職員の右田成美(みぎたなるみ)作業療法士が由布市消防本部消防長より感謝状を頂きました。

 

2月14日の14:45頃の出来事・・・・・・

訪問リハビリのためご利用者宅を訪ねた右田成美が立ち上がる黒い煙に気づき、家の台所が燃えているところを発見、住民の避難誘導、消防署への通報、初期消火を行い、幸いにも大惨事を未然に防ぐことが出来ました。

 

一連の消火活動に対し、この度、由布市消防本部から表彰して頂きました。

 

火災現場(鎮火後)の台所。結構、燃えていたことが分かります。

 

消火に使用した消火器。家庭での消火器の設置は義務でないそうですが

、もし設置されていなかったことを考えるとゾッとします。

由布市消防本部を訪問。たぬき隊員もお出迎え(^^)

 

感謝状を授与されました。右田成美本人は所用で足を運べなかったので

代理で夫の右田直之(この人も井野辺の職員)が頂きました。

単身者、高齢者のみの世帯での火災がテレビや新聞で報道されることが増えています。

 

皆さま、火元にはくれぐれもご用心!!

 

 

 

AD