8月4日井野辺病院にて「転倒予防研究会」を開催しました。


リハビリテーション医療を行っている当院としては、患者さんの

「転倒」、「転落」は直面することの多い事故です。


当院では、1年に1回 「転倒」について真摯に向き合う機会-研修会「転倒予防研究会」を設けています。もちろん、この機会にとどまらず日頃から転倒についての試行錯誤、努力は惜しみなく取り組んでいます。


テーマ『転倒予防対策』について


西広島リハビリテーション病院の杉本真理子先生を講師にお招きし

講義して頂きました。


先進的な取り組みに多くの「気づき」得ることができました。


とてもわかり易く、丁寧に講義していただきました。


多くの職員が熱心に耳を傾けていました

AD