1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /
2008年10月31日

宿題をやれ。

テーマ:【怒り度】★★★☆☆

宿題をやれ、


と言われてからやるのと


言われる前にやるのでは


大きく違う。


これは、大人になってからも同じ。


仕事がうまく回っているという人は


自分で考えた計画をもとに


他人の一歩先を進んでいる。


逆に


言われてから動く人は


他人から常に急かされていて


モチベーションも上がりづらい。


ちょっとした時間感覚の違いだが


結果は大きく変わってくる。


いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2008年10月30日

月末最終週。

テーマ:【怒りマンの備忘録】

月末最終週は、


毎朝、マネージャーを集めて


ヨミ会(数字の進捗会)を実施。


少し声のトーンを上げて


テンション高くやっている。


私は、見た目によらず?


精神論があまり好きではないが


時には


がむしゃらに一直線に


一生懸命がんばる、


という空気があってもよいと思う。


(それが、ずっとだとしんどいが。。。)


要は、メリハリということ。


熱さ、だけでは達成できない。


クールさ、だけでも達成できない。


すべてを総動員して


はじめて達成できるはず。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008年10月29日

成功事例と失敗事例。

テーマ:【怒り度】★★★☆☆
ゼロ戦

統計学者エイブラハム・ワルドの話。


第二次世界大戦中、


無事に帰還した戦闘機の被弾頻度を調べたら


ある部分が他の部分よりも


被弾が過度に多いことを示していた。


軍関係者は、この被弾の多い部分を


補強すべきだと結論づけた。


しかし


ワイドの結論は、まったく正反対で


最も被弾が少ない部分を補強すべきだと主張した。


ワイドの推論は下記のとおり。


致命的な部位に被弾した場合、


帰還できる可能性は低くなる。


逆に被弾しても帰還した戦闘機は、


そのような致命的な部位を


攻撃されてはいなかったと考えられる。


それゆえ


「被弾に耐えて帰還した戦闘機の


 傷んだ部分を補強しても何の効果もない」


この話は


結果の半分だけをみて


判断することの恐ろしさを伝えている。


成功事例だけ見ていてはだめで


失敗事例にも目を向ける必要がある。


いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2008年10月28日

想像力を高める道具。

テーマ:【怒りマンの備忘録】

最近読んで共感した


工業デザイナー奥山さんの記事↓


 意外かもしれませんが、デザイン開発などで重要な点は、思いつきやほかからのインスピレーションに頼らない姿勢です。物事の本質を知れば知るほど保守的になっていくのが、プロフェッショナルの定めです。

 アマチュアであればあるほどアイデアに独自性があることは認めるべきでしょう。そのうえで、アイデア構築のための優れた仕組みづくりをすることによって、プロはプロたる仕事ができるのです。


 そのためには予算を集め、チームづくりをし、時間をコントロールすることにより、量と質の両面でアイデア構築ができるわけです。たとえばアマチュアが、思いつきで生まれた一つのアイデアに固執してそれで終わるのに対し、プロはそれを基に100個の水平展開をし、それを100人あるいは100回続けたなかから一つの結論を導き出す。いわば1万分の1の可能性を探り出すわけです。考えられるすべての可能性を主観的に記録し、それを客観的に判断できること。すなわち仕組みでものを創ることです。


 もう一つ重要なことは、想像力を高める道具を持つことです。頭のなかにあるアイデアには限りがあるもの。それを超えるのは、自分が本来持つ創造性を超えた結果を導き出す道具が必要です。偶然性を呼び込む手書きスケッチ。混沌のブレーンストーミング。勢いで手が書き出す文章。これらすべて、当初の予想を超えたアイデアを偶発的に生む道具です。それを客観的に観察する、冷静な頭脳を同時に持つこと。

 いわば、仕組みづくり。水平展開。主観と客観を行き来できること。創造の道具を持つこと。これがプロがプロたらしめる能力です。


(出典:「考える技術」の教科書
 奥山清行「仕組み」でアイデアを構築すること、「創造の道具」を持つこと。)



。。。手書きとかスケッチとか


忘れてませんか?



いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2008年10月28日

鳥かご理論。

テーマ:【怒り度】★★☆☆☆
鳥かご

鳥かごを


外から見ていると


いいなー、安全で


毎日エサをもらえて。。。


うらやましい環境だと思う。


一方で


鳥かごの中の鳥は、というと


ああ、窮屈だなー


大空へ羽ばたきたいなあ、と思う。


環境を変えたい、


という人は多いが


単に鳥かごに


入りたがっているだけではないか


と一度疑ってみる必要がある。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008年10月27日

知性の本質。

テーマ:【怒りマンの備忘録】
200810281140000.jpg

渋谷の本屋で


茂木健一郎さんの本 を立ち読みしていたら


こんな目次を発見。


茂木さん、


そうなんですね!



いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2008年10月26日

解決策の本数。

テーマ:【怒り度】★★★☆☆

何か問題に対面して


解決策を考える、という局面は


よくあるが


出てきた解決策が


ありきたりで


本数(数)が少ないと


うまくいかない。


うんうん、唸って考えてはいるのだが


前提に縛られすぎて


なかなかアイデアが広がらない、


ということがある。


こういう時には


一度、ゼロベースで考えてみることも必要。


引いて考えたり


横に広げて考えてみることも必要。


一番、まずいのが


少ない本数のまま、先に進めてしまうこと。


こういう場合、


途中で行き詰ってしまうと


にっちもさっちも行かなくなる。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008年10月25日

ミニ書斎。

テーマ:【怒り度】★☆☆☆☆
200810262241000.jpg

移動型のポータブル書斎を購入。


ここに座って、字を書くと


えらい作家になった気持ち。


だが


朝起きてみると


萌え娘(1歳)の


つかまり立ちの練習台になっていた。。。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008年10月24日

誕生日カード。

テーマ:【アメンバー限定】
2008年10月23日

横並び意識。

テーマ:【怒り度】★★★☆☆

組織が大きくなると


横と比較して


ここまでやれば大丈夫だろう、


という気持ちがでてくる。


競争相手を


社内に求めはじめる。


見方を変えると


自らの成長に


自らブレーキをかけている。


(もちろん、本人の意識はないと思うが。。。)


だが


与えられた目標を100%やれば


成長できる、


というのは妄想に過ぎない。


他人から与えられた目標ではなく


自分が納得するラインを


100%やり切って


はじめて見えてくる部分も多いと思う。


自らの成長に


自らキャップをかけている人が意外と多く


傍からみていて


もったいない。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログパーツ track link 怒りブログ。へのリンク

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。