イケジイ(三上秀斉)のおもしろ玉手箱

*おもしろ統計学/見えない現象を事前にキャッチ!!
*おもろい交際/素敵な人間関係!!
*おもしろライフ/自分流に生き、思い切り楽しもう!!
*おもしろ情報/小さく産んで、大きく育てる!!

338px-kantei01



横浜中華街「金運館」での鑑定は1月10日をもちまして終了いたしました。今後は当面フリーで講習と鑑定の2本建てで行っております。

現在新たな行動目標を模索中です。暫くは静養を兼ね、また暖かくなりましたら活動を開始したいと思います。

鑑定をご希望の方は、私宛に直接お問い合わせください。

090-4362-5022(三上)


テーマ:
 


今日は親子についてお話ししましょう。
子育て特集「子供が捉える母親像」

子供にとって母親とは、
ある年代までは「神様」に等しい存在です。

お腹に宿しているときから、日一日と育っていく
子供に気遣い、語りかけ、未来の夢を見つめながら、
やがて誕生の時を迎えます。

女性にとっては、一世一代の「大仕事」です。
誕生後の暫くは、夜も眠れない日々が続き、
赤子の世話に明け暮れる毎日です。

あなたも幼少期のころは、母親や父親に愛されて
すくすく、伸び伸びと過ごしていたことと思いますが、
それなりに父親と母親を区別して、
捉えていたことでしょう。

しかしそれらは、ごく当たり前のように
感じていたはずです。

仮に親がいなかったとしても、叔父や叔母さん、
そして祖母や祖父に育てられて今日があるのですが、
いなければいないなりに、幼少期は
母親の役目をしてくれる人を「母」として、
子供心に受け入れていたはずです。

こうして苦労して育てたにも拘わらず、
最大の努力をしたとしても、
子供の目に母親の想念がそのまま伝わるとは
限らないのです。

子供は自分なりの性格を持ち、
世界を所有していますから、その範囲で
母親という人間を理解しようとするのです。

同じ母親から数人の子供が生まれた場合、
それぞれの子供たちが母親に対して
異なった評価を与えることになります。

仮に長男は母親を見て「優しい人」と感じても、
次男から見れば「厳しく冷たい」と映ることもあります。

長男であれ、次男であれ持って生まれた
運命が異なり、価値観の異なりも当然所有しており、
母親を見ている角度が異なっているのです。

そこに兄弟、姉妹の特質があり、
このような違いを出発点として、
それぞれの人生観の異なりを形成していくのです。

これは母親の努力ではどうしようもないことで、
子供自身の本質により異なりますから、
ある種の「天命」と言うより他にありません。

本日のテーマである「子供から見た母親像」という
占技を導き出すには、
十大主星の東の星を見なければなりません。

子供さん本人の「命式」から、
十大主星の東の場所は「母親の場所」なのです。


 

子供は先ず第一に母親を受け止め、
その後に父親を受け止めるようになっていきます。

人間の運命を解明しようとするときは、
一人の人間が幼児期において
自分の母親をどのように受け止め、
理解してきたかを知る必要があるのです。

そのためにはまず「東方」の位置に出現した
星に着目しなければなりません。

この占技は子供自身(本人)の眼に映る現象ですから、
母親そのものの本質ではありません。

厳密に言えば母親が所有している全エネルギーの
ほんの一部分であると言えます。
決して全てではありません。
受け止め方は次の10種類です。

「子供から見た母親像」/東の星が

*貫索星
①あまり発展性や斬新性は見られないが、
 一つのことをじっくりと守り通す古風な人。

②繊細で細やかな気配りはなく、
 マイペースで親しみにくい母親像。

*石門星
①あまり家に閉じこもることもなく、仕事や仲間と、
 活発で指導力のある人生観を持っている人。

②躍動感や活動力を感じるため、
 母親を「特別の人」として理解を強める。

*鳳閣星
①母親の全体像を把握して、
 欠点のみが目につくために高く評価しない。

②母親とのスキンシップが最も大切。
 情に捕らわれない淡々とした意識を形成する。

*調舒星
①平均的、平凡な母親なら学ぶものが少なく、
 軽く見るが、母親らしい母親には反発と反抗をする。

②自身が人生観を形成するときは、
 能力あるものを人間の価値として認める。

*禄存星
①少々欠陥があっても優しい母親、善のみの人生観、
 大人になっても幼児性が抜けきれない。

②尽くす母親を美化し、素直で信じやすく、
 他人に騙されやすい本質を持つ。

*司禄星
①地味で堅実な捉え方、日常の平凡な
 家庭生活でのみ家庭的な母親として評価する。

②平凡な母親を母親として認め、
 社会的、社交的、職業婦人では母親として認めない。

*車騎星
①家庭にいても常に忙しく働く姿や、
 闘争的、活動的な母親を真の母親像として評価。

②母の質から攻撃的な側面のみを捉え、
 そこから母親の心を理解しようとする。

*牽牛星
①名誉、地位、自尊心のエネルギーを土台に
 母親を見ており、責任感の強い母親として捉える。

②平凡な母親を特別な人として捉え、
 依存心が強くなり親離れがしにくい。

*龍高星
①母親と接しなくても母親の全体像を捉え、
 遠くで眺めることによってのみ母親を理解する。

②鑑賞力で母親を捉え、言葉や言動では理解しない。
 黙って傍にいる母親に、真の母親を見出そうとする。

*玉堂星
①高貴な母親、庶民的な母親でも全て母親であり、
 どんな母であっても全て容認する。

②行動面、精神面の母親の優劣があっても
 自己の人生観に変化はない。

*****

東方星の「陽性」と「陰性」。
子供が幼児期において自分の母親をどのように
受け止めるかは、運命の謎を知る上で大切です。
同じ親から生まれた兄弟ですら、
自分たちの親に対する評価は異なるのです。

しかし幼児期の母親観は、本人が気付かないうちに
形成され、それがやがて成人したときに
世の中での人間関係を大きく左右する
原動力となるのです。

例えば、早く生母を亡くし、養母に育てられ、
その養母が自己表現が未熟な人だったら、
子供は養母を捉えきれず、知らず知らずのうちに
用心深い接し方をするようになったとしましょう。

本人(子供)は特別に意識しなかったとしても、
世の中に出てから自然に友人の数が少なくなり、
何事にも用心深い行動をするようになるのです。

それ故に他人の心を理解するという行為よりも、
自分の心を傷つけまいとする行為が優先し、
経済力や社会的地位を手に入れ、
立派な成功者となったとしても、
妻や子供には真の理解を得られなくなってくるのです。

そこに精神的な孤独が生まれ、他人の助言を
受け入れにくい人生観が形成されるのです。

母親が庶民的な情性優先の人間性を持ち、
子供の方が高い理性と貴人的な要素を持っていれば
子供がある年代に達すると自分の世界と
母親の世界の異なりに気付きます。
その時の子供の落胆は大変なものになるのです。

このような状態の中で子供自身は反発反抗の精神を
構成していく場合と、自滅していく場合とに分かれ、
前者は「自己発揮」の人生に進みやすく、
後者は「無気力」人生となる要素となるのです。

つまり他人に対する責任感以前に、
自分に対する責任感が生まれてこないのです。

この十大主星と言うのは、人間が所有する5つの本能を
「陰」と「陽」に分け、10種の「本能世界」を
作り上げたことに始まります。

そのため、十大主星の東方に現れた星も、
「陽」の十大主星を持つ人と、
「陰」の十大主星を持つ人に分けることができます。

*陽星は、
貫索星、鳳閣星、禄存星、車騎星、龍高星

*陰星は、
石門星、調舒星、司禄星、牽牛星、玉堂星

と、それぞれ5種類存在します。
本人の性別は別として、東方に「陽の星」を持つ人は
母親の精神面から理解しようとし、
「陰の星」を持つ人は、現実面から理解します。

*陽星=精神=無形=物の考え方を知る
*陰星=現実=有形=行動から理解する

そこで陽の星を持つ人は母親に求めるものが
「精神」となり、陰の星を持つ人は、
「形のあるもの」を求めようとします。

この理論を母親から見れば、
東方に「陽の星」を持つ子供には、「物」よりも、
「優しい言葉」で母親を理解する能力を持ち、
「陰の星」を持つお子さんには、
「形あるもの」を与えてこそ、真の理解が生まれます。

母親にとって育て方が難しいのは「陰の星」を
東方に所有する子供さんです。

子供は「形から」母親を理解するわけですから、
母親の日頃の行動そのものが子育てに繋がっていると
言っても過言ではありません。

母親の買い物や家事にいそしんでいる姿に
母親らしくないものがあれば、
とたんに母親の権威は失墜してしまいます。

一方、「陽の星」を持つ子供さんは、逆に
「形」が通じないために、言葉だけで理解します。

*****

少し捉え方が難しかったかも知れませんが、
あくまで「子供さんの東の星から見た母親像」です。
決して子供が見えている状態の「母親」ではありません。

「十人十色」と言いますが、
子供が母親を捉える姿も「十人十色」なのです。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

 
    
知っておくと何事にも便利なツールです。
長期旅行や短期旅行でも、目指す方位は重要です。
しかし生まれ年で見る「九星」は、4~5人の家族では、
家族で旅行する場合、「全員ラッキー方位」とは限りません。
誰かが「行ってはいけない」方位になる場合もあります。
そんなとき、
「あまり行きたくないなあ」と言った人がいた場合は、
本人は何か感じるものがあって、気が進まないのです。
何となく自然にブレーキがかかっているのです。
こんな時はむりやり一緒の行動を取らず、
行きたくない人は残して、行きたい人だけ行くことにしましょう。
「ムシの知らせ」と言うのが正にそうなんです。

*吉方位を利用して「運気アップを」
*物事が停滞してなかなか進展しない。
*ここのところ変な人ばかりが寄ってくる。
*人間関係がどうもスムーズにいかない。
*出るお金が多くて、なかなかお金が残らない。
*誰かいい人いないかなあ?

  ・・・と、日常的にはこの他にも色々と悩みはありますが、
こんな時は「吉方位」を利用して、方位のパワーを受け、
運気アップを図ることも出来るのです。
しかし、単に行けばいいというものではありません。
「パワースポットのエネルギー」は強烈ですから、
びっくりするくらい好転する場合もあります。

運気アップの方位は「方徳」と言い、
運気ダウンの方位を「方災」と言います。
変な方位に行くと、次から次ぎへと「災い」を背負い込み、
なかなか抜けきれない事態になります。
暮れ暮れも動くときは注意しましょう。

*吉方位に旅をして、先ず行わなければならないことは、
①その土地の「神社や仏閣」にご挨拶すること。
②その土地の名産や名物を食べる。
③土地の温泉に入る。
④帰りには友人や知人にお土産を用意する。
上記の①~④は、自然に皆さんおやりになっているでしょうが、
むしろ「旅の常識」とも言えるものです。
お土産もそんなにムリすることはありません。
分相応のお土産で充分なのです。

「吉凶悔吝(かいりん)は動より生ず」
*低迷している運気を嘆くことなく、思い切って動いてみましょう。
*動より生ずは、動かなければ何も始まらない。
*犬も歩かなければ、棒にも当たらないのです・・・?
と言うことです。

動くときはなるべく「同級生」とか、
仲間同士の気の合ったグループをお薦めします。
が、しかし、
「良い方位」だからと言って、全員良いとは限りません。
「良い方位」があれば、必ず「悪い方位」もあることを
前提に考えなければなりません。

でも、引越や旅行の目的があると、
何となく時期と、方位が気になって調べてしまいますが、
大体、あまり良くはないが、まあまあかな?
と言うときに現地に入っても、
そんなにワクワクするようなこともなく、
淡々とした旅行になるものなんです。
しかし、「吉方位」への移動や旅行では、
早ければ計画中にも「方徳作用」が表れてきます。
このように即効性のあるものや、
一定の時間経過の後に表れる場合もあります。

そこで、九星によるそれぞれの生まれ年の星をご紹介しましょう。
まだ今年の誕生日を迎えていない人も、
今年(2017.2.4~2018.2.3まで)の
年齢でカウントしています。

 

◎一白水性
大正7年(1918年)99歳 戊午
昭和2年(1927年)90歳 丁卯
昭和11年(1936年)81歳 丙子
昭和20年(1945年)72歳 乙酉
昭和29年(1954年)63歳 甲午
昭和38年(1963年)54歳 癸卯
昭和47年(1972年)45歳 壬子
昭和56年(1981年)36歳 辛酉
平成2年(1990年)27歳 庚午
平成11年(1999年)18歳 己卯
平成20年(2008年)9歳  戊子
平成29年(2017年)0歳 丁酉


◎二黒土性
大正6年(1917年)100歳 丁巳
昭和元年(1926年)91歳 丙寅
昭和10年(1935年)82歳 乙亥
昭和19年(1944年)73歳 甲申
昭和28年(1953年)64歳 癸巳
昭和37年(1962年)55歳 壬寅
昭和46年(1971年)46歳 辛亥
昭和55年(1980年)37歳 庚申
平成元年(1989年)28歳 己巳
平成10年(1998年)19歳 戊寅
平成19年(2007年)10歳 丁亥
平成28年(2016年) 1歳 丙申


◎三碧木性

大正14年(1925年)92歳 乙丑
昭和9年(1934年)83歳 甲戌
昭和18年(1943年)74歳 癸未
昭和27年(1952年)65歳 壬辰
昭和36年(1961年)56歳 辛丑
昭和45年(1970年)47歳 庚戌
昭和54年(1979年)38歳 己未
昭和63年(1988年)29歳 戊辰
平成9年(1997年)20歳 丁丑
平成18年(2006年)11歳 丙戌
平成27年(2015年) 2歳 乙未

◎四緑木性

大正13年(1924年)93歳 甲子
昭和8年(1933年)84歳 癸酉
昭和17年(1942年)75歳 壬午
昭和26年(1951年)66歳 辛卯
昭和35年(1960年)57歳 庚子
昭和44年(1969年)48歳 己酉
昭和53年(1978年)39歳 戊午
昭和62年(1987年)30歳 丁卯
平成8年(1996年)21歳 丙子
平成17年(2005年)12歳 乙酉
平成26年(2014年) 3歳 甲午

◎五黄土性
大正12年(1923年)94歳 癸亥
昭和7年(1932年)85歳 壬申
昭和16年(1941年)76歳 辛巳
昭和25年(1950年)67歳 庚寅
昭和34年(1959年)58歳 己亥
昭和43年(1968年)49歳 戊申
昭和52年(1977年)40歳 丁巳
昭和61年(1986年)31歳 丙寅
平成7年(1995年)22歳 乙亥
平成16年(2004年)13歳 甲申
平成25年(2013年) 4歳 癸巳

◎六白金性
大正11年(1922年)95歳 壬戌
昭和6年(1931年)86歳 辛未
昭和15年(1940年)77歳 庚辰
昭和24年(1949年)68歳 己丑
昭和33年(1958年)59歳 戊戌
昭和42年(1967年)50歳 丁未
昭和51年(1976年)41歳 丙辰
昭和60年(1985年)32歳 乙丑
平成6年(1985年)23歳 甲戌
平成15年(2003年)14歳 癸未
平成24年(2012年) 5歳 壬辰

◎七赤金性
大正10年(1921年)96歳 辛酉
昭和5年(1930年)87歳 庚午
昭和14年(1939年)78歳 己卯
昭和23年(1948年)69歳 戊子
昭和32年(1957年)60歳 丁酉
昭和41年(1966年)51歳 丙午
昭和50年(1975年)42歳 乙卯
昭和59年(1984年)33歳 甲子
平成5年(1993年)24歳 癸酉
平成14年(2002年)15歳 壬午
平成23年(2011年) 6歳 辛卯

◎八白土性
大正9年(1920年)97歳 庚申
昭和4年(1929年)88歳 己巳
昭和13年(1938年)79歳 戊寅
昭和22年(1947年)70歳 丁亥
昭和31年(1956年)61歳 丙申
昭和40年(1965年)52歳 乙巳
昭和49年(1965年)43歳 甲寅
昭和58年(1983年)34歳 癸亥
平成4年(1992年)25歳 壬申
平成13年(2001年)16歳 辛巳
平成22年(2010年) 7歳 庚寅

◎九紫火性
大正8年(1919年)98歳 己未
昭和3年(1928年)89歳 戊辰
昭和12年(1937年)80歳 丁丑
昭和21年(1946年)71歳 丙戌
昭和30年(1955年)62歳 乙未
昭和39年(1964年)53歳 甲辰
昭和48年(1973年)44歳 癸丑
昭和57年(1982年)35歳 壬戌
平成3年(1991年)26歳 辛未
平成12年(2000年)17歳 庚辰
平成21年(2009年) 8歳 己丑

*比較的安全な旅行を楽しみたいなら、
「同級生」同士をお勧めします。
その反面、悪い方位に行った場合は、
全員悪い影響を受けるかも知れません。
引き続きご愛読ください。

*****

AD
いいね!した人  |  コメント(15)

テーマ:


週間吉方位と凶方位
3月27日~4月2日

*3月27日(月)/先勝
一白水性/吉方位:北・西
・北西/凶方位:北東・南西
二黒土性/吉方位:なし/凶方位:北東・南西
三碧木性/吉方位:
東南・東・西
/凶方位:北東・南西
四緑木性/吉方位:
東南
・東・北西/凶方位:北東・南西
五黄土性/吉方位:
東南・南・
/凶方位:北東・南西
六白金性/吉方位:
東南・北
/凶方位:北東・南西
七赤金性/吉方位:
東南・北
/凶方位:北東・南西
八白土性/吉方位:なし/凶方位:北東・南西
九紫火性/吉方位:北西・
西/凶方位:北東・南西

*3月28日(火)/先負
一白水性/吉方位:なし/凶方位:東・西
二黒土性/吉方位:
・北/凶方位:東・西
三碧木性/吉方位:なし/凶方位:東・西
四緑木性/吉方位:南西/凶方位:東・西
五黄土性/吉方位:南西・
南・東南
・北東・北/凶方位:東・西
六白金性/吉方位:
東南・南
・北/凶方位:東・西
七赤金性/吉方位:なし/凶方位:東・西
八白土性/吉方位:
東南・南西・
・北東/凶方位:東・西
九紫火性/吉方位:
東南・北西/凶方位:東・西

*3月29日(水)/仏滅
一白水性/吉方位:西北東
/凶方位:東南・北西
二黒土性/吉方位:
西・南・北・北東
/凶方位:東南・北西
三碧木性/吉方位:なし/凶方位:東南・北西
四緑木性/吉方位:なし/凶方位:東南・北西
五黄土性/吉方位:
北東西
・北・東/凶方位:東南・北西
六白金性/吉方位:なし/凶方位:東南・北西
七赤金性/吉方位:南・
西・東・南西
/凶方位:東南・北西
八白土性/吉方位:
西・北・東・北東
/凶方位:東南・北西
九紫火性/吉方位:東・南/凶方位:東南・北西

*3月30日(木)/大安
一白水性/吉方位:東南・東・西
・北東/凶方位:なし
二黒土性/吉方位:南・
西
・北西/凶方位:なし
三碧木性/吉方位:
東南・南・
/凶方位:なし
四緑木性/吉方位:東・南・
/凶方位:なし
五黄土性/吉方位:なし/凶方位:なし
六白金性/吉方位:
西東南・北東・
/凶方位:なし
七赤金性/吉方位:北西・
・南西・北東/凶方位:なし
八白土性/吉方位:南・
西
・北西・南西/凶方位:なし
九紫火性/吉方位:東・
東南・南西・北東/凶方位:なし

*3月31日(金)/赤口
一白水性/吉方位:・南西/凶方位:東南・北西
二黒土性/吉方位:北東・
西
/凶方位:東南・北西
三碧木性/吉方位:
・北東・
/凶方位:東南・北西
四緑木性/吉方位:なし/凶方位:東南・北西
五黄土性/吉方位:北東・北・
西
/凶方位:東南・北西
六白金性/吉方位:なし/凶方位:東南・北西
七赤金性/吉方位:なし/凶方位:東南・北西
八白土性/吉方位:北東・北/凶方位:東南・北西
九紫火性/吉方位:
・南西・西/凶方位:東南・北西

*4月1日(土)/先勝
一白水性/吉方位:東南・南西
・北/凶方位:東・西
二黒土性/吉方位:
東南
・北西/凶方位:東・西
三碧木性/吉方位:なし/凶方位:東・西
四緑木性/吉方位:
北東
・北/凶方位:東・西
五黄土性/吉方位:
東南
・北西・南/凶方位:東・西
六白金性/吉方位:
北東
・南・北西/凶方位:東・西
七赤金性/吉方位:なし/凶方位:東・西
八白土性/吉方位:
東南
・南/凶方位:東・西
九紫火性/吉方位:なし/凶方位:東・西

*4月2日(日)/友引
一白水性/吉方位:東・東南・
・南/凶方位:南西・北東
二黒土性/吉方位:なし/凶方位:南西・北東
三碧木性/吉方位:
西・
・北西/凶方位:南西・北東
四緑木性/吉方位:
西
・南・北西/凶方位:南西・北東
五黄土性/吉方位:東・
東南
・北西/凶方位:南西・北東
六白金性/吉方位:
東南・西
/凶方位:南西・北東
七赤金性/吉方位:東・
西
/凶方位:南西・北東
八白土性/吉方位:なし/凶方位:南西・北東
九紫火性/吉方位:南・
/凶方位:南西・北東

*****









*****

いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:


今日はちょっと面白く取り組んだ
六十干支をご紹介したいと思います。

おもしろ六十干支
干支と聞いても普段はあまり縁のないものですが、
人間の営みの中で、結構役に立ったり、邪魔したり、
私たちの日常に影響を及ぼしているのです。

干支の組合せは、十干が10個と、十二支が12個で、
全部を掛け合わせると120の干支が出来上がります。
しかし現実には60個しかありません。
十干が6回と十二支が5回の巡り合わせで
合計60個となっています。

さてみなさん、これは不思議に思われませんか?
本来は全て組み合わせた120個の干支が
計算上は成り立つのですが、
実はこの裏側には秘密が隠されているのです。

その秘密というのは、「陰陽」の存在なのです。
十干にも陰陽があり、十二支にも陰陽があります。
この陰陽がくせ者で、干支の成立というのは
陽干に対しては、陽の十二支が付され、
陰干に対しては、陰の十二支が組み合わされているのです。

合計120の干支になると、
陰干に対して陽の十二支、陽干に対して陰の十二支が
60個存在しているのです。
ですから120の干支には、無意味な干支が60個存在しており、
この部分が削除されて、60種類で構成されているのです。

十干とは、
甲(陽)、乙(陰)/木性
丙(陽)、丁(陰)/火性
戊(陽)、己(陰)/土性
庚(陽)、辛(陰)/金性
壬(陽)、癸(陰)/水性

十二支とは、
子(陽)/水性
丑(陰)/土性
寅(陽)/木性
卯(陰)/木性
辰(陽)/土性
巳(陰)/火性
午(陽)/火性
未(陰)/土性
申(陽)/金性
酉(陰)/金性
戌(陽)/土性
亥(陰)/水性

上記の十干の陽干に対し、十二支の陽支の組合せが30個、
そして十干の陰干に対し、十二支の陰支の組合せが30個となり、
合計60種類の干支が出来上がっている訳です。

これで60干支の組合せがお分かり頂いたと思いますが、
今日はおもしろ、おかしくまとめてみました。
この解説はまったくでたらめなものではなく、
ある意味で核心を突いた見方でもありますので、
頭には入りやすいと思います。

 

ウェートバランス
日干支:50%
年干支:25%
月干支:25%

上段は干支の特徴。
下段は覚えやすく記述しました。
*ご自分の命式で捉えてください。

1.甲子/社鼠/高貴な鼠供物を食す、心優しくきれい好き、長寿
  心優しく ロマンチスト 理知的人生 波瀾万丈

2.乙丑/乳牛/人情深い、人に尊敬を愛し、温厚篤実
  温厚篤実 お人好し 努力忍耐 マイペース

3.丙寅/寝寅/武士は食わねど、食物運搬人、徳のある人
  多芸多才の 健康長寿 よそ見をすると 便利屋人生

4.丁卯/野兎/快活でお転婆多弁、福を口から生み出す
  家族思いの 肉親愛 ゆめ追う人生 離郷で開運

5.戊辰/出世龍/天運強、1を聞き10を知る、幼少神童、わがまま
  独創的な 独立独歩 少進不退の 独断専行

6.己巳/王蛇/位い高き蛇、賢明剛直、人に負けない
  外見穏やか 中味は頑固 デリカシーと 太っ腹
 
7.庚午/兵馬/上官の命を守り、身命をして忠節堅実な魂
  情が深くて 直情正直 不惜身命 離郷で開運

8.辛未/野羊/堅実な人生、自我強い、一文惜しみの百知らず
  堅実人生 自我強く 一文おしみの 百知らず

9.壬申/親猿/壮健、勇気あり、大ざっぱ
  知性に溢れる 向上心 自意識過剰な 好奇心

10.癸酉/家鶏/性格温順、忍耐、人を益し世を利す
  記憶抜群 知識欲 才色兼備 度胸あり

11.甲戌/狂犬/温順だが、大事に当たると逆上する
  ロマンチックな 感受性 古風な心情 合理的

12.乙亥/勇猪/活動家、正義感あり、男性的、正直、理屈屋
  人生荒波 度胸で克服 感性鋭い 協調精神

13.丙子/野鼠/元気はつらつ活動家、才知に優れ黙々実行
  才知に優れた 行動派 短気な人生 旭日昇天

14.丁丑/耕牛/労働的使命を帯びて酷使、気が荒く短気で孤独
  自分に厳しく 周りに寛大 好かれすぎるは 先祖の恩恵

15.戊寅/暴虎/波風を立てる、人の成功をねたむ、復讐心強い
  仁徳備えた 見栄っ張り 末は社長か 大臣か

16.己卯/家兎/生活に困らない、利口、温順愛される
  種まき運の 開拓精神 利口、温順 明るい人生

17.庚辰/昇龍/気は荒く、臆病小心、広い舞台が必要
  豪放磊落 進軍上手 大きなフィールド 気宇壮大

18.辛巳/まむし/胆力、正義感、警戒心、任侠
  発想柔軟 正義の味方 上品ムードで 広い交際

19.壬午/種馬/馬の中の一等、血統証付き
  霊感豊かで 起伏激しく 瞬間燃焼 多芸多才

20.癸未/綿羊/独立独歩、無一文から大金を掴む
  表面穏やか 闘志秘め 真面目な性格 異性に注意

21.甲申/王猿/才能に富む、感情鋭敏、用心深い
  才能豊かで 感情鋭敏 多芸多才で 便利屋人生

22.乙酉/水鶏/声が朗らか、表に立つことを嫌う、こせこせ
  エネルギッシュで 行動派 犠牲的精神 人のため

23.丙戌/猟犬/先見の明あり、忍耐、努力家
  忍耐努力の 先見性 孤独嫌いの セールスマン
 
24.丁亥/遊猪/正直、小心、愚図、人情家、人に愛される
  感性鋭く 優柔不断 霊感あります 奉仕の精神

25.戊子/木鼠/利口、同情心あり、人の世話をし尊敬される
  利口、同情 人の世話 尊敬集めて 愛情奉仕

26.己丑/気性強く、商才がきく、外交的手腕
  競争好まず 外交手段 健康長寿の ゆっくり人生

27.庚寅/騎虎/千里を走る虎、急ぎ慌ただしい親分肌
  高い理想と 大きな夢 千里を走る 親分寅

28.辛卯/月兎/月世界で夢を食べる、行動は哲人的、理想型
  心優しく 穏やか親切 汚れを知らない 善男善女

29.壬辰/隠龍/天才佳人、幸運と知識を持つ、自己評価低い
  知性溢れる 天才佳人 家系区切りの長男長女

30.癸巳/寝蛇/なまけ蛇、楽して金儲け、一攫千金財をなくす
  世渡り上手な 風流人 疑い深くも 一攫千金

  
31.甲午/騎馬/金回りよく一時は飛ぶ鳥、老いてロバにも劣る
  優しく純粋 お人好し 安らぎ与える 真夏の木陰

32.乙未/玉羊/美しくか弱い、小心臆病、短気、応用ムリ
  小心、臆病 忍耐強く 礼儀礼節 律儀な守り

33.丙申/火猿/欲深いお喋り上手、安請け合いをして苦しむ
  お喋り上手も 欲深く 発想豊かで 裏金作り

34.丁酉/闘鶏/先天的闘争心に富む、一文惜しみの百知らず
  負けず嫌いの 闘争心 苦難超越 人情家

35.戊戌/野良犬/自由気まま、行き当たりばったり
  自由気ままの 単独行動 勝負大好き 一攫千金

36.己亥/病猪/臆病、取り越し苦労、信じやすい、飽きっぽい
  高いプライド 強い自我 一か八かの 度胸あり

37.庚子/白鼠/人の食べ物で生活、自活しにくい
  空想豊かな 夢見る人生 裏金求める 冒険心

38.辛丑/牧牛/生活不自由なし、良い主人を持てば安心
  ユーモア溢れ 頭脳聡明 のんびり穏やか 地道な人生

39.壬寅/乳虎/優しい人生、家族のために働き、人に捧げる
  感性鋭い 夢追い人生 音楽、芸術 場は世界

40.癸卯/小兎/愛嬌者、感情に走らず気品あり、人の言いなり
  品性豊かで 几帳面 感情抑えて 人の言うなり

41.甲辰/下り龍/短気、焦慮、煩悶、空威張り、疑い深い
  地味で控えめ 短気で煩悶 最後に打ち勝つ 信仰心

42.乙巳/長蛇/温順に見えるが、怒ると執念深く孤独
  煌びやかで 魅力的 軌道外れの 危険な恋愛

43.丙午/神馬/神が乗る馬、働き者、正直お世辞なし
  上昇、下降 周囲の犠牲 臥薪嘗胆 異国の帝王

44.丁未/病羊/病気多い、短気、正直、小心、くそ度胸
  短気、小心 くそ度胸 徳に攻められ 最後に笑う

45.戊申/山猿/趣味に富み勉強家、人気者、理屈屋
  行雲流水 趣味に富み 人情溢れる まとめ役

46.己酉/野鶏/自由気まま外出好き、遊び回る、華美を好む
  自由気ままで 華美好み 地道な努力は 開拓運

47.庚戌/猛犬/温順、正直、淡泊、勝ち気、(ブルドック)
  内に秘めた 闘争心 地味で理知的 退却上手

48.辛亥/家猪/正直温厚で人に愛される、常に不満で世を送る
  鋭い感性 デリケート 無から有への 不思議な霊感

49.壬子/暗鼠/完璧強く、負けず嫌い、一酷者(ドブネズミ)
  成績優秀 世渡り上手 お人好しの 開拓者

50.癸丑/車牛/自由を束縛され、酷使される、晩年は良い
  孤独で冷静 粘りが強く 時には鋭い 批判力

51.甲寅/猛虎/空威張り、外見威勢良く内心臆病、わがまま
  創意工夫の 健康長寿 補佐役徹して 運気上昇

52.乙卯/怠兎/暇あれば遊ぶ楽しむ、美しい着物、化粧を好む
  堅実努力は 組織の要 実力発揮は 中年以降

53.丙辰/寝龍/あらゆる憂き目に合い、我慢し涙を飲んで働く
  無意識言動 ちぐはぐ人生 波乱に耐えるも 軽挙妄動

54.丁巳/大蛇/意気地なし動作鈍く、温順小心、陰日向がない
  静かで温順 完全主義者 燃える炎は 一直線

55.戊午/駄馬/飼い主で運の吉凶が決まる、目上、主人、夫
  回転速く 土壇場剛運 教養積んで 大器晩成

56.己未/山羊/温順才子、佳人多く利口長寿、家庭に恵まれる
  温順才子 佳人多く 突然変化も 立身出世

57.庚申/芸猿/利口、記憶力が優れている
  前進しながら 知的な守り 見抜く力は 裏おもて

58.辛酉/軍鶏/自己防衛、正直、実直、努力家
  曲げない頑固 主義主張 静かな自我心 理数に才

59.壬戌/愛犬/几帳面、美衣食、きれい好き、気まま(チン)
  ロマン豊かな 多芸多才 人を見抜いて 頭角現わす

60.癸亥/荒猪/乱暴、常識外れ、茶目、人気あれば憎まれる
  常識はずれの 人間関係 人気もあれば 憎まれもする

*****

いいね!した人  |  コメント(2)

テーマ:


わかりやすい「干支のお話」

今日は「干支」のお話をしましょう。
干支(かんし)とは、十干と十二支の組合せをいいます。
全部で60種類あり、年、月、日にそれぞれ循環しています。

そして60年経過すると「還暦」となり、
赤いちゃんちゃんこを着て、お祝いされます。
満60歳の誕生日となるのです。

十干(じゅっかん)とは、
甲(こう)、乙(おつ)、丙(へい)、丁(てい)、戊(ぼ)、己(き)、
庚(こう)、辛(しん)、壬(じん)、癸(き)の10種類を言い、

十二支(じゅうにし)とは、
子(ね)、丑(うし)、寅(とら)、卯(う)、辰(たつ)、巳(み)、
午(うま)、未(ひつじ)、申(さる)、酉(とり)、戌(いぬ)、亥(い)
の12種類を言います。

「干支の組合せ」
この十干、十二支にも実は「陰陽」があり、
「陽干」と「陽支」が一対となり、30種類出来上がり、
「陰干」と「陰支」が一対となり、30種類出来上がります。
合計60種類となっています。

「陽干とは」
甲、丙、戊、庚、壬の5種類

「陰干とは」
乙、丁、己、辛、癸の5種類で 合計10個あります。

十二支にも「陰陽」があり、
「陽支とは」
子、寅、辰、午、申、戌の6種類、
「陰支とは」
丑、卯、巳、未、酉、亥の6種類で 合計12個あります。

そして干支の組合せは、「陽干と陽支」が陽のセットになり、
「陰干と陰支」が陰のセットになります。つまり
甲の場合、甲子、甲寅、甲辰、甲午、甲申、甲戌=甲のグループ6個
乙の場合、乙丑、乙卯、乙巳、乙未、乙酉、乙亥=乙のグループ6個
丙の場合、丙子、丙寅、丙辰、丙午、丙申、丙戌=丙のグループ6個
丁の場合、丁丑、丁卯、丁巳、丁未、丁酉、丁亥=丁のグループ6個
戊の場合、戊子、戊寅、戊辰、戊午、戊申、戊戌=戊のグループ6個

己の場合、己丑、己卯、己巳、己未、己酉、己亥=己のグループ6個
庚の場合、庚子、庚寅、庚辰、庚午、庚申、庚戌=庚のグループ6個
辛の場合、辛丑、辛卯、辛巳、辛未、辛酉、辛亥=辛のグループ6個
壬の場合、壬子、壬寅、壬辰、壬午、壬申、壬戌=壬のグループ6個
癸の場合、癸丑、癸卯、癸巳、癸未、癸酉、癸亥=癸のグループ6個

以上合計60個となります。
これ以外の干支はありません。
一般の方にはここまでで十分ですが、
読者には特別に第2弾を放ちましょう。

十干や十二支にはそれぞれ役目や場所があり、
さらに細かく説明していきましょう。

次のようにそれぞれが定義されています。
①方向、②季節、③十干、④十二支、⑤五行、⑥五徳

①東 ②春 ③甲、乙 ④寅、卯 ⑤木性 ⑥仁徳
①南 ②夏 ③丙、丁 ④巳、午 ⑤火性 ⑥礼徳
①西 ②秋 ③庚、辛 ④申、酉 ⑤金性 ⑥義徳
①北 ②冬 ③壬、癸 ④亥、子 ⑤水性 ⑥知徳
①中央 ②土用 ③戊、己 ④丑、未、戌、辰 ⑤土性 ⑥信徳

*ここで鋭い人は、なぜ土用が4個あるのか?
とお気付きの方もいらっしゃると思います。
そうなんです。
実は、季節の変わり目ごとにこの「土用」が
挟み込まれているのです。
夏のウナギの日だけが土用ではありません。

つまり冬から春にいたる丑月(1月)の土用は、
凍り付いた土が春の日に溶け始め、
やがて草花の芽が出始める準備の月なのです。

春から夏にかけての辰月(4月)は木々の活発な成長期です。
土は栄養分を木々に提供し、水分を吸い上げられます。

夏から秋口に至る未月(7月)は、土はからからになり、
すべて木々に栄養分を提供することは出来ませんが、
この時期は雨期でもあり、木々は太陽や葉から
栄養分を吸収していきます。

やがて秋戌月(10月)になり、
木々は葉を落とし土を覆うほどになると、
土は落ちた葉っぱから冬にかけて、栄養分を蓄えていくのです。
こうして「五行」の営みが繰り返されているのです。

ここで簡単に「五行」の説明をしておきましょう。
*相生(そうしょう)の関係
*水生木(すいしょうもく)/水は木を生じる。
*木生火(もくしょうか)/木は燃えて、火を生ずる。
*火生土(かしょうど)/火は燃えて灰になり、土を生ずる。
*土生金(どしょうきん)/土は圧力でしまり、金を生ずる。
*金生水(きんしょうすい)/金属は冷えると、水を生み出す。

*相剋(そうこく)の関係
*水剋火(すいこくか)/水は火を刻す。
*火剋金(かこくきん)/火は金属を溶かす。
*金剋木(きんこくもく)/金(ナタ)は枝や葉を落とす。
*木剋土(もっこくど)/木は土に根を張り土をいじめる。
*土剋水(どこくすい)/土は堤防となり、水の流れを変える。

以上が「五行」の相生と相剋です。
これも頭に入れておくと便利です。

さらに発展させて、もう一丁いってみようか・・・。
甲の意味:木性(陽)、単独、守り、大樹、奉仕、援助など
乙の意味:木性(陰)、柔軟、集団の守り、草花
丙の意味:火性(陽)、明るい、伝達する、伝承、陽気、太陽
丁の意味:火性(陰)、灯火、孤独、反発・反抗
戊の意味:土性(陽)、山、不動、積み重ね、プライド

己の意味:土性(陰)、大地、受容、育成、忍耐
庚の意味:金性(陽)、金属、岩、攻撃、犠牲的
辛の意味:金星(陰)、宝石、輝き、義侠心、支援
壬の意味:水星(陽)、大海、好奇心、外国、動の学び
癸の意味:水星(陰)、小川、保守的、知識欲、古典

なお、十干は空間、精神的な考え方や思考性を現し、
十二支は時間軸の行動特性を現します。

*****

いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:


こんにちわ。本日は
五行のエネルギー「300以上の人」


五行のエネルギーとは「行動のエネルギー」です。
保有エネルギーが300以上の人は、平均より
50%以上も高いレベルです。

私が鑑定したお客様の中で、最大で360の人が
いましたが、ほぼMAXに近いレベルです。
見た目には普通の人と何ら変わりはありませんが、
むしろエネルギーが高すぎて普通の状態では特長も
判別がつきません。

当然、動的エネルギーが中心となる体力やスタミナ面で
優れていますが、非常に温厚なイメージです。

エネルギーを逆説的に捉えると、火性や土性の多い
人は傾向的にエネルギーは高くなるのです。

反対に水性(陽)や木性(陰)、金性(陰)などは
静的エネルギーが集中しやすい傾向です。
この場合は動的エネルギーが少なくなる。

では、何故に火性や土性はエネルギーが高くなるかと
言えば、
土性とは辰、戌、丑、未の年月日に表出する人。
火性とは午、巳となりますが、巳の方が多い。

さらに「自然界の謎」に迫ってみたいと思います。
自然界では、寒い冬場は動物たちも冬眠したり、
雪や氷などで行動しにくい状態であり、
草原や山間でも植物は育ちません。

従って、冬眠する動物たちは秋のシーズンに
身体の脂肪を蓄え、越冬の準備に入ります。
これも越冬のためのエネルギーを蓄えているのです。
しかし越冬中は殆ど動かないために、行動のための
エネルギーは必要ありません。

反対に、辰月(4月)から未月(7月)は、動物たちは
移動(行動)しながら、食べ物を探し求めています。
当然のように行動のエネルギーが必要になり、自然に
動けるようになっているではありませんか。

冬の季節や旺期とは、(エネルギーが少ない)
冬の季節/亥(11月)、子(12月)であり、
旺期とは/卯(3月)、酉(9月)です。
あまり動きを必要としないとき。

春になると草花は活発に成長し、草原の動物たちを
育んで行きます。

春はともかく、秋は実りのシーズンです。
森に住む動物たちは夏から秋にかけて食べ物を求め
動けますが地上の草食動物に比べれば移動する距離は
少ないはずです。

ここで改めて気付いたことがありますが、自然界と
エネルギーの関係では、人間と同じように動物たちも
影響を受けているのかも知れませんね。
いや、動物たちがより自然であり、人間界こそが
不自然であると考えなくてはならないかも・・・。

算命学の技法の中で、十干は精神分野で、
十二支は行動分野を表しているのです。

従ってご自分の命式の中に上記の辰・戌・未・丑や
巳が多く表出している人は、黙っていても
保有エネルギーが高くなるはずです。

エネルギーの最低数値は、100前後
エネルギーの最大数値は、360前後

ブログの記事では最低でも140以下はほぼ生活に
おいても特に変わりがないように、
高い人でも300以上でも大差ありません。

特長的に、エネルギー過多に現れやすいのが喉の渇き
から水分補給は第一に考えなくてはなりません。
出掛ける場合には必ず水分をいつでも補給できる
用意が必要でしょう。

「エネルギーが
300以上の人
*精神の特長
通常は細かく繊細に考える事は苦手の部類です。
何事にも大雑把ですから、細かいことには無頓着で
「キミに任せるよ」とか、
「大体でいいよ」などと、曖昧な感じです。

体力が勝る人は、運動や身体を動かすことには
敏感に反応しますが、精神的な面倒な事象には
細やかな思考では、頭が働かないのが特長です。

集中力も短時間で、長丁場となるとイライラしたり
集中力も切れやすくなります。

しかし、細かい思考を必要としない環境では長時間
稼働していたとしても疲労度が少なく、むしろ
精神的には安定傾向にあるのです。

エネルギーの少ない人に比べると、精神性は劣るために
言葉が足りないとか、思いやりがないなどの
周囲の不満が出るかも知れませんが、
細かい配慮などは、
当人はいっさい感知できていないのです。

エネルギーの高い人に精神的な配慮を求めても、行動が
中心ですから全く無視されてしまうかも知れません。

*行動の特長
体力やスタミナ面では、自信をもてるレベルにあります。
1週間に1度くらいの徹夜勤務だって充分可能となり、
何かと頼もしいエネルギーです。

また過激かなと思える労働環境でも、不平や不満も
出さず黙々と業務を遂行させていきます。

デスクワークやエネルギーを燃焼できない環境では
脆く、短時間で精神に病的症状が現れることもあります。
言葉が荒くなったり、切れやすい、イライラしたり、
すぐ怒鳴り散らすなど、冷静な判断ができなくなるのです。

エネルギーの高い人は、男女を問わず幼少期から
顕著に現れます。

幼児でも抱っこや乳母車に閉じ込めると、動きが少ない
ですから、短時間でイヤイヤしたり、大声でわめいたり
静止を無視して泣きじゃくる子もいます。

身体をくねらせ、汗もびっしりかくお子さんもいます。
こんな時は抱っこや乳母車から開放し、一人で自由に
歩かせてみてください。
嘘のように泣き止むことでしょう。

*睡眠時間
基本的には3時間の睡眠が必要です。
疲労感を伴う労働環境では、睡眠も熟睡状態になり、
3時間も取れば自然に目が覚めます。

しかも目覚めもスッキリですから、すぐに動くことも
可能になります。

もともと数値の高い人は、横になったら寝付きも早く
5分もしないうちに深い眠りに付けますが、
悩み事や考える事があると、なかなか寝付かれず
睡眠時間も通常より長くなるでしょう。

大体このレベルでは、何処でも寝ることができ、
ソファーや机にもたれかかっても眠れる人です。

*ベスト環境
なるべく身体を使う職場環境がベストです。
デスクワークが中心の人は、週に3回はスポーツジム
でトレーニングをするとか、休日には1時間くらいの
ジョギングをお薦めします。

食事や睡眠により身体から湧き出てくるエネルギーは
腹部の丹田に溜まり、そこから運動エネルギーが放出
されているのです。
ですから、先ずエネルギーを消化しなくてはなりません。

運動不足やエネルギーの消化不良を起こしますと、
まず腹部に症状が現れます。
その前には視力の低下や耳鳴りや難聴が発生するなどの
症状のある人もいます。

*注意事項
運動することと、水分補給は最低限必要です。

*****

いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:


週間吉方位と凶方位
3月20日~3月26日

*3月20日(月)/赤口
一白水性/吉方位:西北東
/凶方位:東南・北西
二黒土性/吉方位:
西・南・北・北東
/凶方位:東南・北西
三碧木性/吉方位:なし/凶方位:東南・北西
四緑木性/吉方位:なし/凶方位:東南・北西
五黄土性/吉方位:
北東西
・北・東/凶方位:東南・北西
六白金性/吉方位:なし/凶方位:東南・北西
七赤金性/吉方位:南・
西・東・南西
/凶方位:東南・北西
八白土性/吉方位:
西・北・東・北東
/凶方位:東南・北西
九紫火性/吉方位:東・南/凶方位:東南・北西

*3月21日(火)/先勝
一白水性/吉方位:東南・東・西
・北東/凶方位:なし
二黒土性/吉方位:南・
西
・北西/凶方位:なし
三碧木性/吉方位:
東南・南・
/凶方位:なし
四緑木性/吉方位:東・南・
/凶方位:なし
五黄土性/吉方位:なし/凶方位:なし
六白金性/吉方位:
西東南・北東・
/凶方位:なし
七赤金性/吉方位:北西・
・南西・北東/凶方位:なし
八白土性/吉方位:南・
西
・北西・南西/凶方位:なし
九紫火性/吉方位:東・
東南・南西・北東/凶方位:なし

*3月22日(水)/友引
一白水性/吉方位:・南西/凶方位:東南・北西
二黒土性/吉方位:北東・
西
/凶方位:東南・北西
三碧木性/吉方位:
・北東・
/凶方位:東南・北西
四緑木性/吉方位:なし/凶方位:東南・北西
五黄土性/吉方位:北東・北・
西
/凶方位:東南・北西
六白金性/吉方位:なし/凶方位:東南・北西
七赤金性/吉方位:なし/凶方位:東南・北西
八白土性/吉方位:北東・北/凶方位:東南・北西
九紫火性/吉方位:
・南西・西/凶方位:東南・北西

*3月23日(木)/先負
一白水性/吉方位:東南・南西
・北/凶方位:東・西
二黒土性/吉方位:
東南
・北西/凶方位:東・西
三碧木性/吉方位:なし/凶方位:東・西
四緑木性/吉方位:
北東
・北/凶方位:東・西
五黄土性/吉方位:
東南
・北西・南/凶方位:東・西
六白金性/吉方位:
北東
・南・北西/凶方位:東・西
七赤金性/吉方位:なし/凶方位:東・西
八白土性/吉方位:
東南
・南/凶方位:東・西
九紫火性/吉方位:なし/凶方位:東・西

*3月24日(金)/仏滅
一白水性/吉方位:東・東南・
・南/凶方位:南西・北東
二黒土性/吉方位:なし/凶方位:南西・北東
三碧木性/吉方位:
西・
・北西/凶方位:南西・北東
四緑木性/吉方位:
西
・南・北西/凶方位:南西・北東
五黄土性/吉方位:東・
東南
・北西/凶方位:南西・北東
六白金性/吉方位:
東南・西
/凶方位:南西・北東
七赤金性/吉方位:東・
西
/凶方位:南西・北東
八白土性/吉方位:なし/凶方位:南西・北東
九紫火性/吉方位:南・
/凶方位:南西・北東

*3月25日(土)/大安
一白水性/吉方位:なし/凶方位:南・北
二黒土性/吉方位:
・東南・南西/凶方位:南・北
三碧木性/吉方位:
北西
/凶方位:南・北
四緑木性/吉方位:なし/凶方位:南・北
五黄土性/吉方位:
・東南・南西・西
/凶方位:南・北
六白金性/吉方位:
・東南・西
/凶方位:南・北
七赤金性/吉方位:東南・
北西・南西・西
/凶方位:南・北
八白土性/吉方位:
・南西・西
/凶方位:南・北
九紫火性/吉方位:なし/凶方位:南・北

*3月26日(日)/赤口
一白水性/吉方位:なし/凶方位:北・南
二黒土性/吉方位:東南・東・
北東
/凶方位:北・南
三碧木性/吉方位:東南・
北東
/凶方位:北・南
四緑木性/吉方位:東南・
西
/凶方位:北・南
五黄土性/吉方位:東南・
南西
・東・北西/凶方位:北・南
六白金性/吉方位:なし/凶方位:北・南
七赤金性/吉方位:北西・東/凶方位:北・南
八白土性/吉方位:東南・
南西
・北西/凶方位:北・南
九紫火性/吉方位:なし/凶方位:北・南

*****

3月のべっぴんさん


ギョリュウバイ


ギョリュウバイ








ヒメキンギョソウ


ヒメキンギョソウ


ヒメキンギョソウ




ワスレナグサ


ローズマリー

クロッカス

*****
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:


こんにちわ。本日は
五行のエネルギー「260~300の人」


五行のエネルギーとは「行動のエネルギー」です。
保有エネルギーが260~300の人は、平均より
30~50%も高いレベルです。

動的エネルギーが中心となる体力やスタミナ面では
優れているのは間違いありません。
しかし精神的な静的分野では、逆に数値が高くなる
分だけ繊細さも半減してくるのです。

特に数値が240を越えると、肉体的にはじっとして
いられなくなりますから、このレベルでは必然的に
動的な反応の方が敏感とも言えるでしょう。

数値が200で平均値ですから、エネルギーが
30~50%も高くなると、通常の8時間労働よりも
無理なく10時間~12時間働けるエネルギーと
判断しても良いかも知れません。

その分だけ多く働いて多く収入が得られれば、
生活も豊かになるかも知れませんが、世の中は
そうは甘くないようですね。

しかし、考え方によっては全く不可能ではありません。
やる気のある人は、すぐにお金に結びつかなくても
未来のために技術の習得や習い事などから、自身の
特技を磨いている方もいるかも知れません。

人間というのは様々な可能性を秘めていますから、
自分の特長を最大に活かし、活用してこそ自身を
高める秘訣と思います。

また自分が知らなかった未知なる魅力を再発見する
こともあるのです。
何事もチャレンジし、失敗しながら特技や知能が
身について来るはずです。

公的な仕事は生きるための収入源ですから、
自分から進んでやっているとは限りません。
人生の早い内に自身の能力を知れば新たな未来が
開発され見えなかった部分が見えてきます。

260以上になると、疲労の回復も早く、睡眠時間も
4時間~3時間程度で充分と言えます。

朝6時に起床するために、通常11時には床に付ける
人でも、午前2時頃まで勉強や技術の習得、さらに
せっせと物作りに励んでも、1日に3~4時間
自分の時間があれば、未来に役立つ何かを身につける
時間にしてはいかがなものでしょうか。

1日24時間は万人に共通した時間ですが、エネルギー
の強弱により、時間の有効活用を考えれば、特長を
活かした生活スタイルがあると思われます。

幼少期の1歳を過ぎるころから、落ち着きがなく
あちこちと動き回り、まずおとなしく本を読んだり、
お絵かきするような光景は皆無と言っても良いでしょう。

特長的に、エネルギー過多に現れやすいのが喉の渇き
から水分補給は第一に考えなくてはなりません。
出掛ける場合には必ず水分をいつでも補給できる
用意が必要でしょう。

「エネルギーが
260~300の人
*精神の特長
細かく面倒なことは大の苦手となり、考え事や精神的な
分野は他人任せの状態になりやすいでしょう。
何事にも大雑把ですから、細かいことには無頓着で
物事を深く理詰めで考える人ではありません。

身体で表現したりサービスするのは得意分野ですが、
細かい気配りや思いやりなどは半減し、万一
要求しても期待通りはならないと思われます。

体力が勝る人は、運動や身体を動かすことには
敏感に反応しますが、精神的な面倒な事象には
細やかな思考では、頭が働かないのが特長なのです。

集中力も短時間で、長丁場となるとイライラしたり
集中力も切れやすくなります。
反面、行動面では抜群のスタミナを保有していますから
実に忍耐強く最後まで頑張り通すでしょう。
疲労度が少なく、むしろ精神的には安定傾向にあるのです。

エネルギーの少ない人に比べると、精神性は劣るために
言葉が足りないとか、思いやりがないなどの
周囲の不満が出るかも知れませんが、
細かい配慮などは、
当人はいっさい感知できていないのです。

エネルギーの高い人に精神的な配慮を求めても、行動が
中心ですから全く無視されてしまうかも知れません。
普段の行動をチェックしてみてください。

*行動の特長
体力やスタミナ面では、自信をもてるレベルにあります。
1週間に1度くらいの徹夜勤務だって充分可能となり、
何かと頼もしいエネルギーです。

また過激かなと思える労働環境でも、不平や不満も
出さず黙々と業務を遂行させていきます。

デスクワークやエネルギーを燃焼できない環境では
脆く、短時間で精神に病的症状が現れることもあります。
言葉が荒くなったり、切れやすい、イライラしたり、
すぐ怒鳴り散らすなど、冷静な判断ができなくなります。

エネルギーの高い人は、男女を問わず幼少期から
顕著に現れます。

幼児でも抱っこや乳母車に閉じ込めると、動きが少ない
ですから、短時間でイヤイヤしたり、大声でわめいたり
静止を無視して泣きじゃくる子もいます。

身体をくねらせ、汗もびっしりかくお子さんもいます。
こんな時は抱っこや乳母車から開放し、一人で自由に
歩かせてみてください。
嘘のように泣き止むことでしょう。

*睡眠時間
基本的には3~4時間の睡眠が必要です。
疲労感を伴う労働環境では、睡眠も熟睡状態になり、
3時間から4時間も取れれば充分でしょう。

しかも目覚めもスッキリですから、すぐに動くことも
可能です。

もともと数値の高い人は、横になったら寝付きも早く
5分もしないうちに深い眠りに付けますが、
悩み事や考える事があると、なかなか寝付かれず
睡眠時間も通常より長くなることもあります。

大体このレベルでは、何処でも寝ることができ、
ソファーや机にもたれかかっても眠れる人です。

*ベスト環境
なるべく身体を使う職場環境がベストです。
デスクワークが中心の人は、週に3回はスポーツジム
でトレーニングをするとか、休日には1時間くらいの
ジョギングをお薦めします。

その他にはダンスやエネルギーを消化するために
身体を動かすトレーニングを心がけて下さい。

食事や睡眠により身体から湧き出てくるエネルギーは
腹部の丹田に溜まり、そこから運動エネルギーが放出
されているのです。
ですから、先ずエネルギーを消化しなくてはなりません。

運動不足やエネルギーの消化不良を起こしますと、
まず腹部に症状が現れます。
一般的には便秘や下痢などですが、中には大事な臓器
にも影響を及ぼします。

特に女性の腹部は、男性にないものがありますから、
その辺りにも影響を及ぼす恐れもあります。
不妊症や痛み、リズムの不安定などの原因にも
なりやすいですから最大に注意しましょう。

運動不足の最初の症状は視力の低下や耳鳴りなど、
難聴が発生する人もいます。

*注意事項
運動することと、水分補給は最低限必要です。

*****

いいね!した人  |  コメント(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。