よく見かける22ヒント「A」の問題です。


同じ模様でヒントの数字を色々変えて
「Bはヒント18」・「Cはヒント17」の
問題に変えます。


私が考えた「グループ係数」を使って確認作業をします。
(係数名は独自の命名です。)
基本的には、22ヒントの場合「60」になると
その該当するヒントは、消すことが出来ます。



「A」の係数



「A」ヒンの数字を変えてみます。




「B」の係数です。


黄色の数字を消して18ヒントにします。


★18ヒントの問題が出来ました。


こんどは、17ヒントに変えます。



「C」の係数です。





黄色の数字を消して17ヒントにします。


★17ヒントの問題が出来ました。



数独(ナンプレ)は、1つの問題を色々変更する事が出来ます。

是非、楽しんでみてください。



今日も見に来て頂き

ありがとうございました。

AD