いいじゃないですか…ブログⅡ

いいじゃないですか…と思った出来事やニュースを日々更新しています!


テーマ:
 女優の天海祐希(49)が主演するドラマ「緊急取調室」(テレビ朝日系)が4月20日からスタートする。
 
 同ドラマは2014年に連続ドラマとして放映され、翌年にはスペシャル番組も放映された人気シリーズ。天海が演じる刑事・真壁有希子ら“落としのプロ”である警視庁捜査1課の専門チーム「緊急事案対応取調班」(通称・キントリ)のメンバーたちの活躍を描く。

ランドポート ソーラー式エコライト ソーラーパフ warm light PUFF-15WL

 10日に行われた制作発表会見には天海をはじめ、田中哲司、でんでん、大杉漣、小日向文世ら、おなじみキントリの面々と警視庁捜査1課の刑事を演じる鈴木浩介、速水もこみち(32)らが出席した。

 天海は「第1シーズンをやっていた3年前から、私たちは続けるつもりでいたので食事会のたびに『ああしよう、こうしよう』と話していました」と、チームの結束の強さを明かした。

「“キントリ”メンバーとはプライベートでも仲がよく、定期的に食事会をしているそうです。特に同じ事務所のもこみちとは気が合うようで2人で食事にいくこともあるようです」

 そう話すのはスポーツ紙記者。

 天海がクランクインした2月14日には、もこみちが“逆バレンタイン”として特大の手作りケーキをプレゼントした。

「『もこちゃん、撮影がない日もスタジオにきて作って!』と天海さんは大喜びでした。もこみちさんは『ホントは僕がもらいたいんだけど』と笑っていましたが、姉と弟というか、もう戦友、同志みたいな感じでした」(テレビ関係者)

 もこみちは「知的で自立して、“男気”のある年上の女性が好み」というのは芸能関係者。

「天海は、“結婚しない”宣言していますが、もこみちは気が置けない存在のようで、ある意味お似合いだと思います」(同)

 今年50歳を迎える天海にとっては結婚よりも、もこみちのような“大人の距離感”を保てる仲間といるのが心地いいのかもしれない。(ライター・黒田翔子)


引用:年の差は関係ない? 天海祐希と速水もこみちの“大人の距離感”〈dot.〉








AD
いいね!した人

テーマ:
 2015年夏、20年ぶりの再結成ライブで話題を呼んだロックバンドREBECCA(レベッカ)が、7月から28年ぶりとなるライブツアー『REBECCA LIVE TOUR 2017』を開催することが20日、わかった。ファイナルは東京・日本武道館2daysを行う。

ランドポート ソーラー式エコライト ソーラーパフ warm light PUFF-15WL

 15年の再結成ライブでは、8月に横浜アリーナ2days、11月にさいたまスーパーアリーナ公演を行い、チケットは完売。NOKKOの圧倒的なボーカル、演奏陣の熟練されたパフォーマンスで熱狂させた。その年の夏フェス『ROCK IN JAPAN FESTIVAL』や『RISING SUN ROCK FESTIVAL』、大みそかの『NHK紅白歌合戦』にも初出場したが、活動継続か否かは明言していなかった。

 1年4ヶ月の沈黙を破り、28年ぶりとなる全国ツアーを発表。7月25・26日の大阪フェスティバルホール2daysを皮切りに、8月31日・9月1日の日本武道館2daysまで全9公演が行われる。

 「REBECCAを必要としてくれる人がいる、その事実が、私たちの背中を押してくれる」とファンの後押しでツアーを決めたレベッカは「あの日みなさんから受け取った愛と希望を胸に新しい曲を育み、そして会いに行きます」とメッセージを送った。

 公式サイトでチケット最速先行予約受付開始、一般発売は6月24日午前10時スタート。

■『REBECCA LIVE TOUR 2017』日程
7月25日(火):大阪・大阪フェスティバルホール
7月26日(水):大阪・大阪フェスティバルホール
8月15日(火):東京・中野サンプラザホール
8月16日(水):東京・中野サンプラザホール
8月18日(金):愛知・愛知県体育館
8月19日(土):愛知・愛知県体育館
8月26日(土):宮城・仙台サンプラザホール
8月31日(木):東京・日本武道館
9月1日(金):東京・日本武道館


引用:レベッカ、28年ぶりツアー決定「新しい曲を育み、会いに行きます」







AD
いいね!した人

テーマ:
 お笑いコンビ「ハライチ」の岩井勇気さん(30)がラジオ番組で、フィギュアスケート選手からの現役引退を発表した浅田真央さん(26)について、「グダグダ辞めていったんだね」と感想を漏らした。「国民のアイドル」と言われていることについても「何、国民のアイドルって?」と否定したことが大きな話題になっている。

ランドポート ソーラー式エコライト ソーラーパフ warm light PUFF-15WL

 発言への批判はあるものの、意外にも「皆が思ってることを言っただけ」という賛同の声の方が大きいようだ。メディアの異常ともいえる浅田さんの持ち上げ方にウンザリしている人も多いことが浮き彫りになった。

■「浅田を批判したり、笑うのがタブーっていう空気の方が怖い」

 この発言は、2017年4月14日未明のTBSラジオ番組「ハライチのターン!」で飛び出した。相方の澤部佑さんが、浅田さんの引退について話を振ると、岩井さんは、

  「1回辞めるみたいなことを言ってなかった?グダグダ辞めていったんだね、じゃぁね」

と返した。あわてた澤部さんが「グダグダ辞めた」事を否定し、「国民のアイドルだよ!」と返すと、

  「何、国民のアイドルって?」

と気のない返事をした。さらにあわてた澤部さんは、そんなことを言うと「炎上」する、と注意したところ、

  「しねぇよ、しねぇから言ってんだよ。察してくれよ」

と語った。しかしこの発言は様々なメディアで取り上げられる事になり、大きな話題に発展した。

 浅田さんは13年4月、翌年のソチオリンピック出場を最後にして引退の意向を表明。同五輪では、金メダルが期待されたが6位に終わった。その後、14年3月に日本で行われた世界選手権で4年ぶり3度目の優勝を果たした。進退についての結論は出ず、14年5月から1年間の休養に入った。そして15年5月、18年2月に行われる平昌オリンピックを目指すと現役復帰したが国内、海外での結果は出せず、16年12月に行われた全日本選手権で12位に終わり、これが引退を決定付けた。

 今回の岩井さんの発言に対し、浅田さんのファンは怒りを露わにし、岩井さんのツイッターへの攻撃が始まり、

  「浅田真央はあなたみたいな三流芸人とは比べ物にならないくらいの努力や実績を残してきた方ですよ。早く謝罪してください」
  「お前みたいな無能なゴミが、アスリートをけなすとかありえんわ。お前は浅田の糞以下の価値しかねーんだよ」

などといったリプライが寄せられ「炎上」するかに思われたが、

  「誰しもが思ってることを言っただけ。気にするなよ」

といった擁護や応援も書き込まれている。そして、ツイッターや掲示板を見ると、「よくぞ言ってくれた!」という賛同がかなり多いのだ。

  「もやもや感じていたことを公に言ってくれた。浅田を批判したり、笑うのがタブーっていう空気の方が怖い」

「潔さがなかった」
その他にも、

  「正論だと思うよ。岩井の事見なおした。岩井ありがとね」
  「少なくとも浅田をアイドルだと思ったことも、オリンピックで勝てない悲劇のヒロインだと思ったこともない」
  「いかに浅田真央にヘイトが集まっていたのかを表している」

などといったことが書き込まれている。そして、岩井さんの発言は浅田さんに向けたものではなく、異常に浅田さんを持ち上げるメディアや関係者に対する皮肉だと考えている人もいる。というのも、4月10日の引退発表から12日の記者会見以降にかけネット上で急上昇したワードは「しつこい」「うんざり」だった。

 どの局のニュースや情報番組を見ても「電波ジャックかと思われるくらいの横並びっぷり」の放送ばかりだったからだ。特にNHKが槍玉に挙がっていた。その割に、テレビ朝日系緊急特別番組「ありがとう!真央ちゃん」(4月11日放送)の平均視聴率が5・7%。フジテレビ系ドキュメント番組「浅田真央26歳の決断~今夜伝えたいこと~」の平均視聴率は7・3%で、ネット上では「視聴率が核爆死」などと取り沙汰された。

 スポーツジャーナリストの菅谷齊さんは4月20日、J-CASTニュースの取材に対し、人気選手は引退を決意したとき、時期とその明快な理由を提示することが重要なのに、

  「潔さがなかった」

と指摘した。それは浅田さんにではなくメディアや関係者に向けたもので、ターニングポイントは3年前のソチオリンピックだったという。普通に取材しているスポーツ記者ならばあの時点で浅田さんは限界であることを知っていた。金メダルを獲ると臨んだのに結果は6位。

  「負けは負け。期待に応えられない惨敗だった。それをメディアは『悲劇のヒロイン』『感動の演技』にすり替えた。浅田はそのシナリオに乗せられたわけだが、ファンは疑問を抱くようになり気持ちを冷やすこととなった。それは、スポーツは結果が全てだからです」

と菅谷さんは説明した。その後、平昌オリンピックを目指すとしたが惨敗が続き、結局は引退を発表。引退会見も選手が行うようなものではなく、タレントがやるような会見だった。

  「国民的アイドルというのは、全国民に夢を見せたり、与えることができる存在を指すのです。いまの浅田がアイドルだというのなら、アイドルというものの価値はどれだけのものなのか、という気がします。もちろん浅田の実力、人気、功績というのは誰もが認めるものですが、もう周りが作り上げたアイドル状態になっているため、芸人が言ったような話に賛同する人が増えるのも無理はない話だと思います」

と菅谷さんは話していた。


引用:浅田真央は「グダグダで辞めていった」 ハライチ岩井発言に「よく言った」








AD
いいね!した人

テーマ:
 かわいすぎるアラフィフとしてブレーク中の女優、石田ゆり子(47)が、その“ポンコツ”ぶりで、さらに人気を加速させている。昨年10月期のTBS系「逃げるは恥だが役に立つ」で、未婚のアラフィフ女性を演じ、そのキュートさで改めて注目されている石田が、ポンコツとはいったい…。

【あす楽対応_関東】ツボエ ツボエ 立つ 薬味おろし SS-160 4944642252037

 石田のポンコツぶりが垣間見えたのは、今月12日に放送されたフジテレビ系「天海祐希・石田ゆり子のスナックあけぼの橋」。架空のスナックを舞台に、ともに独身の天海祐希(49)と石田ゆり子が繰り広げるトークバラエティー。今回で2回目の放送となる。

 姉御肌の天海がママ、石田がチーママを演じているが、石田の天然ボケぶりが炸裂したのだ。

 なぜかおどおどした石田は、グラスを運ぶところから悪戦苦闘。生ビールを注げばほとんど泡がなく、ちくわ料理に挑戦すれば焦がしてしまうという失態ぶり。天海からは「前回の放送後にネットで『ポンコツ』って言われてたの知ってる?」と突っ込まれたほど。

 客役の小栗旬(34)、西島秀俊(46)、田中哲司(51)も軒並み鼻の下を伸ばしてデレデレ状態に。

 「天海が元宝塚男役とあって姉御肌なだけに、石田の女子っぽさが際立つ番組でした。『逃げ恥』でも年に似合わぬキュートさを自然に振りまいていましたが、あれは素だったのではとさえ思えるほどでした」とテレビ誌編集者。

 石田は昨年10月に始めたインスタグラム(写真共有アプリ)に投稿される写真が話題を呼び、現在ではフォロワー数も87万を超える人気ぶり。

 その出演をきっかけにNHKの有働由美子アナ(48)と親友になったという「あさイチ」では、「道具フェチ」ぶりを堂々と披露。「40女に台車は必要不可欠」と常人にはちょっと伝わりにくいこだわりをみせた。

 「このときは視聴者から寄せられた『元カレが~』という内容のファクスを、自分の元カレからのファクスかと勘違いし、動揺しまくるなどの天然ぶり。それでも、自身では『天然の意味が分からない』と言っていたほど。撮影現場でも、石田のシーンでは一層なごやかになるので、共演者やスタッフからの受けもいいそうです」と前出のテレビ誌編集者。

 目が離せない女優だ。


引用:石田ゆり子、かわい過ぎる“ポンコツ”ぶりに小栗旬らデレデレ 天然ボケ炸裂でも本人は「意味が分からない」







いいね!した人

テーマ:
ハワイで撮り下ろしを敢行した綾瀬はるかの最新写真集『BREATH』が好評発売中。そこで、彼女に今回のロケの思い出を直撃した。

【あす楽対応_関東】ツボエ ツボエ 立つ 薬味おろし SS-160 4944642252037

* * *

テーマを決めない写真集。それは撮影者と被写体のあいだに明確な信頼関係があって初めて成立する。出来上がった作品は必然的に、「綾瀬はるか」本人に肉薄したものとなる。

「たぶん、今までで一番素の私に近いものが写っています」

そう笑う彼女は、ロケの思い出を楽しそうに語ってくれた。

「スタッフさんに私の部屋のカギを預けておいて、朝起こしに来てそこからいきなり撮影が始まった日もありました。寝起きの顔、大丈夫かなって心配していたんですけど、(撮影者の)ヨーコさんが上手に撮ってくれた(笑)」

ハワイにいるあいだはずっと、時間があれば海に行っていた。

「泳ぐの、大好きなんですよ。ホテルのプールでもひとりで泳いで遊んだし、目の前の海に夜、こっそり入りにも行きました。子供の頃は、毎年夏になると家族で海に行っていて、その頃のことを思い出したりして、『ああ、海っていいなあ』って毎日思っていました」

さすがに途中で飽きてこなかったか?と質問をぶつける。すると、彼女は目を輝かせてこう言った。

「全然! やりたいことはたくさんありますから。波の強いところでボディボードをしたり、ゴーグルをつけて魚を探したり、沖のほうへ泳いで行ってみたり、どのくらいの深さまで潜れるか試したり。夕方になってスタッフの皆さんは帰りたがっているんですけど、『お願い! もうちょっとだけ!』って」

本作にはもちろん、彼女が堪能した海やビーチサイドでの写真も盛り込まれている。

「普段は、ジムで泳ぐときに着るような、地味な競技用の水着しか持っていないんです。今回は(スタイリストの)椎名さんが用意してくださったおしゃれなやつを着させていただきましたけど…。感想? 『くびれないなあ』ですかね(笑)」

そうして完成した一冊には、“ハワイの休日”とその“旅”を満喫する彼女の素顔が詰まっている。

「1ヵ月くらい旅してみたいですね。いろいろなものを見て、人に会って…それで最後には、やっぱり海に行きたい(笑)」

★『週刊プレイボーイ』18号(4月17日発売)では、写真集をまだ見ていない方のために秘蔵カットの一部を公開!

(撮影/高橋ヨーコ スタイリング/椎名直子 ヘア&メイク/中野明海)

■綾瀬はるか(AYASE HARUKA)
1985年3月24日生まれ広島県出身
○2001年、女優デビュー。09年、映画『おっぱいバレー』で第52回ブルーリボン賞主演女優賞、第33回日本アカデミー賞優秀主演女優賞を受賞。13年、NHK大河ドラマ『八重の桜』では主人公・新島八重を演じた。15年には『海街diary』で第39回日本アカデミー賞優秀主演女優賞ほか受賞。現在、主演を務めるNHK大河ファンタジー『精霊の守り人』最終章は17年11月より放送開始予定
★綾瀬はるか写真集『BREATH』好評発売中!
気ままにビーチで遊び、カフェでちょっとひと息、ボディボードに夢中になる……。国民的女優・綾瀬はるかの休日を覗き見!(写真/高橋ヨーコ
B5判変型・ソフトカバー、152ページ 定価 本体2500円+税 20Pミニ写真集プレゼント応募はがき付き)


引用:最新写真集で自分の水着姿を見た綾瀬はるかがひと言…意外な自己評価とは?








いいね!した人

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。