び~♪ふらっと de 行こう!--take the be flat

旅紀行中心の乗り鉄ブログ。写真もやってます。


テーマ:
旗の台駅960

東急池上線 旗の台駅にて
(Pentax K-5Ⅱs・PENTAX-DA★50-135mm×1.7・F5.6・1/250秒)
東急池上線 ぶらり旅。
その4 では石川台から洗足池まで乗ってきました。

そろそろ13時になりそうです。
さて昼メシどうします?
takakun さんはラーメンをご所望。駅の南側には、昔ながらの商店街がありますね。
こういう所には、だいたい中華料理屋なんかがあるんですよ。(写真全然撮ってない・・・)
やっぱりありました。

takakunさんは、ラーメン+半チャーハンをご注文。そのときの記事は→こちら
ボクは海老チャーハン単品です。 お皿がモモの形をしていてかわいらしい。
洗足池駅350


☆東京急行電鉄池上線
洗足池→長原 0.6km

それでは次へ行きます。
洗足池から今度は下っていきます。
切通しかと思いきや地下へと潜って、長原に到着です。
長原駅935

池上線の乗車は1度だけ。地下駅もあったのはうろ覚えでしたが、この駅でしたか。
長原駅936 長原駅937

さてさて、地上へと上がります。
う~ん、古さの残っているここまでの駅と比べてちょっとがっかりな感じですが、
屋台なんかも出てて街の雰囲気はあまり変わりないかも。
長原駅353

ちょいとだけ回り込んでみます。
ここが怪しい。
長原駅354

ちょうど地下線の真上です。ということは、地下化前は線路が通っていたということですね。
長原駅939 長原駅355

そのまま裏路地の様なところを通って駅へと戻ります。
こういうお肉屋さんがあるのは、嬉しいですね。
長原駅941


☆東京急行電鉄池上線
長原→旗の台 0.6km

長原はあっさりとあとにして、次の旗の台へ。
旗の台駅942

大井町線が交差する乗換駅です。所在も大田区から品川区に入ってきました。
旗の台駅943 旗の台駅945

池上線ホームから東口へ出てみます。
旗の台駅358

takakunが反応したのは五反田方の地下へのアプローチ。
ほとんど同じことを考えてました。
7000系がちょっと顔を出したところ。
旗の台駅949

反対の蒲田方。駅越しに環七まで見通せます。
旗の台駅957

もう一つ向こうの踏切に行ってみます。
住宅街の路地に迷い込みましたが、抜けられそうです。
旗の台駅359

荏原中延1号踏切(たぶん)に着いたものの、今度は近すぎます。
なので旗の台駅をもう一度。二人ともほぼ同じタイミングで撮ってますね。
旗の台駅959

線路の北側の路地を通って東口へ戻ります。
なかなか賑やかな商店街です。
旗の台駅961 旗の台駅962

せっかくなので大井町線の方へも行ってみましょう。
ちょいと坂を登って高台へ。
旗の台駅963

ここも超望遠欲しいね~と話しつつ、撮ってみました。
右奥のマンションあたりが、統合前の東千束駅のあった場所らしい。
旗の台駅964 旗の台駅967

ぐるっと一周して池上線の踏切へ。
旗の台駅969 旗の台駅971


☆東京急行電鉄池上線
旗の台→荏原中延 1.0km

そして、次の駅 荏原中延へとまいります。
ここも地下駅。地上の駅舎も今風です。
荏原中延駅973 荏原中延駅360

御嶽山で休憩したドトール。もう何軒目だっけ?
荏原中延駅974


ここも地下化されたということは、地上時代の遺構がありはしませんか?
ということで回り込んでみると、踏切があるように見える不思議・・・。
荏原中延駅975

うんうん、信じればそう見えてきます。見えるよ。見えるかもしれない・・・。
荏原中延駅977 荏原中延駅363

ほら、駅直前の堀割です。
荏原中延駅362


ところで、営業線の直下に地下線を構築する工事は、最近では東横線の代官山駅付近が記憶に新しいところ。
東急電鉄と東急建設が開発したSTRUM(ストラム)工法というそうで、
公式HPによれば、この戸越銀座~旗の台間の地下化が工事実績の初採用となってます。
長原のときは、まだ確立された工法ではなかったのかもしれませんね。


その6でラストです。


----------To be continue♪----------


関東の旅記録目次はこちら


鉄道コムに参加してます。
この記事が面白いと思った方は
鉄道コム
ぜひポチッとお願いします。
いいね!した人  |  コメント(4)

ぐれふぇさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります