こんにちは。

いけけいです。

{AE37F730-7833-4A82-A28E-BDC9BBD9CE08}


結婚式1周年記念イブに旦那さまと一緒に飲んだシャンパンキラキラ


さっきこちらの記事を読んで激しく同意。

子宮委員長はるちゃんの旦那さんであり

たまこと「岡田哲也」さんの

『言ってくれなきゃわかんないよ?』が男性的本音です。 (←クリックすると記事に飛びます)



私、我が旦那さまと10ヶ月の交際で入籍しました。

しかもおそらく旦那さまは「まさかこんなに早くしかも結婚しちゃうなんて」って思ってた人。

…出会いから結婚式までの道のりもいずれ書きます。


お付き合いが、始まって本当にビックリしたのは

「さすがにこれはわかるだろう」って女性の気持ちを全無視ガーン


デートして「バイバイ」した後、振り返りもせずそそくさと帰っていった姿を見て

私が唖然としたのも今となっては「懐かしい」思い出(笑)


歩く速度も全く違う。

映画館ではぐれてしまった事もあります。


「ありえな~い‼️」って思ったけど

ひとつひとつ自分がして欲しい事伝えました。




私は歩く速度が遅いからもう少しゆっくり歩幅を合わせてもらえませんか?

別れた時、振り返ってもらえないと淋しいです。



女性側からしたら「常識」の範囲。

なのですが

我が旦那さまには常識でも何でもなかった訳で。



そんな日常なささいな事をデートを重ねたりメールのやり取りしながら繰り返し繰り返し伝えていきました。


私はメールを毎日送ってたのに返事がこない事が多かったから



「うん」「わかった」の一言でいいから返事が欲しい。



こうやって私がして欲しい事をひとつひとつ伝えて言ったら

ある時、私がして欲しい事を察してやってくれる事が増えました。



写真のシャンパンもそう。

付き合いはじめに「ウーロンハイが一杯700円とかありえない!!!」

とか

「スターバックスなんて恥ずかしくって入れない!!!」

なんて言ってましたが



今ではホテルのラウンジでお茶したり

レストランでディナーしたりも平気になったり

「記念日の前日だから、『シャンパンでお祝いしよう』」な~んて言ってくれるまでになりました。

嬉しすぎるラブラブ


↑↑↑

って事は非日常な事だけど

結婚生活は日常。

もっともっとささいな事でケンカになったりする。

「言ってくれなくゃわかんないよ」ってそうらしい。

私はわかんなかったら聞いちゃう。

そして旦那さまは想像の範囲の事は聞いてくる。

「何食べたい?」「どこ行きたい?」とかね。


女性特有?!の「決めて欲しい」ってのも伝わらないから

「決めてください」って言うようにしたりしてます。

で、体調不良でグッタリしてるのも

「機嫌が悪い」としか認識してくれない(涙)



前に「生理痛でしんどいです。ご飯作れません」ってLINEしたら

帰宅後に「寝てていいよ」って言ってくれるが

自分の分だけご飯買ってきて私の分は無し。


「ご飯作れません」…の先に「私の分も何とかして」って気持ちを込めたのに伝わらないんだって

これまたビックリして事がある。



その時は食欲無かったからよかったんだけど

具合悪いからこそ優しくて欲しくて旦那さまにかまって欲しかったのだわ。

でもそっけなくされて私の機嫌と体調はドンドン悪くなる一方。

挙げ句の果てに旦那さまから

「具合悪いんだよね。寝たら?」とか言われちゃう。





「具合悪いって言ってんだから優しくて欲しい」

って言ったら

「だって生理って病気じゃないでしょ。」


ブチッ!!!



私の中でキレる音がした。


私「病気じゃないけど痛いし、しんどいの。」

旦「俺、男だからわかんねーよ」

私「あなたの腎臓結石くらい痛いんだよ!!!」

旦「…」


我が旦那さま、結石持ってるから夜中激痛が走ったりする。

痛みに弱いから本当にしんどいみたい。



この例えが本当にビックリしたみたいで



旦「ごめなさい。そんなに辛いとは思ってもみなかった」


だって。


日々、旦那さまには私の嬉しい楽しいしんどい辛いを伝えまくり。


お互い話して伝えて歩み寄って。


気がついたら旦那さまが

ドンドン私好みの「ヒーロー」になってきております(≧∇≦)


…反面私はドンドン何も出来なくなってるけど(笑)



私、ただいま腱鞘炎にて主婦業出来なくやってたりする。


それでも旦那さまは特に何も言うわけでなく

「早く良くなるといいね」

「ご飯だって作らなくていいよ」って言ってくれちゃう。

…ご飯作ってくれるまではまだ先かも知れないけど(笑)



それでも私がドンドン旦那さまといて楽チンに居心地がよくなっている。

そしてそれが幸せだったりする。



自分の気持ちに正直になると

ドンドンワガママになっていく。

「しょうがないな」って言いつつ旦那さまが変わっていくのを感じて

私がまた幸せになる。


私のあり方が変化すると旦那さまも自然と変わっていくのだわ。


自分を飾らずにぶつけられるパートナーがいるって幸せだ。


そして私が姫になればなるほど

旦那さまは私のヒーローになるんだよね。



「で、どうなりたいんだっけ?」

旦那さまとますますラブラブでいる。







AD