1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /
2005年05月31日

頭痛の元

テーマ:【怒りマンの備忘録】

脳ドック


ここ数日、頭痛が続いている。


片方が痛いので、偏頭痛だろうか。


原因として考えられるのが


PCの見すぎで目の疲れか


姿勢が悪いので首の疲れか・・・


原因は何となく分かっているんだけど


よくなるまで耐えるしかない。


以前、頭痛が治まらないので


妻に相談したら


「最近、物忘れも激しいし、


脳がおかしいんじゃないの?」


「脳ドックでも受けたら?」


と言われた(鬼嫁風)。


仕方ないので、病院に問い合わせたら


5万円くらいかかります、


と言われて諦めた。


人間というのは、くよくよしがちだが


どうしようもない理由があると


気づかないうちに、よくなっていたりする。


人間は、あきらめる動物だ。

いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2005年05月30日

ファンドマネージャーを目指す

テーマ:【怒りマンの備忘録】

日曜日の遊びに来ていた


おとこ3人組の一人が


秋ごろ転職する予定だといっていた。


「どんなところを考えているの?」


と聞くと


「外資系に入って、ファンドマネージャーやりたいんだよね」


「数千万稼いでいる人はざらにいるよ」


と言う。


ホリエモン効果だろうか?


一攫千金を狙う人が増えた気がする。

 

「ベンチャーとか考えないの?」

 

と聞くと

 

「ベンチャーか・・・考えたこともなかったねえ」


と言う。


彼の頭の中には、ベンチャーはなかったらしい。


確かに、ファンドマネージャーという「職業」は稼げそうだ。


だが、そう考えたときに一般論として考えてしまって


そこに「自分」はいない。


ファンドマネージャー=稼げる職業=稼ぐためにファンドマネージャーを目指す、


という思考回路である。


だが「自分」という視点で考えれば


成功する確率は


ファンドマネージャーより、ベンチャーのほうが圧倒的に高いだろう。


ファンドマネージャーは、まずなれるかどうかハードルが高く


それをクリアするだけでも時間がかかる。


一方、ベンチャーであれば、ジョインした日から活躍できる場があるのだ。


彼はどう決断するのだろうか。

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2005年05月29日

手料理を振舞う

テーマ:【怒りマンの備忘録】

キッチン


学生時代の友人3人が、久しぶりに遊びに来た。


私も張り切って、手料理で歓迎した。


このおとこ3人は、全員独身。


会うたびに


「学生時代は、おまえが一番遊んでいて


結婚も遅いとおもっていたのになあ」


「結婚して子供もできて、1人だけ進んでいるなあ」


と、よく言われる。


だが私は、学生時代のときから


25,26歳で結婚して


30歳までに子供をつくる、というのは


決めていた。


だが、彼らが私の行動から受けた印象と


私の考えていたことは一致していなかった。


人というのは、他人の行動を見て


典型的なパターンに、はめようとするし


一度はめてしまうと、そのパターンから


なかなか抜け出せないのかもしれない。

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2005年05月28日

今日は結婚式

テーマ:【怒りマンの備忘録】

wedding


今日は、元部下の結婚式。


私は、新郎、新婦の入社当時の上司にあたる。


結婚する、と聞いたときびっくりした。


新郎は、3年目になったばかり。


新郎が新卒として入社したときは


私は営業の部署におり、怒り上司


新郎を怒りまくっていた。


今思うと、申し訳なく思う。


1年目にもかかわらず、めちゃくちゃな量の仕事を振り


3年目くらいの仕事をバシバシやってもらっていた。


一切妥協しなかった。


その1年間の苦労が


結婚を早めたのではないか、と心配になる(笑)


だが今日は楽しみだ。

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2005年05月27日

病気の話で盛り上がる

テーマ:【怒りマンの備忘録】

zutsu


ある方と、社内でミーティングしたのだが


「いやー、体調崩してたんですよ、


原因不明なんですが


発熱とか全身やられちゃって・・・」


と言っていた。


「私も頭痛が治らないですね。慢性病みたい」


と、なぜか病気の話で盛り上がった。


村上龍が、何かの本で


「今の世の中で、


健康すぎるのは一種の病気だ」


と言っていた。


情報社会でストレスに囲まれた社会で、


自分が健康だ、という人は


鈍感なだけだろう、という意味だったと思う。


病気で盛り上がる、というのはどうかと思うが


病気は、心の問題の顕在化であり


重要なサインだと思う。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005年05月26日

子供の育つ環境について

テーマ:【怒りマンの備忘録】

aa


娘が育つ環境を見ると


自分が育った環境とは全然違うなあ、と思う。


私が育ったのは南九州の田舎のほうで


自然に囲まれて育った。


一方、娘は都会で生まれて育っている。


何が一番違うのだろうか、と考えると


人口密度ではないかと思う。


私の田舎では


ふと気づくと、眼前に誰もいなくて、


1人だけということもよくある。


逆に都会では、1人になることが難しい。


常に周りに人や車があって


刺激に満ち溢れている。


そういう環境では、脳への刺激が強まり


頭の成長は早いが


体の成長が遅くなる、ということもありうる。


娘を見ていても、口は達者なのだが


体の切れがいまひとつだ。


人間は、1人ぼっちでは生きていけないが


1人でも生きていける体力は必要である。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2005年05月25日

メロメロパーク

テーマ:【怒りマンの備忘録】

mero


ブログペットのメロメロパーク に登録したので、


ぜひ友達になってくださいね。


住所は


2-116-113


名前は


いかられマン


です。

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2005年05月24日

ガンダム的視点

テーマ:【怒りマンの備忘録】

gam


ガンダム人気は根強いようだ。


私は、初代ガンダム からの付き合いだが


そう考えると、20年以上の


付き合いになるのではないだろうか。


初代ガンダムには、かなりはまった。


TVもかかさず見たし、プラモデルも作っていた。


当時の話だが


ふとしたとき、自分がアムロになった気がした。


自分が、ガンダムの操縦席(自分の目)に座って


モビルスーツ(自分の体)を着て


操縦している錯覚である。


ガンダム的視点の体験である。


なあんだ、おれって自分で自分を操縦しているんだなあ、


という気づいた。


そのとき自分をコントロールする、という概念を理解した気がする。


体と心の二元論とも言えるが


当時小学生の私にとっては


新鮮な視点だった。


ガンダムは、単なるアニメで終わらず


これからも人生に影響を与え続けていくのだろう。

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2005年05月23日

食べたいという欲求

テーマ:【怒りマンの備忘録】

mac


ときどきだが


無性に●クドナルドが食べたい!


と思うことがある。


私だけでなく、妻もそのようだ。


だが、いざ食べてみると


さほどでもなく、太るし食べなければよかったと後悔する。


私がよく行くラーメン屋もそうだ。


そのラーメン屋は普通に考えれば、さほどうまくないのだが。


●クドナルドには、麻薬が入っているのだろうか?


いやそんなはずはない。


だが、食べたい!と思ったときの頭の中は


●クドナルドでいっぱいだ。


ほかに代替物はない。


「あの油っぽいポテトを食べて、冷たいコーラで流し込みたい」


というイメージが頭にある。


そのとき感じるのは味ではなく、体験だ。


そういう意味で、●クドナルドは


麻薬というよりも、洗脳に近いかもしれない。


この理論が、家庭での私の料理にも使えないか


実験中である。

いいね!した人  |  コメント(11)  |  リブログ(0)
2005年05月22日

「牛小屋」で牛を食べる

テーマ:【怒りマンの備忘録】

ushi


近所に「牛小屋」という


焼肉屋がある。


自転車で店の前を通るたびに


どんな人が、「牛小屋」に入って


牛を食べるのかあ・・・


と考える。


「馬小屋」とかだと、もっとリアリティがあるなあ・・・


食べることは、


体を養うために必要なことだが


想像力とも大きく結びついている気がする。

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログパーツ track link 怒りブログ。へのリンク

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。