シアワセノウチワケ

日常をちょっと立ち止まってその日その時を書き留めたいと思います。


テーマ:

 誰もが記憶力のなさを嘆くが、


判断力のなさを嘆く者はいない
(ラ・ロシュフコー 文学者)




英単語帳を片手にブツブツつぶやきながら通学してた学生時代。


覚えることが勉強だと疑ってませんでした・・・・・・・・


配られた解答用紙を前に、求められるのは「正解」。


問題とは与えられるものでした。




記憶力のなさを嘆いてたあの頃。


でも本当は正解を出すことより、


問題を作り出すことの方がよほど大事なのかもしれません。


今から思うと、あの頃あんなに頑張ってたことも、


日々自分の前に立ちふさがる、問題を見つけ出すためのトレーニングだったのかなと思います。


違う力を身に付ける代わりなんだから、


年を追うごとの物忘れのはげしさも、嘆くことはないのかなーと思います汗




毎年8月15日になると「忘れる」ということを、


否が応でも考えさせられます。


「思い出すのはつらい」


戦争を知る方たちの声は淡々と、そして悲痛です。


それでも異口同音に言うのは、


「でも、決して忘れてはいけない」


思い出すのもつらいのに語り続けるのは、


知る者の使命感であり、


そして私たちはこんな大事なことも忘れてしまう生き物だからなのかもしれません。




『生きていくためには、記憶力よりも、


その対極にある“忘れる力”の方が不可欠である』(ショーレム・アッシュ 作家)


忘れてしまう記憶があり、


忘れてはいけない記憶があり。


忘れたくない記憶があり、


忘れられない記憶があり。




人生とは、


一日一日、読み切りなのか、


それとも長編小説なのか。


過去の自分のおかげで自己があり、続けられますが、


一方「忘れる力」とは、過去に縛られない力なのかなと思います。


現在が一番大事なのは間違いなく、


過ぎた懐古主義は「今」の妨げになることもあります。


日記やアルバムも、たまに懐かしく眺めるからいいのかもしれませんニコ


過去の世界に覆われないことも大切だなと思います。




うれしい記憶。悲しい記憶。


過去の自分と、今の自分は記憶でつながっています。


時に重荷になりますが、それが助けにもなります。


忘れないから、つまずかず、


忘れるから、前に進めます。





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。