政府と全国知事会など地方6団体が地方にかかわる政策全般を話し合う「国と地方の協議の場」の法制化に向け、政府側が18日の実務者会合で示す最終案の概要が16日、明らかになった。政府が先月示した当初案通り、首相を正式メンバーから外すものの、「いつでも会議に出席し発言することができる」というオブザーバー的な存在と位置付けた。3月上旬の法案の閣議決定を目指す。
 「協議の場」の実現は、昨年夏の衆院選で各党のマニフェスト(政権公約)に盛り込まれており、地方分権改革の切り札として地方側の期待が高い。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件~「小沢氏、幹事長を辞任すべき」72.5%~
【特集】話題騒然 ファーストレディー
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
ポスト鳩山を狙う"ラグビーボール"原口総務相

また「撮り鉄」?お座敷列車止める…滋賀(読売新聞)
<盗難>新田義貞の銅像が 群馬・太田の神社境内から(毎日新聞)
宝塚ファンのアドレス、阪急電鉄が誤送信(読売新聞)
「吾妻中央病院」を経営、群馬の医療法人が民再申請(医療介護CBニュース)
ハイチ大地震 NGO代表の医師、メールで「感染症心配」(毎日新聞)
AD