1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /
2006年06月30日

月末最終日に思ふ

テーマ:【怒りマンの備忘録】

月末になると


反省ばかりしている気がするが


今月も反省・・・。


今月強く感じたのが


仕事に打ち込む姿勢。


確かに


数字を達成することは重要だが


それ以前の問題があるのではないか?


自分の仕事を理解して


仕事を楽しんでいるかどうか、ということ。


この点が、クリアできないと


いくらがんばっても


大きな成長は見込めない。


逆にやればやるほど


仕事がつらくなり


達成から程遠い状態になる。


数字は数字として大事だが


それを目指すための


心構えがないと


スタートが切れない。


週末読んだ日経ビジネスから↓

(スタジオジブリ社長、鈴木敏夫氏インタビュー)


だから、それはしょっちゅう言ってますね。会社に入ってくる人たちに最初に言うことは必ずそれですよ。勘違いするなと。おまえさんたち、どういう会社に入ったか分かっているかって。昔で言ったら、これ今、こういう言い方をしていいのか分からないけれども、身分制度の最下層のさらに下にあるような商売なのだと。


だから僕は、ジブリのスタッフを2倍にして作品も2倍作ろうとか、関連商品を充実させようとか、そういう馬鹿なことは考えないですね。とにかく最低限のルールとして作品を作る会社でいようと。ここを踏み外したら終わりです。お客様がジブリに期待しているのもそこだと思う。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2006年06月29日

早寝早起き朝ご飯

テーマ:【怒りマンの備忘録】

日経の夕刊 で連載中の


陰山英男さんの連載。


陰山さんは


児童教育、特に百マス計算で知られる。


その指導方針は、シンプル。


読み書き計算の徹底反復メモ



早寝早起き朝ご飯ペンギン


の励行である。


私は、早寝早起き朝ご飯


に強く共感。


生活のリズムを整えること、


早寝早起きのように


一見簡単そうで難しいことを


習慣づけて実践することは


重要だと思う。


周りのメンバーを見ていても


習慣化がうまいメンバーは


安定した結果を出している気がする。


私の場合、早起きと朝ご飯は


習慣づけられているので


あとは、早寝だな。

いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
2006年06月28日

下積みを積極的に行う

テーマ:【怒りマンの備忘録】

雑誌のPRESIDENTを読んでいたら


フォローワーシップについての記事 があった。


「フォロワーシップ」は、新人は上司や先輩のサポートをする立場であることを自覚し、主体的にその任務に当たるというものだ。「自己の立場の認識」「下働きを積極的に行う」といった言葉で具体化し、さらに、具体的な行動例として、
・仕事に必要な備品の補充を自発的に行う
・上司や先輩に対して反抗的な態度を取らない
・突然の休暇など、勝手な行動で周囲に迷惑をかけない
・職場のマナーやルールに反した行動をしない
・共有の書類や資料を粗雑に扱わない
 といったものを挙げている。
 つまり、「フォロワーシップ」の定義を明確にすることで、自分が一人前になる前はいうなれば下働きであり、多忙な上司や先輩の雑用を自発的に引き受け、助けることがミッションであることを認識させる。


この記事を見て


前職を思い出した。


前職では


先輩から、かなり細かく指導された。


たとえば


FAXが届いていたら、すぐに担当者に届けるとか


エレベーターで降りるときには、(ボタンを押したまま)最後に降りる


飲み会での酒の注ぎ方


とか。


今考えると


そのときの苦労が


かなり役に立っている。


下積みといったら


ネガティブだが


小さなことでも実行してみると


周りからも喜ばれるし


楽しいものである。


うちの新人にも


いろいろと実践してみたい。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2006年06月27日

他人の怒りネタ

テーマ:【怒りマンの備忘録】

仕事で夜遅く帰宅した妻と


久しぶりに長話をした。


なにやら


怒りネタがあったらしい。むかっ


夜中1時なのに、すごいテンションだ・・・笑


クレジットカード会社から


請求書がきたが


香港ドルの決済が


誤って米ドルで決済されていた。


その件で


コールセンターに電話したらしい。


担当者に説明しても要領を得ず


電話を保留にされた。


だが実際には


保留されておらず


やりとりの声が聞こえてきたらしい。


「客が、なんかグダグダ言っているんですけど・・・」


それを聞いた瞬間に


カチーン!ときたらしい。


こわ!


サービス業は、細かいところが大事。


ちょっとしたケアレスが


命取りになる。


あれ?


なんで他人の怒りを


代弁しているんだろ・・・


昨夜は、妻の怒り話に付き合ったせいで


寝不足気味。しょぼん


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2006年06月26日

ブログ更新と行動力の関係

テーマ:【怒りマンの備忘録】

何かの本で


人間は、思考してから行動するのではなく


行動しながら思考するのだ、


という話が書いてあった。


人を使った実験で


何かを選ばせるとき


思考するより先に


まず指先が動いたりするらしい。

要は


行動する前に


色々考えるよりも


まずは行動してみることが


大切だということ。


確かにブログもそうだ。


いいネタがないかなあ、


と考えているだけでは


なかなかブログは書けない。


とりあえず、さっと書き出すと


色々とアイデアが浮かんでくるし


やる気も出てくる。


ブログの更新頻度音譜



行動力てんとうむし


は比例するかもしれない。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2006年06月25日

サイレンの音に思ふ

テーマ:【怒りマンの備忘録】

日曜日の夜、近所の消防署から


サイレンの音が


聞こえてくる。


子供は、怯えて


「怖い!怖い!」と


泣き叫ぶ。


サイレンの音は


細く長く


聞く人の不安を掻き立てる。夜の街


出動することが


一大事だった昔であれば


十分に意味のある音だったかも


しれないが


これだけ


出動機会が多い現在では


サイレンの音が


日常になってしまっている。


そろそろサイレンの


音も、音量も


見直す時期ではないか。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2006年06月24日

読者アンケート

テーマ:【怒りマンの備忘録】

アンケート に回答していただいた


星 十徹さんからの質問↓


問 2 怒りブログでぜひ取り上げてほしいネタをお書きください。
うちの息子(小6)は凄く成績が悪いですので、勉強のことや受験のことなど
お願いしたいです。


私は田舎の小学校だったので


参考になるか分かりませんが


今でもよく覚えているのが


小学校4年のときに


掛算九九の8の段が言えなくて


クラスで大恥をかいたことガーン


私にとっては、九九なんて


本当にどうでもよかったのですが


その年齢で九九が言えないというのは


かなりやばかったらしく、


先生は怒り狂ってました・・・笑。


結局、小学校教育は


覚えること頭がいい


ということ。


そのことに親が(子供自身も)


気付いていない気がします。


中学、高校とあがっていくと


今度は「覚えること」から


「考えること」が増えてくる。


そうすると小学校時代に


優等生だといわれていた人は


成績が伸び悩んでくる。


もがいて頑張るんだけど


「英語」と「社会」が得意な


暗記人間を作ってしまう・・・


結局のところ


小学校の成績は


あまり意味はないと思います。


それよりも


「考える力」を地道につけることが


重要かと思います。


では「考える力」をつけるには


どうしたらいいか?


ということは


次回書きたいと思います。

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2006年06月23日

奇遇でギクっ?

テーマ:【怒りマンの備忘録】

私が以前担当していたお客さんが


私のことを覚えていて連絡を下さった。


そのお客さんは


転職されて


新しい会社に移られていたが


久しぶりにお会いして


昔話で盛り上がる。


そのとき見せていただいた雑誌の記事に


どこかで見た名前が出ていて


ひょっとしたら、と思って聞いたら


私の前職の先輩だったのだ。


しかもその方と、同じ仕事をされているらしい。


世の中狭いなあ。


恋愛ではないが


運命的なものを感じたドキドキ・・・笑。


偶然を


むりやり作り出すことはできないが


偶然を見つけだす能力は


重要かも。

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2006年06月22日

最後の詰め

テーマ:【怒りマンの備忘録】

資料をつくることに夢中になって

出来上がったら

仕事が終わった、と思ってしまう。


だが自分では完璧だと思っていても


他人から見れば


穴だらけねこへびということがある。


何事においても


完璧はありえない。


最後まで


自問自答したり


他人の意見を反映する姿勢は重要。


ある会社では


サービスが50%できた段階で


ユーザーに使ってもらい


ユーザーの反響(フィードバック)をもとに


手直しをしていくという。


この最後に「反響」を取り入れる部分が


できていなくて、もったいないと思うことが多い。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2006年06月21日

重力を意識する瞬間

テーマ:【怒りマンの備忘録】

つま先


プールに入ると


足のつま先サンダルが痛くなる。


皮膚に爪が食い込むような痛さなのだが


普段は感じない。


水中で重力から開放されて


はじめて感じる痛さ。


この痛さを感じるときに


思い出すのが


自分が


会社という重力に


慣れてしまい


痛みを感じなくなっているのではないか


という疑問。


重力というのは不思議なもので


結構な力が


かかっているのにもかかわらず


慣れてしまうと


何も感じなくなる。


だが実際には


24時間365日、重力はかかり続けている。


重力がなくなったときに


自分に何が残るかは常に意識したい。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログパーツ track link 怒りブログ。へのリンク

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。