする、いかにもアメリカらしいやり方だと思いませんか? 辟易しました。


 七面鳥のモニュメントを作って、食べられた七面鳥の冥福を祈って人間の罪深さを忘れないようにしてはいかがでしょうか?

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2005年11月20日(日)

高橋尚子選手、東京国際マラソン優勝!よくやった!

テーマ:あっぱれ!

高橋尚子選手が東京国際マラソンで優勝しました。アテネオリンピックの出場権を失い、育ての親とも言える小出義雄監督と訣別し、肉離れ数カ所と満身創痍で優勝できたのは、強い精神力の成せる技でしょう。


順風満帆の状況でないレースで優勝した高橋選手に、小泉純一郎ではないが「よくがんばった!感動した!」と言いたいところです。


早くも北京オリンピックへの出場が取りざたされています。マラソンの出場選手選抜はよく世論を巻き込んでの大騒ぎになります。アテネでは野口みずき選手が金メダルを取ったからいいものの、日本から入賞者が出なかったりしたら、高橋選手を出さなかったからだ! と声高に言うエライさんがでたことでしょう。


北京オリンピックの頃、高梨選手は30代なかば。既にケガだらけでカラダはボロボロです。でも、気力をふりしぼり北京でもう一度、金メダルを取って欲しい! 高橋尚子はミドル層の希望の星なのです!

いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
2005年11月20日(日)

ヴィッセル神戸、J2降格決定ですよ、三木谷さん!

テーマ:スポーツ

今日、サッカーJ1リーグで最下位のヴィッセル神戸が大宮に敗れ、J2への降格が決まりました。 楽天イーグルスはぶっちぎりの最下位でした。サッカーJ1でも現在最下位、17位以下が決定し、降格です。


TBS株の買収で世間を騒がせていますが三木谷さん、楽天イーグルスもヴィッセル神戸も、プロチームなのだから、計画的にしっかり強化して下さいね! これじゃあ子供が「野球とサッカーのチームが欲しい!」と買ったはいいが、なかなか勝てないので「もういいや」とほったらかしにしているのと同じです。


楽天イーグルス、最下位でしたが内容的には急造チームとしてはよくやったと思います。なのに、3年契約だった田尾監督をいきなり解任してしまいました。だれがやってもあんなもんでしょう。いや、田尾監督は来期に期待を持たせました。後任は、そろそろご隠居の野村監督でいいのでしょうか?


TBSへの経営関与による横浜ベイスターズと二球団保有を「全く問題ない」と言い切ったり、最近の三木谷氏、筋が通っていません。いい顔していません。そして最近は、妄信的な拡大主義者の顔にしか見えません。 政界に人脈など無く、ただ純粋にやりたいことをやる、ホリエモンの方が池津は好きです。衆議院選で敗れたホリエモン、結構いい顔してました。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2005年11月20日(日)

浅田真央 優勝!さあオリンピックだ!なに?年齢制限?

テーマ:がんばれ!ニッポン!
          

フィギュアスケートのグランプリシリーズ第4戦フランス杯で、浅田真央が優勝しました。若いというより幼いという言葉がピッタリくる位、初々しい15歳です。3位の荒川静香、23歳がとってもオトナに見えます。


日本の期待の新星が誕生しました。伊藤みどりが台頭したとき以上の期待感かもしれません。さあ、トリノオリンピックで真ん中に日の丸を!


・・・って誰しも思うところですが、トリノオリンピックには年齢制限で出場できないんですって強いんだから、いいじゃない! みなさん、そう思いません?

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2005年11月19日(土)

ワコール、不正アクセスで顧客情報4700人分流出

テーマ:個人情報保護

大手下着メーカーのワコール(京都市)は19日、ネットショップを運営するサーバーに外部からの不正アクセスがあり、住所や電話番号、クレジットカード番号など4,757人分の顧客データが流出したと発表しました。


 うち約1,900人分についてはクレジットカードの番号と有効期限が含まれており、カードの不正使用による被害が発生する可能性があるとのことです。外部委託会社が原因とのこと、委託先の選定は細心の注意と払わなければなりません。


ところでワコールといえば、その名を語るイタズラ電話が跡を絶たないそうです。「ワコールですが、お客様アンケートです。」と堂々と「どんな下着が好きですか?」とか「今、つけている下着の色は?」などと聞いてくるそうです。


ワコールのホームページでも「電話でのアンケートはしていませんので悪質なイタズラにご注意」とありますが、紳士然とした対応に、イタズラ電話と気づかない人が多いそう。それを聞いて喜んでいるヘンタイがいます。女性の皆さん、お気をつけ下さい。

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2005年11月15日(火)

コメ・麦・イモ・そば焼酎に参入許可。なんと65年ぶり!

テーマ:ナンセンス!

 国税庁は原料の風味を生かした本格焼酎(乙類)の製造免許の規制を見直し、コメ、麦、サツマイモ、そばを主原料とする焼酎の生産への新規参入を条件付きで解禁することとしました。新規参入を認めるのは最初の酒税法が制定された1940年(昭和15年)以来初めてとのこと。これまで参入を制限して過当競争を防ぐことに重点を置いていたが、参入要望が増えていることもあり、長年の規制をやめることに。


 自由経済の世の中で、65年間も焼酎業界に新規参入がなかったとは、信じられないことです。既存の酒造会社の政治力がよほど強かったのでしょう。よく新規参入を目論む業者がよく我慢してきたものです。


 「過当競争を防ぐ」というのが長年参入を認めなかった理由だそうですが、自由経済は自然淘汰の世界でもあります。競争力のないところは消え去るのが自由市場経済です


 今回の自由化も、製造場所、出荷量と需要の関係、製造量の制限があり、焼酎の本場である鹿児島、熊本、大分、宮崎、福岡、沖縄の六県は対象外となります。これじゃあ自由化も尻抜けですね。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2005年11月12日(土)

通帳と印鑑、鍵と住所が分かるものは一緒にしないこと。

テーマ:リスクマネジメント

町田で痛ましい事件が起こりました。15歳の女子高生が鍵がかかった密室で刺殺されましたが、その犯人はなんと、同じ高校に通う同学年の男子生徒でした。


この女子高生は少し前にカバンごと盗まれたとのことです。「鍵を換えなきゃね」と話していたそうですが、おそらく「換えなきゃ・・・」と思いつつ、そのままにしてしまったのでしょう。


リスクマネジメントの観点からは、通帳と印鑑をと同じ理由で、鍵と住所が分かるものは一緒に持ち歩いてはいけませんキャッシュカードと暗証番号を類推できるものインターネット銀行や証券会社のIDとパスワードなど、考えるとたくさんあります。例外としてクレジットカードは、カードだけで不正利用されてしまいますので、特に注意が必要です。


フランスから、読者のマカロンさんが「日本は平和ボケしている」とコメント頂きました。とても残念ですが、これは事実でしょう。電車で、網棚に荷物乗せて居眠りしてる国は、日本の他にありません。身近なところから注意が必要ですね。みなさんが気をつけていることなどありましたら、コメントで教えて下さい。 

いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)
2005年11月12日(土)

アメリカで18歳の市長誕生! 被選挙権を考える

テーマ:あっぱれ!

 アメリカのミシガン州、ヒルズデール市(人口8千人)で8日行われた市長選で、地元のヒルズデール高校に通うマイケル・セッションズ君(18)が現職の市長(51)を破って初当選しました。初当選って当たり前です。同市の市長選の被選挙権は18歳以上なのですから。


 セッションズ君は、夏休みのアルバイトでためた700ドル(約8万2000円)を元手に市内にポスターを貼り、住宅を一軒一軒回る地道な選挙活動を展開しました。「熱心な候補。年齢は問題ではない」(地元の声)と評価されて、非公式集計で732票を獲得し、現職市長を60票余り上回りました。


 被選挙権が18歳というのが、さすがアメリカ。日本では・・・?衆議院議員、市町村長、県議会議員、市町村議会議員は満25歳以上ですが、参議院議員、都道府県知事は満30歳以上です。若いだけで当選するわけがなく、選挙で信任を得て議員・首長になるのですから、被選挙権が30歳以上というのはバーが高すぎます。


 「政治に新風を!政治家が若返らなければ!」な~んて訴える政治家が既に50歳代という事がありますが、日本を競争力ある元気な国にするためには、被選挙権をせめて20歳以上まで引き下げるべきと池津は考えます。太蔵君のような議員、首長が続出するって? 大丈夫。だんだん、選ぶ方の目も肥えてきますから。

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。