アイケーブリッジ 幡野泉の韓国語・中国語ブログ

虎ノ門のアイケーブリッジ外語学院、幡野です。趣味が高じて韓国語の学校を設立。そして「中国語を勉強したい」と思い、中国語講座も開始しました。 家に帰れば二児の母。夫と夫の両親との6人家族。仕事のこと、プライベートのことを自由に書いていきます。


テーマ:

浦項から帰ってきてすぐ、私も楽しみにしていた当校主催のイベント、「シゴトの中国語’SALON’ 」がありました。


2010年に中国語講座を開始してから毎年開催しているので、今回で4年目になります。もうそんなになるんですね。


仕事上の友人で尊敬しているブロガーhimeさんが最近、ご自身のブログに、「韓国語勉強のモチベーションが下がって来たら、とりあえず動いてみよう!! 」という記事をアップされていましたが、まさにこの中国語SALONを皮切りに、私の中国語学習に火を付ける3連続のモチベーションアップ事象があり、2014年の新たな目標が立ちましたメラメラ その新たな目標とは……(最後に)あし


まずは第一回SALON講師の林松涛(リン・ソンタオ)先生ニコニコ


{FBE02259-BB35-47DE-B7D8-98752D917BA1:01}

カリスマ性と、穏やかさ優しさの両面を持つ先生です。

数年前ツイッターで先生を知り、出版記念を兼ねたセミナーに参加。早速名刺交換をさせていただき、「ぜひ当校で講演をしてください!」とお願いしていたんです。そして、約1年後に実現アップ

今回は今年出版されたご著書の『シンプル公式で中国語の語順を制す』を元に、独自の資料で分かりやすく解説して下さいました。

「副詞は動詞の前。そもそも、動詞の後ろに来ることができないものに、’副詞’と付けただけなんです」

等々の目から鱗のお話の数々。文法ありきでなく、人の話すことばがあって、それに文法が後付けされただけだということを、改めて実感できました。


{8C8606EF-DF28-4C6F-AA7B-63141574B836:01}

女王(動詞)と、帽子屋(形容詞)は敵対関係!などの、ユニークなことばが飛び出します。途中、いろんな文例と共にご説明下さいました。

{285CEE60-D4BE-4FC3-84CC-070FFE246BD1:01}

学習開始後数ヶ月の方から、10年という方まで満足できる内容でした。
林先生、ぜひまたよろしくお願いします!!


そして第二回目のモチベーションアップは、当校の通訳クラスの先生、李梅(リ・メイ)先生ニコニコ

この日は、当校で普段教えていただいている通訳に関することでなく、なんと「中国の四大石窟」、そう、仏教美術について語って下さいました。

多才な方は、どこまでも多才…。李先生は、通訳専門校を出られ、フリーランスの中国語通訳者として活躍しながら後進の指導にもあたってきました。

そんななか、中国の蘭州出身である先生が仏教美術に目覚めます。「好きこそものの上手なれ」で、李梅先生の探求心はどこまでも進み、大学院で研究を始めるに至りました。

人生の中で、このように打ち込めることをどれだけ見つけられるかで、心の豊かさが変わってくる気がします。

{E8904D73-2A2C-42AF-A280-99343EBCC63A:01}
李先生イチオシの麦積山石窟に行ったばかり、という方が2名いらっしゃいましたビックリマーク
{85FE962A-BABE-4BE2-B508-EAC9DB476799:01}

李先生が撮られた写真。この細かさが……分かるでしょうか。「神秘的」のひとことです。

{A0A38329-6582-4971-AD2A-0561024AE360:01}

見れば見るほど、心安らぎます。こちらも李先生が直接撮られた写真。

石窟はどのような場所が選ばれてきたか、どのような人々が設計し、作ってきたのかなど、これまであまり考えてこなかったポイントについて解説して頂き、益々興味が湧いてきました。

「今年は四大石窟にすべて行くことができ、しあわせだった」と目を輝かせながら語る李先生。「こんど一緒に行きましょう!」とおっしゃってくださいました。

「(研究者と一緒に行くだなんて)足手まといになりませんか?」と言ったところ、「ぜんぜん!」とのこと。李先生らしい…(涙)。
中国の、なかなか行けない場所の世界遺産を見に行く当校主催のツアーをぜひ企画したいですねアップ。先生が大好きな麦積山へ、ぜひご一緒したいです音譜



そしてお次の第三弾はこちらニコニコ

{517F6309-D430-45D7-8E8C-22F89327197D:01}

右に「All About 中国語 」ガイドを務める、当校講師の金子真生(かねこなおき)先生クラッカー

左に当校の通訳クラスの通訳を務める、阿部将顕(あべまさあき)先生クラッカー

{D79AE8A8-850C-4059-B3EF-2C69DE69A0CB:01}

この日、当校の教室にて、「All About 中国語」の最新記事、「この人に聞く! 第1回:中国語通訳者・阿部将顕さん 」のインタビューが行われました。

金子先生が質問をし、阿部先生が答える、というやりとりを脇で聞かせていただきました。内容はすべて先の記事に載っていますので是非ご覧下さい。


それにしても、阿部先生は苦しく長い訓練をされてきた、という雰囲気を全く出さないんです。本当に落ち着いていらっしゃる。神がかり的な雰囲気です。この落ち着き、通訳者には必要ですよね。

{4BE2837E-616C-4F33-A47F-88BB765A8AF5:01}

先生の単語帳を見せて頂きました。中国語は固有名詞の翻訳が難しい!涙モノです。そこで私が「うわ~!」と驚いていると、キョトンとされています。これぐらいは当然、ときっと思われているのでしょうね。

でも、先生はご自身には厳しそうですが、授業では優しいんです。
{A017293A-DD3B-4F99-A547-992D57605704:01}

通訳の現場で使用されている小道具類をお見せ頂きました。右下の迷彩色の双眼鏡については先の記事に載っています(笑)。


阿部先生の「語学はかけた時間に比例して上達しますから」、のひとことにハッとしました。わかっちゃいるものの、大人になると無意識のうちに近道を探してしまいますよね。


以上、林先生、李先生、阿部先生、金子先生、尊敬する中国語の先生方にこの11月密着することができ、これまた幸せな数週間でしたアップ

他の当校の先生方……字幕講座の水野先生とも教室でお目に掛かればチベット映画週間のご案内をいただいたり、高先生にはみっちり楽しくレッスンをしていただいています。やっと教科書が一冊終わりそうです!

冒頭の林先生が、「上級者とそうでない人の違いは何か。’間違っていても気にしないで話すか話さないかの差’です」とおっしゃっていました。

なるほど、確かに私はいま、中国語を話しながら、「これ、あってる?」と思いながら考えながら話しています。もうちょっと前向きに話してみようかなと思い、少し意識してみたところ、あまり止まらず文章になってきた部分もでてきたような(まだ弱気)気がします。

来年こそ、中国語検定2級に合格しようビックリマーク そう、新たに誓った2013年11月でしたチョキ

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

いずみさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。