《大阪発》あなたモデルのアクセサリー作らせていただきます☆

大阪で会社員をしながら週末にオーダーアクセサリー・ジュエリーの製作・販売をしています。
あなたの要望(ざっくり~細かい注文まで)や印象などから、【あなたモデル】のアクセサリーを作らせていただきます。


テーマ:
お久しぶりです。

えーと、生きてます(^_^;)



暑い日が続いていますが、

みなさまの体調は、いかがでしょうか?



久々に、これは書こうと思ったので、

書かせていただきます。



先日、「ダイアログ・イン・ザ・ダーク」

というものに行ってきました。


$《大阪発》あなたモデルのアクセサリー作らせていただきます☆-ダイアログ・イン・ザ・ダーク



光が全く入ってこない空間で、様々なことをして

視覚障害者の世界を体験できます。



まず、手荷物をロッカーに入れて、

知らない人同士でグループになり、

視覚障害者のアテンドの方から

楽しむコツや白杖の使い方を教えてもらい、

それから、純度100%の真っ暗闇の世界に入っていきました。



そこは、、、、







何も見えない世界でした。

風景や物、他人や自分の姿。


そして、時の流れさえも。

(時計が見れませんから)



分かることは、視覚以外の感覚でした。



音や声、温度、空気の流れ、

白杖や皮膚から伝わる感覚などなど




時間とともに暗さに

慣れて見えてくると思ってましたが、


どれだけ時間が経っても

声は聞こえど何も見えません。



もう、目隠ししているとか、

そんなレベルじゃありません!




それはそれは、

恐ろしい感覚でした叫び



ただ、それが分かっても、

普段の感覚で目を開いて、

真っ暗闇の世界を目で見ようとしてました。




目をつぶっているうちに、

アテンドの方や他の参加者の方の声で

距離感や周りの状況・インテリアの配置が

分かるようになってきました。



イメージとしては、

視覚以外の感覚を元にして、

世界を組み立てる感じです。



そんな見えない状況の中でも

アテンドの方は、スムーズに動いていて、

いろいろとサポートをしてくれました。



終わってから外に出てみて思ったのが、

いかに視覚に頼っていたのが分かったのと


視覚が無いから閉じた感覚になると思ったら、

逆に世界と積極的に関わっている、

開いた感覚になってたかもしれません。



あと、視覚障害者の方が

繁華街を歩くのは大変だろうなと思いました。

様々な音や、人にぶつかられたりしたら、

パニックになりそうかもと。



さて、そんなダイアログ・イン・ザ・ダークですが、

今のところは、東京と大阪で開催されています。

気になった方は、リンクこちらからチェックしてみてください。


これは、本当に体験しておくことをオススメします!




PS
フェイスブックの更新は、やっていましたが、

ブログにに書くほどでもないかな~

と思って書いていませんでした。


気が向いたら、また書きます(^_^;)



リンクフェイスブックfacebook
リンクメルマガ手紙
申請・登録は、お気軽にどうぞ!
*アメブロつながりです!と一言いただけると、
どなたが分かりやすいので、よろしくお願いします。


ペタしてね
読者登録してね
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

けい★週末アクセサリークリエイター@大阪さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります