唐突だが、心理カウンセラーの大嶋信頼さんを何気にリスペクトしている。

 

既存の方法とは異なるアプローチ(カッコよく言うならオルタナティブ)を本にして、多くの人の役に立っているからだ。

 

ちなみに、大嶋さんにカウンセリングをしてもらったわけではない(笑)

 

 

今回のテーマは北千住の駅を歩いている時に、ふと感じたことがきっかけになっている。

 

大嶋さんは東京の港区でカウンセリングを行っており、都会ほど精神をすり減らしやすいことを考えた時、都会で培われた手法ほど実用性があるのではと気がついたのだ。

 

愛知のような地方には地方の、都会には都会の大変なところがあると思うものの、人と人が密集するほど、気持ち的に上手くやりくりする方法は必要になってくると考えている。

 

 

当然ながら、クライアントの数も人の数が多いだけ増えるだろうし、色々なケースを見てこられたことは想像するまでもない。

 

さてさて、大嶋さんリスペクト記事で終わるのもあれなので、もう一つ付け加えておきたいことがある。

 

都会で普通に働いて生活しているだけで、それはすごいことだと思っていいということ。

 

 

 

僕の目からすれば、混雑する電車に揺られて週五日フルタイムで働いているだけで、十二分にすごいことだと感じる。

 

ただまあ、「何とかやっていけているからこそ、日頃のケアは大事にしてほしいな」とニートなのにおせっかいなことを言ってみる。

 

 

適度な運動に十分な睡眠、栄養バランスも重要だろう。

 

スピリチュアルに関心がない人も少なくないと思うが、人の数が多いからこそ浄化の必要性を感じたりもする。

 

別に怪しいお札を勧めるわけではなく、きよら石鹸(わりと有名)を使ってみたり、お風呂にあら塩をぶっこむだけでもだいぶ楽になるはずだ。

 

 

適度に自分をいたわりながら、皆さんが健康的で幸せな生活を送れることを願っている。

 

 

 

 

◆2017年3月4日追記

 

 

これは一時的に、ですます調をやめていた頃の記事ですね(遠い目)

 

 

大嶋さんの著書がブレイクし続けているようで、都内の行く先々の本屋で目立つ所に置かれています。

 

 

まさか、この記事を書いていた頃には、自分自身が「混雑する電車に揺られてフルタイム」で働くとは想像できなかったと思い、興味深くなって追記を足してみました。

 

 

 

ちなみに関心の変化を書き足しておくと、大嶋さんのメソッドを集中的に取り入れた期間は過ぎた感じです。

 

 

今はもっぱら、ロバート・シャインフェルド氏のプロセスを試したり、自身の内面を感じ取るように意識しています。

 

 

個人的には、心理学とスピリチュアルのどちらも人生に有益なことを説いていると思います。

 

 

 

 

人生相談受付中
http://ameblo.jp/ika-neet/entry-12230343210.html<br />


Facebookやってます! 友だち申請などお気軽にどうぞ
https://www.facebook.com/michito.sakuraba

 

AD

コメント(2)