キリストと共に

あなたの神、主は、あなたのただ中におられる。
救いの勇士だ。主は喜びをもってあなたのことを楽しみ、
その愛によって安らぎを与える。
主は高らかに歌ってあなたのことを喜ばれる。
ゼパニヤ書 3章17節


テーマ:
私は謙遜の限りを尽くし、涙をもって、またユダヤ人の陰謀によりわが身にふりかかる数々の試練の中で、主に仕えました。使徒20:19

パウロが主に仕えていく姿から教えられます。主のものとなった私たち、キリストのからだの一部となりました。キリストのからだである教会、ここに選ばれ、召されました。教会は共に生活するところ。講座ではない。

{6782B3E1-55D5-47EF-952D-B7F77D7EE02F}
ぶどうをいただきました。美味しかった!

キリストの使徒たちとして権威を主張することもできたのですが、私たちは、あなたがたからも、ほかの人々からも、人からの名誉を受けようとはしませんでした。それどころか、あなたがたの間で、母がその子どもたちを養い育てるように、優しくふるまいました。
第一テサロニケ2:6.7

事実、あなたがたは、だれかに奴隷にされても、食い尽くされても、だまされても、いばられても、顔をたたかれても、こらえているではありませんか。第二コリント11:20

神のみこころに添った悲しみは、悔いのない、救いに至る悔い改めを生じさせますが、世の悲しみは死をもたらします。第二コリント7:10

ユダヤ人にもギリシヤ人にも、神に対する悔い改めと、私たちの主イエスに対する信仰とをはっきりと主張したのです。使徒20:21

悔い改めと主イエスに対する信仰。
福音に立っている。

私が自分の走るべき行程を走り尽くし、主イエスから受けた、神の恵みの福音をあかしする任務を果たし終えることができるなら、私のいのちは少しも惜しいとは思いません。使徒20:24

{8D5D4FDB-7608-4CC3-A9F6-04FE5DFF241B}

行程を走り尽くす。

あなたには少しばかりの力があって、わたしのことばを守り、わたしの名を否まなかったからである。黙示録3:8

福音を語ることが大切。

私は、神のご計画の全体を、余すところなくあなたがたに知らせておいたからです。使徒20:27

聖書はすべて、神の霊感によるもので、教えと戒めと矯正と義の訓練とのために有益です。それは、神の人が、すべての良い働きのためにふさわしい十分に整えられた者となるためです。第二テモテ3:16.17

喜びをもって神に仕えていく。これが奉仕。

今日、はじめて教会に来られた方がイエス様を信じ、受け入れました。ハレルヤ!
この福音が広がっていくことを切に願いますし、そこに仕えていきたいと思います。ただひたすらそこに思いを注ぎたいと思います。

子供礼拝は「契約のしるし」創世記17章でした。
{6904E09A-470B-48B7-A5C4-BDD2D939AE5E}


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
しかし、よ。
あなたはとこしえに御座に着き、
あなたの御座は代々に続きます。
哀歌5:19

日曜日に教会に集まることができ、主イエスにあって共にまことの神を礼拝し、学び、交わることの幸いの感謝します。哀歌において、人間の愚かさの極みを見、また、罪の結果を見ました。前にも書きましたが、東京の真ん中で行われていること、週末の夜の六本木、銀座、人は満足を得るために遅くまで楽しんでいます。彼らはいかに稼ごうかを考え、楽しもうかを考えているのでしょうか。いかに人間関係を良好に保とうかを考えているのでしょうか。すっぽりと抜けてしまっているものがないでしょうか。イエス様に出会って欲しいです!
本当にごく僅かなキリスト者がここに置かれているのです。われらはここで、ひたすら主を礼拝し、主を伝えるのです。今日の賛美、「十字架を伝える者」とても心に響きました。

{2973AB55-1DC5-4D3F-9759-6C0F94A2E894}

主のためならばどこでも行き、十字架を伝える。つかわされた場所でキリスト者として歩み、伝えていくことができますように。

子供礼拝は、創世記16章から学びました。暗誦聖句はローマ9:8で「すなわち、肉の子どもがそのまま神の子どもではなく、約束の子どもが子孫とみなされるのです。でした。神様の約束を待ち望むものでありたいですね。

{BF5EF33F-BD38-4BC5-9FB3-3702E0D3AB0A}


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
キリストは、自由を得させるために、私たちを解放してくださいました。ガラテヤ5:1

あせりとは何でしょうか。これは、どのような状態でしょうか。少なくても主から来るものではありません。自由が恐れから締め出された平安な状態であるなら、あせりはなくなるのではないでしょうか。そんな中、多くの人はあせります。私もあせってしまうことがあります。この世の状態、空気がそうさせてしまうのかもしれません。あせりを作ってしまうもの、急かされてしまう、人の目が気になる、間違ってしまった、などがあると思いますが、この心の状態になってしまうのは、恐れが発端にあるのでしょう。あせりの状態に追い込まれるとは、やはり、主を心の真ん中に置いていないし、より頼んでいないことになると思います。あせりが及ぼす結果は悲しいものがあると思います。
今日、多くの人が急いていると感じます。何でそんなに急ぐのか。あれをやらなくちゃ、これをやらなくちゃ、そんなに急ぐ必要があるか。キリストにある自由にとどまり、福音に生きる、このことのみが必要であり、この福音を宣言することが大切です。しかし、この闇の力は、私たちを巻き込み、心にあせりを生じさせてきます。しかし、私たちは岩なるイエスにより頼むのです。キリストにある自由、この内を歩んでいくのです。

{61FB3261-0AB3-4555-9679-2CCFB40855BE}

最近、私は「かなめ石」という賛美を口ずさんでいます。
主の義と血潮が希望の礎
世のものではなく 主の御名に頼る
主の御名に全き信頼を置きたいと思います。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
キリストは、自由を得させるために、私たちを解放してくださいました。ですから、あなたがたは、しっかり立って、またと奴隷のくびきを負わせられないようにしなさい。ガラテヤ5:1

自由を得させてくださるとは、何と素晴らしいことでしょうか!日々の歩みの中で、不自由なものが全く多い。そして、最近気づかされているのは、自分はいかに多くのプライドを持っていて、それに縛られているかということです。このどうにもならない、愚かなプライドは雲散霧消に粉々に打ち砕かれていかなければならないでしょう。ごく小さな高ぶりは、すぐに大きくなっていくのです。
今日のガラテヤ書の学びからずれてしまいました。私たちは、イエス様が恵みよって与えてくださった信仰を受け取ればいい、他に何かやらなくていいのです。

ところが、今では神を知っているのに、いや、むしろ神に知られているのに、どうしてあの無力、無価値の幼稚な教えに逆戻りして、再び新たにその奴隷になろうとするのですか。ガラテヤ4:9

自由とは何なのか?恐れからの自由と言っていいのではないか。

神から罰を受けるのではないかという恐れからの解放されている。
罪の力からの自由、罪の支配の中にいない。古い自分は死んで葬られた。
後に、卑しい身体から解放される。

そこで、子たちはみな血と肉とを持っているので、主もまた同じように、これらのものをお持ちになりました。これは、その死によって、悪魔という、死の力を持つ者を滅ぼし、一生涯死の恐怖につながれて奴隷となっていた人々を解放してくださるためでした。ヘブル2:14.15

{CFF914E1-41F1-4612-98C3-97B730E2FF63}

奴隷解放宣言されている。
キリストは完全な義。

相対的な義に囲まれている。
神の前では、不潔な着物。

律法によって義と認められようとしているあなたがたは、キリストから離れ、恵みから落ちてしまったのです。ガラテヤ5:4

自分でやろうとしている。

愛する者たち。私たちは、今すでに神の子どもです。後の状態はまだ明らかにされていません。しかし、キリストが現れたなら、私たちはキリストに似た者となることがわかっています。なぜならそのとき、私たちはキリストのありのままの姿を見るからです。第一ヨハネ3:2

熱心に待つ。御霊によって待ち望む。
御霊によって肉の行ないを殺すことができる。
恵みによって信仰によって立つ。
神は愛を注がれる。

愛によって働く信仰だけが大事なのです。ガラテヤ5:6

どんなに苦しい境遇に陥っても、キリストへの信頼を強く持ち続け、より頼み、ここにとどまり続けたいですね。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
シオンが手を差し出しても、
これを慰める者はない。
主は仇に命じて、
四方からヤコブを攻めさせた。
エルサレムは彼らの間で、
汚らわしいものとなった。
哀歌1:17

ロゴス・クリスチャン・フェローシップの礼拝メッセージは今日から哀歌に入りました。エルサレムがバビロンによって破壊された時。その哀悼の歌。神様を離れ、従わず、悪い行いをし続けるイスラエル。そこに神様の怒りが注がれましたね。それは、何とも悲惨な有り様です。私は最近、六本木や銀座、新宿などを深夜に走る機会がありますが、とても悲しい、また、身体が受け入れられない気持ちになります。肉のままに生きるのは悲しいことです。神以外の何か大事にすること、罪の定義と言われました。私たちは、神に立ち返り、神により頼むのです。神以外により頼むと、必ず裏切られる。人はあれをやって、これをやってと考える。しかし、主との関係を大事にしなければならない。日本において、何となく生きていける状況の中で、主の福音に耳を傾けることが閉ざされてしまっているのです。それゆえ、キリスト者は立ち上がり、熱心に、忍耐をもって祈り、主に仕えていきましょう。

{14DEE4EE-2706-4FB4-8F76-EFFE34BCAF9D}

愛の関係は、育むもの。
実が出ているのか。
人は活動中心になる。

神様は必ず実を結ばせてくださる。

しかし、主は、「わたしの恵みは、あなたに十分である。というのは、わたしの力は、弱さのうちに完全に現れるからである」と言われたのです。ですから、私は、キリストの力が私をおおうために、むしろ大いに喜んで私の弱さを誇りましょう。第二コリント12:9

すべての懲らしめは、そのときは喜ばしいものではなく、かえって悲しく思われるものですが、後になると、これによって訓練された人々に平安な義の実を結ばせます。ヘブル12:11

イエス様の父の姿、ペテロへの愛。

哀歌の悲惨な状況。
エレミヤ、私が神の怒りを受けている。
イエス様、神の怒りを受けてくださった。

{D05C28B2-9F96-48F4-ADB0-FA06DE9068A7}

夜の間、夜の見張りが立つころから、
立って大声で叫び、
あなたの心を水のように、主の前に注ぎ出せ。
主に向かって手を差し上げ、
あなたの幼子たちのために祈れ。
哀歌2:19

主は私たちが主を知っていくために、様々なところを通らせます。しかし、この懲らしめこそ、神の愛であり、苦しみの中で、整えられていくのだと思います。

わたしは、愛する者をしかったり、懲らしめたりする。だから、熱心になって、悔い改めなさい。黙示録3:19
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。