クレッシェのブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:

平成25年度中小企業ものづくり補助金の第一次の募集が行われています。
その説明会がありましが、以下はその説明と質疑応答の概要です。

兵庫県中小企業団体中央会に書類を提出します。
書類は兵庫県中小企業団体中央会のHPから取り寄せることができます。


受付H26.2/17(月)・一次締切り 26.3/14 二次締切 26.5/14
           一次締切りに間に合わなければ
           二次締切となります。。
           予算は一次も二次もとってあるそうです。。
今回は1次公募です。

2次公募・3次公募はあるかも知れないし無いかもしれない。

今回の募集は前回採択された企業でその延長線上のものでは認め
られません。。
今回申請し落ちたら二次締切には申請出来ない。
要するに前回がどうのこうのとかはないそうです。。

4月中に採決通知があり、さらに詳しい事業計画の提出をします。
その説明会も開催されます。

事業計画書について

一番重要な事は、5の事業の具体的な内容(別紙を添付することも可能です。
主にこの内容について審査委員会で審査します)です。

その1:試作品・新サービスの開発や設備投資の具体的な取組内容
その2:将来の展望(本事業の成果の事業化に向けて想定している内容及び期待される効果)
↓その1・その2
この部分をとにかく真剣に具体的に会社の計画政策を充分に記入すること。
写真等もつけてよい。会社の思いのたけを存分に書く。長くなってもよい。
別紙に多く書く。  この技術すればものすごくよくなる。このサービスすれば
世の中すごくよくなる。定義なし。販売計画等も記入すればよい。
審査の先生を納得うならせるように思いのたけを存分に書いて下さいとの話がありました。
補助対象経費は原材料・機械装置費・外注加工費・委託費等
機械装置は当該ものづくり用のみの用途であるから、開発用が終わって、引続きは
使えない。→ただし転用届を出し、承認を得たらその後の実務にも使えます。

設備投資は上限がない。必要な経費全て計上します。補助額1,500万円 1,000万円
700万円以上の経費が掛かる場合すべて計上する。

次の事をすれば補助金対象とならず、審査で以下の事該当すれば不採択になります。

 外注先にそのものづくり開発を委託した場合(外注先に丸投げ等)
 自社は企画だけをし、試作品の製造・開発を他社に委託した場合
 ↓
 不採択となるし、採択された後でも以上の事があれば不採択とか補助金の返還もあります。
 要するに自社で開発出来る機能があることです。

補助金申請に3種類ある。
 成長分野型→上限額1,500万円 一般型→1,000万円 小規模事業型→700万円
 ↓
 電気自動の部品製造の開発は成長分野型か一般型でしょうかの質問が出ました。?
 ↓
 分かりません。国としての制度システムが出来ていないとの回答でした。

人材育成・賃上げの実施状況

 賃金アップの具体性について源泉徴収票・賃金台帳等はなくてもよい。
 1枚の紙に23年度いくら24年度いくら25年度いくらと比較できる書き方でよい。
 様式は問わない。

H24年度にもらっている場合類似では駄目である。

申請する場合書類関係は背表紙の付いたフアイルにとじて提出する。
フラットフアイルに綴じる。

補助事業対象事業として、ものづくり技術・革新的サービスの2類型あり定義はない。

この技術すればものすごくよくなる。このサービスすれば世の中よくなるようなのが
対象事業である。

補助対象経費で機械装置の場合当該補助業務のみに使う機械であり、その開発
研究のみに使うそれが終わったあと、本業には使ってはならない。
ただし転用届で申請し許可されれば本業つまり生産に使えます。。

決算書は申告書はつけなくてもよです。
収支予算書は様式はなく独自で作成して下さい。

事業期間は一次締切りはH27.4/30日迄 二次締切りは27.6/30日迄

その後補助金が交付される。
本事業が円滑に実施され収益が生まれているか後日に調査があり
なされていなければ、補助金の返還もありうる。

補助金を利用し世の中社会に役立つ製品を供給し、経済生活家庭生活の安寧に貢献
すべきと思います。

しかし事業計画通りに遂行不可能との判断から一時は採択されたが、補助金を辞退
した企業もあるそうです。


経済産業省のお願いとして当補助金で事業が円滑に生み収益を上げ
得たら、その収益の中から一部納付してお返しするルールがあるそうです。

申請種類は会社が作成し認定支援機関が証明する図式となります。

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

クレッシェさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。