広島県の小学校で女子児童が性的暴行を受けた事件をめぐり、女児3人と保護者が26日、精神的苦痛を受けたとして、元教諭と県などを相手に1億1550万円の損害賠償を求める訴訟を広島地裁に起こした。
 元教諭は強姦(ごうかん)などの罪に問われ、広島地裁で昨年9月、懲役30年の判決を受けた森田直樹被告(44)。被告は控訴し、広島高裁で公判中。
 原告側弁護士によると、女児3人は長年にわたり、森田被告の性的暴行を受けた。弁護士は「苦しんでいる娘たちは事件の判決があっても、心の傷を一生背負っていかなければなりません」とした保護者の手紙を公表した。
 原告側は森田被告を任命した県にも、責任があるとしている。
 広島県教育委員会の篠田智志教職員課長の話 到底許されるものではなく、極めて重大な事件だと認識している。訴状を確認して対応を検討したい。 

【関連ニュース】
裁判員「プレッシャーで寝不足」=強姦致傷罪で懲役12年
元フィギュアコーチに懲役7年=教え子の女子中生に暴行
弁護側、減刑求め結審=性犯罪初の裁判員裁判の二審
裁判員裁判、実刑8割弱=親族間殺人で刑猶予も-09年、142人に判決
時効直前で男逮捕=10年前の強姦致傷容疑

国債発行、13年度に55兆円=予算100兆円に膨張-財務省試算(時事通信)
小西一家総長ら逮捕=住吉会系幹部射殺事件-埼玉県警(時事通信)
歌手の故浅川マキさん・お別れの会(時事通信)
青森県で震度4(時事通信)
<センター試験>追試、過去最多の972人(毎日新聞)
AD