What She Came For/Franz Ferdinand

テーマ:
最近SONGS

10.What She Came For/Franz Ferdinand

トゥナイト/フランツ・フェルディナンド

¥2,520
Amazon.co.jp

○フランツ・フェルディナンドの「トゥナイト」ってアルバムはタイトル通り、夜のアルバムって感じで、
ちょっと聴いた感じでは、暗めで地味な感じですが、
暗めながら相変わらずキャッチーだし、ざわざわとかそわそわと込み上げてくるようなカッコ良さがあるアルバムだと思います。
って、そんな聴いてんですが…
そんなわけで、そのアルバムの中から単純にこの曲が一番好きだってことで「What She Came For」を選んでみました。

この曲は最初の部分と最後の部分が特に好きです。

アルバムの中で一番好きな曲と言ったけど、実を言うと、国内盤のボーナストラックの「Feeling Kind Of Anxious」(「Ulysse」のリミックス)が一番好きだったりするんですが、
それは、ちょっと地味すぎてこのプレイリストの感じに合わなかったので、やめました。





AD

Taste of You/TOWA TEI

テーマ:
最近SONGS

9.Taste of You/TOWA TEI Feat. Taprikk Sweezee
BIG FUN/TOWA TEI

¥2,480
Amazon.co.jp

○エレカシ、Dr.DOWNERと暑苦しいのが並んだので、口直し的にトウワテイことテイ・トウワです。
この曲が収録されたテイさんの新作「BIG FUN」は、まぁ毎度のことでありますが実に洒落たアルバムです。
何と言うか、オシャレなお洋服屋さんとかカフェーとかで流れていそうなアルバムだと思います。

なんだかこのアルバムが流れていることによってその場の空気が1、2ランク、オシャレなものになりそうな感じです。

ただただ、流れているだけで気持ち良くて、BGMに最適な感じの音楽で、
インテリア的と言うかラウンジ的な音楽で、自己主張はしないで、その場の空気をサラッと清浄化してくれるような感じです。

そんなわけなんで、何かをしながらとか何かを考えながらとかだと実にサラッと気持ちよく通り過ぎて行く音楽なんですが、
ちゃんと音に集中して聴いてみると、面白くて、刺激的な音が鳴っていたりして、
決して一つ一つの音の存在感が無いわけじゃないのに、どの音も自己主張せずにとっても 


「MIND WALL」


AD

D.K.N/Dr.DOWNER

テーマ:
最近SONGS

8.D.K.N/Dr.DOWNER

スーサイドソルジャーマン26/Dr.DOWNER

¥1,575
Amazon.co.jp

Dr.DOWNERは横須賀のパンクロックバンドです。(my space

とにかく勢い任せな猪突猛進形のバンドで、
「コレでもかっ!」って感じで、ひたすらギターが暴れまくっています。
歌詞は日本語で、シンプルなメロディーはポップでは無いかもしれないけど、一回聴いただけで憶えられるほどキャッチーではあります。

このアルバムは、ディスクユニオンに行った時に、なんだかヘビローテーションで流されていて、
そんなに好きになるタイプのバンドでは無かったんだけど、なんだか引っ掛かるモノがあって、店員さんに
「今、流れてるのなんですか?」
つって購入しました。

勢いまかせに暴走するバンドではあるんですが、勢いだけじゃなくて、この曲始めとして、ギターが時々ビックリするほどカッコいいフレーズを弾きだしたりして、
曲もさっき言ったみたいに憶えやすくて、頭の中で鳴り出したらそのままエンドレスにリピートされちゃうかんじだし、
その勢いも魅力なんだけど、それだけに留まらない魅力も沢山持っているバンドだと思います。

と言いますか、それらの、何気にカッコ良かったり、キャッチーだったりする、フレーズやメロディーを実に乱暴に勢いまかせに連発するところがこのバンドの魅力では無いかと思います。

カッコいいです。

モーターヘッドみたいなバンドかな?(モーターヘッド好きです。)

チョモランマトマトと仲がいいみたいです。


このビデオ↓は「D.K.N」とは別の曲です


AD