アイケーブリッジ 幡野泉の韓国語・中国語ブログ

虎ノ門のアイケーブリッジ外語学院、幡野です。趣味が高じて韓国語の学校を設立。そして「中国語を勉強したい」と思い、中国語講座も開始しました。 家に帰れば二児の母。夫と夫の両親との6人家族。仕事のこと、プライベートのことを自由に書いていきます。


テーマ:
昨年に引き続き開催した2011年「シゴトの中国語’SALON’2011」が無事終了しました!

第三回にわたる開催。講師の方々の魅力については、先日ブログ でご紹介済み。


第一回は、中韓の通訳案内士の資格を持つ「通訳案内士道場 」主宰、でいらっしゃる高田直志先生をお迎えし、

「訪日観光三国志」-中国人、韓国人、欧米人の見たい日本

というテーマでお話し頂きました。(当校、フェイスブックに写真がアップ されています←クリックすれば写真が見られます。「いいね!」をよろしくパー


当日のお話しをする前に、サロンの最後に採らせていただいた参加者アンケートのお声をご紹介させていただきましょう~~メモ


「外国人向け、日本旅行のスケジュールを考える時間が楽しかったです。高田先生の話はやっぱり面白い。次回も是非開催してください」

「日本人として、外国人の日本への興味の中身が分かってよかった。内容が充実していました」


アンケートに基づいての外国人の行動が聞けて楽しかった」


統計資料や数値で傾向を知ることができてためになりました」


今まで知らなかったことを知ることができてためになりました。中国の歴史等の講座も開いて欲しい」


このようなご感想でした。そうなんです。その統計資料の充実ぶりと中身の興味深さといったら、言葉で言い表しにくいほどです目


「国別年間海外旅行回数」「2011年1月から8月の訪日外国人数」などの資料はもちろんのこと、JITO のアンケートに基づいた「観光客が訪日前に期待したこと(国別に、食事、買い物、温泉など)」「特に満足した食事」「都市・観光地別訪問率」などのお話し、分析についてお伺いしました耳

これほどまでに、国によって「日本に期待すること」「喜んだこと」は違うのか、とびっくりするほど顕著に違いが出ていました。例えば、中華圏だけをとっても、香港、台湾、中国人の行き先や満足すること、嗜好など、随分違うんですねえっ


また、「都道府県別訪問率」「都道府県別宿泊者数」の違いについて興味深いお話しが。前者の「訪問率」というのは、単にどれだけのその国の人が日本に来たか、という率。そして「宿泊者数」というのは、どれだけのその国の人がホテルや旅館に泊まったか、なのですが、韓国人の「宿泊者数」は、「訪問率」に比べてグンと減るんですダウン

どういうことか分かりますでしょうか?多くの韓国人が日本に来るけれども、ホテルや旅館には泊まっていない……、そう、自宅があったり友人・家族の家に泊まる訪問だ、ということなんです。改めて日韓の近さを実感したりもしました飛行機


都道府県、都市別の訪問者に関するお話しも、日本の地理・歴史を振り返る機会にもなり、大変興味深かったです。なんと、最も外国人の訪れない都道府県は、高知県。「坂本龍馬はほとんどの外国人は知らないんですよ」とのこと。私は昨年、全外協の視察研修旅行で高知県に行き、料理も文化も堪能してきたところだったので残念な気がしましたえっ


そして!面白かったのが「グループに分かれて、中国人、もしくは韓国人向けのツアーを企画する」というグループワーク。グッド! 冒頭で紹介した写真に、皆さんで相談し合うところが載っていますが、一方的な講義でなく、こういったことができるのが、高田先生の素晴らしさであり、また当校サロンの良いところだと思います。それぞれのチームが「なるほど!」と思える理由をつけて、魅力的なコースを考え出していましたアップ


あっというまの二時間。高田先生には今年も当校スピーチ大会の審査員(中国語部門)をお願いする予定です。これからもご協力よろしくお願いしますビックリマーク


さて……、第三回まで一気にアップしようと思っていましたが、1回分でこの分量ですと、先が思いやられます。第二回「文法セミナー」に関する記事、第三回「中国人とのコミュニケーションのコツ」については、後日アップ致します。お楽しみに~チョキ
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

いずみさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。