埼玉県加須(かぞ)市の橋本弥喜智商店で、こいのぼりづくりが最盛期を迎えた。色鮮やかなこいのぼりが干された工房では、職人が連日色付け作業に追われている。

【写真特集】マグロのぼり、力強く「ぶるんぶるん」 葛西臨海水族園にお目見え

 裁断、縫製などのすべてが手作業。木綿生地に一筆ずつ丹念に顔料を塗り重ねていて、長さ10メートルのこいのぼりは完成に約2カ月かかる。「風を通す音や泳ぐ姿など木綿ならではの良さを楽しんで」と3代目の橋本隆社長(69)。全国から注文があり、最近は小柄なものが売れ筋という。問い合わせは電話0480・61・0371。【佐々木順一】

【関連ニュース】
【写真特集】毎日風物詩・端午の節句 青空を泳ぐこいのぼり
<端午の節句>イチロー五月人形 三重・四日市
<端午の節句>鉄腕アトムの五月人形を発売 群馬の人形店
<こいのぼり>少し寒いけど、元気よく--二十四の瞳映画村 /香川

あす拉致被害者支援決議へ (産経新聞)
首相「日本はまだ鎖国的」 東アジア共同体で持論(産経新聞)
[パラリンピック]住職の井上「もう一度滑れた」骨折克服し
サーベイランス体制の見直しを検討―インフル対策で厚労省(医療介護CBニュース)
<黒澤明財団>佐賀・伊万里市長が新たな契約表明(毎日新聞)
AD