2005-04-21 01:29:59

久々のゴルフ

テーマ:サンフランシスコ

日曜日にSan Ramonでゴルフをした。
今年2度目、正確には、アメリカでは年度初のラウンド。出だし1番ホールは、2打目がグリーン横のバンカーに入り、3打目は厚く入って、バンカーからでただけ。しかし、4打目はチップインしてしまい、パー。
3W,5Wのティーショットがよく、4番ホールの短い320ヤードパー4では、風にも乗って、300ヤード近くころがってしまった。結局、前半はパーを6個取ったが、他の3ホールで崩れて、6オーバーの42。
後半も出だしの10thホールは軽くパーだったが、その後は集中力も切れて、いつの間にか、プラクティス・ラウンドになっていた。まあ、こんなもんだろう。
課題は、たまに、ティーショットがフックするのと、あとは、やっぱりショートゲームかな。ラウンド不足も重なって、100ヤード内のショットがまったくだめ。
また、この日はパットもぱっとせず。
久しぶりのラウンドを楽しんだが、以前は時々出ていた70台はちょっとまだ遠いなって感じです。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-04-07 12:29:33

アメリカ人の英語・・・Good question!

テーマ:日本
確か先日、日本から戻ってきてすぐだったか、宮里藍がアメリカでのメジャー大会から帰ってきて、外人記者クラブのインタビューを受けているニュースを見た。
外人記者の質問に対して、どんな質問だったかは忘れたが、彼女は”Difficult question."と英語で答えていた。
いい発音ではあったが、アメリカ人は質問に対して、まず"difficult" という反応はしない。その代わりに、"Good question"と言うのが普通である。 つまり、相手が難しい質問をしたとしても、実際に難しいとは言わず、「いい質問ですね」と言うのだ。 いかにもアメリカ人らしい表現ではないか。いい意味で言えば、相手の言ったことを尊重し、肯定的に答えているが、一方では、茶化して正直には言えないよという場合もある。宮里も「近いうちに英語で全部インタビューに答えれるようになりたい」と言っていたが、いろんな面で彼女は努力家みたいなので、その内に慣れてくるでしょうね。

ところで、イギリス人の場合は実際どういうのだろう。聞いたことがないが、多分同様に"Good question" というのだろうと思う。どなたか知ってますか?
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-04-06 17:43:01

本当の塩

テーマ:日本
日本に行ったとき、本屋で立ち読みした本に「塩についての話」があった。
そこでちょっと、ウェブで調べて見たら、今まで知らなかった発見があったので引用する。

塩はミネラルの補給という点で、ひじょうに重要な栄養素でした。  しかし、最近、”本当の塩”を摂っている人は少ないのではないでしょうか。 ”本当の塩”とは、海水がギュッと凝縮された、塩化ナトリウムとにがり成分の結晶体のことです。  塩は1905年(明治38年)から国が生産と販売を独占し、専売公社で扱われていました。そして、1971年(昭和46年)には「塩行近代化臨時措置法」が施行され、日本のほとんどの塩田が廃止され「イオン交換膜電気透析法」という製塩法に切り替えられました。  それまでの塩田では、海水を濃縮して蒸発させて塩を作っていましたが、イオン交換膜法は、海水に含まれる塩分3.5%のうち、塩化ナトリウムだけを電気的に採集する方法です。そのため、塩田とは違って天候の影響を受けず、工業的に生産することができるようになりました。  また、先進工業国をめざす日本にとって、塩田だった海に面した平坦な土地を工業用地として利用したい、また、ソーダ産業に不可欠な原料としての塩を安定供給したいという狙いもあり、この方式が強行されました。実際に、塩の約85%は工業用で、食品加工用は11%、家庭用は4%にすぎません。  この製法で作られる「塩」は、99.5%以上が塩化ナトリウムで、にがりをほとんど含まないため、日本人のミネラル摂取が阻まれ、今でもミネラル不足が続いています。  1997年(平成9年)に専売法が廃止され、塩の生産が自由化され、ようやく本物の塩が簡単に手に入るようになりました。  沖縄や伊豆大島、高知、熊本、天草、長崎などで、自然海塩が本格的に生産されるようになりました。海からひいた海水を、太陽の熱と風の力を利用する自然製法で、数日から数週間かけて作られる塩は、ミネラルをたっぷり含んだ塩です。専売塩のようにただしょっぱいだけでなく、あまみやうまみなどの奥深い味わいがあります。やきとりや天ぷら、うどんのダシなどに使えば、その違いもわかるはずです。
<参考>
http://www.fine-club.com/health/carehealth/salt/index2.html
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-04-04 04:27:09

今回の旅行・・・食べ物編

テーマ:日本
やっぱり、日本食はうまいわ。
日本海の魚、寿司、刺身、カツどん、そば・・・その他、旨み成分が多いのか、何か知らないがほんとにうまいと思ったね。
名古屋では「ひつまむし」というものを食べた。 誰が始めたのかしらないが、こんな言葉は以前聞いたことがなかったので、思わず店員に聞いてしまった。 結局、うな丼をうな丼だけでなく、ねぎを入れたり、茶漬けにしたりして食べるということ。 以前、学生時代に住んでいた名古屋。10年ぶりくらいで行った、栄。三越の南にできた「ラシック」という新しいビルの一番上のレストラン街は、なかなかよさそうな店がたくさんあり、日曜の8時すぎに行ったのだが、結構混んでいた。うなぎは備長の炭焼きでこれもおい~しかった。アメリカにもうなぎはあるが、こんなのはあまり食べれないだろう。満足した一日でした。
次の日、名駅に新しく建ったらしい駅ビルにも立ち寄った。高島屋が入っていて、やはり最上階にレストラン街があった。ここも3月にオープンしたばかりで、新しく綺麗な店がたくさんあった。 最近、名古屋の発展がめざましく報道されているらしいが、今回久しぶりに行って、確かにそうかもねって実感しました。
しかし、日本は長い不況のせいか、食料品がそれほど高くなっていない。いろんなものがアメリカとほぼ同じような値段だ。レストランの料理にしても、例えば大阪駅で食べた「かつおたたき定食」は$850円。USドルにして約8ドル。アメリカはインフレ気味で最近はランチが$6~7はするし、チップ$2くらい足せば、$9くらいになる。さらに言えば、日本の地価も下がっているし、住宅ローンの金利も安い。こういったデフレの恩恵もあるということを知っておきたい。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005-04-02 16:05:59

今回の旅行について・・・ホテル編

テーマ:日本
まず、関空についてから、歩いて行ける日航ホテルにチェックインした。
このホテル、近くにいろんなレストランがあるし、関空に隣接しているので便利なのだが、冷蔵庫を開けると飲み物が無い。飲み物は廊下にある自販機で購入するようになっているのだが、一流ホテルでこのようなのは初めてだ。着いたばかりの外人客で日本の現金を持っていない客とかはどうするのだろう?まあ、ルームサービスはあるが、これも24時間ではない。(旅行中、時差ボケで夜中に目が覚めて、おなかがすくということもある。よって、外国のホテルは、24時間のルームサービスがあるところが多い。)
また、ビジネス客に対するインターネットのサービスがない。ダイアルアップは可能だが、日本でアカウントを持っていないと、どうにもならない。いまどき、めずらしい。アジアのホテル(わたしが行った、マレーシア、タイ、シンガポール、中国など)では、どこでも大抵LANでインターネットにアクセスできた。ちなみに、以前滞在した全日空ゲートタワーホテル(関空から一駅離れたりんくうタウンにある)も同様だった。
こういった点において、日本のホテルは遅れている。
 
インターネット付で割安のビジネスホテルといえば、東横インがいいと思う。ここは高速インターネットが無料で、朝食つき。部屋はもちろん小さめだが、必要なものはすべてあり、まったく問題ない。
その他、もっとよさそうなホテルをご存知の方は、教えてほしい。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。