阿倍野にある あべきた鍼灸整骨院 院長のブログ

阿倍野 天王寺町南 あべきた整骨院 院長が
健康・東洋医学・趣味などをつぶやいています^^
当院へお越しの際はJRや地下鉄の天王寺駅、近鉄の阿部野橋駅からが便利ですよ

腰痛 肩こり しびれ などお体の不調でお困りの方、当院へご相談下さいませ。

NEW !
テーマ:

こんにちは

 

サバゲー、めっちゃたのしかったです。

 

 

こういうい楽しいのはもっともっと経験したいものです。

 

なのでやっぱ健康管理課は重要だと再認識しました。

 

 

健康管理に重要なのはバイタルサイン。

その中の一つ、脈拍について面白い記事がございましたのでご紹介します。

 

 

「万歩計は無意味?歩数と健康寿命は無関係…「脈拍数で寿命がわかる」ことが判明」
http://biz-journal.jp/2016/06/post_15628_2.html

 

 

※下記の赤字は「万歩計は無意味?歩数と健康寿命は無関係…「脈拍数で寿命がわかる」ことが判明」からの引用です。

 

 

 人間の脈拍数は50~90回/分くらいです。普段から多めの人は運動不足が原因かもしれません。ただし、この範囲を外れていて、動悸やめまいなどの自覚症状がある人は検査を一度受けておいたほうがよいでしょう。

 

(中略)

 

数々の調査で明らかになってきたのは、脈拍数が少し上がるくらいの運動が必要で、かつ「165-年齢」を超えないようにしたほうがいいということです。たとえば50歳の人は115回/分を上限にします。
 限度を超えた激しい運動は健康にマイナスで、ときには心臓が肥大して「心不全」という病気の原因となることもあります。

 

(中略)

 

 歩く姿勢も大切です。太っている人が歩いている後ろ姿を見ると、お尻が左右に大きく振れ、また足底の全面が同時に着地するため、ピタリ、ピタリと音が聞こえたりすることもあります。
 正しい歩き方のコツは、この逆を心掛けつつ、「遠くを見ながら歩く」「歩幅を大きく早足で歩く」「体の中心軸がぐらつかないようにする」「全身の力が抜けないようにする」ということになります。

 

(中略)

 

 以下は、健康増進に役立つ運動の3原則です。
(1)運動の種目は問わない
(2)1日30分ずつ週に3日以上、できれば5日
(3)他人と争わない
 運動の効果がどんな薬にも勝ることは、多くのエビデンスが示すところです。

 

 

-----引用はここまで-----

 

 

これは興味深い記事でした。

 

まず脈拍と寿命の関係が動物でははっきりしてること。

 

その例外は人間であること。

 

脈拍を考慮しながらの運動はどのようにすれば良いのか。
とてもためになりました。

 

 

私は七つの大罪の一つ「怠惰」が運動を習慣化するために障害となると考えてますが、これでしたら日常生活にちょっとしたスパイスを振る感覚で改善できるかも、と思っちゃいました^^

 

 

 

※お問合せは画面右側「お気に入りブログ」の下にあるメールフォームからどうぞ。

 


あるいはこちらから

abekitaseikotsuin@gmail.com

 

あべきた整骨院 鍼灸院

〒545-0002大阪市阿倍野区天王寺町南1-1-8

TEL/FAX 06-6628-1580

http://www.abekita.net/

 

こんな人が施術をしてます^^

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは^^

 

 

大阪は雨上がりの日曜日。

 

良い感じです。

 

 

こんな日にカラダがしんどいのは嫌なものです。

そうならないためにもこういったポーズを日頃から心がけるのはどうでしょう?

 

 

「腰痛や生理痛を緩和!背面を鍛えるベイビーコブラのポーズ」
http://woman.infoseek.co.jp/news/bodycare/lbr_101688

 

 

※下記の赤字は「腰痛や生理痛を緩和!背面を鍛えるベイビーコブラのポーズ」からの引用です。

 

 

■背面を鍛えるベイビーコブラのポーズ

 

STEP1
かかと同士をしっかりと合わせて両足をそろえ、うつ伏せになります。
両手の平を胸の横にセットして、脇を締め肩甲骨を寄せます。肘は出来るだけ後方に引きましょう。
恥骨を床に押し付けるようにして、骨盤の傾斜を少しだけ後傾させて、腰のカーブを少し緩めて背骨をニュートラルな状態にします。

 

STEP2
一度息を全部吐ききり、ゆっくり息を吸いながら上体を起こして顔は正面に向けます。
頭頂は真っ直ぐ天井方向に引き上げ、肩と耳は出来るだけ遠くに離すように意識を向けます。
胸を開いて首の前側を伸ばした状態をキープします。

 

STEP3
手の平をマットから離して深く安定した呼吸を10回ほど繰り返します。

 

STEP4
息を吐きながら、上体を背骨の下の方から少しずつ床に降ろしてSTEP1の姿勢に戻ります。

 

 

-----引用はここまで-----

 

 

なかなかこれはいいですよ^^

 

記事にもありますが、呼吸がポイントですね。

 

 

呼吸を意識することで背筋だけでなく横隔膜もしっかり動かすことができます。

 

カラダの中からすっきりしますよ^^

 

それでは良い日曜日を。
私はサバゲしてきますw

 

 

 

※お問合せは画面右側「お気に入りブログ」の下にあるメールフォームからどうぞ。

 


あるいはこちらから

abekitaseikotsuin@gmail.com

 

あべきた整骨院 鍼灸院

〒545-0002大阪市阿倍野区天王寺町南1-1-8

TEL/FAX 06-6628-1580

http://www.abekita.net/

 

こんな人が施術をしてます^^

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは^^

 

 

いつまでも健康でいたいのは誰しもが願うところ。

健康なのは心身ともにですよね。

 

 

で見つけたのがこういった記事です。
びっくりしました。

 

 

「【特集】5人に1人「認知症」時代へ、診断薬・治療薬開発の“今” <株探トップ特集>」
http://kabutan.jp/news/marketnews/?b=n201606230498

 

 

※下記の赤字は「【特集】5人に1人「認知症」時代へ、診断薬・治療薬開発の“今” <株探トップ特集>」からの引用です。

 

 

認知症が大きな社会問題となっている。厚生労働省によると、2012年の国内における認知症患者は推計で約462万人で、65歳以上の高齢者の約7人に1人と推計されている。また、25年にはこれが700万人に達し、高齢者の5人に1人が認知症になる見込みだという。

 

超高齢化社会の到来で、認知症患者と社会との関わりもまた増えることになるが、認知症は症状の進行が事故や事件につながりかねず、治療薬の開発と並んで、早期発見、早期治療が求められている。

 

 

-----引用はここまで-----

 

 

五人に一人とは高齢者におけるお話なのですが、なんともすごい数字だと感じております。

 

 

認知症の治療も大事ですが、予防も大切です。

 

 

頭を使う、手を使う、といったのは予防としてメジャーどころだと思います。

 

流行りは健康麻雀や手の体操といったものですね。

 

 

それに加えて私のようなお仕事をしていると皮膚感覚、これも大事だと認識しております。

 

 

知覚は脳をフルに使う働きですから、接触だとか熱さ寒さを感じたりだとかは認知症予防にはとても重要です。

 

 

お風呂を楽しむなんてのは手っ取り早くていいかもですね。

 

サウナですけどこういった効果も期待できるようですし。

 

 

 

※お問合せは画面右側「お気に入りブログ」の下にあるメールフォームからどうぞ。

 


あるいはこちらから

abekitaseikotsuin@gmail.com

 

あべきた整骨院 鍼灸院

〒545-0002大阪市阿倍野区天王寺町南1-1-8

TEL/FAX 06-6628-1580

http://www.abekita.net/

 

こんな人が施術をしてます^^

AD

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。