創業35年 飯野工務店@埼玉県鴻巣市

親子3人の大工。無垢の木のぬくもりを大切に。新築、リフォーム、設計、手刻み、伝統工法、耐震診断、耐震補強、長期優良住宅、高気密高断熱、古材、四寸柱、天然木、ヒノキ、杉、珪藻土、漆喰、埼玉県産木材、古民家鑑定士。


テーマ:

しばらくぶりのブログ更新になってしまいました。
現在工事が進んでいる桶川市I様邸は去年の平成26年で、ちょうど築100年目!
にあたるとても歴史のある住宅です。


I様邸の解体~完成までの過程を
このブログにてシリーズでご紹介したいと思います



木は切られて100年経っても生きています。
日ごろ新しいもの「新品」に目が行きがちな私たち。
日本人が忘れかけている「モノを大切にする心」


・・・このブログを通して「古いモノもいいね!大切にしよう!」
と感じて頂けたら幸いです。


お客様は、今まで住んでいた家の大黒柱や丸太の大梁などを処分しないで、
なんとか新築へ再利用できないか?と悩んでいらしたそうです。
そこで、私たちも所属する埼玉県古民家再生協会にご依頼頂きました
埼玉県古民家再生協会は古材が大好きな古民家鑑定士の集まりで、
設計士さんや建築系の会社の皆さんも沢山いらっしゃいます
今回の建て替え工事にあたり、古民家鑑定士それぞれの得意分野を担当し
飯野工務店は大工工事を任せて頂きました。



このケヤキの大黒柱は、I様邸を100年間支えてきた柱です。
解体後も、一部傷みのある部分に手を加えれば、
もちろん新築の大黒柱として、まだまだ100年は家を支えてくれます



本格的な解体の前にI様邸にて古民家鑑定士実技講習会が行われました



うちの社長も私も、古民家を鑑定する際の注意点を
古民家鑑定士の仲間たちと確認します



天井が取り払われると、立派な丸太の小屋組が見えてきました



社長に伝統工法の造りについて、教えて頂きました

今まで知らなかった事もあり、とても勉強になりました
この勉強会の後、古材を取り出す解体が本格的に始まります。

飯野工務店ホームページ
お電話でのお問い合せは、
☎048-541-1998
メールでのお問い合せはこちらをクリック

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

飯野工務店@埼玉県鴻巣市さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。