1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /
2007年02月28日

「私、コスト?」

テーマ:【怒りマンの備忘録】

月末近く、、、


営業メンバーの一人の●●さんが


「私、コストかも・・・」と


仕事中にぼそっと話していた、


と人伝(ひとづて)に聞いた。


●●さんは1年目。


今月は数字が思うように


積み上げられず


最後まで苦労した。


収益面で会社に迷惑をかけた、


という意味で


自然に出た言葉なのかもしれないが


私は、この発言を聞いて


●●さんに、明るい兆しを感じた。


入社1年目から


コスト意識を持つというのは


なかなか難しい。


私自身が1年目のときを思い出すと


振られてくる仕事についていくのが


やっとで自分を振り返る余裕などなかった。


(だいぶ後になってから


 自分がコストだったということを知ったが)


自分がコストであることを意識した上で


どう付加価値を創れるか?


というのが永遠のテーマ。


コストだからといって


暗くなる必要はない。


●●さんに期待したい。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2007年02月27日

価値観の違い。

テーマ:【怒りマンの備忘録】

湯船


先日、娘と風呂に入ったときのこと。


私が先に湯船につかっていると


娘が一生懸命、お湯を汲み出している。


「おい!お湯がもったいないじゃないか


 早く入っておいで!」


と言うのだが、なかなか入ってこない。


「だって私が入るとお湯がこぼれるから嫌!」


と言う。


娘は、自分が入ることで


お湯がこぼれるのが嫌で


先にお湯を減らそうとしていたらしい。


逆に私は


いいじゃん、ざぶーんと入っちゃえば・・・


だが


どちらが正しい、という問題でもないので


私はそれ以上、何も言えない。


こういう小さな価値観の違いが


積もり積もって


父と娘は分かり合えなくなるんだろうな。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2007年02月26日

10年後。

テーマ:【怒りマンの備忘録】

部署のメンバーに


誕生日を祝ってもらった。


地下の会議室に呼ばれていくと


なにやら薄暗い。


誕生日2

と、そのとき・・・


クラッカーが!゚・゚*・(゚O゚(☆○=(`◇´*)o


(すいません、リアクションが薄かったのは

徹夜明けだったからです)


プレゼントは電動ヘリコプター。


誕生日1

ヘリコプター

耳元で


ホバリング音が聞こえたら注意してください!


ぶつかるかもしれませんよ。。。(うそ)


さて


33歳を迎えるにあたり


インドの空港での待ち時間に


今後の10年間を考えた。


23~32歳(娘3歳)

33~42歳(娘13歳)←これから10年

43~52歳(娘23歳)

53~62歳(娘33歳)

63~72歳(娘43歳)


10年後、私が42歳のとき


娘は13歳になっている。


そのとき


娘の眼には、私はどう映っているのか?


と考えながら、これから10年を考えた。


また


これまでの10年間を


振りかえってみた。


これからの10年、


ビジョンを高く持って


生きていきたい。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007年02月24日

インド旅行記④

テーマ:【怒りマンの備忘録】

旅行3日目。


インドに旅行に来る人の9割が訪れるという世界遺産、タージマハルへ。(同時期、藤原紀香も行っていた


デリーから約200キロほど離れているアグラに向けて朝7時に出発した。


インドの道路はすごい。人、牛、ラクダ、自転車、リキシャ(タクシー)、車が同じ道路の上に存在する。

普通なら安全性や効率を考えレーンを分けるのだろうが、インドの場合分けずとも、それなりに最適化されている。不思議だ。




途中で事故のため高速道路から農道へ。すごいデコボコ道↓




道中、通訳兼ガイドのギリさんから、インドの独立後(1947年)の話を聞く。パキスタン、バングラディシュとの関係について、カシミール問題について。私も世界史は勉強したが、実際にその土地にいって話を聞くのとはわけが違う。ちょうど一週間前もデリーの近くでテロがあったばかりだったし。ギリさんは、いろんな情報(デマ)に踊らされてはいけない、新聞を読んだりして自分の頭で考える、自分なりの見解を持つことが重要だ、と言っていた。激しく同感。

http://ja.wikipedia.org/wiki/インド


遠回りしたせいもあって午後1時ごろ、タージマハル到着。門をくぐると白い建物が見える。ジャーン↓


タージマハル


タージマハルは、ムガル帝国の皇帝シャージャハーンが、妻のために建造した建物(お墓)である。妻の遺言は、立派な墓を作ること、再婚しないこと、だったらしい。


シャージャハーンは、2万人を使って20年かけて建築した。しかも建物が完成すると、(世界で同じような建物が作れないように)手を切り落としたという。
http://ja.wikipedia.org/wiki/タージ・マハル


写真でみるタージマハルはスケールが伝わりにくいが、実際はかなり大きい。




その後、アグラ城を見物。タージマハルを建造したシャージャハーンは晩年、このアグラ城に幽閉され、涙を流しながらタージマハルを眺めていたという悲しい話。

http://ja.wikipedia.org/wiki/シャー・ジャハーン



帰り道。ラッシュアワーにぶつかってしまったがすごいものを発見。何と1台の車に20人くらい人が乗っている。気合入っているなあ。




夜は疲れて・・・爆睡(@ ̄ρ ̄@)zzzz

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007年02月23日

インド旅行記③

テーマ:【怒りマンの備忘録】

旅行2日目。


朝起きて、少し時間があったので、ホテル近くのマクドナルドに入店。あの看板見ると入りたくなるんだよな。


セットメニューで105ルピー(約300円)なので、安くはない。店内は日本のマクドナルドとは違った雰囲気。入り口にはガードマンが立っている。




※物価については生活必需品は安いが、贅沢品については日本の半値くらい。物価全体はインフレ気味だ。


10時にホテルのロビーで待ちあわせをして、サチンさんと一緒にEspire Infolabsを訪問。
http://www.espireinfo.com/


今回の旅行のメインである。


オフィスはデリー市街地から離れ、比較的静かな場所にある。周りには日本企業のオフィスが多数見える。


Espire InfolabsのCTOから
企業概要についてのプレゼンテーションを受ける。




ヨーロッパ、アジア、USなど世界各地に事務所を持ち、グローバル展開をしているITカンパニーである。ソフトウェア開発や、業務処理(ビジネスプロセス)のアウトソーシングを請け負っている。クライアントソースも欧米からシンガポールなどアジアに広がっているよう。


↓Espire社のロゴには、人が手を広げたようなイメージが入っているが、これは「チームワーク」を意味しているらしい。


espire


その後、オフィス内を見学。




チーム別に部屋が小分けに分かれている。その中にメンバーが数人いる。集中して仕事ができそうだ。働いている人は20代後半から30代くらい。日本人スタッフも数名いた。


昼食はchinese。
オフィスに専用の食堂があり、様々な料理が作られている。




昼食を食べながら雑談をする。

NOKIAやサムスンの話がでたが、先行してインドに入ってきた企業が勝っているということ。日本企業は出遅れたため、ほとんどシェアが取れていないということだった。その中でも例外は、SUZUKI。現地で「MARUTI-SUZUKI」という合弁会社をつくっているがシェアが50%を超えているということだった。


CEOとも5分ほど面会。


午後からは、大学寮を見学。
オフィスで働く日本人もここから通っているらしい。




訪問した感想としては


働く環境は日本と変わらないか、それ以上。一人一人のスペースが確保されており、研究所に近いイメージ。ゆったりとした雰囲気は、インドの喧騒のイメージとは別世界だ。


アウトソーシングというと、できるだけ安くというコストカットのイメージがあるが、プロセスやコミュニケーションをきちんと考えなければうまくいかない。


自社で大学を持っており、学生の確保ができている。またリクルーティングも定期的に行っており人材は豊富である。ただ技術力やスタッフの質は分からない。これは一緒に働いてみないと分からないだろう。


午後は、ガイド兼通訳のギリさんと一緒に市内観光。
デリー郊外のグルガオン地区を見て回る。ここ数年で急速に発展している地区らしい。




ギリさんとお茶を飲みながら話をした。


彼は小学校1年の息子がいて、奥さんは学校の先生をしているらしい。ギリさんも子供の面倒を時々見ているが大変だ、という話で共感した。


先日NHKで放送された番組「インドの衝撃」でインドでは数学の教育がすごい、という話になっているのですが、実際どうなんですか?と聞くと、そんなことはない、数学が得意な人もいるが当然、苦手な人もいる。私も苦手だった、という当たり前の答えが返ってきた。あの番組は過剰というか、特殊を一般化してしまっている部分もあったようだ。


夜は、サチンさんと北インド料理の店で食事。
タンドリーチキンはスパイシーでうまい。ビール2本で随分と酔っ払ってしまった。


インド料理

時差ぼけの影響か、夜は何度か目が覚めた。


インド旅行記③に続く

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007年02月22日

インド旅行記②

テーマ:【怒りマンの備忘録】

旅行1日目。


インドのデリーまでは

直行便で行きは9時間、帰りは7時間。

成田を午前11時10分発の飛行機に乗る。


悪天候で結構揺れた。最初の2時間ほどは、機内サービスがストップしていた。


さて隣はインド人。座席二つを占拠して、私の太もも辺りで足をモゾモゾされるのは参ったよ(ノ_-。)


インド人のおじさん

機内で

CA(キャビン・アテンダント)にVISA番号についての質問をすると
「あれ?インドってVISAがいるんですか?」
と逆に質問されてしまった。(インド観光はVISAが必要)


一瞬、おれは間違った飛行機に乗った?
と冷や汗をかいたが、便名は正しかった。


あのCAはいったい何者じゃ?


ヒマラヤ山脈を超え、飛行機は無事到着。


空港に到着してびっくりしたのはイミグレーションの待ち列。すごい列ができている。


22-02-07_2130.jpg


すいていたインド人専用列にこっそり並ぶ。ここでの待ち時間は約2時間。早速、インドの洗礼を受ける。


携帯(ドコモ)の電源を入れると
ネットワーク検索をはじめ、ローカル基地局につながって通話もできた。
早速ブログを更新。(ブログ中毒である)


携帯


インドでも当たり前のように携帯が使える。
改めて「フラットな世界」を体感する。


その後、ホテルへ。
道中は大混雑。このデリー市街地の渋滞ぶりはひどい。クラクションがうるさい。




ホテルは、古いが清潔感はある。
早速、コンセントを探して電源を確保した。


ホテル


インド旅行③に続く

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007年02月22日

インド旅行記①

テーマ:【怒りマンの備忘録】

まず、なぜインドなのか?ということだが
「フラット化する世界」という本の影響が大きい。

フラット化する世界(上)/トーマス・フリードマン

The World Is Flat――世界は「フラット」になった。


ITの発展でインドや中国がグローバルな競争力をつけ、その結果、先進国の仕事は次々と奪われているという内容。


この本を昨年読んで、インドに飛んで
フラット化する世界を自分の眼で確かめてみたい、
と強く思うようになった。


この旅行を手配するまでのいきさつも
「フラット化する世界」的な話がある。


もともと私は
バンガロールに飛んでインフォシスなどの現地企業を見学する、ということを勝手にイメージしていたがそもそもそんなニーズに応えられる旅行代理店があるはずがない。
かといって私にインド人の人脈があるわけではない。


だがそんな中で、Google検索で見つけたのが
「サクセスTRC」という会社。
http://www.successtrc.com/

彼らは
TRAVEL(旅行代理店)とIT(人材派遣、研修)の両方の機能を持っている。またインドの大手財閥であるRaiグループのEspire Infolabsと提携していた。
http://www.espireinfo.com/


一旅行者が
全く関係のない現地企業を訪問することは、まず無理だが、ネットのおかげで、あれよあれよという間に旅行が手配され、彼らの提携先であるITセンターを見学できることになったのだ。


そして
サクセスTRCの社長であるサチンさんが、インド出張に行くタイミングに合わせて、私がインドに行き、彼と一緒に現地のITセンターを見学することになった。

(これは私がC社に勤めている、ということが大きいと思うが)


サチンさんは私と同い年の33歳。


日本に15年以上住んでいて、日本語もペラペラ。二人で会社を立ち上げ、日本とインドの発展のために尽くしたいと思っている。


歳が同じ、というのは大きいかもしれない。
たまたま偶然と言えば偶然だが。


インド旅行②に続く

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2007年02月21日

乗り越えるべき壁。

テーマ:【怒りマンの備忘録】

壁


営業で


説明もうまいし


信頼もされてるし


一定以上の評価はあるんだけど


もう一歩、という人がいる。


足りないのは、


実績?


自信?


気持ちの問題?


・・・


壁にぶつかってる?


私にも経験がある。


成長というのは


一定のペース ではない。


必ず乗り越えなければ


ならない壁が出てくる。


乗り越えてから


後から振り返ってみると


それほど高い壁でもないのだが


壁を前にした本人には


高く険しい壁だ。


だが、その壁を乗り越えると


ポンっと


大きく成長ができる。


あきらめずに


壁に向き合って欲しい。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2007年02月21日

行ってきます!

テーマ:【怒りマンの備忘録】
インド

明日からインドへ行ってきます。怒り


直行便だと


行きは10時間、帰りは7時間。


気温は20℃前後(日本とあまり変わりませんね・・・)


もしかしたら紀香に会えるかもしれん↓


●藤原紀香、陣内を胸にインドへ出発!
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070221-00000031-sanspo-ent

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2007年02月20日

カロリー計算。

テーマ:【怒りマンの備忘録】

スープ春雨


今日のランチは


野菜ジュース84kcal+スープ春雨 98kcal


=182kcalなり!


私の1日の消費カロリーは


2787.6kcal


カロリー計算ツール→


摂取カロリーが


消費カロリーを下回れば


脂肪が燃やされるはず!メラメラ


スープ春雨 の「豆乳と白味噌」味は


濃厚だが


体によさそうな味がする。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログパーツ track link 怒りブログ。へのリンク

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。